FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


「さて。蒲田ユウジ。次はお前の番だ」

総代が振り向くと、ユウジは大きな体をビクッと震わせた。
ユウジは先ほどからずっと、うずくまったままでいる。逃げるチャンスはいくらでもありそうだったのだが、足がすくんで動けなかったのだ。

「ひ…。ゆ、許して…」

ユウジは奥歯を振るわせながら言った。

「三浦カツヤに裁きを加えている間、お前が逃げなかったことは評価しよう。反省しているものと受け止める。しかし、お前のような者がいるから、下着を盗もうとする者がいる。お前はそれを理解しなければならない」

総代の冷静な口調で、理路整然と説かれると、ユウジも黙ってうなずくことしかできなかった。

「よって、これからお前にも月下会の名において、制裁を加える。立て!」

総代の命令を受けても、ユウジはうずくまったまま、立ち上がることはできなかった。
それを予期していたかのように、素早く黒装束の女たちが回り込み、体を引き起こした。カツヤと同じように、ズボンをずりおろされると、トランクス一枚の状態になって、両脇を抱えられる様にして立たされた。

「これからお前の金星を、蹴りあげる。気絶しないように、意識が飛ばないように、手加減して蹴る。お前は痛みにのたうち回るだろうが、しばらくすれば、起きあがれるようになるだろう。その時になったら、また蹴りあげる。それを4回繰り返す。覚悟しなさい」

丁寧な説明だったが、それはユウジにとって恐怖以外の何者でもなかった。
すでに彼の意識しないままに、その両目から涙がこぼれ始めている。

「許ひて…お願いします…」

ユウジが泣きじゃくって懇願しても、総代以下、女たちの反応は冷めたものだった。

「それはできない。お前も男なら、覚悟を決めろ。まあ、男だからやめてほしいのかもしれないが…」

総代のつぶやきに、女たちは小さく笑った。
その光景を後ろから見ていたアズサもまた、ユウジのあまりの必死さに、吹き出してしまっている。彼女たちにとっては、男たちがこれほど恐れる金玉への攻撃というものが、おかしくてしょうがないらしかった。
他のどこを攻撃しようとしても、これほど男が恐怖することはないだろう。しかも、痛みに耐えるとか我慢するとか、そんなこともできないらしい。
あの二つの小さなピンポン玉のようなものを叩くだけで、何がそんなに痛いのか。また、そんなものを男たちはなぜ無防備にぶら下げているのか。彼女たちには一生理解できることではなかった。

「では、月下会の名において、制裁を始める!」

「お願いします!」

「せいっ!」

総代の長い脚が、再び男の股間めがけて跳ね上げられた。

「むぐぅっ!!」

ユウジは豚のような悲鳴を上げて、息をつまらせた。
総代が足を引くと同時に、両脇を抱えていた女たちも、その手を放した。
ユウジはたまらず両手で股間をおさえて、床の上にうずくまってしまった。

「ぐぐぐぐ…!」

歯を食いしばって痛みに耐えようとするが、まったく意味がない。
他の場所を攻撃されるのとは、訳が違うのだ。金的を攻撃された男は、絶望的な痛みに耐えながら、ただ時間が過ぎていくのを待つしかないのである。

「少し手加減しすぎた。次はあなた。その次はあなたに任せましょう」

総代は、黒装束の女たちに指示を出した。
そしてアズサの方を振り向くと、

「あなたも、蹴ってみる?」

意外な言葉だった。
アズサも驚いたが、総代に従っていた黒装束の女たち二人も、驚いた様子だった。
しかしアズサは、ほとんど反射的にうなずいてしまった。

「は、はい。お願いします!」

総代はうなずいて、覆面の下で微笑したようだった。
一方のユウジは、彼女たちのそんな会話に耳を貸す余裕もなく、細く長い深呼吸を繰り返して、ようやく体を動かそうとしているところだった。

「では、次」

冷酷すぎる言葉だった。

「ひ…ひぃ…!! もうやめて…」

抱き起こされたユウジは、涙を流しながら叫んだ。
しかしまたも、彼の体は女性たちによって引きずり起こされ、無理矢理に足を開かされた。
抵抗しようにも、もはや彼の体にその力は残っていない。

「ダメだ。制裁は最後まで続ける。それが月下会の掟だ」

「いきます!」

無情なほど正確に、黒装束の女の膝蹴りが、ユウジの股間に炸裂した。

「あごっ!!」

ユウジは自分の睾丸が、彼女の膝と自分の恥骨に挟まれて押し潰されるのを、はっきりと感じた。それは時間にしてみればほんの一瞬のことだったが、ユウジにとっては、これから訪れる地獄のような時間の幕開けのようなもので、できればこの瞬間に気絶したいとさえ思った。

「はあっ! あっ! あっ!」

彼の意志とは無関係に、ユウジの体は激しく痙攣し、文字通り床の上でのたうち回った。
いったい、彼の体のどこに、こんなに素早く動く力が残されていたんだろうと思うほど、激しい動きだった。

「いい蹴りだ。素晴らしい見極めね」

「はい。ありがとうございます!」

総代にほめられて、黒装束の女は、うれしそうに頭を下げた。
どうやら、気絶するギリギリのところを見極めて、彼女はユウジの股間を攻撃したらしかった。
男の急所の痛みは分からないにしても、彼女たちは経験で、そんな技術を見につけているのかと思うと、アズサは純粋に彼女たちに尊敬の念を抱いてしまった。

「では、次」

「はい!」

再びユウジの体が引きずり起こされた。

「…や、やめて…。もう…。お金…払う…から…」

不良にカツアゲされた記憶でもよみがえったのか、ユウジは朦朧とした意識の中でつぶやいた。
総代を含めた黒装束の女たちは、顔を見合わせて、呆れたような目をした。

「分かった。じゃあ、もう、蹴らないでやろう」

脇を抱えた総長が言うと、ユウジの顔がパッと明るくなった。

「ホ、ホントに…?」

次の瞬間、ユウジの目の前で黒装束の女がしゃがみこみ、股間に向かって、強烈なパンチを突き上げた。

「ぎゃはっ!!」

女の拳は、ユウジの睾丸を正確に貫いた。金玉袋の裏側、斜め45度から突き上げて、縮み上がったペニスに向かって拳が通り抜けたとき、ユウジの全身の神経は、痛みというシグナルにすべて支配された。

「あぁっ!! くくっ…!!」

これで都合4回目、ユウジはのたうち回ることになる。
大理石の床に頭を打ちつけようが、足をばたつかせようが、その痛みはまったく治まる気配がなかった。
金玉を潰さずに、最も苦痛を与える方法を、女たちは熟知しているようだった。


スポンサーサイト
[PR]


管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/96-8db4b26b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク