FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


駅に着いた。
電車のドアが開き、乗客が乗り降りする。
ふと気がつくと、30代くらいのサラリーマンの目の前に、制服姿のユイが立っていた。車内は少し混雑しているが、かといってこれほど近づかなければならないほどではない。
サラリーマンが、意味も分からず突っ立っていると、不意に目の前にあるユイの顔が、にっこりと笑った。
つられて、愛想笑いを返したその瞬間。

「ぎゃあっ!!」

サラリーマンの男性の股間にユイの手が伸びて、その真ん中にある男の象徴を、下から思い切り握りしめた。
握力はさほどでもないが、瞬発力を使って瞬間的に力を込めたため、男性は一瞬、睾丸が潰れたかと思う程の痛みと目眩を感じた。

「ぐうぅ…」

不明瞭な言葉を発して、男性は糸が切れた人形のように、その場にストンと落ちた。その目はすでに白目をむいている。

「えい!」

男性の斜め後ろにいた学生風の男は、何が起こったのか分からなかった。
ただ、目の前のサラリーマンが突然、座り込んでしまったかと思うと、次の瞬間には、自分の股間に飛んでくるユイの白い脚が見えた。
めりっと、ユイの膝は、学生のジーパンの股間を突き上げるようにして刺さった。
踵が一瞬浮き上がり、すべての時間が止まったような気がした。

「はわぁあっ!!」

しかし次の瞬間には、怒涛のような痛みが下腹部を渦巻いて、それは即座に全身の自由を奪う。
何が起こったかも分からないうちに、学生はサラリーマンの男性のすぐ横にうずくまった。

「次! えい! えい!」

ユイの体が、敏捷な小動物のように素早く翻り、周りにいる男たちの股間を蹴り上げた。
その都度、男たちは情けない叫び声を上げて、その場にしゃがみ込んでしまう。蹴られてしまえば、反撃する余裕などない。ただ、とめどない痛みに体を震わせて、時間が過ぎ去るのを待つしかなかったのだ。

「次!」

振り向いたユイが目を付けたのは、椅子に座って大きく足を広げた、若い男だった。
ロックシンガーのような攻撃的なファッションと外見をしているが、その最大の急所は無防備で、ユイの格好の標的だった。

「よいしょっと!」

男の前で小さく飛び上がると、そのまま右足で男の股間を踏みつけた。

「あぐっ!」

途端に、男は苦しそうな表情で足を閉じようとするが、ユイのローファーはしっかりと股間に食い込んでいる。

「あああ…! や、やめて…!」

靴底を通して感じる、丸い物体を踏みにじるように動かすと、男は身をよじって苦しんでいた。

「ん? 痛いの? そんなに足を開いてるのが悪いんじゃない。蹴られたくなかったら、しっかり守ってなさいよ!」

吐き捨てるように言ってから、踵のもっとも堅い部分で、男の睾丸を踏みつぶした。
男はぎゃあっと叫んでうずくまると、そのまま動かなくなってしまった。

「さあてと…」

ユイは一息ついて、あたりを見回した。
ここまでで、ほんの数十秒。
電車の車内に載っていた男の約半数が、ユイによって打ちのめされてしまった。
まだ生き残っている男たちは、ようやく状況を理解したが、かといってユイに手出しをしようとはしなかった。
むしろ、ユイがチラリと視線を送るたび、恐れるように目をそらしているのだ。
しかしそこで、予想外のことが起きた。

「えい!」

ユイから逃げるようにして後ずさっていた、中年のサラリーマンがいた。
すると、背後にいたOL風の若い女性が、彼の股間を後ろから蹴り上げたのである。

「うぐっ!」

もちろん男性は、股間の痛みに体を硬直させ、うずくまってしまう。

「へ―…。簡単なんだ…」

目の前でうずくまる男性の背中を見て、OL風の女性はポツリとつぶやいた。
ふと見上げると、先程まで大立ち回りをしていたユイが、ほほ笑みながらうなずいている。
周りにいる他の女性たちも、一様に納得した表情を浮かべていた。

「男なんて、金玉を蹴れば、簡単に倒せる」

車内にいる女性たちが、無言のまま、そう認識した瞬間だった。

「やっちゃおうか?」

「うん!」

女性たちはうなずいて、それぞれ周りにいる男性たちに視線を移した。
その目はまるで獲物を見つけたハンターのように、猟奇的に輝いている。

「いくよー! えい!」

「ほうら!」

「そーれ!」

女性たちの明るい声が車内に響き、それと同時に、男性たちの悲鳴も、社内に響き渡っていった。

(そんな感じになったらいいのになあ…)

走る電車の中。
車内にはいつものように、脆弱な股間を隠そうともしない男たちが、無防備に突っ立っている。
窓の外に流れる景色を眺めながら、ユイはその頭の中で、ますます妄想を膨らませるのであった。


スポンサーサイト
[PR]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/08/03 Sun] // # [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/92-9e1da273
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク