FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。

稽古が終わった後、更衣室でマユとサヤカが着替えていた。
男子たちは、もう全員帰ってしまっている。
今まで女の子はマユ一人だったので、男子が全員着替え終わった後、マユが更衣室を使っていたのである。

「でも、サヤカちゃんってホントにすごいね」

「なんで? そんなことないよ」

「だって、あのショウタ君に勝ったんだもん。同い年の子の中では、一番強いんだよ」

「あ、そうなんだ。でも、あのショウタ君って、ガードが甘かったからね」

「そうなの? それって、あの…アソコのガード?」

おとなしいマユは、金玉や金的という言葉がなかなか出てこない。

「そう。金的。ぜんぜんガードしてなかったよ。あそこ狙えば、マユちゃんでも勝てると思うけどな」

「そ、そうかな。私、あんまりやったことないから…」

「え、やったことないの? なんで? 男子にはタマタマ蹴るのが、一番効くんだよ。ウソみたいに痛がるもん」

「そうなの? でも、前に間違ってショウタ君の…アソコにちょっと当てちゃったときがあって、その日の稽古が終わった後、すごく怒られたから…」

「えー、アイツ、そんなことしたの? 意味わかんない。私が前にいた道場では、女子はみんな、男子の金的狙ってたよ。男子もそこそこガードしてたけど。マユちゃんも、どんどん狙っていいと思うよ」

「そ、そうかなあ…」


着替えが終わって、サヤカとマユは道場を出た。
時刻はもう夜で、あたりは真っ暗になっている。
二人がおしゃべりをしながら歩いていると、後ろから呼び止める人影があった。

「おい」

二人が驚いて振り向くと、そこには着替えてジャージ姿になったショウタと、ショウタの同級生のマモルとケンイチの姿があった。

「びっくりした。何か用なの?」

ショウタの声の調子には、十分な敵意が感じられたので、サヤカとマユは少し身がまえた。

「お前、サヤカつったっけ? 卑怯な手使って俺に勝ったからって、調子のるんじゃないぞ」

「はあ? 卑怯って何よ? 金的蹴りのこと?」

「キンタマ蹴るなんて、卑怯者のすることなんだよ。そんなんで勝って、嬉しいのかよ」

「そうだ、そうだ」

「正々堂々とやれよな」

ショウタが脅かすような調子で言うと、マモルとケンイチも同調した。
サヤカの隣では、マユが震えている。
ショウタは以前にもこんな風に、マユに脅しをきかせたのだろう。
そんなマユを見て、サヤカはショウタに怒りを覚えた。

「意味わかんない。金的攻撃は、ウチの道場では反則じゃないんですけど。負けたからって、言いがかりつけるの、やめてくれる?」

「うるせえ。反則じゃなくても、卑怯なんだよ。男は誰もやらねえんだぞ」

「へー、そうなの? でもそれってさ、アンタたち男子には、みんなタマタマがついてるからじゃないの? 人のを蹴ったりしたら、自分も蹴られちゃうもんね。大事な大事なタマタマをさ」

サヤカはショウタの股間を指さして、笑った。

「なんだと?」

「でも、残念。私たち女子には、か弱いタマタマなんかついてないからさ。どんなに男子のタマタマを蹴っても、蹴られる心配がないんだよね。だから、私たちはこれからどんどん蹴らせてもらいますから。潰されないように、気を付けてね」

「てめえ! 蹴ってみろよ! ホントは俺たちだって、キンタマ蹴られたって、大して痛くねえんだよ。ただちょっと、びっくりするだけだ」

「ウソばっかり。ねえ、マユちゃん知ってる? 男子はね、タマタマを蹴られると、タマタマがお腹の中に上がって、降りてこなくなって、それがすっごい痛いんだって。だから、タマタマを降ろすために、ピョンピョン飛び跳ねるらしいよ。バカみたいだよねー」

サヤカはマユに笑いかけながら、その場を去ろうとして、後ろを向いた。
しかしショウタたち男子の怒りはおさまるはずがなく、ついにショウタはサヤカに後ろから襲いかかった。




スポンサーサイト
[PR]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/02/18 Tue] // # [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/9-a1bb969e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク