FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


「い、一本! 一本だ!」

突然、ハヤトが右手を挙げた。
どうやら、ケンタロウを苦しみから救うためには、ランの一本を宣告するしかないと思ったらしい。
それを聞いて、女子達の潰せコールは止み、ランもハヤトの顔を見つめた。

「はあ? なに言ってんの?」

「だから、ランの一本だよ。決まったんだから、いったん放してやれよ!」

ランには、ハヤトの魂胆がすぐ理解できた。
しかし睾丸を握る手は緩めずに、もう一人の審判であるユナの方を振り向いた。

「ふーん。ユナは、どう思う?」

「え…と…。相手にダメージのある攻撃を当てた時に、一本取るんだと思うけど…。ダメージあるの…?」

ユナはただ純粋に、ケンタロウに尋ねてみた。
ケンタロウは返事をするどころではなかったが、その苦悶の表情から、ダメージどころの騒ぎではないことは明らかだった。

「そうだねえ。ダメージあるっていえば、あるか。ま、アタシ達には分かんないけどね。えい!」

そう言うと、ランはケンタロウの睾丸を握る手に、ぐっと力を込めて、ぐりっと指で弾くようにして、解放してやった。
一瞬だが、ケンタロウの睾丸は限界ぎりぎりまで変形し、もちろんその痛みは想像を絶するものとなる。

「はぐうっ!!」

ようやく解放されたケンタロウは、両手で睾丸を包むようにおさえて、その場で丸まってしまった。
睾丸の痛みは、痛めつけられたその瞬間よりも、あとからジワジワと襲ってくるものの方が強い。しかもそれが何十分、ときには何時間と続くのだ。

「大丈夫か!?」

ハヤトが駆け寄るが、ケンタロウは返事をすることもできずにうずくまり、唇を震わせていた。

「じゃあ、今のはアタシの二本目ってことね。あ、その前にアンタがビンタしたのも、一本にしていいよ。その方が公平でしょ?」

状況は1対2になったが、そのダメージの差は比べようもなかった。
ランの頬には、さきほどのビンタの跡が赤く残っているが、ケンタロウの睾丸は、恐らくそれ以上に腫れているだろう。

「さあ、それじゃあ試合を続けようか?」

ランは痛みに震えるケンタロウを見下ろしてなお、残酷すぎることを口にした。

「な…! なに言ってんだよ! もう試合は終わりだ! こんなんでできるわけないだろ!」

ハヤトは呼吸することさえつらそうなケンタロウに代わって、ランに抗議した。
しかしランは平然と、それを却下する。

「だって、最後まで続けるって約束だしさ。今の一本だって、サービスしたようなもんだもん。そうだ。ラスト一本で、アンタのタマタマ、潰してあげるよ。それだったら、文句なしの一本だよね?」

笑いながらユナに問いかけると、ユナはちょっと考えて、うなずいた。

「うん…。潰れたら、しょうがないかな…。一本かも」

ケンタロウはもちろん、ハヤトや周りで見ていた男子部員たちも、ゾッとするような女の子たちの残酷さだった。
思わず、ハヤトはランに食ってかかった。

「お前、いい加減にしろよ! 金玉蹴られるのがどれだけ痛いか、分かってんのか!?」

しかし次の瞬間、うっと呻いて、ハヤトはその場に崩れ落ちてしまった。
ランのひざ蹴りが、ハヤトの股間に深々と突き刺さっていたのである。

「アンタ、うるさいよ。さっきから。引っこんでてよ」

あまりにも冷酷な、ランの態度だった。どうやら先ほどケンタロウに受けたビンタの怒りは、まだ完全におさまってはいないようだった。

「この野郎!」

「何してんだよ!」

崩れ落ち、うずくまってしまったハヤトの姿を見て、周りで見ていた男子部員たちがついに立ち上がった。
彼らもまた、男を侮辱するようなランの発言には、先ほどから腹が立っていたし、ケンタロウの苦しみも十分理解できていた。
審判役のハヤトさえ攻撃されたことで、その怒りが爆発したのである。

「ラン!」

「何よ、アンタ達!」

さすがのランも、3人の男子部員から迫られて、ちょっとたじろいだが、すぐに他の女子部員たちが立ち上がって、彼女を救援した。
双方の部員の人数は互角だったが、女子部員たちはさきほどから、男がいかに弱くて脆いものなのか、まざまざと見せつけられている。
普段の練習では男子に遅れをとることが多かったが、ルール無用のケンカでは、負けない自信ができてしまっていた。

「えい!」

「やあ!」

男子部員たちがかまえるよりも早く、女子達の金的蹴りが、彼らの股間に炸裂した。
それはランがケンタロウに放ったものと比べれば、威力もなく、当たりも良くないものだったが、男子部員たちの自由を奪うには、十分すぎるものだった。

「うっ!」

「ぐえっ!」

まるで魔法のように、3人の男子部員たちは、次々と女子に倒されていった。
結局、武道館には股間をおさえてうずくまる男子達と、それを見下ろす女子部員たちの図ができてしまった。

「あーあ。みんな、やられちゃったねー。どう? やっぱりタマタマは痛いでしょ?」

「ホント、男子ってみんな一緒なんだね。金蹴り一発でダウンしちゃうんだ」

「軽くしか蹴ってないのに。当たった時ムニっとしたけど、アレががタマタマなのかな?」

ランは楽しそうに笑い、女子部員たちも、初めての金的蹴りの威力に驚いているようだった。
一方の男子達は、一様にうずくまって、まったく動けない様子だった。
今まで負けるはずがないと思っていた女子に、こんなにも簡単に敗北してしまうとは、想像もしていなかった。彼らの男としてのプライドは、睾丸の痛みと共に、完全にへし折られてしまった。

「さて。じゃあ試合の続きをやろうか? それとも、ギブアップする?」

ランは改めて、ケンタロウの顔を覗き込んだ。
ケンタロウはすでに完全に心を折られて、ランの笑顔に恐怖すら感じていた。

「ギ、ギブアップ…します…」

たどたどしい声で、ようやく言えた。

「ん? ギブアップするの? どうしよっかなー」

「ギブアップします…! お、お願いだから…」

ケンタロウはすがるような声で言った。
周りでそれを聞いていたハヤトや、他の部員たちも、ランの態度やケンタロウの哀願に屈辱を感じたが、かといって、今、自分たちは動くことすらできない。

「しょうがないなー。でも、ちょっと誠意を見せてくれないとね。とりあえず、服脱いでよ。パンツ一枚で土下座してみて」

平然と言い放ったが、ランの言葉には有無を言わさぬ迫力が込められていた。
ケンタロウはハッと顔をあげてランの顔を見たが、ランは相変わらず笑っていた。

「どうしたの? できないなら、試合続けてもいいんだよ?」

「あ…。いや…はい…」

ケンタロウは力なくうなずいて、道着の帯に手をかけた。

「そうそう。いっぱい汗かいて、暑いでしょ? ちょうどいいじゃん。あ、アンタ達もだよ。早くして?」

ランは周りでうずくまっている男子部員たちにも声をかけた。
男子達は一斉に顔をあげた。

「ふ、ふざけんな! なんでそんなこと…!」

「お前、調子に乗るなよ!」

当然の反応だった。
ハヤトなどは特に興奮して、股間の痛みに耐えながら立ち上がると、またもやランに食ってかかろうとした。
しかし、まるで打ち合わせでもしたかのように、女子部員たちが素早く回り込み、ハヤトの両腕を掴んでその動きを止めた。

「な! なんだよ!」

すると突然ユナが、ハヤトの前に立ちはだかった。

「ダメだよ、ハヤト君。おとなしくして!」

ユナはためらうことなく、足を振りあげた。
バシンと、先ほどよりも強烈な蹴りが、ハヤトの股間に炸裂した。

「あううっ!!」

ハヤトは再び、地獄の苦しみに呻くことになった。

「やるじゃん、ユナ!」

ランが笑うと、ユナは恥ずかしそうに顔を赤くした。

「うん…。なんか私も、やってみたくなっちゃって…。簡単だね」

その足元では、ハヤトが股間をおさえて、海老のように丸くなって震えている。

「さあ、早く脱いでよ」

男子部員たちは、諦めるしかなかった。
数分後には、女子達の前に、パンツ一枚で土下座する男子達の列ができていた。

「あー、いい感じだね。反省してるって感じ」

ランは嬉しそうに携帯をかまえて、男子達の情けない姿をビデオに撮っていた。

「じゃあ、皆で謝ってみようか。はい、声を揃えて! 僕たち男子は、タマタマが痛いので、女子に負けてしまいました」

ランの言うとおり、男子達は復唱した。

「僕たちは弱いので、もう二度と、女子には逆らいません。すいませんでした!」

土下座をするだけでも情けないのに、女の子の前でパンツ一枚になり、しかも男を全否定するかのようなことを言わされる。男子達にとってこれ以上に屈辱的なことはなかった。

「はい、よくできました。これからは、女の子に逆らっちゃダメだよ?」

ランは男子達の情けない姿を見て、十分満足したようだった。
他の女子部員たちも、笑いをこらえながら男子達の謝罪を聞いていた。
すると、ランはビデオを撮るのをやめて、土下座しているケンタロウの側にしゃがみこんだ。

「どう? 男はアソコを蹴られたら、女の子には勝てないでしょ? アタシの言った通りじゃん」

ランの手は、土下座をするケンタロウの股間の方に伸びて、そっとその膨らみを撫でた。
ケンタロウはまた睾丸を握られるのかと思って、体を硬直させる。

「これに懲りたら、もうアタシにからんでこないでよね。もしまたからんできたら、このタマタマ…」

ジワジワと、睾丸を触るランの手に力がこめられていくような気がして、ケンタロウは必死で首を縦に振った。

「もらっちゃうからね!」

ピシッと、ランはケンタロウの睾丸にデコピンをした。
それでもケンタロウにとっては電撃のような痛みで、あっと声をあげて、またうずくまった。

「アハハ! じゃあね。お疲れー」

ランと女の子たちは笑いながら、武道館を後にした。
残された男子達は、睾丸の痛みが引くまで、もうしばらく、じっとうずくまっていることしかできなかった。


終わり。

スポンサーサイト
[PR]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/05/26 Mon] // # [ 編集 ] @
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/06/03 Tue] // # [ 編集 ] @
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/07/06 Sun] // # [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/76-e6d5c8b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク