FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


「あ、ショウタ。まだだよ。ちょっと待って」

芋虫のように這いずるショウタの前に、ハルカが立ちはだかった。
その何気ない様子が、ショウタにとっては逆に恐怖だった。

「ねえ、ショウタ。キンタマが潰れたら、キーンって音がするんでしょ? そうでしょ?」

ハルカは、背中を丸めて苦しむショウタをまたいで、見下ろした。
息が詰まるような痛みの中で、ショウタは返事をする。

「ち、違うよ…。そんな音…しない…」

「ウソ。絶対するよ。しないと、おかしいじゃん」

「おかしいって…。そんなこと言われても…」

すると、今度はユウナが、ショウタの顔の近くにしゃがみこんで聞いた。

「じゃあさ、キンタマって何色なの? やっぱり、金色なんでしょ?」

「いや…金色っていうか…。肌色…だよ…」

実は密かに想いを寄せていたユウナの口から、キンタマという単語が出て、しかもその色に興味を持っていることを知った時、ショウタはさすがに恥ずかしくなってしまった。

「ウソ―。金色じゃないの? なんで? どうして?」

「なんでっていうか…」

「ていうか、ちょっと見てみようよ。ズボン脱がせよう。もともと、そのつもりでここに呼び出したんだし。ちょっと手、どけてね」

そう言うと、ハルカは有無を言わせずに、ショウタの両手を掴んで、股間から離してしまった。

「あ! おい、やめろって…」

必死に抵抗しようとするが、まだショウタの体には力が入らなかった。
そして、頭上に回り込んだユウナが、ショウタの両手をハルカから受け取った。

「いいじゃん、キンタマ見せてよ。お願い」

ユウナにそう言われると、恥ずかしいような情けないような気持ちになり、ショウタは抵抗する気力を失ってしまった。
しかし、ハルカの方はそんな微妙な気持ちを理解するはずもなく、問答無用とばかりに、ショウタのズボンとパンツを、一気にずりおろしてしまった。

「よいしょっと。あー。ほら、やっぱり。金色じゃないじゃん、ユウナちゃん」

「えー、ホント? あ、ホントだあ。肌色だね」

クラスの女の子二人が、自分の股間に注目している。
そんな異常な状況に、ショウタは顔を赤らめることしかできなかった。

「てことは、やっぱり潰れたらキーンっていうから、キンタマなんだよ、きっと。金色ってことじゃないんだ。ね? そうでしょ?」

「ち、違うって…! 潰れたって、そんな音しねえよ!」

「ウソだー。ていうかショウタ、アンタ、キンタマが潰れたことあるの?」

「え? そ、それは…ない…けど…」

ショウタの脳裏に、絶望的すぎる想像が浮かんだ時、ハルカはすでにショウタの股間にぶら下がった、小さな陰嚢を掴んでいた。

「うっ!」

ショウタの睾丸に、再び鈍い痛みが走る。

「じゃあ、分かんないじゃん。潰してみないとさ」

にっこりと笑ったハルカの顔が、ショウタには悪魔がほほ笑んだように見えた。

「えっ…! いや、そんな…! 分かるよ。潰れなくても分かるって! 自分の体なんだし…!」

「そうだよ、ハルカちゃん。潰したりしたら、すごい痛そうだし、かわいそうだよ。それにさ、アタシ、今見てて思ったんだけど…」

すると、ユウナもまた、ショウタの陰嚢に手を伸ばして、中に入っているデリケートな睾丸をつまみ上げた。

「これって、キンタマ袋ってヤツなんでしょ? この中に、ホントのキンタマが入ってるんだよ。それで、中のキンタマが金色なんだよ、きっと」

「えー。そうなのかなあ。コレ? このコリコリしてるやつ? 二つあるんだね」

「そうそう、コレ。ホントだ、二つあるね」

女の子たちが無造作に握りしめているものは、ショウタにとって命の次に大切な急所だった。
その急所がどう扱われるか、まさしく彼女たちの気分次第であることを理解すると、ショウタは完全に屈服してしまったような気持ちになり、女の子たちが恐ろしくなった。

「ねえ、ショウタ? 中に入ってるキンタマが、金色なんでしょ?」

「え…いや…どうかな…。見たことない…」

「えー? 自分の体だから、分かるって言ってたじゃん。ウソつきー。出せないの、コレ? どっかから出そうだけど…」

ユウナはそう言って、ショウタの陰嚢を熱心に揉み始めた。
引っ張ってみたり、押し込んでみたりするが、彼女が思うように、袋が開いたりはしなかった。

「うっ! はあっ!」

普段なら、くすぐったい程度の揉み方だったが、先ほど思い切り蹴られたショウタの金玉は繊細で、ユウナが手の中で動かすたびに、ショウタの息が上がった。

「ウソ。これだけでも痛いんだ?」

「えー。ちょっと触ってるだけなのに。大事なトコロって、そういう意味なのかなあ。大事に守らなきゃいけないってこと?」

「そうなのかなあ。ていうか、キンタマって何のためについてるの? おしっこするなら、チンチンだけでいいんじゃないの?」

「ホントだね。ねえ、なんでついてるの、コレ? 痛いなら、いらないんじゃないの?」

「し、知らねえよ! でも、キンタマは大事なんだよ。キンタマがなかったら、男じゃねえんだぞ! 男にとって金よりも大事だから、金玉っていうんだろ!」

女の子たちに金玉を蹴られ、さらに直接いたぶられて、ショウタの男としてのプライドは、ズタズタになる思いだったが、それでも自分についている男のシンボルの存在だけは、否定したくなかった。
痛みと悔しさで、いつの間にか涙まで流してしまっていた。
しかし、これが意外にも、女の子たちを納得させたようで、二人は顔を見合わせて、うなずいた。

「あー、そっかあ。そういうこと?」

「キーンって音がするとか、金色だからとかじゃないんだあ」

「確かに、キンタマがなくなったら、男じゃないもんね」

「蹴られたら、泣いちゃうほど痛いんだもん。そんなのを守らなくちゃいけないから、大変なんだね、男って」

急所を握られ、潰されるかもしれないという絶体絶命の状態で出た、苦し紛れのショウタの言葉だったが、案外それが、女の子たちの心に響いたようだった。
ショウタは、涙に濡れた目で、体育倉庫の天井をじっと眺めていた。

「だからさ、二個あるんじゃない? 一個潰れてもいいように、予備なんだよ、きっと」

「そっかあ。じゃあ、一個は潰れても平気なんだね」

え?と、ショウタは再び顔を向けた。
そこにはやはり、かわいい顔をしたクラスの女の子二人が、自分の金玉袋を握りしめている。

「ごめんね、ショウタ。ちょっと我慢してて」

「一個だけだから。キーンって音がするかどうか、確かめるだけだからさ」

震えながら首を振っても、もはや彼女たちにショウタの思いは届かなかった。

「いくよ。えーい!」

「ぎゃあああっ!!」

ショウタの金玉が無事だったかどうか。
それは誰も知らない。


終わり。


スポンサーサイト
[PR]

更新お疲れ様です!
いつも楽しく読ませていただいてます!
これからもがんばってください!
[2014/02/13 Thu] URL // #JXoSs/ZU [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/55-1924ce40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク