FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


放課後の、人気のない体育倉庫。
こんな場所に、人目を気にするようにしてショウタがやってきたのは、同じクラスのユウナに呼び出されたからだった。

「ねえ、ショウタ。ちょっと話があるんだけど。後で、体育倉庫に来てくれない?」

休み時間が終わろうとする間際、突然、ユウナがそんなことを言ってきたのだ。

「え? 何だよ。何の話?」

「大事な話。ハルカちゃんがアンタに…ていうか、来れば分かるから。一人で来て。お願いね」

それだけ言って、ユウナは立ち去ってしまった。
実際、こんなことを言われれば、十中八九、男子は女の子からの告白だろうと思ってしまう。
ショウタもそのつもりで、しかし、そんなことは表情には出さずに、そわそわした気持ちで、体育倉庫を訪れたのだった。

「ショウタ。こっち、こっち」

体育倉庫の側によると、扉の隙間から、ユウナの顔が覗いた。
どうやら、すでに中でショウタが来るのを待っていたらしい。
ショウタは無言のままうなずいて、体育倉庫の中に入った。
中に入ると、薄暗い蛍光灯の光の下に、ボールのいっぱい入ったかごや跳び箱、体操用のマットなどが、所狭しと並んでいた。

「一人で来た?」

「あ、うん…」

奇妙な緊張感が漂い、ショウタはいつもとは違う、落ち着かない様子だった。

「ちょっと待ってて。今、ハルカちゃんが来ると思うから。緊張してる?」

そう言ったユウナの方も、少し緊張しているようで、やはりどこか落ち着かない雰囲気だった。

「は、はあ? 別に、緊張とかしてねえし。ていうか、何の話なんだよ。俺、別にハルカとあんまり話したことねえし…。どっちかっていうと…その…ユウナの方が…」

薄暗い密室で、二人きりになってしまうという突然の状況に、ショウタはずいぶん戸惑っているようだった。
ハルカが自分に告白をしにくるものだと勘違いして、自分の中で勝手に話を進めてしまっている。

「あ、そうだ! ショウタってさ、空手習ってるんでしょ? ちょっと教えてよ」

ショウタの気持ちを知ってか知らずか、ユウナは突然、そんなことを言い出した。

「はあ? いや、うん。習ってるけど…」

「でしょ? ねえ、空手ってどうやるの? こうやって構えるの?」

ユウナは不器用な様子で、空手の正拳突きらしきポーズをとった。
ショウタは戸惑いつつも、これはいいところを見せるチャンスだと思った。

「え? いや、違うよ。もっと腰を落としてさ。足を開いて」

「こう?」

「うん、そうだな。それで、手を腰に当てて」

「こうやるんだ。えい!」

ユウナの不器用な正拳突きに、ショウタは思わず吹き出してしまった。

「えー? 違うの? ねえ、ちょっとやって見せてよ」

「え? しょうがねえなあ」

運動の苦手な女の子に手ほどきするというのは、男の愉悦の一つである。
それは、自分の肉体の躍動を見せつけて、雄を感じさせる行為だ。
小学生とはいえ、ショウタにもその男の本能は芽吹いていた。嫌々ながらというフリをして、得意の空手の構えをとるのだった。

「こうやって、グッと腰を落とすだろ。これが大事なんだよ。それで、腹に力を入れて、拳を前に出すんだ。やあっ!」

ショウタが気合と共に、拳を突き出した瞬間、背後の跳び箱の陰から、突然ハルカが現れた。
そして無言のまま、大きく広げられたショウタの股間に、狙いすました蹴りを浴びせた。

バシン!

と、ショウタの股間に衝撃が走った。
ショウタは一瞬、何が起こったのか分からなかったが、沈めた腰が浮くほどのその衝撃は、男の本能的な警報を脳内に響かせるのに、十分すぎるものだった。

「はっ…うっ…!!」

背後を振り返る余裕もなく、あっという間に、ショウタの体は前のめりに崩れ落ちた。
震えるような鋭い痛みが、まず脳天に突き抜けて、その後で、下腹部をねじられるような鈍痛が、じわりじわりと襲ってくる。
その時にはすでに、ショウタの体は床の上で海老のように丸くなってしまっていたが、本人はそんなことに気がつく余裕もなかった。

「音、した?」

「ううん。してない。バシンっていったよ」

ショウタを呼び出して、油断させ、足を開かせて、ベストな状態で蹴り上げる。
すべてがハルカとユウナの計画通りに行ったが、金玉を蹴ったときの音だけが、ハルカの予想と違っていた。

「ウソぉ。今のは、すっごい手ごたえがあったのに。なんで、キーンって音がしないの?」

「だから、そんな音しないって言ってるじゃない。もう、ハルカちゃんは頑固なんだから。ねえ、ショウタ。キンタマは金でできてるから、キンタマっていうんだよね?」

ユウナの問いかけにも、ショウタはまったく気がつかない様子だった。
顔を覗き込むと、これでもかというくらいに歯を食いしばり、目をつぶって、小刻みに震えている。
男だけが味わう最も苦しい痛みと、懸命に闘っている最中なのだ。

「ねえ、すっごい痛がってるよ。そんなに痛いのかなあ?」

「うん。だって、思いっきり蹴ったもん。井口先生のときの倍くらい」

「あー、そっかあ。じゃあ、痛いだろうねえ。ねえ、ショウタ、大丈夫?」

ほとんど止まっていたショウタの呼吸が、ようやく回復したようだった。
全身を強張らせながら、細く長く、息を吐き出している。思い切り呼吸してしまえば、それだけでも股間の痛みが増しそうだったのだ。

「あーん。でも、思いっきり蹴っても、キーンって音がしないんだあ。何でかなあ。やっぱり、テレビで見たのはウソだったのかなあ」

「そうだよ。だって、テレビだもん。でもさ、そのテレビでは、どうやってたの? やっぱり、蹴っとばしてたの?」

内臓を掻き回されるような、絶望的な痛みに耐えている横で、その痛みを与えた女の子たちが、無邪気に話をしている。
その理不尽さと、金玉を持たない女の子の残酷さを、ショウタは文字通り痛感していた。

「うーんとね…。その時は、女の人が後ろから蹴ってたのかなあ。こうやって。潰れろーって。…あれ? そうだ! そうだよ」

「どうしたの?」

「その女の人ね、潰れろーって言ってた。だから、そうなんだよ。潰れないとダメなんだよ! 潰れたときに、キーンって音がするんじゃない?」

痛みに震えるショウタの背筋が寒くなるようなことを、ハルカが口走った。
今、彼が両手で必死におさえている二つの睾丸は、どうやら潰れるまでには至っていないらしい。しかし逆に言えば、潰れなくてもこれほど痛いのに、もし本当に潰れてしまえば、どうなるのか。
想像もしたくないような地獄の苦しみが、ショウタの背後まで迫ってきていた。

「えー。そうなの? キンタマって、そんなに簡単に潰れちゃうのかなあ。金でできてるのに」

「それは、ユウナちゃんがそう言ってるだけじゃない。ていうか、今、ショウタのを蹴った時も、全然硬い感じしなかったよ。ふにゃっとして、柔らかい感じだったもん」

「ホントに? でも、キンタマは漢字で書くと、金色の玉なんだよ。金じゃないのに金玉って、おかしくない?」

「それはそうだけど…。でもさ、金魚だって金色じゃないのに、金魚だよ。それと一緒なんだよ」

「あー、そっかあ。そうなのかなあ」

女の子たちが他愛もない会話をしている間、ショウタは必死でこの場から逃れようとしていた。
まだ股間の痛みは重く、立ち上がれる状態ではなかったが、なんとか逃げ出さないと、下手をすれば金玉を潰されてしまうかもしれないのだ。
股間を両手でおさえながら、這いずるようにして、扉の方へ向かった。


スポンサーサイト
[PR]


管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/54-c8b40baf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク