FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。

「音、するよ。だって、テレビでやってたもん」

「ウソ。そんな音しないよ」

「えー。だってぇ…」

4年生のハルカとユウナが、何やら話し合っていた。
ハルカは音がするといい、ユウナはしないという。
何の話をしているのか、側を通りかかった男性教師の井口が、声をかけた。

「君たち、何の話をしてるの?」

井口は二人の担任ではなかったが、メガネをかけた優しそうな雰囲気は、クラスを問わず人気があった。

「あ、先生。聞いて。ユウナちゃんが、わたしはウソつきだって言うの」

「だって、ウソついてるんだもん。ウソつきとは言ってないよ」

「ウソ! 言ったよお」

「言ってない! ウソつかないでよ、ハルカちゃん!」

「ほら、また言った! ユウナちゃんの方が、ウソつきじゃない」

「それはだって、ハルカちゃんが…!」

子供のケンカは、ときに収拾がつかなくなる。
井口は、会話に入ったことを少し後悔したが、このまま放っておくわけにもいかなかった。

「はいはい。分かったから。二人とも、ちょっと待って」

先生の言葉に、ハルカとユウナは渋々口を閉じた。

「ハルカちゃんもユウナちゃんも、ウソつきじゃないってことは、先生がよく知ってるから、大丈夫。もともとの話は、何だったの? 何の話でケンカになったの?」

「それは…」

「別に…」

二人はとりあえず落ち着いたようだったが、井口の問いかけには、口ごもった。
すると突然、何かに気がついたように、ハルカが顔を上げた。

「先生! わたしがウソつきじゃないってこと、証明してみてもいい?」

「ん? 証明って…」

「先生が協力してくれれば、証明できると思うから。お願い、先生!」

井口にとっては、まったく意味の分からないことだったが、生徒がウソつきでないことを証明したいとなれば、協力しないわけにはいかなかった。

「うん。先生でよければ、手伝うよ。ユウナちゃんも、それでいいかな?」

「別にいいけど…。先生がよければ」

ユウナは意味ありげにつぶやいた。

「じゃあね、先生。ハルカと手をつないで」

ユウナの言葉は気になったが、完全にその気になっているハルカに、井口は両手をあずけてしまった。
二人は両手をつないで、向かい合った状態になる。

「はい。これでいい? それで、ハルカちゃん。何を話してたの?」

「あのね。キーンって音がするかどうかってことなの。蹴った時に」

「え? キーンって音?」

その言葉に、一抹の不安が頭をよぎった時には、すでに遅かった。
ハルカの右足が、井口の股間めがけて振り上げられ、その小さな足の甲が柔らかい塊を跳ねたとき、井口の頭の中には、何かが弾けるような音が響いた。

「はうっ!」

思わず井口は、つないでいたハルカの両手を、強く握りしめた。
しかしそれも一瞬のことで、すぐに全身の力が抜けて、その場に膝をついてしまう。
痺れるような鈍痛が、井口の下腹部から湧き上がってきた。

「音、した? キーンって」

「してないよ。だから、キンタマ蹴っても、そんな音しないって言ったじゃん」

振り向いたハルカに、ユウナがそれ見たことかと言い放った。

「だって、テレビではしてたんだもん。蹴ったらキーンって音がするから、キンタマっていうんじゃないの?」

ハルカは本気でそう信じていたようで、さも残念そうだった。

「違うよ。キンタマのキンは、金色の金だよ。金でできた玉が入ってるから、キンタマっていうんだよ」

「えー。そうなの? 違うよね、先生? キーンって音がするから、キンタマなんだよね?」

ハルカは、井口の両手を握ったままだった。
その手には力がまったく入っておらず、ブルブルと震えている。
井口は、突然自分の急所を蹴り上げたハルカを、大声で怒鳴りたい気持ちだったが、股間から湧き上がってくる痛みに耐えるのに精いっぱいだった。

「あれえ? 先生、大丈夫? 痛かった?」

ハルカは、ようやく井口の痛みが尋常でないことに気がついたようで、自らノックアウトした相手を、顔を覗き込んで心配した。

「う、うん…ちょっとね…」

井口はようやく、それだけ言うことができた。

「ほらあ、ユウナちゃん。先生、痛いみたいだよ。キンタマが金でできてるなら、すごい硬いはずでしょ? こんなに痛がるはずないじゃん」

ハルカが言うと、ユウナも少しむくれた様子で返した。

「えー? だって、キンタマは大事なトコロっていうもん。大事ってことは、金でできてるんじゃないの?」

「違うよ。やっぱり、キーンって音がするから、キンタマなんだって。今のはさ、蹴り方が悪くて、小っちゃい音しかしなかったんだよ。だから、ちょっとしか痛くないんだよね、先生?」

ちょっと痛い、と言った意味を、ハルカは自分流に解釈してしまったようだった。
しかし、股間に睾丸のぶら下がっていない、金玉の痛みを一生知ることのない女の子たちの無邪気な勘違いを、否定する気力は今の井口にはない。

「じゃあ、色が金色ってだけなのかなあ。でも、それじゃあ別に大事なトコロじゃないよね。ただ、蹴られたら痛いだけだもん。いらないトコロじゃない?」

「だからあ。蹴り方がダメだったんだってば。もう一回、他の男子のを蹴ってみようよ。絶対、キーンって音がするって」

「うーん。じゃあさ、クラスの男子の誰かを呼び出して…」

ハルカとユウナは、痛みに苦しむ井口のことなどすでに眼中にない様子で、次に金玉を蹴る男子を誰にするか、話し合い始めた。

「次はさ、キンタマの色も見てみようよ。わたし、ちゃんと見たことないんだ。だから、体育倉庫とかに呼び出して…」

「うん、そうしよう。ショウタあたりがいいかなあ。アイツ、呼び出したら、すぐ来そうじゃない?」

「そうだね。次こそ絶対、うまく蹴りたいなあ。あ、先生、ありがとうね。わたしたち、もう行くね」

「また今度、蹴らせてもらおう。じゃあね」

ハルカとユウナは、新しい遊びでも見つけたかのように、わくわくした表情で立ち去って行った。
これから、一体何人の男子生徒が、彼女たちの犠牲になるのか。井口はそれが恐ろしかったが、かといって、彼女たちを止める元気もなかった。


スポンサーサイト
[PR]


管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/53-65e83a3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク