FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


(あ…。やっちゃった…)

ミチルはさすがにしまったと思ったが、ステージを止めるわけにはいかない。
ボールレンジャー達の声は、全て録音されたものであり、台本通りのことしか言えないのだ。
この場では、唯一ミチルだけが、アドリブに対応できる存在だった。

「…ホホホホ。油断したな、ボールイエロー!」

なんとか戦いを進めようとした。
ボールレンジャー達も、それについていこうと、必死に動きをとった。
「とおっ!」とか「やあっ!」などの掛け声だけなら、ある程度合わせられるはずだった。

「イエロー! 大丈夫―?」

「どうしたの、イエロー!」

子供たちから応援と、そして疑問の声が上がっていた。
子供たちにしてみれば、あんなに力強いボールイエローが、軽い蹴り一発で倒れてしまったのが、不可思議なようだった。
まさか、ヒーローも金的が急所だとは思ってもいなかったのである。

「…ホホホホホ! ボールレンジャー達よ! お前たちの弱点は知っておる! お前たちの足の間には、大切な魔法のボールが入っているのだろう? 今日は、それを狙ってやるぞ!」

苦境のあまり、とんでもない設定をミチルはブチ込んできた。
もちろん、そんな話はボールレンジャー達をはじめ、子供たちも聞いたことがなかった。
しかし、現実にボールイエローは倒されてしまっている。
そしてさらに、残りのボールレンジャー達も、股間を狙われるのだろうか。
思わず尻込みした彼らに、ミチルの方からしかけてきた。

「えい! そおら!」

クラッシャークイーンは、ボールブルーに素早く近づくと、その股間に膝蹴りを打ち込んだ。
さらに隣にいたボールグリーンに対しては、持っていた魔法の杖で、その股間を打ち上げた。

「あっ!」

「うえっ!」

ブルーとグリーンは、なす術もなく倒れてしまった。
イエロー同様に、股間を両手でおさえ、うずくまって苦しんでいる。
それは演技でも何でもなく、そのヘルメットの下は、普段かいたことのない汗でびっしょりになった、苦痛の表情があるはずだった。

「…く、くっそー!! よくも!」

ボールレッドの声が、ステージに響いた。
もともと、レッド以外のボールレンジャー達が一度やられてしまうのは、台本通りだった。

「ホホホホ! 貴様の魔法のボールも、いただくぞ!」

もはやどうにでもなれと、開き直っているミチルのアクションは、普段、溜まりに溜まっていた感情に忠実だった。
完全に及び腰になっているボールレッドに近づくと、その股間の膨らみを掴み、もぎ取るようにして捻りあげたのである。

「ぐああぁぁ…!」

実は、ボールレッドを演じているスーツアクターは、ミチルの元彼だった。
スーツアクターとしての実力は確かなものの、女癖が悪く、さんざん浮気されて、半年前に別れたのである。
しかも最近では、例のピンク役に抜擢された新人女優に手を出しているという噂を、ミチルは聞いている。
さまざまな恨みつらみがこもった力で、ミチルはボールレッドの睾丸を握りしめていた。

「ホホホホ! どうした、ボールレッド? 魔法のボールが痛いのか? これを取ってしまえば、お前は二度と変身できなくなるぞ。ほおら!」

「あががが…! ミ、ミチル…やめて…」

ヘルメットの下から、元彼の悲痛な声が漏れた。

「レッドー! 頑張れー!」

「負けるな、レッドー!」

子供たちの声援も、レッドには届かなかった。
やがて、レッドの体がブルブルと痙攣し始めたころ、ようやくミチルはレッドの股間から手を放してやった。

「…ぐわぁっ!」

録音されたレッドの声が響いたが、ステージの上のボールレッドは、声を上げることもなく、その場に倒れ込んでしまった。

「フン! 弱いヤツらめ!」

ミチルは完全にふっ切れているようだった。
ステージ上には、股間を抑えて呻いているヒーロー4人と、それを見下ろしていうクラッシャークイーン、そして、無事なのはボールピンクだけだった。
およそ、ヒーローショーとは思えない、異様な光景だった。

「あとはお前一人だ、ボールピンク!」

そうは言ったものの、ミチルはこの後の展開に困ってしまった。
さすがにピンクまで倒してしまうわけにもいかず、考えた挙句に、台本通りに倒されることにした。

「行くぞ! そおら!」

再び、クラッシャークイーンの金的蹴りが唸りを上げた。
ここまで、半ば呆然と事の成り行きを眺めていたピンクは、自分がどうしていいか分からないまま、また、女性特有の股間の無防備さで、ミチルの金的蹴りを受けてしまった。

「…っ!」

他のボールレンジャー達をあっさり沈めたクラッシャークイーンの攻撃が、ピンクにだけは効かなかった。

「な、なに! お前には、効かないのか!?」

もちろん、空手二段のミチルの前蹴りを股間にくらえば、女性でも多少のダメージはあるだろう。
ミチルはとっさに、自分でシナリオをくみ上げ、それに沿って手加減していたのだ。

「ま、まさか…。そうか! お前は女だからだな! 女は、魔法のボールが他の場所に入っているのだな! くそうっ!」

ここで、ミチルはスーツアクター同士にしか分からない、合図を送った。
今が、とどめをさすチャンスだという、合図である。
それを見たピンクは、すぐさま、必殺の飛び蹴りを放った。

「必殺! スーパーボールキーック!」

「ぐわあぁー!」

なんとか音声も間に合い、飛び蹴りが決まった。

「く、くそう…。ボールレンジャー最強の戦士は、ボールピンクだったのか…」

捨て台詞を残して、クラッシャークイーンは退場していった。
後に残されたボールピンクは、周りでうずくまっている他のボールレンジャー達に、声をかけて回った。
なんとか立ち上がって、決めポーズを取らなければ、ステージは終わらないのである。

「う…せ、正義は勝つ…あぁ…」

ピンク以外の4人は、よろよろと立ち上がったものの、前かがみなり、腰に手を当てながら、決めポーズをとった。
そうしてステージは無事に終了したが、その後のボールレンジャー達との写真撮影会は、中止になったという。

ミチルはさすがにとんでもないことをしてしまったと、ステージ終了後に反省したが、意外にも、そのステージの評判は良かった。
それも子供たちよりも、一緒に見に来ていた母親たちに、圧倒的な支持を受けたのである。

「お決まりの退屈なステージではなく、面白かった」

「いつも守られてしまいがちなピンクが、女性の強さを見せつけてくれて、スカッとした」

などの感想が、インターネットのHPに多く寄せられた。

そして、それに興味を持った番組制作会社が、次回は女性がメインとなるヒーロー戦隊を作ろうという企画を出してきたのである。
女性ならではの、しなやかな動きと素早さ、そして必殺の金的蹴りを使って、悪役怪人たちをなぎ倒していく。
その主人公候補として、ミチルの名前が挙がったことは、言うまでもない。


終わり。


スポンサーサイト
[PR]

ボールレンジャーの続編、お願いします!
[2014/02/19 Wed] URL // #- [ 編集 ] @
屈強なヒーローが 金的に一撃入れられただけで悶絶する様は萌えますね また いつか機会がありましたら ヒーローショーやヒーローの握手会 等のシチュエーションでお願い致します
[2015/07/21 Tue] URL // #s1rZ/VNc [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/52-d7cfc099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク