FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


「ミキちゃーん、何してんのー?」

するとそこへ、クラスメイトの女子、カエデとサユリが近づいてきた。
二人は、廊下の隅にしゃがみこんでいるミキと、そのそばで股間をおさえて、うずくまっているダイチを見ると、すぐに状況を理解したようだった。

「あー、ダイチ君もパンツ見たんだー。やっぱり、男子ってみんなスケベなんだね。ダメだよー、女の子のパンツ見たら」

クラスでもお調子者のサユリが、すべて分かった上で、クスクスと笑いながら言った。

「ミキちゃん、ちゃんと料キンもらった?」

「うん。膝蹴りさせてもらった。でもさ、ダイチ君は、ウチのクラスのルールを知らなかったんだね。ちょっと可哀想だったかなあ」

「あ、そうなんだ。でも、仕方ないよ。ルールはルールだもん。ねえ、ダイチ君、これからは、パンツなんか見ちゃダメだよ?」

カエデはニコニコと笑いながら、ダイチの顔を覗きこんだ。
自分は、決して見ようとしたわけではないと叫びたかったが、睾丸から押し寄せる痛みは、彼女たちに口答えしてはいけないということを、強く警告していた。

「ていうかさ、ダイチ君、給食の時間に、カエデちゃんのパンツも見てなかった? アタシ、前の席だったから、気づいたけど」

サユリのこの言葉に、痛みで半ば朦朧としていたダイチの頭は、冷水をかけられたように覚醒した。

「えー? ホント? ダイチ君?」

ダイチはとっさにうつむいて、目を逸らした。
その額には、汗が大粒の玉となって浮いている。

「み、見てない。見てないよ!」

全力で否定したが、動揺は隠しきれず、ウソをついていることは、カエデ達の目には明らかだった。

「ホントにー? ねえ、ダイチ君、ウチのクラスではねえ、一回ウソついたら、5キンタマ払わないといけないってルールもあるんだよ?」

ダイチの顔が、一瞬で強張った。
5回も金玉を蹴られるなんて、考えただけでもゾッとする。

「ホントなら、それでいいんだけど。他の人にも聞いてみようかなあ。それでもし、ウソだったら、その時はさあ…」

カエデはダイチの心を見透かしているかのように、うっすらと微笑んでいた。
サユリとミキもまた、ニヤニヤと笑っている。
むしろ、ウソをついてもらった方がいい。5回も金玉を蹴るなんて、楽しそうだ。
そんな彼女たちの思惑は、ダイチにも十分に伝わってきた。

「あ、あの…その…。やっぱり…」

唇を震わせながら、ダイチはつぶやいた。

「んー? なに?」

「やっぱり…チラッと見えてたような気がする…。ホント、その…チラッと…」

言い終わると、ダイチはごくりと唾を飲み込んだ。
カエデ達の反応はどんなものか。
神様に祈りたくなるような気分だった。

「えー? ホント―? チラッと見ちゃったんだ? しょうがないなー。なんで、すぐ言わなかったの?」

「い、いや…その…ちょっと忘れてて…。ホントにチラッとだったから…」

ダイチは慌てて弁解したが、女の子たちには通用しなかった。

「じゃあ、ダイチ君は最初だから、パンツの分だけで許してあげるよ。さ、立って」

カエデは楽しそうに笑っていた。
もちろん、ダイチはまだ立ち上がれるほど、ミキの膝蹴りのダメージから回復したわけではない。
股間をおさえたまま、うずくまっていると、サユリとミキが、その両脇を抱えて引き起こしてしまった。

「や、やめて…! ごめん! 謝るから…!」

恐怖にひきつった顔で、叫んだ。

「うん、いいよ、いいよ。ちゃんと料キンさえもらえれば、それでいいんだからさ。じゃあ、いくよ?」

カエデは慣れた動きで、ダイチの股間に自分の足先を当てて、狙いを定めた。
ダイチが脚を閉じようとしても、サユリとミキが自らの脚を股間に突っ込んで、それをさせなかった。

「ごめん! ごめんなさい! 何でもするから! もう蹴らないで!」

「えー。しょうがないなー。でも、これって決まりだからさあ。…あ、そうだ!」

何か気がついたように、カエデは声を上げた。
その顔には、女の子が相手をいたぶるときのような、小悪魔的な笑いが浮かんでいる。

「今から、一つクイズを出すね。これに正解したら、許してあげる。いいでしょ?」

「ク、クイズ…?」

ダイチの返事を待たずに、カエデはクイズを出してきた。

「問題! アタシのパンツについてるリボンの色は、何色でしょうか?」 

「え!?」

ダイチの頭が、これまでの短い人生で、最も速く回転したときだったかもしれない。
クイズの答えは、知っている。
正解すれば、金蹴りをやめてくれるという。
しかし、それに正解するということは、カエデのパンツをしっかりと見たということになり、それは、先ほどウソをついたということになるのではないだろうか。

「はい、あと5秒ね。5、4、3、2…」

カエデは、ダイチの心中の葛藤を知っているのかどうか。
サユリとミキも、何か悟ったかのような顔をして、ニヤニヤ笑っている。
わからないと答えれば、とりあえず今は一回蹴られるだけで済むのか。
もし、後でウソをついたとバレたら、その時また蹴られてしまうのではないだろうか。
考えれば考えるほど、わからなくなり、もうどっちにしろ、自分は金玉を蹴られてしまうような気がしてきて、ダイチは考えるのをやめた。

「赤! 赤だ!」

思わず、見た通りのことを、正直に叫んでしまった。
その瞬間、沈黙がその場を流れる。
サユリとミキも、カエデの反応を待っているかのように黙りこくっていた。

「…せーかい! ダイチ君、すごーい! 約束通り、蹴るのやめてあげるね?」

ダイチの体から、一気に力が抜けた。

「あ、ありがとう…ございます…」

どうやら、自分の選択は正しかったらしいと、ほっとする思いだった。

「うーん。どうして分かっちゃったのかなー。おかしいなー」

カエデの首のかしげ方は、どことなくわざとらしかったが、ダイチにはもはやそんなことを気にする余裕がなかった。
ただ、この場を早く離れて、イスに座ってゆっくりと休みたい。そんな思いが、ダイチの頭を支配していた。

「カエデちゃん、ホントに赤だっけ? ピンクじゃなかった?」

ダイチの腕を抱えていたサユリが、突然そう言った。

「水色じゃなかった?」

どういうつもりなのか、ミキまでそんなことを言いだした。

「ホントだよお。確認してみよっか? ホラ」

カエデがごく自然に、スカートをめくり上げた時、ダイチの思考は完全に止まっていた。
そこには、純白のパンティーと、赤い小さなリボンが見える。

「あ…」

これが何を意味するのかを理解したのは、そのすぐ後だった。

「ね? 赤でしょ? ねえ、ダイチ君、赤だよね?」

ニコニコと笑いながら問いかけるカエデに、ダイチは思わず目をつぶって、泣きそうな表情でうなずいた。

「う、うん…。赤です…」

「そうだよね。よかった。じゃあ、改めて料キンをもらうね? せーの!」

もはや、女の子たちの意地悪な遊びに付き合う気力は、ダイチには残っていなかった。
それよりも、やがて確実に来る地獄のような痛みに耐えるため、目をつぶり、歯を食いしばって、男らしく仁王立ちして身構える方が、ダイチにとって優先事項だった。

ズン!

股間に突き刺さった質量の中に、ほのかな体温が感じられたような気がした。
カエデの膝の先端は、金玉袋の根元あたりに突き刺さり、睾丸を押し潰したのは、そのすぐ上、膝頭と太ももの間の、堅くて太い部分だった。

「はああっ…」

瞬間、背筋に寒いものを感じ、この数瞬後に来る痛みが、先ほどのミキの蹴りのときの比ではないことを、ダイチは本能的に感じ取った。
すぐに両脚の力が抜けて、一気に重くなったダイチの両腕を、サユリとミキが放してやる。すると、ダイチの体は木が倒れるように、横倒しに崩れ落ちてしまった。

「っっっ……!!」

声にならない叫び声を上げて、ダイチは顔を歪めた。
二つの睾丸から上がってくる痛みは、胃を貫いて、喉元に吐き気すら催させる。
えづくような咳が、ダイチの口から何度も漏れた。

「さすがあ! カエデちゃんの膝蹴りは、すごいねー」

「ホント、みんな、こうなるよね。すごーい」

女の子たちの目にも、ダイチのリアクションが異常であることは分かったらしい。
金玉の痛みにも、いくらかの段階があることを、何度も金蹴りを重ねるうちに、彼女たちも理解しているようだった。

「そうかなあ。まあまあ、強めに蹴ったからかな。ねえ、ダイチ君。ダイチ君は転校生だから、これで許してあげるね。でも、もうウソついちゃダメだよ?」

廊下に這いつくばって苦しむダイチに、カエデは諭すように声をかけた。

「パンツを見たら、ちゃんと料キンを払わないとさ。ルールだからね?」

自分に地獄のような苦しみを与えておきながら、にっこりと笑いかけるカエデの姿に、ダイチは言いようのない恐怖を感じた。
これから、カエデの顔を見るたびに、この痛みを思い出すだろう。
絶対に、彼女に逆らってはいけないと、朦朧とした意識の中で確信した。

「じゃあ、行こっか。料キンももらったし。ありがとうございましたー!」

満足そうな表情で、カエデはペコリと頭を下げた。

「ダイチ君、ありがとうね。また、新しい見せパン買ったら、見せてあげるね」

「え、ミキちゃん、見せパンって何?」

「あ、うん。新しいの買ったんだ。カワイイんだよ。見てみる?」

「えー! 見せて見せて!」

楽しそうにはしゃぐ女の子たちの眼中には、すでにダイチはないようだった。
ダイチはこれから、気が遠くなるほどの長い時間を、絶望的な痛みと戦わなくてはならないのだった。


終わり。


スポンサーサイト
[PR]

現実ならありえない状況ですね
現実世界では女性教師であっても、金玉を膝蹴りされる事がどれだけ大変な事か男性ほどじゃないにしても知っている筈で、このような事が学校で行われて無事に済む事は日本の学校では考えにくい
そもそも、そんな体験をして不登校にならない方がおかしいですし、自分なら親に正直に話して転校を考えるし、パンツくらいで金蹴りって小学校でそんな過剰防衛は許されないと思う
ICレコーダーで録音していたなら、女子の方の立場こそ危険な行為だと思う。
睾丸を膝で蹴るという行為を学級のルールにする事は、現実の学校では無理でしょうね、教師が女性であっても
まぁ架空の話として読む分には良いと思います。
[2014/04/10 Thu] URL // 潤 #.afHJq5Q [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/50-e35e01e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク