FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。

アカリは右手の指先でユウキの胸板を撫で、そのまま下の方に向かい、うっすらと割れた腹筋の境目をなぞった。

「堅い…。すごいわね、男の子って。女の子には、こんな堅い筋肉はいくら頑張ってもつかないわ」

アカリはつぶやきながら腹筋を撫でていく。
アカリの素人離れした攻撃に痛めつけられたユウキも、男としての力強いタフさを褒められて、悪い気分ではなかった。
さらにアカリの視線は、腹筋の下、下腹部へと移っていく。

黒いブーメランパンツに包まれたユウキの股間は、さきほどアカリのスカートの中を見たせいか、大きく膨らんでしまっていた。
ユウキはアカリの視線が股間に向けられたとき、初めてそれに気がついたが、今さらどうすることもできない。

「ここも…」

アカリは無表情にその膨らみを見つめ、腹筋をなぞった手でそのまま触ろうとしたが、寸前で止めた。

「堅くなってるみたいね。フフフ…」

ユウキの顔を見上げて、小さく笑った。
ユウキは驚きと恥ずかしさで顔を真っ赤にし、それでも美しいアカリの顔から眼をそらすことができなかった。

「岡田君、今日はこれも脱いでくれないかしら? 私、岡田君の全部が見てみたくなっちゃった」

アカリの口から出た言葉は、ユウキの頭にハンマーで殴ったような衝撃を与えた。
ほとんどすべてをさらけ出している自分に残された、最後の一枚を脱ぐ。アカリの前で。好きな女の子の前に出す。自分の性器を。外で。学校で。その後は。今から何をするのか。

「あ…」

様々な言葉がユウキの頭の中を駆け巡り、ちょっとした混乱状態になってしまったが、それを見透かしたかのようなアカリの声が、ユウキを現実に引き戻した。

「でも、まだ試験は終わってないのよ。あと2回の攻撃を、耐えられるかしら」

アカリは意地悪そうなほほ笑みを浮かべている。
ユウキはその言葉で、我を取り戻した。

「ぬ、脱ぐの…?」

「岡田君さえよければ。ちょっとしたご褒美もあるかもしれないわよ?」

ユウキにはその言葉の意味が分からなかったが、ここまできた以上、彼女の言うことに逆らう気持ちはなかった。
無言でうなずくと、自らのパンツに手をかけて、ためらいながらも脱ぎ捨てた。

「フフフ…」

顔を真っ赤にしながらも、仁王立ちになったユウキの股間のペニスは、堂々と天を突きさしていた。
アカリはそれを見て、得体のしれない小さな笑い声をあげる。
その表情には恥ずかしがる様子はなく、いつも通り落ち着いたものだった。

「いいわ。とってもセクシーね。鍛えられた男の人の体って、何も着けない方が美しいと思うの」

アカリは一種感動したような調子で、丸裸になったユウキの肉体を見つめ続けた。
一方のユウキは、自分が好きになった女の子の前で全裸になり、観察されるという異常な状況にも関わらず、密かな興奮を感じ始めていた。
自分でも不思議な高揚感だったが、それは肉体にも顕著に表れ、堅く勃起していたユウキのペニスは、さらに膨張し、その先からうっすらと透明な液体がにじみ出しそうになっていた。

「私ね、男らしい人が好きなの。だからとにかく男らしい、力強い体を持った人を探してたのよ。岡田君は、ひとまず合格といえるかもね」

意外な言葉に、ユウキはアカリの顔を見つめた。
アカリはそんなユウキを見つめ返して、ほほ笑む。

「ねえ、岡田君。男の人が一番男らしいときって、どんな時だと思う?」

「え…?」

ユウキは言葉につまった。

「私はね、こう思うの。岡田君みたいに大きくて、力強くて、打たれ強い人が、私の指一本でひざまずいちゃうときが、一番男らしいって」

そう言うと、アカリは右手を伸ばして、ギンギンにそそり立ったユウキのペニスの下、金玉袋の前で指を弾く構えを取った。
ユウキが目を落とすと、アカリの中指はギリギリと引き絞られた弓矢のように曲げられ、今にも解き放たれそうになっている。

「9回目。耐えられるかしら」

にっこりと笑うと、アカリはユウキのむき出しになった金玉に、思い切りデコピンを放った。




スポンサーサイト
[PR]


管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/5-75dc8aba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク