FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


「あ…あの…」

ダイチが興奮のあまり、肌触りの良さそうなそのパンティーに、思わず手を伸ばしそうになったとき、ミキはさっと振り返って、スカートを元に戻した。

「はい、おーしまい。よく見えたでしょ?」

「あ…う、うん…。ありがとう…」

よく分からないが、ダイチはとりあえずお礼を言ってしまった。

「えー。お礼はいいよ。ちゃんと、料金をもらうから」

「料金…?」

思えば、一輪車で転んだサユリも、そんなことを言っていた。

「うん。いくよ。料キーン!」

楽しそうなかけ声と共に、まだ興奮の冷めやらぬダイチの股間に、強烈な膝蹴りを叩きこんだ。

「あうっ!!」

ダイチが頭で理解するより早く、痛みが押し寄せてきた。
先ほどまで見とれていたミキの細い脚が、容赦なく、股間にある二つの睾丸を押し潰したのだ。
半ズボンの股間にテントを張っていたダイチのペニスは、一気にしぼみ、膝から力が抜けて、自然とその場にしゃがみこんでしまった。

「あ…あっ…!!」

絶望的な痛みが下腹部に広がり、ダイチは両手で股間をおさえ、足をバタつかせたが、痛みはますます全身に広がっていった。
やがて呼吸さえも困難になって、背筋に冷たい汗が流れ始めたころ、ようやく自分を見下ろして、楽しそうに笑っているミキの声に気がつくことができた。

「やったー! 一発KOだー! やっぱり、膝の方がきくんだなー。今度から、膝蹴りにしよっと」

ミキは、狙っていた獲物を仕留めたかのように、はしゃいでいる。
ダイチは脂汗をかきながら、ミキの顔を見上げた。

「ありがとうございます。確かに料キン、いただきました。キャハハ! そんなに痛かったー? ごめんねー? でも、これ、決まりだからさー」

「き、決まり…?」

ダイチは混乱した頭で、懸命に考えようとしていた。

「うん。ウチのクラスではね、1パンツ、1キンタマなの。一回女子のパンツを見たら、男子はキンタマを蹴られないといけないんだよ。それが、パンツを見るための料金なの。知らなかった?」

すっかり青ざめた表情のダイチの側にしゃがみこんで、ミキは説明した。
つまり、女子のパンツを覗いた男子は、罰として金玉を蹴られてしまうということらしい。
これはスカートめくりをするような、やんちゃでスケベな男子を懲らしめる方法としては、一見、合理的なように見える。
しかし、このルールを利用して、女子が自らパンツを見せてきた場合はどうだろう。
それは一転して、男子にとって恐るべき暴力となるのではないだろうか。

「ダイチ君は、アタシのパンツを見たから、アタシが料金もらったってこと。ちょっと痛いかもしれないけど、パンツが見れたから、いいでしょ?」

男にとって、難しい選択だった。
先ほどまで、ダイチは確かに幸せな興奮の中にいたが、その代償として、今は地獄のような苦しみを受けている。
女子のパンツを見れることは嬉しいが、その先にあるものを考えると、やはり他の男子のように、見ないという選択をしたくなる。いや、自分はもう、パンツなど二度と見ないと、とめどない痛みの中で、ダイチは決意するのだった。

「でもさー。ダイチ君みたいなおっきい男子でも、やっぱりキンタマは痛いんだねー。見せパンだったから、ちょっと手加減してあげたんだけどなー」

歯を食いしばって苦しんでいるダイチの様子を、ミキは小首をかしげて、不思議そうに眺めていた。
ミキ自身は、自分の力が強いと思ったことなど一度もなかったが、その自分の加減した蹴りひとつで、ダイチのような男の子が簡単に動けなくなってしまうことが、心から不思議で、面白かった。

「あ、アタシにキンタマ蹴られたって、先生とかに言っちゃダメだよ? そしたら、アタシもダイチ君にパンツ見られたからって言うからね? いい?」

女の子らしく、それなりに計算されているようだった。
金玉を蹴られた男子が、先生に告げ口したとしても、女子がパンツを見られたと言えば、怒られるのは男子に決まっている。
特にダイチ達のクラスの担任は女性教師で、男子の金玉の痛みなど、理解してもらえるはずもない。
ダイチは、力なくうなずくことしかできなかった。

「良かった。じゃあ、トントンしてあげるね? こうすると、痛くなくなるんでしょ? はい、トントントン」

どこで覚えたのか、ミキはうずくまるダイチの腰のあたりを、拳で軽く叩いてやった。
それはほんの気休め程度の効果しかないが、それでもダイチにとってはありがたかった。


スポンサーサイト
[PR]


管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/49-52210322
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク