FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


子供たちの遊びというものは、いつ誰が考えたのか、よく分からないまま、流行になってしまうものが多い。
それらは子供らしく単純で、無邪気なものがほとんどだが、中には大人がちょっと思いつきもしないような、過激な遊びもあったりする。
これはそんな、遊びの一つ。
いつ終わるともしれない、流行の一つだ。

「ねえ、ダイチ君も、パンツ見たい?」

学校の廊下の隅で、いきなりそんなことを聞かれたので、大原ダイチは答えに詰まってしまった。

「え? なに…?」

ダイチは一週間ほど前に、この学校に転校してきたばかりで、ようやく5年2組のクラスメイトの名前と顔が一致し始めたころだった。

「見たかったら、見せてあげようか? アタシのパンツ」

ニコニコしながらそう言うのは、クラスメイトの中でも、ダイチがちょっと気になっていた浜崎ミキだった。
ミキはいつも小学生らしくない、オシャレな格好をしているが、今日はフリルのついた可愛らしいスカート姿だった。
そしてそのスカートの裾に、すでに手をかけていて、今にもダイチの目の前でめくってしまいそうな様子なのだ。

「パ、パンツって…。な、何で…?」

必死に平静を装おうとするが、動揺は隠しきれなかった。
思えば、ダイチがこのクラスに転校してきてから一週間、たびたび妙なやり取りを目撃したことがあった。

例えば、昨日の昼休みのこと。

校庭で、一輪車に乗って遊んでいたクラスの女子が、何かの拍子に転んでしまったことがあった。
その周りでは、他に男子も遊んでいたのだが、彼らはみな、慌ててその転んだ女子、サユリの方から目をそらしたのである。
たまたまサユリはスカートを履いており、転んだ拍子に、その中が見えたか見えなかったか、少し離れて見ていたダイチには、判別がつかなかった。

「あいたた…。転んじゃったー。あ、アンタ達、アタシのパンツ見たでしょ?」

サユリは、自分の体の心配よりも、周りにいたクラスメイトの男子達に、目を光らせた。

「い、いや。見てねえよ」

「俺も。ちょうど、あっちの方見てたから」

慌てて目をそらしたシンイチとジンは、明らかに動揺していた。
その動揺は、「女の子のパンツを覗いた」という、いやらしい気持ちに起因しているものでないことは、同じ男であるダイチには、すぐに分かった。
まるで、何かを恐れているような、必死にそれを避けようとするような、ちょっと奇妙な慌てぶりだった。

「ホントー? ま、いいか。でも、次はちゃんと料金をもらうからね?」

サユリは少し笑いながら立ち上がると、再び一輪車で遊び始めた。
そして、それを聞いた男の子たちは、顔を強張らせると、そそくさとその場を離れたのだった。

あのときの、シンイチとジンの動揺は何だったのか。ダイチにはまったく見当がつかなかったが、どうやらサユリのパンツに関係があることだけは、おぼろげに理解できた。
そして今、同じクラスメイトのミキが、自分にパンツを見せようとしている。

「な、何で、その…パンツ…見せてくれるの…?」

ダイチは背が高く、スポーツが得意な男の子だったが、性格はごく大人しかった。
一人っ子で、もちろん、女の子のパンツを間近で見たことなどない。

「えー? だって男子って、みんな女子のパンツが好きなんでしょ? だから、ダイチ君も見たいのかなって。今日、アタシ見せパン履いてきたから、ちょうどいいかなって」

「み、見せパン…?」

見せパンが何なのかすら、ダイチには分からなかった。

「そう。カワイイんだよ。見てみる?」

おもむろにスカートをめくりあげようとするミキを、ダイチはもはや止めようとはしなかった。
ただ、思わずゴクリと唾を飲み込んだ時、思い出したことがあった。

それは、先ほどの給食の時間。

今日はクラスに何人かの欠席者がいて、デザートのゼリーが、その分だけ余った。
小学生の常として、それは取り合いになり、多くの場合、じゃんけんなどで分配される。
しかし今日に限って、女子のカエデが、どうしても譲らなかったのである。

「じゃんけんだよ。いつもそうやって決めてるだろ!」

最後に残ったゼリーをめぐって、カエデと争っているのは、男子のコウタだった。
コウタはじゃんけんによる公平な勝負を要求しているのだが、カエデがどうしても譲らないのだ。

「やだあ。アタシ、じゃんけん弱いんだもん。ねえ、お願い。このゼリー、アタシの大好物なんだあ。ねえ、ちょうだい?」

「ダメだよ。俺だって、大好物なんだからな。じゃんけんで決めようぜ」

こちらも譲ろうとしないコウタの強情ぶりを見て、カエデはある提案をした。

「わかった。じゃあ、パンツ見せてあげるから。それでいいでしょ?」

「え?」

と、コウタの顔が、サユリから目をそらしたときの男子達と同じように、強張った。

「ね? ほら、見せてあげるから。いくよー」

カエデが自らのスカートをめくろうとした瞬間、コウタは慌てて、持っていたゼリーをカエデに押し付けた。

「も、もういいよ。ゼリーやるから。その…パンツはいいよ!」

「ホント? ありがとー! わーい!」

あれだけ強情を張っていたコウタが、あっさりとゼリーをカエデに渡してしまったのを、ダイチは不思議そうに見ていた。

「でも、ホントにいいの? パンチラだけでも見せてあげよっか? ほら。チラ!」

カエデはスカートの裾をちょっとだけ上げて、その中にある自らのパンツをチラつかせた。

「いいってば! 俺、見てないぞ。見てないからな!」

両手で顔を隠して、必死で見ないようにするコウタを、カエデは面白そうに追いかけた。

「ホントに見てないかなー? ほら、ほら!」

カエデが無造作にめくりあげるスカートの中に、赤いリボンのついた、白いパンティーが見えた。
ダイチは自分の席に座りながら、思わずそれに目を走らせてしまったが、ふと気がつくと、周りの男子達は、みな一様に目を伏せているようだった。

あの時コウタは、必死にカエデのパンツを見ないようにしようとしていた。
あれだけこだわっていた、ゼリーまであげてしまって。
それが何を意味するのか。
今、クラスの女子の中でも、とりわけカワイイと評判のミキが、目の前でスカートをめくりあげようとしている状況では、それを深く考えるだけの余裕はなかった。

「ジャーン。カワイイでしょー?」

ミキが自らめくりあげたスカートの下から、可愛らしい水玉模様のパンティーが現れた。
見せパンというだけあって、裾には大げさなフリルがついており、いかにも女の子が好きそうなデザインだった。

「あ…うん…」

ダイチの目は、釘づけになってしまった。
ダイチは早熟で、親に隠れてインターネットのアダルト画像などを盗み見ては、興奮することが何度かあった。
しかし今は、パソコンの画面ではない生で、しかもこんなに目の前に、女の子のパンティーと下半身がある。

「あ、あとね。後ろもカワイイんだ。ほら。クマさんなの」

ダイチの興奮をよそに、ミキはクルリと振り向いて、パンティーのお尻を向けた。
確かにそこには、可愛らしいクマのイラストが描いてあったが、心もち内股になって、お尻をキュッと上げたその体勢は、男の本能的な欲情を揺さぶるものだった。
ミキは、自他共に認めるクラスのファッションリーダーだったが、性的な意味ではまだ子供で、自分の行動がダイチの目にどう映っているか、まったく理解していないようだった。

スポンサーサイト
[PR]


管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/48-9c7f2bb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク