FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


比較的裕福な家庭の子供が集まる、私立の女子校。
その中等部の体育館で、現役の警察官数人による、護身術の講習が行われていた。

「それでは、今年の護身術教室を始めます。私は講師を担当する、香山ヨウコ巡査部長です。よろしく」

ヨウコがあいさつをすると、ジャージ姿の女子中学生たちが、一斉に座ったまま頭を下げた。

「それからこちらは、今日の教室に協力してくれる、現役の警察官のお兄さん達です」

ヨウコに促され、横にいた制服姿の男性警察官三人は、一斉に敬礼した。

「よろしくお願いします!」

みなヨウコの後輩の警察官たちで、若く、たくましかった。
女の子たちは彼らの力強い姿を見て、ほれぼれする思いだった。

「じゃあ、さっそく始めましょうか。2,3年生は、去年もこの教室を受けているから、大体分かるかな。ちょっと復習しましょう」

ヨウコは後輩の一人、山本を自分の側へ招き寄せた。
山本は警察官になってまだ一年目で、この教室に参加したのも初めてだった。
ヨウコが何も話してくれなかったので、ほとんど何も知らないまま、ここに立ってしまっている。
山本だけではなく、同じくヨウコの後輩の橋田と川上も、同じように何も知らされてはいなかった。
三人にとって、ヨウコは美人だが、近寄りがたい存在であり、気軽に話しかけられる対象ではなかったのだ。

「これから皆さんに護身術を教えますが、難しくはありません。覚えることは一つだけです。みなさんが誰かに襲われて、逃げられなくなったときには、身を守るために相手を倒さなくてはなりません。さて、どうすればいいですか?」

ヨウコはそこまで言うと、見覚えのある2年生の生徒を指差した。

「はい、アナタ。どうすればいいと思いますか?」

指された女子は驚いたが、スッと立ち上がった。

「はい。…あの…急所を攻撃します」

ためらいがちに、答えた。

「その通りです。でも急所はいくつかありますが、どこですか?」

ヨウコは冷静な表情で、質問を重ねる。

「はい。…あの、男の人の急所です」

「男の急所とは?」

「はい。…あの、アソコです」

思春期の女の子らしく、頬を染めながら答える。
その周り、特に一年生の女子達の間にも、ソワソワした気分が広がっていた。

「アソコとは、どこですか? はっきり言って下さい」

ヨウコの口調は、相変わらず淡々としたものだった。
その様子に、山本たちは異様なものを感じた。
普段から冷静沈着で、いわゆるクールビューティーを体現したような先輩のヨウコだったが、なぜこんなことを無理矢理中学生に言わせるのか、彼らには分からなかった。

「はい。…あの…その…キ、キンタマ…だと思います」

女の子は耳まで真っ赤にして、やっとのことでその単語を口にしたようだった。
周りに座っていた女子達は、小さく声を上げたり、口を手でおさえたりして、騒ぎ出した。

「静かに!」

そんな女子達のざわめきを、ヨウコの一喝が鎮めた。

「毎年言っていますが、みなさんのそういった恥じらいをなくすことが、護身術の第一歩です。恥ずかしがっていては、いざというときに身を守れません。下品なことをいう必要はありませんが、しっかりと覚えておいてください」

ヨウコが毅然とした表情で言うと、女子達はいっせいにうなずいた。
男性警官たちにも、ようやくヨウコの意図していることが伝わった。

「はい、それでは続けますね。男性に襲われた時に狙うのは、股の間にあるキンタマです。キンタマを攻撃すれば、男性は一気に行動不能になります。男の急所はキンタマ。はい、声に出してみて」

「男の急所はキンタマ!」

ヨウコが促すと、数十人の女子達が一斉に言った。

「もう一度。男の急所はキンタマ!」

「男の急所はキンタマ!」

「はい。よくできました」

ヨウコは女子達を褒めたが、居合わせている男性警官たちにとっては、複雑な気分だった。
警官であること以前に、彼らも男であるから、男の肉体の欠陥とも言える弱点を、こうやって大勢に指摘されるのは、どうも具合が悪い。

「では、具体的なキンタマの攻撃方法に入っていきましょう。それじゃあ、そこのアナタ。3年生ね? 去年、どんな方法を教わりましたか?」

ヨウコは再び、去年の講習を受けた上級生を指差してあてた。

「はい。えーっと、足で蹴ったりするのがいいと思います」

「そうですね。他には?」

「えーっと…。他には、膝で蹴ったり、手で叩いたり…あ、握り潰したりするのもよかったかな」

女の子は思い出しながら答えていった。
彼女にとっては何でもないことだったが、男性陣にとっては、あまり聞きたくない内容だった。

「そうですね。それでいいと思います。じゃあ、実際にやってみましょうか。アナタ、ちょっと前に出てくれる? 名前は?」

「はい。浅井ミホです」

ミホは返事をして、ヨウコのもとに出てきた。

「じゃあ、ミホちゃん。よろしくね」

「はい。よろしくお願いします!」

ミホは目を輝かせて、頭を下げた。
女の子たちの目から見ても、女性警察官のヨウコは、憧れの存在であるらしかった。

「ミホちゃんは、キンタマ攻撃の方法を習ってから、それを使ったことはある?」

「あ、はい。…その、一回だけ、お兄ちゃんに…」

ミホは恥ずかしそうに答えた。

「そう。お兄ちゃんと、ケンカしたの?」

「あ、はい。ウチのお兄ちゃん、ちょっと乱暴で…。だから…」

「そうなの。乱暴なのはよくないわね。でも、お兄ちゃんに使うのは、気をつけた方がいいわ。潰してしまわないようにね」

「はい。大丈夫です!」

ミホは笑って返事をし、女の子たちの間にも和やかな空気が広がっていたが、男性陣は苦笑いをするしかなかった。

「じゃあ、このお兄さんのキンタマを、蹴ってみてちょうだい」

え?と、ミホと山本が同時に反応したが、その意味合いはずいぶん違っていた。
これまでの話の流れで、嫌な予感はしていたのだが、山本はヨウコからそんな話はまったく聞いていなかったのだ。

「え、いいんですか?」

「もちろん。アナタのお兄ちゃんにやったようにしてくれればいいのよ。遠慮はいらないわ」

「あ、はい。わかりました!」

ヨウコに言われて、ミホは元気良くうなずいて、山本の方を向いた。

「あ、あの…。先輩…」

山本は慌てて、ヨウコの顔を見る。

「あ、山本君は何もしなくていいから。とりあえず、足を開いて立ってて。みんなによく見えるようにね」

ヨウコが平然と言ったから、山本は従うしかなかった。
不安はあったが、まがりなりにも警察官として鍛えた体である。中学生の金的蹴りくらいで、そこまでのダメージを受けるとは、山本自身も想像していなかった。


スポンサーサイト
[PR]


管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/45-584cf8b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク