FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。

とある空手道場の女子更衣室で。
稽古を終えた小学生の女子たちが、着替えをしながら楽しそうに話していた。

マナ 「あー、疲れた。でも、今日も男子に勝っちゃった!」

サヤカ 「そうだね。アタシも勝ったよ」

チヒロ 「そっか。今日はみんな勝ったよね。金的で」

三人の女の子たちは、嬉しそうに今日の男子相手の試合の結果を話している。
三人は同じ小学4年生で、この道場では、小学生まで男女混合の試合をすることを認めていたのだ。
しかし小学生高学年までの男女は、体格差も少なく、むしろ女の子の方が背が高い場合が多い。
そのうえ、金的攻撃も認めているのだから、男子にとって、女子と試合をすることはかなりのリスクを伴っていた。

サヤカ 「ていうかさ、マナの試合のとき、相手のユウキ君、超怖がってなかった? マナの下段蹴りに、超反応してたよね?」

マナ 「あー、そうだったかも。なんか、金的蹴るつもりじゃないときも、すっごい避けてたよね。やっぱり、怖いのかな? ウケるよね」

二人は笑いながら、マナとユウキの試合を思い出していた。

チヒロ 「あれさ、その前のサヤカとケンタの試合を見てたからでしょ。サヤカが思いっきり蹴るんだもん。ケンタのあの痛がり方見たら、男子はみんなビビっちゃうよ」

チヒロの言うとおり、マナとユウキの試合の前、サヤカは相手のケンタの金的を、いつも以上に激しく蹴りとばしていた。
ケンタはサヤカの蹴りを受けた瞬間、奇声を上げて、そのまま床に這いつくばり、白目をむいて失禁すらしてしまったのである。

サヤカ 「あ、そっかあ。まあ、あの時はアタシも怒ってたからねー。ケンタのヤツ、あたしのオッパイばっかり突いてくるんだもん。あったまきたから、思いっきり蹴ったんだ。いい手応えだったな」

マナ 「あー、それは自業自得だね。タマタマ潰されても、文句言えないかも」

サヤカ 「うん。一個くらいは潰すつもりで蹴ったよ。まあ、大丈夫だったみたいだけど。意外と潰れないんだよねー」

サヤカとマナは、男にとっては聞きたくもない恐ろしいことを、平然と口にした。

チヒロ 「ケンタがやられたときの他の男子達の顔、見た? みんな黙り込んで、自分のタマタマに手を当てたりしてたよ」

マナ 「ホントに? 見てなかったなー。自分のタマタマの確認してたのかな?」

マナが言うと、サヤカは笑った。

サヤカ 「えー。なんで? タマタマが大事だから? 人が蹴られてるの見ると、怖いんだ?」

チヒロ 「じゃない? ちょっとカワイイよね」

三人はうなずいた。

マナ 「あの、タマタマを蹴られてさ、ちょっと耐えようとするところも、カワイくない? ああーん、って感じで」

マナは自分の股間に両手をあてて、金的を蹴られた男子の真似をしてみた。

サヤカ 「分かる。内股になって、必死に我慢しようとするんだけど、やっぱりダメで倒れちゃうのね。カワイイよねー」

チヒロ 「軽く当たったときとかさ、最初は大丈夫かと思うんだけど、後からきいてくるんだよね。今日のジン君もそうだったもん」

サヤカ 「そうそう。軽く当たっても、すっごい痛い時があるみたいだよね。不思議」

チヒロ達が男の金玉の不思議を口にすると、マナは目を輝かせて、話し始めた。

マナ 「あ、アタシはね。最近、クリーンヒットしたときの感触が分かってきたよ。タマタマが足の甲に乗った感触があるときは、絶対立てないの。今日のユウキ君もそうだった」

チヒロ 「ホント? タマタマが乗った感触?」

サヤカ 「あー、それ、分かるかも。なんかさ、タマタマがクニってなる感じじゃない?」

マナ 「そうそう。蹴りの強さはあんまり関係ないんだよね。あと、当てた時に足首をクイって手前に引っ張ると、いい感じだよ」

マナは足を上げて、実際にやって見せた。

チヒロ 「へー。アタシも今度やってみよう。ユウキ君のタマタマが大きいから、やりやすいよね?」

マナ 「うん。あの三人の中では、ユウキ君が一番大きいよね。一番小さいのは、ケンタ?」

サヤカ 「うん。ダントツでケンタだよ。だから、簡単に潰れるかなーって思ったんだけど。大きい方が痛いってわけじゃないのかな?」

マナ 「みたいだね。あと、一個だけ当たった時でも、関係ないみたい」

チヒロ 「ホント? アタシはいつも二個とも狙ってるけどな」

サヤカ 「アタシも、どうせ当てるなら二個まとめて当てたいな。今度はこう、斜め横から蹴ってみようかな。一個だけ当てて、そのまま隣にぶつける感じで」

サヤカは気合十分に素振りをする。

マナ 「いいね、それ。タマタマ同士がぶつかって、すごい痛そう。あうーんって感じ?」

マナはまた、股間に手を当てて痛がるふりをする。

チヒロ 「でもホント、男子って可哀想だよね。タマタマなんかついててさ。絶対鍛えられない急所なんでしょ? 痛いだけじゃん、あんなの」

チヒロは憐れむような調子で言う。

サヤカ 「ホントだよねー。いくら男子の力が強くてもさ、金的蹴られたら、一発じゃん。アタシ、本気でやったら、全然負ける気しないんだけど」

マナ 「ホント、ホント。アタシ、女に生まれて良かったー」

マナの言葉に、サヤカとチヒロは深々とうなずいた。
やがて着替えが終わり、女の子たちは更衣室を出て、帰路についた。
すると道場の出口で、今日、女の子たちがノックアウトした男子二人、ユウキとジンに出会った。

ユウキ 「あ! お、お疲れ様…」

ユウキは明らかにバツが悪そうに、女の子たちに言った。
ジンの方も、女の子たちを見るなり、目を合わさないように無言でうつむいてしまう。

サヤカ 「あ、お疲れー。ケンタは?」

サヤカは明るく声をかけ、自分が思い切り金的を蹴りあげたケンタを探すが、そこに姿は見えなかった。

ユウキ 「あ、ケンタは…」

ユウキは口ごもった。

ジン 「ケンタは…まだ、残ってる…。その…痛いから歩けないって…」

ジンが少しずつ、言葉を選びながら説明した。
それを聞いた女の子たちは、すぐさま納得した様子だった。

マナ 「あー、そうなんだ。大丈夫かな? 潰れてないかな?」

サヤカ 「アソコが潰れちゃうと、超痛いんでしょ? ちょっと強く蹴りすぎちゃったかな?」

女子達は心配そうに言ったが、それはかえって男子達にとって心苦しいものだった。
どれだけ心配しているようでも、しょせんは金玉の痛みの分からない女の子たちの言うことで、そこに実感が伴っていないのは、男子達には良く分かっていたのだ。

チヒロ 「今日はなんかゴメンね。みんな金的を蹴られちゃったみたいで。男子達はみんな強いからさ、つい蹴っちゃうんだよね」

チヒロの言葉に、男子達は苦笑いするしかなかった。
確かに単純な腕力では、ユウキやジンの方が勝っているかもしれないが、彼らは目の前の女の子たちに、手痛くやられてしまったのである。
しかも、男として最も屈辱的な負け方で。

サヤカ 「でもさあ、金的ってそんなに痛いのかな? 我慢できないくらい?」

ユウキ 「あ、うん…。まあ…」

サヤカの言葉に、ためらいがちにうなずいた。
本当は、男のプライドにかけて否定したかったが、現実は、彼はマナの前でこらえきれずに床に這いつくばってしまっている。
股間をおさえてうずくまる姿は、女子達には絶対に見られたくない、情けないものだったが、あの痛みは、そんなことを即座に忘れさせてしまうくらいのものなのだ。

チヒロ 「アタシの金的蹴りは、いつものより痛かった?」

チヒロが素朴な様子でジンに尋ねた。

ジン 「え? いや…うん…どうだろう…」

ジンは思い出したくもないという風に、ためらいがちにうなずいた。

チヒロ 「ふうん。まあ、いいか。また今度蹴ったときに、比べてみてよ。じゃあね」

最後にジンの背筋が寒くなるようなことを言って、チヒロ達は去っていった。



スポンサーサイト
[PR]


管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/40-82cbcedd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク