FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。

コウタは、まったく想像もしていなかった事態に困惑していた。
15人もいたはずの男子達は、自分をのぞき全員ノックアウトされ、今は女子10人に取り囲まれている。
できることなら逃げ出したい気分だったが、それもできそうになかった。

「お、お前ら卑怯だぞ! キンタマ狙いやがって! 反則だぞ!」

「えー。ケンカに卑怯とかあるんだ? でもさ、男子は女子よりずっと強いんでしょ? じゃあ、ちょうどいいハンデじゃない? コウタのも、ちょっと蹴らせてよ」

じりじりと歩み寄ると、コウタは慌てて、両手で股間を覆い隠した。
余裕の表情で迫るカエデとは対照的に、コウタは完全に戦意を失って、キンタマを守ることだけを考えている様子だった。

「カエデちゃん、手伝おっか?」

カエデの横にいた、ケイコが言った。

「そうだね。めんどくさいから、みんなでやっちゃおうか」

カエデがうなずくと、女の子たちは一斉にコウタを取り囲み、飛びかかった。
すでにそれぞれが男の子をノックアウトして、自信をつけていた。
キンタマ攻撃の恐怖に怯えるコウタは、あっという間に両手両足を取られ、大の字になってカエデの前に立たされることになった。

「や、やめろよ、お前ら! やめてくれって!」

コウタはもがくが、さすがに数人の女の子におさえられては、男の子といえど身動きができなかった。

「言っとくけど、アンタがいけないんだからね。アンタがユイちゃんを泣かしたから、こんなことになってるんだよ」

コウタは執念深い女の恨みを感じ、ユイに暴力をふるってしまったことを後悔したが、今となってはどうすることもできない。

「そうだ、カエデちゃん。アタシ、キンタマの実物が見てみたいんだけど」

「あ、わたしも。見たい見たい」

ケイコが言うと、女の子たちは口々に同意し始めた。

「あ、そっか。みんな、キンタマを見たことないんだっけ? じゃあ、コイツをやっつける前に、見てみようか」

カエデはいとも簡単そうに言った。
コウタはこの話の展開に慌ててしまう。

「ちょ、なんだよ! 見てみるって…」

「じゃあ、ズボンとパンツを脱がしちゃお。よいしょっと」

女子達にしっかりとおさえられて、身動きのできないコウタを無視して、カエデはズボンに手をかけて、パンツと一緒にずり下ろしてしまった。

「あっ!」

コウタが恥ずかしがる間もなく、その股間はクラスの女子達の目の前にさらされてしまった。

「きゃー!」

「あー、オチンチンだー!」

女の子たちは口々に叫ぶが、恥ずかしがる様子もなく、露わになった性器を注視している。

「ちょ、やめろよ! 見るなって!」

「うーんとね。これがオチンチンでしょ。で、この下にあるのがキンタマなの」

顔を真っ赤にして抵抗するコウタの叫びも空しく、カエデはコウタの性器を指差しながら解説を始めた。

「へー。そんなにちっちゃいんだー」

「なんか、プルプルしてて、カワイイね」

屈辱的な言葉をかけられても、どうすることもできない。
ついにコウタは黙り込んでしまった。

「そうそう。で、昨日も言ったけど、オチンチンはあんまり痛くないの。ね?」

カエデは、コウタのペニスに軽くデコピンをした。
コウタはちょっと顔をしかめて、痛がる様子だった。

「ほらね。全然平気でしょ? でも、キンタマは違うんだよ。えい!」

続いてコウタのキンタマに、先ほどと同じようにデコピンすると、コウタはうっとうめいて、大きく体を震わせた。
羽交い絞めにされながらも、腰を引いて、足を震わせている。

「えー! ウッソー。今ので痛いの?」

「ウソでしょ? 演技だよ、演技」

女の子たちは笑いながら、コウタの苦しむ様子を見ていた。
同時に、女の子たちは期待していた。カエデはどうやって、このデリケートすぎる男の急所を痛めつけてくれるのだろうか。
カエデもまんざらでもないように、足首のストレッチなどを始める。

「でもみんな、初めてなのにキンタマ蹴るのうまかったよねー。あとは、ちょっとしたコツがあってさ。足首の使い方なんだけど、できるだけ力を抜いたほうがいいんだよね。こんな感じ」

楽しそうに素振りをしてみせるカエデの蹴りを見て、コウタの顔は真っ青になってしまっていた。
一方の女の子たちは、感心してそれを見ている。

「あんまり力は入れなくていいから、スピードの方が大事なの。見ててね」

カエデがコウタに向かってかまえると、コウタはついに泣き出しそうな顔になってしまった。

「やめて、やめてくれよ! 俺が悪かったから。謝るよお」

いつも威張り散らしている普段のコウタからは、考えらない言葉だった。
必死の形相で許しを乞うコウタの様子に、カエデと女子たちは、思わず吹き出してしまう。

「ウソー。コウタ君が謝ってるよ」

「そんなにキンタマ蹴られたくないの?」

「大丈夫。そんなに痛くないよ。わかんないけど」

女の子たちは、同情するような目でコウタを見たが、かといってその手足を放してやることはしなかった。

「ま、男らしく諦めてよ。せえの!」

カエデも笑いをこらえながら、渾身のキン蹴りをコウタの股間に放った。
スパーンと、今日のキン蹴りの中で一番いい音がして、カエデの足の甲はコウタのキンタマを正確に打ちつけた。

「はぐぅっ!」

コウタは両手足を掴まれながらも、体を折り曲げて、腰を精一杯引いた。
女の子たちが解放してやると、すぐに両手で股間をおさえ、そのまま前のめりに崩れ落ちてしまった。

「はあぁっ!」

海老のように体を丸めながら、両足をジタバタとさせて、地面をゴロゴロと転がっている。

「すごーい。いい音したね。なんか、すごいことになってるよ」

「うん。今のはいい感じだったな」

「面白ーい。ジタバタしてるよ」

少しすると、コウタは地面を転がるのをやめて、その場にうずくまったまま、ブルブルと震えていた。
絶望的な痛みがコウタの全身を襲い、周りで笑い合う女の子たちの声も、まったく耳に入らなかった。

「さすがカエデちゃんの蹴りは、ホント痛そうだね。でも、コイツにはこれくらいやんないとねー」

「そうそう。ユイちゃんを泣かしたんだから、キンタマ潰すくらいじゃないと、納得できないよ。ユイちゃん、ちょっと痣になってたみたいだからね」

「ホントに? 痛そー」

コウタがユイに与えた痛みよりも、恐らく数百倍は大きな痛みをコウタは味わっているはずなのだが、キンタマの痛みが分からない女の子たちにとっては、痣ができたことの方がリアルなものとして共感できた。

「ねえ、コウタ! アンタこれに懲りたら、二度と女の子に暴力振るっちゃダメだからね! わかった?」

カエデはうずくまっているコウタの側にしゃがみこみ、言い放った。
しかしコウタは、その言葉に反応することができない。

「聞いてんの? もう一回蹴ってあげようか?」

痺れを切らしてそう言うと、コウタは慌ててうつむいたまま、首を横に振った。

「やめて…ください…。すいませんでした…」

コウタは大粒の涙を流しながら、息も絶え絶えにそう言った。
その様子を見て、カエデと女子たちも、自分達の勝利を確信し、満足した。

「じゃあ男子はこれから、真面目に掃除するんだね? 遅れたりさぼったりしたら、またキンタマ蹴るからね?」

カエデはコウタだけでなく、周りで苦しんでいる男子全員に向かって言った。
コウタは素直にうなずいた。

「はい…。真面目にします…」

「ホントだね? 一人でもサボったら、連帯責任で全員キンタマ蹴りだからね?」

「はい…」

ケイコが言うと、コウタをはじめとして、返事のできる男子は全員うなずいた。

「よし。じゃあ、このせんそーは女子の勝ちってことだね。みんな、ありがとー!」

カエデが満面の笑みで言うと、女子全員がそれに応え、笑い合って手を叩いた。
やがて満足げに女子たちが帰った後、男子たちは地面に這いつくばったまま、しばらく立ち上がることさえできなかった。


終わり。



スポンサーサイト
[PR]

ひっそりと応援しておりますぞ
[2013/12/06 Fri] URL // #- [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/39-6087551c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク