FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。

「いい? 絶対動いちゃダメよ。そのままの姿勢でいなさい。あと、声をあげてもダメ。わかった?」

ケントは目をつぶりながら、うなずいた。

「よし。いくわよ」

突然、ケントは股間に違和感を感じて、思わず腰を引きそうになった。
しかしミズキの声が、それを厳しく制した。

「ダメよ! 動かないで!」

ミズキは、ケントが履いている半ズボンの上から、睾丸を鷲掴みにしていたのだ。
男の最大の急所を不意に掴まれたケントは、反射的に逃れようとしたが、ミズキに叱られて、そのまま休めの姿勢で立っているしかなかった。

「そう。それでいいの。先生がいいって言うまで、ずっとそのままよ」

ミズキの声が、興奮したように少しうわずっているのが、目をつぶっているケントにも感じられた。
しかしその理由がなぜなのか、想像がつくわけもなく、ケントの頭にはただ、二つの睾丸を掴まれた本能的な不安感しかなかった。

「フフ…。ちっちゃくて可愛いタマタマね。ケント君は、タマタマを打ったり、蹴られたりしたことはあるの?」

「い、一回だけ…。ドッジボールの時に…」

「ボールが当たっちゃったの?」

「は、はい…」

ミズキの手が、ケントの睾丸をコロコロと揉み転がしている。ケントは顔をしかめながら、うなずいた。

「そう。痛かったでしょう? 男の子はタマタマを打つのが、一番痛くて苦しいのよね。潰れたりしたら、将来、結婚しても子供ができなくなってしまうのよ」

それを聞いて、ケントはミズキが自分の睾丸を潰してしまうのではないかと思い、背筋がぞっとする思いだった。
ドッジボールの時は、バウンドしたボールが、軽く当たってしまった程度のものだったが、あの苦しみは、思い出したくもないものだった。

「せ、先生…。ボクのタマを潰さないでください…。お願いします」

ケントが懇願すると、ミズキは自分がこの男の子を支配しているのだという満足感を感じた。同時に、今にも泣き出しそうなケントの顔に、例えようもない愛おしさを感じてしまう。
最初から、ケントの睾丸を潰すつもりなどなかったが、この際、じっくりと彼をいたぶってやりたくなった。

「大丈夫。潰さないわよ。でももし、先生の言うことを守らなかったら、潰してしまうかもよ?」

睾丸を手の中で転がすと、ケントはびくっと体を震わせて、必死にうなずいた。
実際、ケントの二つの睾丸はまだ未発達で、ちょっと力を込めてしまえば、簡単に潰れてしまうのではないかと思うほど、小さい。
しかしそれがまた、ミズキの性的嗜好をくすぐるのである。

「じゃあ、ちょっと強めに握るわね?」

そう言うと、ケントの睾丸を握る右手に、少し力を込めた。

「ううっ!」

「ダメよ、腰を引いちゃ。掴みにくくなるでしょ。背筋を伸ばして。休め!」

ミズキは面白そうに、ケントの反応を見ていた。
股間に広がる重苦しい痛みに耐えながら、ケントは必死に背筋を伸ばしていた。

「そうそう。もっと強くなるからね。頑張るのよ?」

じわじわと、睾丸を握る手の力が強くなっていった。
ケントの睾丸は、逃げ場のないミズキの手の中で押し潰され、変形していく。

「ああっ! 先生! 先生!」

もうやめてくれというように、ケントは叫んだ。

「どうしたの? タマタマが痛いの? まだ、そんなに力を込めてないのよ? もっと我慢できるでしょ?」

「痛いよ、先生! タマが潰れちゃうよ!」

「そう。でもこれは罰だから、ケント君はもうちょっと我慢しないといけないのよ。でも大丈夫。このくらいじゃ、まだ潰れないのよ。もっと強くしてもね。ほら」

ミズキの手に、さらに力が込められた。
ケントの全身を激しい痛みが駆け巡り、吐き気さえ催してきた。
ケントは思わず身をよじって、手を振りほどこうとするが、ガッチリと掴まれたミズキの右手は、ケントの睾丸を離さなかった。

「うああっ!」

「ほら。動いちゃダメでしょ。あと、声も上げたらダメよ。我慢しなさい。約束を守れないなら、本当に潰しちゃうわよ?」

ミズキは耳元で、囁くように言った。
ケントは痛みに震えながらも、睾丸を潰される恐怖を感じ、必死で背筋を伸ばして、唇を噛んで耐えようとした。
その姿を、ミズキは心から愛おしそうに見つめ、握りしめた睾丸を、さらに手の中でグリグリともてあそんだ。
睾丸が動くたびに、ケントは「ひっ」とか「うっ」とか、声にならない悲鳴を上げるのである。

「痛いの? 苦しいのね? タマタマを握られて。男の子の大切な所ですもんね。不思議ね。どう痛いのか、先生も知りたいわ。先生に説明してくれないかしら?」

「う…。なんか…お腹にグゥってきて…足がしびれてきて…気持ち悪くなります…ううっ!」

「そう。我慢できないの? こんなに優しく握ってるのにね。潰れたりしたら、もっと痛いのかしら? ショックで死んじゃうのかしら」

「し、死にます! 死んじゃいます!」

痛みに震えるケントには、その言葉が本気なのかどうか、考える余裕もなかった。
ただ、ミズキがその気になれば、いつでもケントの睾丸は潰されてしまうことは確かで、ケントは男の本能として、ミズキに逆らうことはできなかった。

「本当? でも、ケント君は悪いことしたんだもんね。そのくらいされても、当然かもしれないわよ。タマタマは二個あるから、とりあえず、一個だけ潰してみようか?」
 
「や、やめてください! お願いします! 許して下さい!」

「だーめ。潰します。それ!」

ミズキは楽しそうに笑っていた。
二つながら握っていたケントの睾丸を持ちかえると、そのうちの一つに、これまで以上の圧迫をかけ始めた。

「ああーっ!!」

もはや約束も忘れて、絶叫した。
絶望的な痛みがケントの頭の中を覆い尽くし、何も考えられなくなった。

「はい、おしまい」

不意に、ミズキが手を離した。
ケントは糸の切れた人形のように、その場に尻もちをついて、両手で股間をおさえてうずくまった。

「頑張ったわね、ケント君。痛かった?」

「あ…あ…」

ミズキが声をかけても、まだ状況が把握できないようで、朦朧とした表情で、宙を見つめている。

「びっくりした? でも、先生が生徒の大切なタマタマを潰すわけないでしょ? 大丈夫よ。ケント君のタマタマは、二つとも無事だから」

ミズキが笑いかけても、ケントは返事をするどころではなかった。
すると突然、ケントの体が大きく震えた。

「あ! ああっ…!!」

自分でも驚いたような表情で、股間をおさえ、前かがみになる。
その直後、ミズキの鼻は覚えのある特徴的な匂いを嗅いだ。

「ん…。これって…」

ケントのズボンの股間をよく見ると、そこには液体で濡れたような染みが、じんわりと広がっている。

「ケント君。キミ、出しちゃったの?」

ミズキはそれが、男の精液の匂いと染みであることに、すぐ気がついた。
しかしケント自身は、自分の体に一体何が起こったのか、よく分かっていないらしかった。
一瞬、今まで感じたことのないような解放感と快感を感じたが、ミズキに握られた睾丸の痛みはまだ残っていて、立ち上がれずにいる。

「せ、先生…。ボク、オシッコもらしちゃった…」

やっとそれだけ、言うことができた。
自分の体の変化に戸惑う少年の表情は、ミズキにとってこの上なく愛らしい。

「ケント君、それは、オシッコじゃないのよ。初めてだったのね。先生が強く握ったから、タマタマがびっくりしちゃったんだわ」

ミズキは、ケントの側にしゃがみこむと、その額を優しく撫でてやった。

「それは、ケント君が大人になった印なのよ。おめでとう」

これまでに経験したことのないほどの痛みと快感を、同時に体験したケントは、戸惑いながらもうなずいた。

「次は、そっちの方も勉強させてあげるわね。また今度、ゆっくりとね。あと、このことは二人だけの秘密よ。もし、誰かに言ったりしたら、分かる?」

ミズキは悪戯っぽく笑って、右手を上げて握りしめる真似をした。
ケントはその意味を察して、あわててうなずいた。

「お利口さんね。じゃあ、一緒に帰りましょうか」

ミズキの手を借りて、ケントはようやく立ち上がった。
痛む睾丸と、精液まみれになったズボンを我慢しながら、教室を出ていった。


終わり。

スポンサーサイト
[PR]


管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/35-2add8ead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク