FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


「筋肉! 筋肉! 筋肉! 今日もイケてるぞ!」

ボディビル歴5年のユタカは、自分に暗示をかけるようにつぶやきながら、鏡の前でポーズを取っていた。
ここはとあるボディビル大会の控室。
狭い空間が、マッチョな男たちの熱気で満ち溢れている。
本番まであと数時間あったが、彼らの戦いはすでに始まっているようだった。

「ふんっ! んっ!」

ステージに立つころには、審査員に最高の状態の筋肉を見せなければならない
軽くウォーミングアップをしているのか、ユタカはおもむろにスクワットを始めた。

「ふう…」

数十回ほどのスクワットを終えて、筋肉の状態を確かめようと、Tシャツとズボンを脱ぐ。
黒いビキニパンツ一枚に包まれた、驚異の肉体が現れた。

「…よし! …よし!」

小山のように盛り上がった大胸筋。風船のように膨らんだ三角筋と上腕二頭筋。
腹筋はまるで板チョコのようにくっきりと割れていて、その下には子供のウエストほどもある太ももが伸びている。
ユタカは軽くポーズを取りながら、その状態を確かめていた。

「いいぞ! 今日もキレてるな!」

ボディビルダーの中には、自分の筋肉に語りかけるようにして鍛える人がいるというが、ユタカはまさしくそれだった。
日々のトレーニングの末、たどり着いたこの肉体に、誰よりも彼自身が一番見とれている様子だった。

「よし! 今日もイケる!」

実は彼は去年、この大会で優勝を飾っている。
今年は連覇がかかっているのだが、鏡の前で自信を得たようだった。
本格的な準備をする前に、外の空気でも吸ってこようと、控室を出た。
黒いビキニパンツ一枚のままだ。
一度脱いだ服を着てしまえば、本番に向けて高めている気持ちが途切れるような気がしたし、何より彼が思う最高の肉体を隠すことなどしたくなかった。
本当は、日常生活でも服など着たくないとさえ思っていたのだ。
はち切れそうな胸をそらしながら、のっしのっしと廊下を歩く。
すると、

「泥棒! 誰か、捕まえてくれ!」

会場となっている体育館の長い廊下の奥から、叫び声が聞こえた。
見ると、ジャージ姿の長い髪の女性が、スポーツバッグを持って走ってくる。
大会に出ている女子選手の控室から、置き引きでもしたらしかった。
ユタカはしかし、慌てることもなく、こちらに向かってくる女性をしっかりと見据えると、その進行方向を塞ぐように、両手を広げた。

「はあ、はあ…! え!?」

走ってきた女は、突然目の前に現れた巨大な筋肉の塊に驚いて、足を止めた。

「おいおい。この会場で泥棒なんて。逃げられると思ったのか?」

まるで悪党を捕まえるスーパーヒーローのような余裕の表情で、ユタカは女に迫った。

「あっ!」

女が振り返り、逃げようとしたところで、その腕をユタカが掴んだ。

「えっ!?」

急に、何か大きな岩にでも引っ掛けたかのように、腕が動かなくなったのを女は感じた。
とてつもなく強い力で、手首を掴まれている。

「女性に手荒な真似はしたくないが、泥棒なら仕方ないな」

ユタカは微笑みながら、女の腕を引き寄せる。
女は抵抗しようとしたが、まったく無駄だった。

「あっ! ちょっと、離して…!」

苦し紛れに腕を振り回そうとしたが、それすらもできなかった。

「こらこら。おとなしくしなさい」

ユタカは意に介する様子もなく、さらに盗んだスポーツバッグを抱えているもう一方の腕も掴んだ。
あっと女が叫ぶよりも早く、ユタカは彼女の体を高々と持ち上げてしまった。

「さあ。このまま警察に行ってもいいんだよ?」

よく見ると女はまだ若く、10代の少女に見えた。
その手足は華奢で、整った顔立ちが宙づりにされた驚きと苦痛に歪んでいる。
とても盗みを働くようには見えなかったが、ユタカはとりあえず捕まえておこうと思った。

「離して! 離してください! わたしは泥棒じゃ…」

少女の体重は40キロほどだったろうか。いずれにせよ、ユタカが毎日何百回も上げているバーベルの半分にも満たない重さだった。
宙ぶらりんになった状態でジタバタと暴れるが、その手は離してもらえそうにない。

「もう! それなら…!」

ついに、少女は最後の手段に出た。

パシッ!

と、少女の足のつま先が、ユタカの股間に当たった。
それは蹴りとも呼べない、単に足が当たっただけのことだったが、しっかりとビキニパンツの膨らみをへこませていた。
完全に油断していたユタカは、突然襲ってきた衝撃に、顔をしかめる。

「んっ! うぅん…!」

急速に体の力が抜け、少女の手を離すと、ストンとその場に着地した。
ユタカは何が起こったのか分からない様子で、襲いつつあった重苦しい痛みに耐えるため、ゆっくりと前かがみになる。

「ごめんなさい!」

体の9割が筋肉の鎧で覆われたユタカの、唯一の鍛えられない場所、黒いビキニパンツで優しく包まれたその柔らかな膨らみに、少女は狙いを定め、至近距離から右ひざを振り上げた。

メリッ!!

と、少女の膝がユタカの金玉を押し潰した。
深く割れた腹筋と、脚が閉じないくらいに発達した太ももをもってしても、まったくの無意味だった。
男の体の中で、そこは絶対に鍛えることができず、しかもとてつもなくデリケートで無防備だった。
ユタカは下半身にゾワッとした寒気のようなものを感じると、とっさにうずくまって、両手でそれ以上攻撃されないよう、股間を守った。
その姿は、どんなに鍛えた男でも逃れることができない痛みに対応するため、すべての男にインプットされている本能のようなものだった。

「あっ…! くぅぅ…!!」

やがて襲ってきた地獄の苦しみに、子犬ような声を上げる。
その目には、自然と涙が浮かんでしまっていた。

「あ…! ホントにすいません。でもわたし、泥棒じゃありませんから…」

少女は自らの膝金蹴りの威力にちょっと驚いた様子だったが、落としたスポーツバッグを拾い上げると、すぐに逃げていった。
少女を追いかけてきた係員が駆けつけると、先ほどまでパンパンに膨らんでいた筋肉はしぼみ、男の痛みに震える哀れなボディビルダーの姿がそこにはあった。



スポンサーサイト
[PR]


管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/176-0188ae99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク