FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


人気のない公園に、山崎とエイジの姿はあった。
エイジはすでに数回、殴られたようで、口元には血が滲んでいる。
目を血走らせた山崎の横で、力なくうなだれていたが、ヒナの姿が現れると、ハッと顔を上げた。

「ヒナちゃん!」

「来たな、浅川ぁ!」

ヒナはここまで走ってきた様子で、息を切らせていた。
長い髪はふり乱されて、ぐしゃぐしゃになっている。
エイジの姿を認めると、ホッとしたように息をついたが、すぐに山崎を睨みつけた。

「てめえ、イカれてんのか! 何してんだよ!」

「うるせえ! お前が逃げ回ってるからだろうが。お前のせいだぞ! コイツが殴られてんのはよ!」

山崎はちょっと正気を失っているかのように、まくしたてた。
さんざんヒナに弄られて、もはや不良としてのプライドにかけて、どんなことをしてでもヒナを潰してやると思っているようだった。

「ヒナちゃん! ボクは大丈夫だからね! 全然、迷惑なんかしてないから」

「うるせえ!」

かいがいしく声をかけようとするエイジの脇腹を、山崎が蹴飛ばした。
エイジはウッと呻いて、その場に倒れ込んでしまう。
それを見たヒナは、ついにブチ切れた様子だった。

「おい…! アタシに用があるんだろうが! 相手してやるよ!」

鬼のような形相で、山崎に向かって行く。
山崎も望むところという様子で、ヒナに向かって行った。

「来いよ!」

ヒナは迷わず、山崎の股間を狙って脚を振り上げた。
しかし、さすがに山崎も警戒していたようで、飛び下がるようにしてそれを避けた。
ヒナは怒りに燃えながらも、努めて冷静に、山崎の動きを観察しようとしていた。

「おい、ビビってんのか? 男だろ? かかってこいよ」

「うるせえ、ボケ! 調子に乗んな!」

悪態をついたが、山崎は慎重だった。
ヒナが徹底的に股間の急所を狙ってくることは分かっていたし、ヒナの手足の届く距離である限り、その危険度は高かった。
とにかく、うまく当たれば一発でKOされてしまう恐れがあるのが金的なのである。
山崎にしてみれば、確実な先制攻撃でヒナを仕留めてしまわなければ、返り討ちにあう恐れがあったのだ。

「…しょうがねえな。ちょっと本気出してやるよ」

何事か決心したように、山崎はヒナとの間合いを詰め出した。
ヒナにとっても、山崎の腕力は脅威だったのだが、彼女が狙うのは、ただ金的のみである。
どんなに殴られても、意識のある限り山崎の金玉を潰してやろうと決心していた。

意外なほど無防備に近づいてくる山崎を、ヒナは辛抱強く待った。
自分が攻撃される恐れはあるにせよ、もっとも効果的に金的を攻撃できる位置まで、引きつけたかったのである。
そしてついに、山崎がヒナの眼前にまで迫った。

「オラァ!」

真正面から、ヒナは山崎の股間を蹴りあげようとした。
山崎は足を閉じて防御するものの、本能的に腰を引いてしまう。
するとヒナは、またネコのような素早さで山崎に飛びかかり、その肩を掴んで、強烈な膝蹴りを山崎の股間に浴びせるのだった。

「オラ! オラ!」

まともに当たらなくても、連続して蹴れば、衝撃は金玉に伝わるはずだった。
とにかく、金玉にわずかでもダメージを与えれば、山崎の動きは十分鈍るはずだと思った。
しかし。

「おい…。それで終わりかよ?」

ヒナが肩で息をし始めたころ、山崎はようやく口を開いた。
まったくダメージを受けていない様子だった。
今までヒナが放った金蹴りにクリーンヒットはなかったが、それでも何ともないはずはない。
これには、傍で見ていた男のエイジでさえ、口を開けて驚くことしかできなかった。

「調子に乗んな、ボケ!」

山崎はヒナの長い髪を掴んだ。
そしてその顔を、思い切り殴りつけたのである。

「あっ!」

あっけなく、ヒナは地面に倒れてしまった。
今まで男相手のケンカで殴られたことはなかったが、これが、本来の男と女の体力の差だった。

「ヒナちゃん!」

エイジの声も耳に入らないほど、ヒナは混乱していた。
目の前の景色がグルグルと回り、自分だけ揺れる船の上に乗っているような気分だった。

「ホント、ワンパターンなヤツだなあ。お前が金玉狙ってくることなんか、分かってたんだよ!」

殴った山崎にとっても、それは会心の一撃だったようで、すでに勝利を確信したような余裕さえあった。
彼がヒナに脅威を感じていたとしたら、それはただ一点、金的蹴りに対してだけで、それが通用しないとなれば、勝利は揺るがないはずだったのだ。

「どうした? もうおしまいか、コラァ!」

地面に座り込むヒナの顔に、靴の裏で踏みつけるような蹴りを浴びせた。
およそ中学生のケンカでするような行為ではなかったが、ずいぶん前から、山崎はヒナのことを年下だとも、女の子だとも思っていなかった。
男のプライドの象徴であり、命の次に大事な金玉を、さんざん痛めつけられてきたのである。もはや、ヒナには何をしてもかまわないという気持ちが、山崎の考えを占めていた。

「うっ! …てめえ!」

軽い脳震盪を起こしていたヒナは、かえってそれで正気に返ったのか、蹴りを受けた直後、座ったまま、山崎の股間に下からパンチを打ち込んだ。

「おっ!」

山崎の動きが、一瞬、止まった。
今度こそ、急所にキレイに入ったはずだった。
しかし、ヒナは気がついた。
山崎の股間には、何か、クッションのような詰め物がしてあったのだ。
膝蹴りをしているときには分からなかったが、拳で殴ってみて、初めて違和感に気がついたのである。

「へっ! 効かねえってんだよ!」

しかし、それに気づいたからといって、どうすることもできない。
山崎は嘲るように笑い、再びヒナに蹴りを入れた。

「ああっ!」

ヒナの体は横倒しに倒れ、地面に顔をついてしまった。
今まで、男の金玉を攻撃することで無敵を誇っていたヒナだったが、それを封じられてしまうと、こんなにもあっけなくやられてしまう自分を、思い知らされた。

「オラ! 今まで、ずいぶん調子に乗ってくれたなぁ!」

倒れ込んだヒナの頭を、無情にも踏みつけた。
ヒナの目に、うっすらと涙が浮かんでいた。
悔しいとは思わなかった。
元々、反則のような真似をして、勝っていただけだったから。
自分がケンカに負けることは何とも思わなかったが、ただ、自分のせいでエイジに迷惑をかけたことが、悲しかったのだ。

「これでお前も、自分の実力がわかっただろ? ああ? セコイ真似ばっかりしやがって。とりあえず、明日からお前は、俺の奴隷だ。まあ、色々とやりたいこともあるからよ。お前もおとなしくしとけば、それなりだし、なあ?」

ヒナの頭を踏みにじりながら、山崎は勝ち誇った。
そしてその表情には、いやらしいオスの欲望が、わずかに見え隠れしているようだった。
その時。

「どけーっ!!」

山崎の背後から、エイジが体ごと突っ込んできた。
不意を突かれた山崎は、避けることもできず、そのタックルをまともに食らってしまう。

「うおっ!」

長身のエイジが、全速力で突っ込んできたのだ。
山崎の体は2メートルも吹っ飛ばされ、地面に転がった。

「かっ…! はっ…!」

背中を強打した山崎は、呼吸ができなくなったようで、すぐに立ち上がることができなかった。
解放されたヒナが顔を上げると、そこには、怒りに肩を震わせるエイジの後ろ姿があった。

「お前…!! ヒナちゃんに、何してんだ!!」

ヒナも初めて見る、怒り狂ったエイジの姿だった。
地面に横たわる山崎のベルトを掴むと、そのまま両手で、山崎の体を高々と持ち上げてしまった。

「うわっ! わっ!」

予想だにしていなかったエイジの反撃に、山崎は慌てて、空中で手足をばたつかせた。

「何してんだよーっ!!」

エイジの背中の筋肉が、はち切れんばかりにTシャツを膨張させていた。
ベルトを掴んだまま、山崎の体を振り回し、そのまま頭からブン投げてしまった。

「わーっ!!」

山崎の体は、ヘッドスライディングのように頭から地面に突っ込んだ。
その拍子に、ズボンがすっぽ抜けて、股間に隠していたタオルが落ちた。

「ふう…ふう…」

横たわったまま動かなくなった山崎を見て、エイジはようやく我に返った。

「ヒナちゃん! 大丈夫?」

まだ座り込んだままのヒナの側に駆け寄ると、思わずその肩を抱きしめた。
ヒナは、エイジの大立ち回りを呆然と眺めていたが、やがて安心したように、エイジの胸に頭を傾けた。

「なんだ…。エイちゃん、めっちゃ強いじゃん…」

思わず、ヒナはそう言った。

「ゴメン、ヒナちゃん。ボクがアイツに捕まらなければ…。ボク、ケンカとかしたことなかったから…」

「いいよ。元々、アタシのせいだし。でも、すごい力だね。びっくりした」

「うん…まあ…。部活で鍛えてるからね。ヒナちゃんも、テニスやる?」

ニッコリと笑った顔は、普段のエイジに戻っていた。
しかしヒナの脳裏には、先ほど見たエイジの力強く大きな後ろ姿が、焼き付いていた。

「……」

ヒナが黙ってゆっくりと目を閉じ、心もち唇をとがらせると、数秒の戸惑いの後、エイジは唇を重ねてきた。

「……ん!」

二人が目をつぶって口づけした直後、エイジはハッとして目を開けた。
ヒナの右手が、エイジの股間に伸びて、そこにある二つの膨らみを掴んだのである。

「んん…!!」

エイジは一瞬、身をよじって抵抗したが、ヒナが目を開けて、その瞳に悪戯っぽい笑みが浮かんでいるのを見ると、抵抗するのをやめた。
やがて二人は唇を離し、見つめ合った。

「ヒ、ヒナちゃん…!」

エイジは肩を震わせて苦しみながらも、どこか恍惚とした表情を浮かべていた。

「やっぱり。エイちゃんも、痛いんだ…?」

ヒナもまた、頬を赤らめて、明らかに興奮していた。
その手にはエイジの二つの睾丸がしっかりと握られており、また、握り始めた直後から、エイジのペニスが勃起し始めていたことを、ヒナは感じとっていた。

「痛いよ…。痛いよ、ヒナちゃん! ああ!」

エイジは天を仰ぎ、苦しみと快感に喘いだ。
ヒナはそんなエイジを、愛おしそうに見つめている。

「…カワイイ」

ヒナは手の中でエイジの睾丸を転がしながら、つぶやいた。




終わり。




スポンサーサイト
[PR]


管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/170-520deed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク