FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


土曜日の昼下がり。
中学校のテニス大会が行われている会場に、そこには似つかわしくない格好の浅川ヒナがいた。
いつものようにボサボサの髪で、明らかに大きめのパーカーをだらしなく羽織り、それに膝までくるまるようにして、テニスコートの観客席に座っている。
さすがにタバコを吸うのは我慢しているようだったが、気晴らしにガムを噛んでおり、口を動かすたびに、シルバーのピアスがジャラジャラと揺れた。
彼女の周りに近寄る人間はいなかったが、大会の方はそれなりに盛り上がっているようで、各学校の応援団のような連中もいた。
試合はちょうど、エイジのシングル戦である。
ヒナは、テニスのルールなどはほとんど知らず、見ていてもよく分からなかったが、周りの反応を見る限り、エイジとその相手はいい勝負をしているらしかった。

「広瀬! 落ち着いて! 一本とっていけ!」

「先輩! ファイトー!」

テニス部の部員らしき連中が、エイジを応援していた。
エイジは集中した表情で、相手のサーブが来るのを身構えていた。
その顔は、幼馴染のヒナが初めて目にするもので、普段のエイジからは想像できない、戦う男の表情だった。
やがて、相手方のサーブを打ってきた。
それはヒナの目には、手が届くことが不可能だと思えるほどのボールだった。

「くっ!!」

エイジの息遣いが、聞こえたような気がした。
素早く走り込み、見事に弾き返してみせた逞しい肉体の躍動に、ヒナは密かな興奮を感じずにはいられなかった。

「よーし! やった!」

「すごい! エイジ先輩!」

何回かのラリーの後、どうやらエイジは、試合に勝利したようだった。
コート上で、ラケットを振りあげて喜ぶ彼の姿を、ヒナは遠い目で眺めた。
すると突然、エイジがヒナの方を向き、手を振った。

「ヒナちゃーん! ありがとー!」

勝利を祝う拍手と声援に包まれて、他の人間は気がつかなかったかもしれないが、ヒナの耳にははっきりそう聞こえた。
ヒナは一瞬ドキッとして、自分の顔が熱くなっていくのを感じたが、すぐにコートから目を逸らして立ち上がった。

「フン…」

わざとらしいほどだるそうに、ヒナは立ち去っていき、エイジは他のテニス部員達に囲まれて祝福を受けながら、目だけでその後ろ姿を追っていた。




テニス大会の会場を出た後、ヒナはいつものように、近所の公園のベンチに座って、タバコをふかしていた。
いつもだるそうな彼女だが、今日はそれに輪をかけて、だらけきった体勢で、ぼんやりと空を眺めている。
頭の中には、エイジがテニスをプレーする姿が鮮明に残っていて、何度も思い返していた。
さらにヒナは、そのエイジが金的を蹴られて悶える姿を、わずかに想像してみた。

にわかに、自分の耳のあたりが熱くなっていくのを感じた。呼吸も荒くなり、胸の鼓動が速くなっている気がする。
今まで、エイジの股間を蹴ったことなど一度もなかったが、この前、エイジの方からそんなことを尋ねてきたためだろうか。そして今日、彼の意外な男らしい姿を見たためだろうか。
金的を蹴られたエイジが浮かべる苦悶の表情に、興奮してしまう自分と、そんな気持ちを認めたくない自分が入り混じり、なんとなくイライラしてしまっていた。

「よお。一人かよ?」

ふと気がつくと、目の前に山崎の姿があった。さらに今日は、先日ヒナにこてんぱんにやられたという、武田の姿もある。
武田は一歩下がって山崎の背後に控え、ヒナに近づかないようにしている風だった。

「ウザい…どっか行けよ」

ヒナは山崎の方を見ようともせず、けだるそうに言った。
山崎はなんとなく、ヒナの様子がいつもと違うことを感じていたが、先日のこともあり、慎重に身構えていた。
しかし表面だけは、余裕そうに強がってみせるのが、不良のポリシーのようなものらしい。

「まあ、そう言うなよ。タバコ、一本くれねえか?」

ヒナが山崎の顔を見つめて、少々の沈黙が流れた。
山崎が、この質問でヒナの態度を試そうとしているのは、明らかだった。
やがて意外にも、ヒナはパーカーのポケットからタバコの箱を取り出して、無造作に山崎に差し出した。

「おう。悪いな…」

山崎はタバコを一本取り出して、口にくわえた。
背後で見ていた武田の顔が強張っているのは、ヒナがいつ怒りだすのかと思っているからだろう。
しかし予想に反して、彼女は無表情なまま、相変わらずけだるそうにしていた。

「火、ねえか?」

内心緊張していた山崎も、ある程度落ち着いたようで、さらなる要求をぶつけてみた。

「…はい」

ヒナはまたしても意外なほど素直に、ポケットからライターを取り出し、山崎に投げた。

「おう。サンキュー」

山崎が両手でライターを受け取り、火をつけようとかまえたその瞬間だった。
ヒナの体が、獲物に飛びかかるネコのように素早く動いて、その右脚を振り上げたのである。
バシン、と乾いた音が響いて、山崎の股間にヒナの足の甲がめり込んだ。

「ぐがっ!!」

タバコに火をつけようとしていた山崎は、思わず手に持っていたライターを落とし、口にくわえていたタバコもこぼしてしまった。
腰に突き抜ける痺れるよう感覚の後で、じんわりと重い波のような痛みがやってくる。そのころにはもう、山崎の両膝から力は抜けて、自然と地面にひざまずいてしまった。

「どっか行けって言っただろ。聞こえないのかよ?」

先ほどまでのけだるそうな態度とは打って変わって、イラついた様子で山崎を見下ろした。

「だ、大丈夫か!?」

後ろで見ていた武田は、一瞬のことで、何が起こったのか分からなかった。
しかし結果から想像できるのは、やはりヒナが山崎の股間を攻撃したということである。
武田は山崎に声をかけながら、ヒナの顔を直視することができなかった。

「武田ぁ。アンタさぁ。潰すって言ったよな? 今度アタシにからんできたらさぁ。マジで金玉潰すって言ったよな?」

怒鳴るわけではないが、静かな怒りのこもったヒナの言葉に、武田はトラウマを呼び起こされる思いだった。

「い、いや、俺は何も…。何もしてないよ…!」

武田は山崎のことも忘れて、必死の形相で弁解した。
自分でも気づかないうちに、両手で股間をおさえてしまっていた。

「イラつくんだよ。何かしんないけどさぁ。イラついてるから、誰でもいいって感じなんだよ」

独り言のようにつぶやきながら、武田の前に立った。
武田は完全に怯えきっており、しっかりと足を閉じて、腰を引いてしまっていた。

「お、俺は何も…!」

再び、ヒナがネコのような素早さで獲物をとらえようとした時、背後からエイジの声が聞こえた。

「ヒナちゃーん!」

ヒナは一瞬、体を硬直させ、舌打ちをしたように見えた。
口元には、笑いをこらえるような歪みが浮かんだが、怯える武田の目には、それは冷酷な微笑みにしかうつらなかった。

「ヒナちゃん?」

再び声をかけると、ヒナはチラリと振り向いた。
公園の柵の向こうに、スポーツバッグを担いだエイジの姿が見える。

「…もう、ほっといてくれよ。ウザいんだよ、アンタたち」

ヒナは吐き捨てるように言うと、振り向いて、エイジの方へ歩いていった。
恐怖に足を震わせていた武田は、命拾いしたという思いで、その場に座り込んだ。
一方の山崎は、睾丸の痛みに歯を食いしばりながら、去っていくヒナの後ろ姿と、その先にいるエイジを睨みつけていた。

「友達?」

公園を出ると、エイジが笑顔でヒナを迎えた。
その屈託のない笑顔に、ヒナは一瞬、目を奪われてしまったが、それを隠すようにうつむいた。

「バカ。そんなわけないし」

「だよねー。なんか、すっごいヒナちゃんのこと睨んでるし。またケンカしてたの?」

「ケンカっていうか…まあね」

ヒナは口ごもった。
二人はゆっくりと歩きはじめる。

「今日、応援来てくれたでしょ? ありがとうね。おかげでボク、決勝まで行けたよ」

「あ、そう。アタシすぐ帰ったから。関係ないでしょ」

「そんなことないよ。ヒナちゃんが来てくれたから、頑張れた。ありがとうね。ヒナちゃんも、テニスやりたくなったでしょ?」

「別に。キツそうだし、アタシはいいよ」

「えー。大丈夫だよ。ヒナちゃん、ケンカも強いんだし、運動神経もいいって、絶対」

「ケンカと運動神経は関係ないだろ。アタシ、金蹴りしかしてねえし」

「いいじゃん。テニスだって、ボールを叩くだけだよ。アソコを蹴るのと似たようなもんだよ」

「ぜんぜん面白くねえから」

二人は話しながら、歩いて行った。
エイジと話をしている時の彼女は、普段とは比べ物にならないほど、弾んだ声と表情をしていることに、ヒナ自身はまだ気がついていなかった。




ヒナのスマートフォンが鳴ったのは、夜もだいぶ更けてからだった。
普段、彼女のスマホは、ほとんど鳴らない。
父親と離婚した後、夜の仕事で生計を立てている母親が、「今日も遅くなる」というLINEを送ってくるくらいしか、使い道がなかった。
自分の電話の着信音すら忘れてしまっていたヒナは、突然鳴りだした電話に、正直、驚かされた。

「ん…」

ベッドから身を起こして画面を見ると、エイジの名前がそこに表示されていた。
ヒナはスマホを手に取ったが、出ようとはしなかった。
用があるときはかけてこい、と言ったものの、エイジから電話がかかってきたのは、これが初めてだったような気がする。
ヒナは戸惑いながら、どうしていいかわからなかった。
やがて、スマートフォンは諦めたように、鳴るのをやめた。

「……」

ホッとしたような、残念なような、妙な気分になってしまう。
するとその数秒後、再び鳴りだした。
画面には、再び「広瀬エイジ」の名前が表示される。
ついにヒナは、通話ボタンを押した。
恐る恐るスマホを耳に当てる姿は、か弱い少女のそれだった。

「…はい。…もしもし?」

「浅川! 早く出ろや、クソッタレ!」

予想に反して、電話からエイジの声は聞こえなかった。
聞こえてきたのは、聞き覚えのある下品な声だ。

「…? アンタ…? 山崎?」

「そうだよ。山崎さんだ。驚いたか? お前の彼氏のスマホは、俺が持ってんだよ。どういうことか分かるか?」

嘲るような山崎の笑いが、ヒナの耳に飛び込んできた。
ヒナは混乱しながらも、事態を把握しようと、懸命に頭を回転させる。

「はあ? アンタ、何言ってんの?」

「お前の彼氏は、俺がシメたっつってんだろうが、このボケ! ほらよ」

山崎が電話を代わった相手は、エイジだった。

「もしもし? ヒナちゃん? ボクは大丈夫だからね。大丈夫だから。心配しないで…うっ!」

電話の向こうで、エイジは山崎に殴られたようだった。

「もしもし? おい! 何してんだよ! おい!」

エイジの声は、悲壮感に満ちたものだった。
ヒナがスマホに向かって叫ぶと、また山崎が電話に出た。

「うるせえ! 叫ぶな!」

「お前…! 何してんだよ! ぶっ殺してやるからな!」

ヒナは、自分の頭に血が上っていくのをハッキリと感じた。
山崎はそんなヒナの様子に満足したように、電話の向こうで笑っている。

「おう。ぶっ殺してえならよ、さっさと来いや。学校の近くの公園で待ってるからよ。一人で来るんだぞ。余計なことすんな。コイツがどうなるか、分かんねえぞ」

まるで誘拐犯人のようなことを、山崎は言ってのけた。
そしてそこで、電話はプツリと切れてしまった。
ヒナは飛び起きて、寝巻きのジャージ姿のまま、家を飛び出していった。




スポンサーサイト
[PR]


管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/169-e989f1a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク