FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


首都圏のベッドタウン。
駅の近くのコンビニは、通勤時間帯は忙しいが、それを過ぎて夜にさしかかると、急に暇になる。
有線放送だけが鳴り響く店内に、来客を知らせるベルが鳴ったかと思うと、その直後、

「お前が、リュウってやつか?」

ドン、と缶コーヒーをレジカウンターに置いたのは、身長が180センチ以上はあろうかという、大柄な青年だった。

「え…。違いますけど」

レジにいたのは、地方から上京してきた大学生、川原キヨシ。
このコンビニで働いて一年半になる、バイトリーダーだった。

「え?」

ものすごい形相で尋ねたものの、拍子抜けしてしまったのは久木崎ヨウスケ。
その体格、気迫を見れば、何らかの武道か格闘技の経験があることは明らかだった。

「あの…。こちら、テープでよろしいですか?」

キヨシはとりあえず仕事をするため、缶コーヒーを手に取った。

「ああ…はい。…じゃあ! リュウってやつはどこにいる?」

いくらか気持ちを取り戻したのか、先ほどと同じ必死の形相で、ヨウスケが尋ねた。
キヨシにしてみれば、まったく訳の分からないお客で戸惑ったが、とりあえず落ち着こうと、下がりかけたメガネを上げた。

「リュウって…。ウチにいるリュウさんは、あの人ですけど…」

キヨシが指さした先には、カウンターの奥でポテトか何かを揚げているのか、一心にフライヤーを見つめる後ろ姿があった。

「あ、あいつが、リュウ…! って、女だろ!」

大きめの制服を着ているが、艶のある黒髪をお団子にまとめたその後ろ姿は、まさしく女性のものだった。

「そ、そうですよ。リュウさんは女性ですよ?」

キヨシがいぶかしげに言うと、ちょうどフライヤーに集中していたリュウが振り返った。

「あ、キヨシ! 揚げすぎちゃったから、食べてもいいデスカ?」

年齢はまだ20歳前か。控えめに言っても、かわいらしい顔立ちだった。
さらにその声もかわいらしく、スタイルも華奢だが、出るところは出ていて、申し分のない体型だった。
一人の女性として見れば、多くの男が恋人にしたいと思うようなルックスだったが、ヨウスケが彼女に期待していたものは、そんなことではないようだった。

「またですか? リュウさん、それわざとですよね。勘弁してくださいよ」

「ごめんナサイ。わざとじゃナイヨ。ドンマイ、ドンマイ!」

「いや、ドンマイの使い方、違いますから」

会話を聞いていると、外国人特有のイントネーションがあり、どうやら彼女は日本人ではないようだった。

「お前…いや、その、アンタがリュウって人か…?」

肩を震わせながら、ヨウスケはやっと声を絞り出していた。

「ン? そうデスヨ。わたしリュウ・シンイェンといいマス。いらっしゃいマセ」

ペコリと頭を下げると、リュウはすぐにまたフライヤーで揚げ物を始めた。
ヨウスケは、キヨシの目から見ても愕然としていた。
そして次の瞬間には、がっくりと肩を落としていた。
それがどうしてなのかはキヨシに分かるはずもなかったが、とりあえず缶コーヒーのお金を払ってほしいと思った。

「あの…128円になります」

「え? ああ…そうか。はい」

気の抜けた表情で、ヨウスケは小銭をポケットから出した。

「ちょうどお預かりします。ありがとうございました」

通常なら、ここでお客とコンビニ店員の関係は終わるはずだった。
しかしヨウスケは、どうやらここにいるリュウというコンビニ店員に会うためだけに、わざわざ来店したらしかった。

「なあ、その…アンタ。リュウさん」

「ハイ? 何ですカ?」

リュウの仕事がひと段落するのを待ってから、ヨウスケは改めて声をかけた。

「俺の知り合いに聞いたんだ。ここのコンビニに、リュウっていう、とてつもなく強いヤツがいるって。俺は空手をやってて、そいつは俺のライバルって感じだったんだが、そのリュウってヤツにコテンパンにやられたらしい」

「ハイ。分かりマス。お疲れ様デス」

リュウはにこにこしながらうなずいた。

「…まさかとは思うけど、アンタがそのリュウってヤツじゃないよな?」

一応の確認だったのだろう。半ばあきらめたような顔で、ため息とともに、尋ねた。

「ハイ。そうだと思いマス。一週間よりチョット前、そんなことがありマシタ」

「はあ?」

商品棚の品出しに出ていたキヨシが振り返るほど、ヨウスケは大きな声を出した。

「アンタが? あの…相塚を? やったのか?」

「ハイ。名前はしりませんケド。だいたいそうだと思いマス。あ、たぶんカ」

にこやかに話すリュウは相変わらず愛らしかったが、その華奢な手足で、ヨウスケのライバルをコテンパンに倒したとは、密かに聞き耳を立てていたキヨシにも、信じられなかった。
というより、普段から一緒にアルバイトをしているキヨシとしては、彼女が突然妙な男に絡まれているとしか思えなかった。

「…アンタ、そんな体で、強いってのか?」

いまだ信じられないながらも、いくらか警戒したように、ヨウスケは唾を飲み込んだ。

「イエイエ。わたし、そんなに強くないデス。もっと強いヒト、たくさんいます。でも、アナタよりは強いカナ」

ピリッと空気が張り詰めたのが、キヨシにも感じられた。

「なんだって? アンタが俺より強いって?」

「ハイ。ゼッタイ強いデス。たぶんじゃありマセン」

数秒の沈黙の後、ヨウスケは深く長い溜息をついた。

「女に手をあげるつもりはないが、見せてくれないかな? アンタの強さってヤツを」

「いいですヨ。でも、今仕事中なので。1時間したら休憩なので、その時でいいデスカ?」

「いいだろう。外で待ってる」

ヨウスケの手の中の缶コーヒーが、メキっと音を立てて、へこんだ。

「あ、でも、約束してくだサイ」

「…なんだ?」

「わたしに負けても、誰にも言わないでくださいネ。わたし、日本でアイドルを目指してるので! 強いのバレたら、こまりマス!」

「…! いいだろう。誰にも言わないよ。俺が負けたらだけどな!」

ヨウスケは吐き捨てるように言って、店を出ていった。
その後ろ姿を確認すると、すぐにキヨシがリュウに駆け寄ってきた。

「ちょっと! リュウさん、本気ですか?」

「ン? わたし、本気です! アイドル目指して、頑張るヨ! キヨシにもサインあげるからネ」

グラビアのアイドルのように、上目づかいでウインクをする。

「それは知ってます。サインももらいました。あのでっかい男の人と何するつもりなんですか? あの人、外で待ってますよ。警察呼んだ方がよくないですか?」

ガラス窓越しに、駐車場で仁王立ちしているヨウスケの後頭部が見えた。

「ダイジョブ、ダイジョブ。すぐ終わりマス。それよりキヨシ、この肉まんの賞味期限過ぎてるから、持って帰っていいデスカ?」

「いや、それはダメです」

すぐ終わるとは何のことなのか、キヨシには分からなかったが、リュウはいつもとまったく変わらない様子で、自分にできることもなさそうだったので、とりあえず様子を見るしかないと思った。

一時間後。

「じゃあ、休憩入りマース」

「あ、はーい」

いつもと同じように休憩の時間が来て、リュウは事務室に入るかと思った。
しかし、店の外に出ていく姿を見て、やはりあの男と何かするつもりなのだと、キヨシは再認識した。

「……!」

キヨシのいるカウンターからは、本棚に隠れて、ヨウスケの大きな体しか見えない。
しかし彼がリュウと何かを話したあと、駐車場の奥に消えていったのが確認できた。
あちらには、夜は人気のない公園しかない。
どうしよう。
あんな強そうな男が、若い女性と二人きりで夜の公園で何をするというのか。
やはり警察に連絡するべきではないのか。
独りで悩んでいると、突然、来店を告げるベルが鳴り、リュウが店内に戻ってきた。

「あー、外は暑いデスネー」

そのまま、何事もなかったかのように事務室へ入っていく。

え? と、キヨシの頭の中に、大量のはてなマークが浮かんだ。
ものの数分で、なんでリュウさんは戻ってきたんだろう。
あの男の人は? どこに行った? 1時間も待ってたのに。
二人は公園で何をしたんだろう?

理解不能すぎて、頭がパンクしそうだったが、リュウに直接聞くことは何か怖いような気がして、聞けなかった。
15分後、リュウが休憩からあがると、すぐに交代で休憩に入った。

「ちょっと、出てきますね」

さりげなく言い残して、公園に向かう。
そこはコンビニの駐車場から道路一本はさんだ場所で、それほど広くはなく、外灯もチラついているような、古い公園だった。

「…!」

植え込みの陰から、恐る恐る公園内を見渡すと、中央の広場でうずくまっている大きな影を発見した。
それはヨウスケに間違いなく、彼は前のめりにうずくまり、両手で下半身をおさえながら、小さく肩を震わせているようだった。
何があったのか、キヨシにはまったく分からなかったが、何か危険なことが起きたように感じて、すぐさま引き返した。

「いらっしゃいマセー。あ、キヨシ。おかえり」

店内に戻ると、リュウがいつもと変わらない様子で、にこにこしている。

「あ、あの…リュウさん。大丈夫?」

「ン? あ、ダイジョブよ。賞味期限過ぎてても、わたし、気にしないカラ」

「いや、そうじゃなくて。さっきの男の人、公園にいましたけど。何があったんですか?」

「あ、まだいた? ちょっと強めに蹴ったからネ。ドンマイ、ドンマイ!」

「強めに、蹴った?」

「ハイ。バシンってネ」

うなずいてにこっと笑うと、キヨシはそれ以上何も聞けなくなった。
何かよく分からないことが起きてることは確かだったが、自分には関係がないと思うことにした。

「リュウさん、ドンマイってゴメンって意味じゃないですよ。あと、僕がいないときに店の肉まん食べないでください」




スポンサーサイト
[PR]


管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/162-e40e8c8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク