FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。

「さあ、早く! 三人同罪なんだから、三人とも同じくらい痛くしないと、不公平でしょ」

恐ろしいことを口走るハルカに、田中はむしろ呆気にとられてしまった。

田中の隣には、先ほどのひざ蹴りで、もはや意識も朦朧としている矢島が、真っ白な顔をして金魚のように口をパクパクとさせている。
それがどれほどの痛みだったのか、想像したくもなかった。まして、その痛みを絶対に理解することのないハルカが、自分にもそれを与えようとしていることなど、認めたくない。

田中の目から、涙がポロポロとこぼれ落ちた。

「すいませんでした。許して下さい。もうやめてください」

田中は額を廊下にこすりつけて、懇願した。

「…反省してるの?」

「はい! 反省してます。してますから…」

「そう。それでいいのよ」

ハルカの言葉が聞こえると、田中はハッとした表情で、顔を上げた。

「じゃあ、ちょっと手伝って。この子を起こしてあげて」

ハルカは先ほどの蹴りの痛みに震えている中島を指差した。

「え?」

「この子を起こしてあげてってば! 立たせるのよ」

「は、はい!」

田中はわけも分からず、急いで立ちあがり、背中を丸める中島を無理やり引き起こした。

「そう。それで、足を開かせて。蹴りにくいから。アナタ、田中君? アナタは後ろに回りなさい」

田中はとりあえず、ハルカの言う通りに動いてみたが、一抹の不安が頭から離れない。
田中は脇を抱えて引き起こしている中島の足の間に、自分の両足を入れて、開かせた。二人が前後に重なって、ハルカの前に立つ形になる。

「うん、それでいいわ。二人とも同じように蹴るのって、難しそうだから。一気にやっちゃうわね」

田中の不安が的中した。
それを聞いた中島も、慌てて股間を手で押さえて、必死に首を振る。

「せ、先生、許してもらえるんじゃ…」

「え? アナタ、反省してるんでしょ? 反省したら、罰を受けないといけないのよ。当然でしょ」

「でも、あの…」

「もう、うるさい! アナタも手をどけなさい!」

中島はハルカの気迫に押されて、股間を守る両手をダラリと下げた。
田中ももはや諦めて、涙ぐんだ表情になっている。

「大丈夫よ。彼より痛くはしないから。たぶんね」

ハルカは重なって立つ二人の男子生徒の前で、タイトスカートの裾を自らまくり上げると、腰を落とし、右足を引いて、前蹴りの構えをとった。

「行くわよ。せいっ!」

気合のこもった掛け声とともに、ハルカは空手の有段者らしい、見事な前蹴りを二人の股間に放った。
ストッキングに包まれた細い脚は、キレイな弧を描いて、鞭のようなしなりを見せる。

バシィ!!

乾いたキレイな音がして、ハルカの足の甲は後ろの田中の金玉を跳ねあげ、すねの部分は中島の金玉にぐしゃりとめりこんだ。

「ぐがっ!」

二人は同時に、折り重なるようにして倒れた。
もう声を上げる力もなく、ピクピクと痙攣して、廊下に顔面を押し付けている。

「うん。このくらいか。どう? キレイに入ったでしょ?」

ハルカは満足そうに尋ねるが、当然、二人は返事をするどころではない。

「ん? どうなの? もう一回やっとく?」

そう言うと、田中と中島はすぐさま顔を上げて、鼻水と涙で顔をぐしゃぐしゃにしながら、首を横に振った。

「ウソ。冗談よ」

ハルカは無邪気そうに笑った。

「まあ、アナタ達も反省してるようだし、このことは秘密にしておいてあげる。そのかわり、明日からちゃんと授業に出るのよ。サボったりしたら、またお仕置きするからね」

そういうと、ハルカは服を整えて、玄関に向かって歩き出した。

「いつまでも寝転がってないで、早く帰りなさい。ご両親が心配するわよ。じゃあね」

矢島達三人が、その後、真面目に学校に来るようになった理由は、誰にも分からなかった。

終わり。



スポンサーサイト
[PR]

ハルカさん
この回のストーリー、何度読んでも素敵です!
[2014/08/08 Fri] URL // くろん #- [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/16-e7382f07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク