FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


ここはアメリカ。とある地方都市。
犯罪率が高いことで有名なこの街では、賢明な市民は、夜中に出歩くことはなかった。

バチィッ!

静まりかえった小さな公園の片隅で、突然、稲妻のような光が瞬いた。

バチッ! バチッバチッ!

光は徐々に大きくなり、白い球体となって、あたりを照らし始めた。
するとその中から、人間の肌のようなものが浮かび上がり、ゆっくりと人の姿を形作っていった。
やがて光が弱くなっていくと、そこには裸の若い女性が、白い背中を丸めて、うずくまっていた。
女性の肌は、夜露を浴びたように少し湿っており、長い金色の髪が肌に張り付いている。
ゆっくりと立ち上がると、濡れた髪をかき分けて、あたりを見回す。
まさしく一糸もまとわぬ全裸であったが、その肢体には贅肉など余分なものが一切なく、古代のギリシャ彫刻のように均整のとれた体つきだった。

「Y2よりマザーシップへ。目標の地点に到着。マザーシップ、聞こえるか?」

女性はその外見通りの美しい声で、しかし極めて機械的な調子で、つぶやいた。

<了解、Y2。こちらマザーシップ。通信は良好のようだ。この通信は、キミの聴覚器官に直接響かせているので、周りには聞こえない。現地の様子はどうだ?>

Y2と呼ばれた女性は、再びあたりを見回した。

「問題ない。事前の情報通りのようだ。これから、ω2との合流地点に向かう。合流予定時間は、こちらの時間で明日の午前7時だったな」

<了解、Y2。繰り返すが、キミの任務はその星での現地人の調査だ。今回、キミに与えられた肉体は、現地人の生殖適齢期のメスのものだ。その体を有効に使って、前任者ができなかった調査をしてもらいたい>

「ふむ…」

Y2は、改めて自分の体を眺めてみた。
ホクロひとつない白い肌、大きく膨らんだ胸、引き締まった腰回りと長く伸びた両脚。
どこかのミス・コンテストに応募すれば、間違いなく最終選考まで残りそうな完璧な肉体だったが、逆に言えば、どこか作り物のような印象も受けた。

「この星の地球人には、オスとメスがいるんだったな。見分ける方法はあるのか?」

<Y2、少し待て。……外見上の違いは、生殖の時に用いる生殖器が分かりやすいようだ。キミの体はメスだから何もないが、オスの場合、両脚の間に生殖器がぶら下がっている>

「両脚の間に? 地球人は、二足歩行をするんじゃないのか? オスは足を広げて歩いているのか?」

<ん? いや…そうでもないらしいが…。しかし、地球人は通常、肌を露出させないように、服というものを着て生活をしているようだ。生殖器は、生殖をおこなう時にしか露出させないらしい>

「服か。報告で読んだ。私も、服を着た方がいいのか?」

<可能ならば服を着た方が、任務を円滑に進めることができるだろう。どこかで服を調達しろ、Y2>

「了解、マザーシップ」

うなずくと、Y2は裸足のまま歩き出した。
身長は、180センチ近くあるように見える。大柄な彼女が、まるで機械のような正確さで大きく腕を振り歩き出すと、これまた大きな胸が、波打つように揺れた。

「マザーシップ」

<こちらマザーシップ。どうした?>

「この、胸の部分についている脂肪の塊は、必要なのか? 体のバランスがとりづらいのだが…」

両手でおさえるようにしても、掌におさまりきるものではない。

<Y2、それは地球人のメスにとって、重要な臓器の一つだ。その塊が大きいほど、オスが惹きつけられやすいという情報がある。今回のキミの任務の助けになるだろうから、我慢してほしい>

「そうか…」

Y2は不満げにつぶやいたが、歩き続けることにした。
公園を出て、石畳の路地に入ろうとしたとき、前方に人影が見えた。
何台も路上駐車された車の中の一つに、二人の黒人の男が張り付くようにして立っている。
男のうち一人の手には、バールのようなものが握られていて、どうやらそれを使って、車のドアをこじ開けようとしているらしかった。

「早くしろよ! おまわりが来るだろ!」

「ちょっと待てって…! ここにこう、差し込んで…。よし、開いたぞ!」

バキッっと何かを破壊する音がして、車のドアが開いた。
男たちは早速、車のダッシュボードや座席の上に手を伸ばし始めたが、その目の前を、全裸の若い女性が通り過ぎようとしているのに気がつくと、思わず手を止めてしまった。

「…おいおい相棒、ここはどこだ? いつからヌーディストビーチになっちまったんだ?」

「マジかよ。信じらんねえ。白人の女が、オッパイ揺らしながら歩いてるぜ。下の毛まで見える。ホンモノの金髪だぜ」

男たちは、明らかに昨日今日、犯罪に手を染めたという人柄ではなかった。
強いて言えば、すでに2,3回は塀の中と外を往復しているような、それくらい筋金入りのギャングのようだった。
当然のこととして、彼らは車上あらしを一旦中止して、目の前にいる極上の獲物を捕まえることにした。

「よお、ねえちゃん。どこに行くんだい?」

アフロヘアーの黒人の男が前に立ちはだかると、Y2はそこで初めて足を止めた。

「送ってくぜ。俺たち、たった今、車を買ったんだ。乗ってきなよ」

バールを持った男は、顔の半分がひげに覆われていて、身長は190センチはあろうかという大男だった。
ニヤニヤと笑いながら、なめまわすように体を見つめる男たちを前にして、Y2は無表情だった。

「こちらY2。マザーシップ、聞こえるか?」

<こちら、マザーシップ。Y2、トラブルのようだ。視覚情報を共有する。……なるほど。彼らは地球人のようだな。話すことができるか?>

「現地の言葉は理解している。やってみよう。できれば、この地球人たちから服を調達したい」

小声で、独り言をいっているかのようなY2を見て、男たちは笑った。

「ねえちゃん、何言ってんだ? なんかいいクスリをやってんのかよ? 俺たちにも、分けてくんねえかな?」

「お前たち、私に服を渡せ」

無表情に言い放ったその姿に、男たちは一瞬、きょとんとして、顔を見合わせた。
そしてその直後、弾けるように笑った。

「クッ…ハハハハ! なに言ってんだ、お前? 服をよこせって? ハハハハ!」

「よこせってよ、脱いでんのはお前じゃないのかよ、アハハハハ!」

男たちが腹を抱えるようにして笑っても、Y2は無表情なままだった。

<こちらマザーシップ。Y2、笑うということは、地球では友好的な意味を持つようだ。いい反応といえるかもしれない>

「なるほど。もう一度交渉してみよう。お前たち、私に服を渡せ」

再び男たちに言うと、突然、アフロヘアーの男がY2に近づいて、その胸を掴んだ。

「おおー! すげえ胸してんなあ。服なんか着ない方がいいぜ、ねえちゃん」

男は両手で胸を掴み、容赦なく揉みしだいている。
しかしY2は何も感じないらしく、男が下品な笑いを浮かべながら自分の胸を揉むのを、しばらく眺めていた。

「マザーシップ。これは、どういう行為だ。地球人にとって、友好的なものなのか?」

<こちらマザーシップ。……いや、Y2。その行為は、友好的ではない。それは生殖時の求愛行動に近いな。突発的な求愛行動は、地球人のメスの最も嫌うことの一つだ>

「そうか。では、やめさせよう」

そうつぶやくと、Y2は男の両手を掴んだ。
女性とは思えない強烈な握力が、男の手を捻り上げる。

「う…おおっ!」

Y2はそのまま、男の体を突き飛ばした。
その力も女性とは思えない、人間離れしたもので、アフロヘアーの男の体は一瞬宙に浮き、そのまま尻もちをついてしまう。

「てめえっ!」

バールを持った男は、仲間がやられたのを見て、かっとなった。
さきほど、車のドアをこじ開けたバールを振り上げて、Y2めがけて振り下ろそうとする。
しかしY2は、素早く手を伸ばすと、バールを持つ男の手首を掴んで、動きを止めた。

「マザーシップ、地球人に攻撃を受けている」

<そのようだな。Y2、その地球人は、キミの調査対象ではない。排除してもかまわない>

「そうか。速やかに排除する訓練をしたい。地球人を行動不能にするために、もっとも有効な部位はどこだ?」

<少し待て、Y2。……その地球人は、オスだな?>

「分からない。生殖器が見えない」

Y2は、男の股間を覗き込んだ。
その顔面に、男が逆の手でパンチを打ちこもうとしたが、あっさりと止められてしまった。
両手を掴まれて、男は棒立ちになってしまう。

<顔面に発毛するのは、大部分のオスの特徴だ。オスならば、かなり有効な攻撃箇所がある。さっき説明した、生殖器だ。オスの生殖器に、下から打撃を与えてみろ。そうだな、その状態なら、膝で蹴るのがいい>

「了解した」

Y2はうなずくと、膝を曲げ、男の股間に思い切りめり込ませた。
長身の男が宙に浮くほどの衝撃で、グニッとした感触が、Y2の白い膝に伝わる。

「ぐえっ!!」

男は一瞬、カエルが潰れたような声を上げて、目を大きく見開いた。

「これでいいのか、マザーシップ?」

両手を掴まれたまま、男はブルブルと震えだした。

<そうだな。念のため、もう一回蹴ってみろ>

「了解」

と、Y2は再び膝を股間へ跳ね上げた。

「あがっ!!」

男の口から白いものが飛び散り、バールが地面に落ちる、高い音がした。
すっかり力の抜けた男の両手を離してやると、大きな体が、糸の切れた人形のように石畳の上に倒れた。

「マザーシップ、こちらY2。成功したようだ。地球人は、生殖器が弱点なのか?」

<Y2、よくやった。生殖器が弱点なのは、地球人のオスだけだ。オスの生殖器は体の外部に飛び出していて、そこには痛覚神経が集中しているので、わずかな衝撃でも有効なようだ>

「そういうことか」

Y2は納得した様にうなずいて、倒れて動かなくなってしまった男を見下ろした。

「意識がないようだ。かなりの痛みを感じたらしい。しかしなぜ、この地球人のオスは、そんな危険な臓器を薄い布で覆うだけにしておいたんだ? 合理的ではないな」

<こちらマザーシップ。Y2、過去のデータと比べてみると、その地球人は、知能の低い種類に属しているようだ>

「そうか」

Y2がやり取りをしている間に、アフロヘアーの男が立ち上がっていた。

「て、てめえ! 何なんだ、てめえはっ!」

凶器を持った大男の相棒が、全裸の女性に一瞬で気絶させられたのを見て、アフロの男は動揺しているようだった。
Y2は無表情なまま、ゆっくりと男を振り返った。

「マザーシップ、私の身分を明かしてもかまわないか?」

<Y2、現時点で情報をかく乱する必要はない。大多数の地球人は、我々について知識をもたないはずだが、試してみるといい>

「了解した。地球人よ、私はY2。お前たちの言葉でいう、ウォルフ359という恒星系からやってきた者だ。地球の調査をするために、ここに来ている」

「……あぁ?」

動揺していたアフロの男は、狐につままれたような感覚で、混乱してしまったようだった。
ハリウッドスターと比べても、何ら遜色のないような金髪の美女が、全裸で目の前に現れ、自分は宇宙人だと告白している。
一体、どう対処していいのか、彼ならずとも、よく分からない状況だった。

「それで…つまり、お前は…」

「地球人よ、お前に協力は求めていない。しかし、私は今から、お前の仲間の服をもらう。邪魔をするな。邪魔をすれば、お前の生殖器にも攻撃を加えるぞ」

「は…はあ…?」

アフロの男は、ますます混乱した。
生殖器、などという言葉を、彼は生まれてこの方、使ったことがなかった。
男が自分の言葉を理解していないことが、Y2にもかろうじて伝わったようだった。

「こちらY2。マザーシップ、この地球人も、知能が低いようだ。会話にならない」

<Y2、キミには一般的な言葉のボキャブラリーが欠けているようだ。少し待て。……よし、こう言ってみろ…>

「…了解した。ねえ、アンタ!」

マザーシップから通信を受けたY2は、急にやさぐれた女のような声を出して見せた。

「アタシは今から、このタマ無しの服をいただくんだからね。キンタマ潰されたくなかったら、引っ込んでな!」

それはスラングをふんだんに使った、完璧な脅し文句だった。
およそY2のような金髪の美女から出るとは思えない言葉だったが、アフロの男は、ようやく自分の国の言葉でも聞いたかのように、理解ができた。

「な、なんだと、てめえ!」

激高した男は、尻ポケットから細いナイフを取り出して、それをY2に向けながら近づいてきた。

「マザーシップ、地球人が武器を取り出したぞ。状況は悪化したようだ」

<Y2、予想外だ。肉体が損傷すると面倒だ。速やかに排除しろ>

「了解した」

Y2がうなずくのと、男がナイフを振りかぶるのが、ほとんど同時だった。

「死ねっ!」

首筋を狙ったナイフは、しかしむなしく空を切り、素早く身をかわしていたY2に、男は腕を取られてしまった。

「う…おぉっ!」

先程と同じように、あるいはそれ以上の力で、Y2は男の腕を捻り上げた。
たまらず、男がナイフを落とすと、Y2はそのまま男の体を、腕一本で持ち上げてしまった。

「うおっ! おおっ…!」

男はつま先が宙に浮くと、慌てて両足をジタバタと動かした。

<いいぞ、Y2。そのまま、そのオスの生殖器を手で掴んでみろ>

「こうか?」

Y2はもう片方の手を、男の股間に伸ばした。
そしてそこにある膨らみを掴むと、ためらいもなく握りしめたのだった。

「ぎゃあーっ!!」

男の股間に、恐ろしい痛みが走った。

<やりすぎだ、Y2。少し力を抜いてやれ>

「そうか」

Y2が力を緩めると、潰れる寸前までいったかに思えた男の股間は、いくらか楽になった。
しかしそれでも、急所を握られている痛みに変わりはない。

「マザーシップ、この、二つの丸い臓器が、オスの生殖器なのか?」

<そのようだな。そこで遺伝子を生産し、その上にある管状の器官を通して、体液と共にメスの体内に送り込むらしい>

「なるほど。重要な臓器なだけに、敏感にしているということか。興味深い進化だ」

Y2はつぶやきながら、男の睾丸を手の中で弄ぶように転がし続けた。
その態度には、新種の虫でも観察しているかのような冷静さと、あくまで学術的な好奇心がうかがえた。

「痛いか?」

Y2は男に尋ねた。
男は腕で吊り上げられたまま、大きなアフロヘアーを揺らして、必死にうなずく。

「どのくらい、痛い?」
 
「はっ…はあっ…!」

男は何か叫ぼうとしたが、声にならなかった。

「呼吸器官にも影響が出ているようだ。自律神経系にも作用しているのか。もう少し強く圧迫してみよう」

<了解、Y2>

股間を握りしめるY2の手に、一層の力が込められた。

「ううーっ!! ううっ!! ぐっ…!」

約数秒間、潰れる寸前まで睾丸を圧迫されたことで、男は意識を失ってしまった。
必死にもがいていた状態から、突然、ガクンと首を落とし、全身から力が抜けてしまっている。目は開けられたまま白目をむき、口元から細かい泡が噴き出しはじめた。

「意識を失ったようだ」

Y2が手を離すと、男の体はドサリと地面に落ちてしまった。
見るからに凶悪そうな黒人ギャング二人が気絶している横に、全裸の白人女性が立ち尽くす、奇妙な光景となった。

<Y2、こちらマザーシップ。問題はないか?>

「こちらY2。外傷、その他異常なし。任務遂行に問題ない。この地球人の服をもらう」

Y2はしゃがみこむと、機械的な動作で気絶している男の服を脱がし、なんのためらいもなく、自分でそれを着た。
やがて立ち上がると、そこには男物の服を着た、スタイル抜群の美女がいることとなった。

「こちらY2。地球人の服を手に入れた。これより、任務に戻る」

<了解。Y2、そのまま通信を続けてくれ>

Y2は少しあたりを見回すと、何事もなかったかのように、夜の街に消えていった。




終わり。


スポンサーサイト
[PR]


管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/155-b9b58a0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク