FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


祭りも無事に終わったある日、ルナは学校の帰り道で声をかけられた。

「おい、ルナ。お前、神前相撲でセイヤ君に勝ったんだって?」

声をかけてきたヨウタロウは、ルナと同じクラスの男子生徒だったが、普段は特に話したことなどなかった。
ただ、セイヤと同じ柔道クラブに通っているということだけは、ルナも知っている。

「うん。勝ったよ」

「ホントかよ。どうやって勝ったんだ?」

「どうやってっていうか…。ダメだよ。神前相撲のことは、あんまり話しちゃいけないって言われてるから」

毎年の公平な勝負を行うために、神前相撲の情報は、できる限り外部には漏らさないようにと言われている。
それは、東地区に所属するヨウタロウも、もちろん知っていた。

「ふうん。まあ、どうせ何かのインチキして、勝ったんだろ。お前なんかが、セイヤ君に勝てるわけねえよ。俺だって、一度も勝ったことないんだぜ」

ヨウタロウは小学三年生にしては大きな体格をしており、ルナが神前相撲で対戦したセイヤとさほど変わらなそうだった。
ルナは女子でも小柄な方で、ヨウタロウから見れば、こんな女の子がセイヤに勝ったなどと、とても信じられなかった。

「インチキじゃないよ。ちゃんと相撲して、勝ったんだもん。必殺技だってあるし。ユズキちゃんに教えてもらったんだから」

普段はごく大人しいルナも、さすがにむっとしていた。
しかしヨウタロウは、小馬鹿にしたような笑いを浮かべ続けている。

「へー。必殺技って? どんなんだよ?」

「えっと…。こう掴んで、グッと爪を立てて、ガリガリってひっかくの。すごく痛いんだって」

ルナが右手で実演してみせても、ヨウタロウには通じなかった。
なんだ、ただ爪でひっかくだけのことか、という思いがある。

「へっ。そんなことかよ。そんなんで必殺技とか言うなよな。そんなもん、俺には通用しないぜ」

「ウソ。すっごい痛いはずだよ。セイヤ君には使わなかったけど」

「へー。じゃあ、試しにやってみろよ。俺はぜんぜん痛くないと思うけどな」

「ホントに? じゃあ、やってみるよ?」

「ああ、いいぜ」

ヨウタロウがそう言うと、ルナはすぐさま、彼のジャージの中に手を突っ込んだ。

「え?」

よほど練習を繰り返したのだろう。
ヨウタロウが反応する間もなく、ルナの手は、ブリーフ越しにヨウタロウの睾丸を掴んでしまった。

「じゃあ、いくね?」

グッと、ルナの手に力が込められた。

「うっ! うあぁぁっ!!」

突然、訪れた男の最大の痛みに、ヨウタロウは叫び声を上げた。
ルナの握力は、その小さい体からは想像もできないほど強力で、苦しさのあまり腕を掴んでみても、ビクともしない。
ヨウタロウは知らなかったが、ルナは3歳のころからピアノを習っており、その指先のしなやかさと力強さは、同年代の女の子の平均をはるかに上回るものだったのだ。

「ぐえぇっ!! や、やめろ…」

「えっと、じゃあ、今から必殺技するからね。痛いと思うんだけどなあ。えい!」

ヨウタロウの苦しみの声は届かず、ルナはジャージの中で、少しだけ睾丸を握る手をかえた。
そしてブリーフの布地に向かって親指の爪を立てると、そこにある卵状の物体に思い切り押し込むのであった。

「ぎゃあぁぁっ!! あ…あ…!! 」

ヨウタロウの痛みは、想像以上だった。
最初こそ叫び声をあげたものの、その後は呼吸もままならなくなったようで、目をカッと見開きながら、口をパクパクとさせている。

「あ、うまくできた。あと、裏側の方をガリガリって…」

練習したことを確かめるように、ルナは指を動かす。
親指を突き立てたまま、人差し指と中指の爪で、金玉袋の裏側をひっかくようにしてえぐった。

「あっ!! はっ!! はぁっ!!」

ルナの指が動くたび、ヨウタロウの体がビクビクと震えた。
大きな体を前かがみにして、ついにその膝がガクガクと震えだした時、ようやくルナは相手の苦しみに気がついたようだった。

「あ、ごめん!」

パッと手を離すと、ヨウタロウはがっくりと膝をつき、そのまま両手で股間をおさえて、うずくまってしまった。

「ご、ごめんなさい。やっぱり、痛かったでしょ? 大丈夫?」

ヨウタロウの顔を覗き込むと、本人も気づかぬうちに、涙と鼻水で濡れてしまっているようだった。

「神前相撲以外では使っちゃダメって言われてたんだけど…ヨウタロウ君が平気だっていうから…。ホントにごめんなさい。学校の保健室に行く?」

ヨウタロウは、いまだにジンジンと痛む股間をおさえながら、かろうじて首を横に振った。
立ち上がることさえ無理なのに、今はまだ、この場から一歩も動くことはできない。

「そう…。じゃあ、わたし、もう帰るね。あ、今の必殺技のことは、秘密にしといてね。来年の神前相撲で使いたいから。じゃあね」

ルナは長い黒髪を揺らして振り返ると、何事もなかったかのように帰って行った。
ヨウタロウは痛みをこらえながら、来年も自分は絶対に神前相撲には出ないと、心に誓った。




終わり。


スポンサーサイト
[PR]


管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/137-3f4213fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク