FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


週が明けて、月曜日の放課後。
水泳部の男子たちが、更衣室で着替えをしていた。

「なあ、タツヤ。あの…アレ、どうしたんだ?」

「ん? ああ、あの、女子更衣室のアレか? まあ、うまくやっといたから、心配すんなよ」

タツヤはすでに、あのユウジが拾った女子のパンティーを手元に持っていない様子だった。
いぶかしそうに見つめるキョウヘイに、笑顔で説明してやった。

「土曜日にな、俺、学校来たんだよ。更衣室に忘れ物しましたって。ここの鍵を借りる時にさ、ついでに女子更衣室の鍵も借りといたってわけさ」

「あ! じゃあ、お前、中に…?」

「おう。ちょっと緊張したけどな。誰もいなかったから、さっと入って、ロッカーの隙間に入れといたよ。すぐには見つからないかもしれないけど、逆にその方がいいからな」

タツヤは意外なほど周到かつ大胆に、それをやってのけたらしかった。

「お前、すげえな…。尊敬するよ」

「ハハ。大げさだな。まあこれで、アオイのヤツも大人しくなるんじゃないか。アイツが何も言わなくても、そのうち、こっちから探りを入れてみようぜ。そういえば、アレ、どうなったって」

「そうだな。そうすれば、俺たちに謝ってくるかもな」

「そういうこと。アイツももう、俺たちを前科者扱いしなくなるってことさ」

タツヤの顔には、自信が溢れていた。
確かに、彼の計画通りに行けば、あのいつも男子を見下していて、躊躇いもなく男の股間を蹴り上げてくるアオイを、ぎゃふんといわせることができるはずだった。
キョウヘイ他、男子の水泳部員全員が、それを期待していた。

やがて部活が始まり、水泳部は男女とも、いつも通りの練習をした。
その途中で、アオイが下級生の女の子とプールサイドで何か話をしているようだったが、タツヤを含め、ほとんどの男子部員が、それに気がつかなかった。

「よーし。これで終わり。お疲れ様―」

あたりも暗くなり始めたころ、部活動の時間が終わった。
タツヤの号令で、男子水泳部員たちは練習をやめて、次々にプールサイドに上がり始めた。

「ふー。今日も疲れたなあ」

体中から水滴を滴らせながら、男子部員たちは部室に向かう。
男子更衣室のドアを開けると、そこにはいつ入ったのか、先程までプールにいたはずのアオイが、水着姿のまま、腕組みをして立っていた。

「え! あ、なんだよ…?」

タツヤは思わず、声を上げてしまうが、アオイは無言のまま、男子部員たちを見つめていた。
すると彼らの後ろから、彼らを更衣室に押し入れるようにして、女子部員たちが迫ってきた。
彼女たちもまた、無言のままグイグイと男子たちの背中を押すものだから、その雰囲気に負けて、男子たちは更衣室に詰め込まれるかたちになってしまった。

「ちょっ…。なんだよ、どういうことだよ!」

「閉めて」

アオイが言うと、男子たちの背後で、ピシャリと更衣室のドアが閉められ、鍵がかけられた。
せまい男子更衣室の中に、水泳部員全員が入る形になった。

「おい、お前ら…!」

女の子たちの意味不明な行動に、痺れを切らしたキョウヘイが叫ぶと同時だった。

ピシャッ!

と、アオイの足の甲が、濡れたキョウヘイの水着の股間を蹴り上げた。

「はうっ!」

ビキニタイプの競泳水着一枚に包まれただけの、キョウヘイの男としての最大の急所が、グニャリと変形した。
キョウヘイの頭は、すでに何度も経験しているあの痛みが、数瞬後にまた訪れることを速やかに悟った。
蹴られた瞬間の痛みは、まだ我慢できる。我慢できないのは、その直後に襲ってくる、内臓を突き上げるような、あの重苦しい痛みなのだ。
その痛みは二つの睾丸から発せられて、腰を突き抜け、胃を震わせ、喉元まで上がってくる。
キョウヘイが吐き気を感じ始めたときには、すでに両膝から力が抜けて、立っていられることもできなくなっていた。

「ううぅ…!!」

股間をおさえ、その場にうずくまってしまったキョウヘイを見て、男子たちは戦慄し、女子部員たちは、心なしか嘲笑っているかのような笑みを浮かべていた。

「お前…! いきなり、何すんだよ!?」

「…アンタたちの荷物を調べたのが、先週の金耀だったよね。あのときは、何も見つからなかったけど…」

アオイはタツヤの質問には答えず、彼の顔を見つめながら、淡々と話し始めた。

「あの時、言ったよね。今度は許さないよって。蹴るぐらいじゃすまないって」

「あ、ああ…まあ…。ていうか、アレはどうなったんだよ。見つかったのか、その、下着は?」

突然のことに、タツヤをはじめ、男子部員たちは驚くことしかできなかったが、なんとか当初の計画通り、アオイに盗まれた下着のことを問いただすことができた。
しかしアオイや他の女子部員たちも皆、眉一つ動かさずに、それを聞いていた。これはタツヤたちにとって、まったく予想外のことだった。

「ああ、あの下着ね。見つかったよ。さっき。女子更衣室のロッカーの隙間に落ちてた」

「あ…そ、そっか。良かったな、見つかって…。ていうか、それならなんで…」

「でもアタシさ、下着って言ったっけ? 着替えとしか言ってないと思うんだけど」

「え…!? あ、いや…俺…下着って言ったっけ? 着替えっていうから、そりゃあ、下着のことじゃないかと…」

タツヤの全身の汗が、一気に冷たいものに変わっていった。
やや上目がちに、冷たく厳しい視線を浴びせてくるアオイから目をそらしたくても、できなかった。

「着替えが盗まれた後、探しても全然見つからないから、やっぱり泥棒の仕業だと思ったわけ。それで、その話を一年生のコが親に話したら、そのコの家が電気屋さんでさ。監視カメラを付けてあげようってことになったの。それが、土曜日の朝の話」

アオイの話を聞いて、タツヤの心臓の鼓動が急激に早くなっていった。

「さっそくつけてもらって、とりあえず試しに動かしてみたんだけど…。バッチリ映ってたんだよね、犯人の姿が。気づかなかったでしょ? カメラがあるなんて」

「あ…いや…それは…」

タツヤの口だけがパクパクと動いて、言葉が出なかった。
焦りのあまり、後ずさりしようとすると、その両脇を、おもむろに女子の水泳部員二人が掴んだ。

「あっ…!」

タツヤがアオイから目をそらした瞬間、それを待ってましたとばかりに、アオイの蹴りが股間に向かって振り上げられた。

ピシィッ!!

と、思いのほか高い音と共に、タツヤの金的はアオイによって蹴り上げられた。
キョウヘイの時と同じように、競泳水着に包まれたその男のシンボルは、アオイの小さな素足によって射抜かれ、衝撃の波は、内部にあるはずの二つの睾丸をブルンと震わせた。

「うっ!!」

タツヤの目には、アオイの右足が自分の胸のあたりまで振りぬかれたように見えた。そしてその脚が下がると同時に、タツヤの両脚からも力が抜けて、その場に跪き、やがて睾丸を万力で締め上げられるような痛みが襲ってきた。

「ぐぐ…! あぁっ…!!」

両手で股間をおさえて、奥歯をかみしめてみても、一向にその痛みが治まる気配は無い。
先程、股間を蹴られたキョウヘイと同じように、まるでアオイに土下座するかのような姿勢で、無限とも思える地獄のような時間に耐えることしかできなかった。
しかし、蹴った当人のアオイは、眉一つ動かさずに、その様子を見下ろしている。

「おーい、まだだぞぉ。立ちなって」

そう言うと、女子たちに目配せして、痛みに震えるタツヤの両脇を抱え上げさせた。
タツヤの両脚にはまったく力が入らず、自力で立つことは不可能だったが、女の子が3人がかりで彼の体を支えた。


スポンサーサイト
[PR]


管理者にだけ表示を許可する
http://calciapalle.blog.fc2.com/tb.php/107-0b19ac1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク