FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。
「うーんとね。こう、かまえるでしょ。で、相手がこう立ってるから、こう」

奇妙な光景だった。
とある小学校の放課後。教室に残った女の子たち数人が、一人を取り囲むようにして、熱心にその話に聞き入っている。
輪の中心にいる女の子の名前は、カエデ。小学3年生だった。
カエデは目の前に一人の女の子を立たせて、その股の間に足を入れて、何やらレッスンをしている様子だった。

「ここにキンタマがぶら下がってるから、下から蹴ればいいの。簡単だよ」

カエデは短パンを履いた女の子の股ぐらを、ポンポンと軽く足の甲で叩きながら、言った。
周囲にいる女の子たちは、興味津々な様子でそれを聞いている。

「そのキンタマって、男の子のアソコのもっこりしてる、アレのことなの?」

カエデを囲む女の子の一人、ケイコが尋ねた。

「そうそう、あのもっこり。あそこの下の方にキンタマがあるの」

「下の方って…」

ケイコは記憶を探るように、首をかしげた。
カエデは、正面に立って練習台になっていたサユリの股間に手を伸ばして、説明した。

「こう、もっこりがあるとするでしょ? そしたら、この下の方、ここにあるから。この上の方は、オチンチン」

「あ、そんな風になってるんだ。オチンチンは、蹴っても痛くないの?」

「うーん。普通に痛いけど、キンタマに比べたら、全然みたい」

「へー。不思議」

ケイコと同じく、周囲にいた女の子全員が、声を上げて不思議がった。

「だから下から蹴らないと、オチンチンに邪魔されて、キンタマにうまく当たらないの。気をつけてね」

カエデの言葉に、女の子たちはうなずいた。

「蹴るときは、こう。ボールを蹴るみたいな感じで蹴るの」

ポコンと、カエデはサユリの股間を蹴りあげた。
蹴られたサユリは、カエデの話に聞き入っていて、自分の股間のことなどまったく気にならないらしい。

「キンタマって、どのくらいの大きさなのかな?」

「えーっとね。ウチのお兄ちゃんのは、このくらい。うずらの卵みたいな感じかな」

カエデは、指で輪っかを作ってみせた。

「え? 人によって違うの?」

サユリが驚いたように聞いた。

「うん。お父さんのは、ピンポン玉よりちょっと大きいくらいあるよ。お兄ちゃんのは二つ一緒に握れるけど、お父さんのは無理だもん」

「そうなんだ。大人になると、オッパイみたいに大きくなるのかな。ていうか、キンタマって二つあるんだ?」

「そうだよお。みんな、そんなことも知らないの?」

カエデは呆れたように笑ったが、ケイコやサユリをはじめとする他の女子たちにすれば、逆にカエデはそんなことまで知っているのかと驚く思いだった。

「キンタマはね、右と左に一個ずつぶら下がってるんだよ。キンタマ袋っていう袋に入ってるの」

「キンタマ袋? 右と左にあるの?」

キンタマの実物を見慣れているカエデにとっては、こんな説明などするまでもないことだったのだが、まだ保健体育で性教育も受けていないその他の女子にとっては、まったくちんぷんかんぷんなことだった。

「えーっとね。ちょっと待って」

カエデは、机の上に置かれていた自分のランドセルを開けて、小さな巾着袋を取り出した。
その中身を全部出して、代わりに消しゴムを二つ、巾着袋の中に入れる。即席の疑似キンタマ袋の完成だった。

「こんな感じ。袋の中にちっちゃなタマが二つ入ってて、それがぶら下がってる感じなの」

カエデは疑似キンタマ袋をサユリの股間にあてて、説明した。

「えー! そんなのがぶら下がってるの?」

「邪魔じゃないの?」

「面白ーい!」

女の子たちは口々に声を上げた。

「そうそう。だから、これを下から蹴り上げればいいってこと。サユリちゃん、ちょっと持ってて」

言われた通り、サユリが疑似キンタマ袋を自分の股間にあてると、カエデがそれをポコンと蹴りあげた。

「こうね」

今度は女の子たちにも、よく理解できた。互いにうなずいて、確かめている。
すると突然、疑似キンタマ袋の持ち主であるサユリが、今しがたカエデに蹴られた袋をおさえて呻きだした。

「ああん。痛いよー。キンタマ潰れたー。痛い痛い」

いかにも痛そうに巾着袋をおさえて、声を上げる。
その姿に、女の子たちは声を上げて笑った。

「サユリちゃん、ウケるー!」

「キンタマ、潰れちゃったの?」

女の子たちの笑いがとれて、サユリは得意げな顔で舌を出した。

「サユリちゃん、キンタマ潰れたら、男の子はピョンピョンするんじゃないの?」

「あ、そっか。こうかな。痛い、痛い」

女の子の一人が言うと、サユリは股間を両手でおさえたまま、その場でピョンピョンと飛び跳ねた。
その姿に、女の子たちはさらに爆笑した。

「でもさあ、キンタマって蹴るとホントに潰れたりするのかな?」

ケイコが、笑いすぎて目に涙を浮かべながら、尋ねた。

「どうかなあ。ウチのお兄ちゃんのは何回も蹴ってるけど、潰れたことないみたいだよ」

「潰れなくても、痛いの?」

「うん。ぜんぜん大丈夫。軽く蹴っただけで、すっごい痛がるから。思いっきり蹴った時は、ピョンピョンする元気もなくなるんだよ」

へー、と女の子たちは感心したような声を上げた。
彼女たちには、自分たちについていないキンタマというものが、どうしてそんなに痛いものなのか、不思議でしょうがないらしい。

「だから、男子とのせんそーでは、絶対キンタマを狙った方がいいよ。キンタマを蹴れば一発だから」

カエデは、自信満々にそう言った。
どうやら、女の子たちが集まってキンタマ攻撃の練習をしている理由は、このクラスの男子とのもめ事にあるらしい。
彼女たちが「せんそー」と呼ぶ男女の決闘が、明日の放課後、行われることになっているのだった。

「そうだね。でも、男子も動くだろうから、うまく蹴れるかな?」

「あ、そういうときはね、握っちゃえばいいの。こうやって」

そう言うと、カエデはサユリの股間にある疑似キンタマ袋を、右手でギュッと握りしめた。

「キンタマを握っちゃえば、男子は絶対動けなくなるから。蹴りが当たらないときとか、近づいたときとかはこっちの方がいいよ」

言いながら、カエデは巾着袋の中の消しゴムをゴリゴリと握りしめる。

「そうなんだ。ちょっとやらせて。こう?」

カエデに代わって、今度はケイコが、サユリの疑似キンタマ袋を握り締める。

「そうそう。中にあるタマを握ればいいの」

「うん。でもこれ、どっちを握ればいいの? 右? 左?」

「どっちでもいいよ。どっちでも痛いみたいだから、握りやすい方で」

「そうなんだあ」

ケイコはうなずきながら、袋の中の消しゴムを手の中で転がしている。

「握るときは、とにかくしっかり握った方がいいよ。キンタマってコロコロして、すぐ逃げちゃうから。最初にギューって握れば、男子は力が抜けちゃうからさ」

カエデの実体験に基づく的確な指導に、女の子たちは感心しきりであった。
同時に、こんなに簡単に男子を行動不能にできる、キンタマという急所への好奇心が、ますます高まっている様子だった。

「でも、ホントおかしいね。私、さっきカエデちゃんに蹴られた時も、ぜんぜん痛くなかったよ。男子って、あれくらいで痛がるのかな?」

練習台になっていたサユリが言った。

「うん。あれくらいでも、しゃがみこんじゃうと思うよ」

「えー、ホントに? キンタマ、超弱いじゃん」

「そうそう。キンタマって超弱いから。だから本気でケンカしたら、男子は絶対女子には勝てないんだよ。アタシ、お兄ちゃんに負けたことないもん」

「そうなの? カエデちゃんのお兄ちゃんって、5年生だっけ?」

「うん。アタシが1年のころまではキンタマ攻撃しなかったから、お兄ちゃんの方が強かったけど、2年になってキンタマを狙うようになってから、負けたことないの。力はお兄ちゃんの方が強いけど、キンタマ握れば、いっつもすぐ謝ってくるよ」

へー、と、またも女子たちはカエデの武勇伝に感心の声を上げた。

「5年生でそれなら、ウチのクラスの男子なんか、速攻で泣いちゃうかもね」

「うん。生意気な男子なんか、泣かしちゃおうよ。弱っちいキンタマなんか付いてる癖に、女子に逆らうなーって」

ケイコとサユリがそう言うと、カエデとその他の女子たちもうなずき合った。

「じゃあさ、アタシの必殺技を教えてあげるね。男子がキンタマをガードしてるときに使うんだ」

カエデが嬉々として言うと、女子たちは眼を輝かせた。

「ホント? 教えて、教えて」

「うん。まずね、キンタマを守ってる男子は、他のところが守れなくなるから…」

カエデの実戦的なレッスンは、その後しばらく続き、クラスの女子たちはより的確に男子のキンタマを仕留める方法を伝授されていった。
男子達は明日、自分たちの身に降りかかる地獄のような苦しみなど想像もせず、のんびりと遊び呆けていることだろう。




スポンサーサイト
[PR]


翌日の放課後、体育館の裏にある中庭で、3年2組の男子と女子が真っ二つに分かれて対峙していた。
女子の数は10名。全員、カエデにキンタマ攻撃のレッスンをたっぷりと受けている女の子たちだった。
対する男子は15名。元々、このクラスは男子の数の方が多かったのだが、今日は「せんそー」をするということで、大人しい女子たちの数名は、参加を見送ってしまったのである。

「なんだよお前ら、10人しか来てないのか?」

ズラリと並んだ男子達のリーダー格、コウタが挑発するように言った。

「こっちは15人もいるんだぞ。これじゃ、勝負にならないじゃないか」

コウタはいかにも腕白そうな男の子で、腕組みしながら仁王立ちしていた。
その他の男子達も、女の子なんかにケンカで負けるわけがないと、完全になめきっている様子だった。

「関係ないでしょ! 男子より女子の方が強いんだから、これで十分よ! ね?」

カエデが威勢よく言うと、他の女の子たちもうなずいた。
コウタはその言葉にプライドを傷つけられたようで、子供っぽく怒りだした。

「なんだと? 女より男の方が強いに決まってるだろ! お前ら、女だからって手加減してやらないからな!」

「いいよー! こっちも手加減しないから」

カエデの態度は、コウタだけでなく男子全員の怒りに火をつけた。
元々、この「せんそー」は些細なことから始まったケンカであった。

「みんな、ユイちゃんのカタキ、取ろうよ!」

「うん!」

カエデが言うと、女子全員が力強くうなずいた。
ユイちゃんとは、この「せんそー」の発端になった女の子で、今ここにはいない。
このクラスの男子たちはとにかく腕白な連中が多くて、昼休みは全力で遊び、その後の掃除の時間に遅れてくることはしばしばだった。
それを度々注意してきたのは、同じ場所で掃除をしなければならない女子たちだったのだが、男子達にとってはそれがうっとおしく、ついにある日、ユイから注意を受けたコウタがそれに腹を立て、暴力を振るったのである。
ユイは泣いてしまい、女子たちはコウタに謝罪を求めたが、コウタは聞く耳を持たなかった。ついにはそれが、クラスの男子と女子全員を巻き込んだ対立につながってしまい、現在に至っているのである。

「おいみんな、男に逆らったらどうなるか、女たちに思い知らせてやろうぜ」

コウタの言葉に、男子達はすでに勝ち誇ったような顔をしてうなずいた。
男子の誰一人として、女子とケンカして負けることなど考えもしていないようだった。

「よおし! じゃあ、始めるからな。女子が全員降参するまで、やめてやらないからな!」

「そっちこそ。男子全員泣いて謝るまで、許してあげないからね!」

コウタとカエデが言い放って、3年2組の「せんそー」が始まった。
10メートルほど離れて対峙していた男子と女子が、相手に向かって一斉に駆けだした。
男子達はとくに打ち合わせもせず、作戦など考えもしていなかった。ただ、男の強さと闘争本能にまかせて、女子のお腹でも2,3発殴れば、決着がつくくらいに考えていたのだ。
一方の女子達は、昨日のカエデのキンタマ攻撃レッスンを入念に受けて、さらに実戦的な攻撃の手順までシミュレーションしていた。
男子達にとっては、油断こそが最大の弱点だっただろう。

「おい! お前、泣かすぞ!」

男子で一番最初に相手を見つけたのは、背が低くてすばしっこいシンイチだった。
シンイチは自分よりも背の高い、女子のマリエを選んで、掴みかかっていった。

「何よ、チビ!」

マリエは掴みかかってきたシンイチの両手を、自分も両手で受けた。二人は両手を頭上に上げて、押し比べの状態になる。
シンイチはマリエの言葉にかっとなって、マリエを睨みつけ、力任せにねじ伏せようとした。
さすがに単純な力では、マリエに勝ち目はなさそうだったが、シンイチの注意をマリエの顔に向けさせたのは、作戦通りだった。

「がら空きよ。えい!」

マリエはその長い脚を使って、思いっきり踏ん張って大股開きになっていたシンイチの股間に蹴りを打ち込んだ。

「あっ!」

マリエの顔ばかり睨みつけていたシンイチは、マリエの右脚が自分の急所に伸びるのに、まったく気がつかなかった。
ただ、軽い衝撃を股間に感じたと思ったら、そこからぞわぞわした感覚が全身に広がり、やがて全身の自由を奪うような痛みが襲ってきた。

「あれ? どうしたの?」

今までかなりの力で自分を押しこんでいたシンイチが、急に手を放し、へなへなと座り込んでしまったことに、誰よりもマリエが驚いてしまった。

「うう…」

シンイチはキンタマをおさえてしゃがみこみ、重苦しい痛みにうめき声をあげている。
マリエは自分の攻撃が予想以上の効果をあげたことに、驚きながらも満足した。

「ホントに一発なんだ、キンタマって。超弱いじゃん」

マリエはシンイチを見下ろしながら、誇らしげに笑った。



サッカーのクラブに所属し、運動神経がいいはずのリョウヘイは、女子の中でも活発なミキに、すでにノックアウトされていた。

「痛いよー…」

開始早々、リョウヘイはミキに狙いを定めて、突っ込んでいったのだが、それを狙いすましていたミキの膝蹴りが、リョウヘイの股間にカウンター気味に入ってしまったのである。

「なによ、一発くらいで泣いちゃって。男の子でしょ」

リョウヘイはミキの膝蹴りを受けると、すぐにその場に座り込んでしまい、男だけにしか分からない痛みに体を震わせながら、泣きだしてしまった。

「まあ、男の子だから痛いのか。弱いキンタマなんか、いらないのにね。変なの」

ミキは完全に動けなくなったリョウヘイから離れて、他の男の子を探すことにした。
何しろ女子の方が人数が少ないのだから、一人倒すだけでは足りないのだ。しかしそのあたりの戦術も、女の子たちは万全に計画していた。

「あ、ユカリちゃん!」

ミキが目をつけたのは、体格の大きなダイスケにおされている、女子のユカリだった。

「痛っ! ちょっと待って!」

「この野郎! 卑怯なことしやがって!」

ダイスケは興奮した様子で、背を向けて防御しているユカリの背中を叩いていた。
どうやらユカリは、最初のキンタマ攻撃に失敗して、逆にダイスケの怒りを誘ってしまったらしい。
男の最大の急所を狙われた恐怖は、相手が女の子だということを忘れさせてしまうほど、ダイスケを興奮させてしまっていた。

「ユカリちゃん、大丈夫!?」

そこにミキが駆けつけて、後ろからダイスケの両腕を取って、羽交い絞めにした。
興奮して周りが見えなくなっていたダイスケは、突然背後から腕を取られて、パニックになってしまった。

「なんだよ、お前! 放せ!」

「あ、ありがとう、ミキちゃん!」

この隙に逃れたユカリが振り向くと、ミキが背後からダイスケの両手をおさえて、さらに両脚をダイスケの足の内側に入れて、二人は大きく足を開いて重なった状態になっている。
実はこれが女の子たちの奥の手で、男子と女子の体の違いを利用した必勝法だったのだ。

「ユカリちゃん、今だよ!」

ミキがそう言うと、ユカリはうなずいて、ミキの足によって無理矢理開かれたダイスケの股間に、先ほどは外してしまった渾身の蹴りを叩きこんだ。

「あぐっ!」

ユカリの蹴り足は、ダイスケのキンタマを直撃し、さらに重なり合ったミキの股間にも届いていたが、キンタマのついていないミキは、多少の衝撃を感じただけで、痛むというほどではなった。

「あぁ…っ!」

一方のダイスケは、ユカリのキン蹴りをまともにくらい、無残にも崩れ落ちてしまった。

「やったあ! ユカリちゃん、ナイス!」

「ミキちゃん、ゴメンね。助かったあ。痛くなかった?」

二人は前のめりに崩れ落ちたダイスケを見て、勝利を確信したらしい。

「ぜんぜん。ちょっと靴が当たった感じがしたけど、痛くもなんともないよ。ダイスケも同じ力で蹴られたんだよね? それで、こんなに痛がってるんだ」

見下ろすと、ダイスケは股間を両手でおさえ、頭を地面にこすりつけて呻いている。

「そうだよね。ホントに急所なんだ、キンタマって」

ミキとユカリは、改めて男のキンタマの脆さに驚く思いだった。
するとユカリが、ダイスケの後ろに回り込み、無様に尻をつき上げて苦しんでいるその股間をじっと見つめた。

「さっきはよくも、アタシのこと叩いたわね! 百倍にしてお返しするからね! それ!」

そう言うと、ユカリは後ろから、ダイスケの股間めがけて、つま先を蹴り込んだ。
ダイスケのキンタマは、その両手によってしっかりと包まれていたのだが、蹴りの衝撃の何割かは伝わり、今のダイスケにとっては、十分すぎるほどの苦痛を与えた。

「あうっ! はうっ!」

ユカリは続けて2回3回と、つま先を蹴り込んでいく。
どうやらダイスケは、しばらく立ち直れそうになかった。




ケイコの場合は、最初から二人の男子を相手にしていた。
昨日、カエデからたっぷりとキンタマ握りの方法を教わっていたケイコは、それを実戦で試してみたくてうずうずしていたのだ。

「いくよー!」

女子の中でも足の速いケイコは、素早く男子達の群れの中に突っ込んでいった。クラスでも一番背の高いハヤトと、その次に背の高いシュンに目をつけて、二人の目の前にくると、突然しゃがみこんだ。

「え?」

背の高い二人は、何が起こったのかと一瞬、戸惑ってしまったが、次の瞬間、ハヤトのズボンの上から、ケイコが思い切りキンタマを握りしめた。

「うぎゃあ!」

ハヤトは反射的に腰を引いてしまったが、ケイコの右手は、しっかりとキンタマの一つを掴んで放さない。

「あ、これがキンタマかあ。ホント、ちっちゃい卵みたい」

苦しむハヤトをよそに、ケイコはのん気そうに言った。
その様子を隣で見ていたシュンの方が、むしろ慌ててしまった。

「お、おい!」

シュンが身構える前に、ケイコの左手が、シュンの半ズボンの隙間からすっと入って、その中にあるブリーフの膨らみをつかまえた。

「ああっ!」

シュンもまた、男の痛みの犠牲になった。

「あ、こっちの方がちょっと大きいかな。ねえ、もっとこっちにきてよ。握りにくいから」

ケイコはそう言いながら、両手に掴んだキンタマを、グッと引き寄せた。

「ひいぃっ!」

「は、放して…」

二人はキンタマを引っ張られて、抵抗のしようもなかった。
男の子たちの必死の形相を見て、ケイコはつい笑ってしまった。

「えー。そんなに痛いの? ぜんぜん力入れてないんだよ。ホントに男子の弱点なんだねー。じゃあさ、思いっきり握ったら、どうなるの?」

ケイコが女の子らしい小悪魔的な意地悪さで、二人にたずねた。
ハヤトとシュンはすでに重苦しい痛みに喘いでいたが、ケイコの悪戯っぽい笑顔を見て、思わずぞっとした。

「やめて、やめて!」

「お願いだから…」

「えー。どうしよっかなー」

二人の大柄な男子達が、必死で自分にお願いしている姿に、ちょっとサディスティックな満足感を感じた。
もちろん、やめる気などまったくない。

「いくよー。せーの、ぎゅー!」

掛け声と共に、両手に掴んだ一個ずつのキンタマを、手の中から逃がさないように、思い切り握り込んだ。

「ぎゃああー!」

「ぐえぇっ!」

ハヤトとシュンは悲鳴を上げ、背筋を反らせて天を仰いだ。
身長が高く、運動も得意な自分たちが、自分よりずっと背の小さい女の子にこんな苦しみを与えられるとは、想像もしなかっただろう。



サユリは、マサキと一対一の戦いをしていた。
運動ができるという意味では、マサキは一年生のころから空手を習っていて、男子の中では一番の運動神経を持っているはずだった。
それが、比較的運動の苦手なサユリに対して、完全に受け身に回ってしまっている。

「どうしたの? そんなに離れてたら、ケンカにならないよ」

サユリは意地悪そうな笑いを浮かべながらマサキに近づいていくが、マサキは後ずさりした。
本人は空手の稽古のときのようにかまえているつもりだったが、違うのは、腰が異様に引けてしまっている点と、左手をしっかりと股間に当てて守っているところだった。

「もー、逃げちゃダメだってば」

サユリはすでに、2人の男子をキン蹴りでノックアウトしてしまっていた。そのせいか、もはや男子など恐れるに足りないというような余裕の態度を見せている。
マサキは、サユリが2人の男子をあっさり倒してしまったのを見て、警戒しているのだ。

「ま、待てって。ちょっと待って」

マサキは、男子の中ではほとんど唯一、キンタマ攻撃の怖さを知っていただろう。空手の稽古中、相手の蹴りが股間に当たってしまったことがあり、その苦しみは、今思い出してもぞっとする程のものだった。
普段の稽古ではもちろん反則となっているが、今はケンカである。狙われたところで、文句は言えないのだ。

「マサキ君、強いんでしょ? ちゃんとケンカしよーよ」

サユリはじりじりと間合いを詰めてくる。しかしマサキの手が届く範囲までは、決して近づかないのだ。サユリにとっては、自分の蹴りがマサキの股間にギリギリ届く間合いであればいい。
マサキも空手の蹴り技で応戦したいところなのだが、むやみに脚を上げれば、即座にサユリのキン蹴りが飛んでくるだろう。マサキは金的のガードを解くことだけは、絶対にしたくなかった。

「うーん…。しょうがないなー」

サユリはつぶやきながら、マサキの目の前で、すっとしゃがんでみせた。
マサキは何事かと思ったが、下手に手を出せない。

「えい!」

立ち上がると同時に、サユリは地面から拾った砂を、両手でマサキの顔面に向かって投げつけた。

「うわっ!」

当然の反応として、マサキは両手で目を守ろうとする。
しかしこれも、カエデがサユリに授けた作戦の一つだったのだ。

「ホントだ。キンタマ、がら空きになった!」

マサキの耳にサユリの嬉しそうな声が聞こえるのと、股間に重たい衝撃が走るのが、ほとんど同時だった。
マサキが後悔するヒマもなく、重苦しい痛みが下腹部に押し寄せてきた。

「あぐぅ…」

両の膝から力が抜けて、立てなくなる。
砂をかけられた目も痛かったが、それどころではないくらい、本能的に危機を感じる痛みが、マサキの股間を襲っていた。

「ごめんね。でもアタシ、か弱い女の子だから。卑怯じゃないよね?」

正座のような姿勢で痛みに震えているマサキに向かって、サユリは可愛らしい笑顔を向けた。
マサキが習ってきた空手など、何の役にも立たなかった。男同士のケンカではマサキは負けたことがなかったが、それはキンタマを狙わないという、暗黙のルールがあってこそのものだった。
キンタマを持たない女の子相手のケンカが、どれほど危険なものなのか、マサキはいつ治まるともしれない痛みの中で、思い知ったような気がした。



「え…おい…」

男子達のリーダー格であるコウタは、大将気取りで動かないまま、仲間たちが次々とKOされていく様子を見ていた。
いつの間にか、中庭に立っている男子は、コウタだけになってしまっている。

「お前ら…なにやってんだよ!」

コウタの呼びかけにも、返事ができる男子は残っていなかった。
人数の上で圧倒的に有利なはずだった男子達は、次々と女子のキンタマ攻撃の餌食となり、戦意を喪失し、そのほとんどが地べたに這いつくばって股間をおさえて苦しんでいる。

「さあ。あとはアンタだけみたいだね」

こちらも開始位置から動かなかったカエデが、ゆっくりとコウタに近づいてきた。

「あ、もういなくなっちゃったの? もっと蹴りたかったのに」

サユリが残念そうにあたりを見回した。
あたりにいるのは、戦闘を終えた女子たちばかりで、ほとんど疲れた様子もなく、笑い合いながらコウタの周りに集まってきた。

「元はといえば、アンタが一番悪いんだからね。もう、謝っても許してあげないから」

先手を打つかのように、カエデは言い放った。




コウタは、まったく想像もしていなかった事態に困惑していた。
15人もいたはずの男子達は、自分をのぞき全員ノックアウトされ、今は女子10人に取り囲まれている。
できることなら逃げ出したい気分だったが、それもできそうになかった。

「お、お前ら卑怯だぞ! キンタマ狙いやがって! 反則だぞ!」

「えー。ケンカに卑怯とかあるんだ? でもさ、男子は女子よりずっと強いんでしょ? じゃあ、ちょうどいいハンデじゃない? コウタのも、ちょっと蹴らせてよ」

じりじりと歩み寄ると、コウタは慌てて、両手で股間を覆い隠した。
余裕の表情で迫るカエデとは対照的に、コウタは完全に戦意を失って、キンタマを守ることだけを考えている様子だった。

「カエデちゃん、手伝おっか?」

カエデの横にいた、ケイコが言った。

「そうだね。めんどくさいから、みんなでやっちゃおうか」

カエデがうなずくと、女の子たちは一斉にコウタを取り囲み、飛びかかった。
すでにそれぞれが男の子をノックアウトして、自信をつけていた。
キンタマ攻撃の恐怖に怯えるコウタは、あっという間に両手両足を取られ、大の字になってカエデの前に立たされることになった。

「や、やめろよ、お前ら! やめてくれって!」

コウタはもがくが、さすがに数人の女の子におさえられては、男の子といえど身動きができなかった。

「言っとくけど、アンタがいけないんだからね。アンタがユイちゃんを泣かしたから、こんなことになってるんだよ」

コウタは執念深い女の恨みを感じ、ユイに暴力をふるってしまったことを後悔したが、今となってはどうすることもできない。

「そうだ、カエデちゃん。アタシ、キンタマの実物が見てみたいんだけど」

「あ、わたしも。見たい見たい」

ケイコが言うと、女の子たちは口々に同意し始めた。

「あ、そっか。みんな、キンタマを見たことないんだっけ? じゃあ、コイツをやっつける前に、見てみようか」

カエデはいとも簡単そうに言った。
コウタはこの話の展開に慌ててしまう。

「ちょ、なんだよ! 見てみるって…」

「じゃあ、ズボンとパンツを脱がしちゃお。よいしょっと」

女子達にしっかりとおさえられて、身動きのできないコウタを無視して、カエデはズボンに手をかけて、パンツと一緒にずり下ろしてしまった。

「あっ!」

コウタが恥ずかしがる間もなく、その股間はクラスの女子達の目の前にさらされてしまった。

「きゃー!」

「あー、オチンチンだー!」

女の子たちは口々に叫ぶが、恥ずかしがる様子もなく、露わになった性器を注視している。

「ちょ、やめろよ! 見るなって!」

「うーんとね。これがオチンチンでしょ。で、この下にあるのがキンタマなの」

顔を真っ赤にして抵抗するコウタの叫びも空しく、カエデはコウタの性器を指差しながら解説を始めた。

「へー。そんなにちっちゃいんだー」

「なんか、プルプルしてて、カワイイね」

屈辱的な言葉をかけられても、どうすることもできない。
ついにコウタは黙り込んでしまった。

「そうそう。で、昨日も言ったけど、オチンチンはあんまり痛くないの。ね?」

カエデは、コウタのペニスに軽くデコピンをした。
コウタはちょっと顔をしかめて、痛がる様子だった。

「ほらね。全然平気でしょ? でも、キンタマは違うんだよ。えい!」

続いてコウタのキンタマに、先ほどと同じようにデコピンすると、コウタはうっとうめいて、大きく体を震わせた。
羽交い絞めにされながらも、腰を引いて、足を震わせている。

「えー! ウッソー。今ので痛いの?」

「ウソでしょ? 演技だよ、演技」

女の子たちは笑いながら、コウタの苦しむ様子を見ていた。
同時に、女の子たちは期待していた。カエデはどうやって、このデリケートすぎる男の急所を痛めつけてくれるのだろうか。
カエデもまんざらでもないように、足首のストレッチなどを始める。

「でもみんな、初めてなのにキンタマ蹴るのうまかったよねー。あとは、ちょっとしたコツがあってさ。足首の使い方なんだけど、できるだけ力を抜いたほうがいいんだよね。こんな感じ」

楽しそうに素振りをしてみせるカエデの蹴りを見て、コウタの顔は真っ青になってしまっていた。
一方の女の子たちは、感心してそれを見ている。

「あんまり力は入れなくていいから、スピードの方が大事なの。見ててね」

カエデがコウタに向かってかまえると、コウタはついに泣き出しそうな顔になってしまった。

「やめて、やめてくれよ! 俺が悪かったから。謝るよお」

いつも威張り散らしている普段のコウタからは、考えらない言葉だった。
必死の形相で許しを乞うコウタの様子に、カエデと女子たちは、思わず吹き出してしまう。

「ウソー。コウタ君が謝ってるよ」

「そんなにキンタマ蹴られたくないの?」

「大丈夫。そんなに痛くないよ。わかんないけど」

女の子たちは、同情するような目でコウタを見たが、かといってその手足を放してやることはしなかった。

「ま、男らしく諦めてよ。せえの!」

カエデも笑いをこらえながら、渾身のキン蹴りをコウタの股間に放った。
スパーンと、今日のキン蹴りの中で一番いい音がして、カエデの足の甲はコウタのキンタマを正確に打ちつけた。

「はぐぅっ!」

コウタは両手足を掴まれながらも、体を折り曲げて、腰を精一杯引いた。
女の子たちが解放してやると、すぐに両手で股間をおさえ、そのまま前のめりに崩れ落ちてしまった。

「はあぁっ!」

海老のように体を丸めながら、両足をジタバタとさせて、地面をゴロゴロと転がっている。

「すごーい。いい音したね。なんか、すごいことになってるよ」

「うん。今のはいい感じだったな」

「面白ーい。ジタバタしてるよ」

少しすると、コウタは地面を転がるのをやめて、その場にうずくまったまま、ブルブルと震えていた。
絶望的な痛みがコウタの全身を襲い、周りで笑い合う女の子たちの声も、まったく耳に入らなかった。

「さすがカエデちゃんの蹴りは、ホント痛そうだね。でも、コイツにはこれくらいやんないとねー」

「そうそう。ユイちゃんを泣かしたんだから、キンタマ潰すくらいじゃないと、納得できないよ。ユイちゃん、ちょっと痣になってたみたいだからね」

「ホントに? 痛そー」

コウタがユイに与えた痛みよりも、恐らく数百倍は大きな痛みをコウタは味わっているはずなのだが、キンタマの痛みが分からない女の子たちにとっては、痣ができたことの方がリアルなものとして共感できた。

「ねえ、コウタ! アンタこれに懲りたら、二度と女の子に暴力振るっちゃダメだからね! わかった?」

カエデはうずくまっているコウタの側にしゃがみこみ、言い放った。
しかしコウタは、その言葉に反応することができない。

「聞いてんの? もう一回蹴ってあげようか?」

痺れを切らしてそう言うと、コウタは慌ててうつむいたまま、首を横に振った。

「やめて…ください…。すいませんでした…」

コウタは大粒の涙を流しながら、息も絶え絶えにそう言った。
その様子を見て、カエデと女子たちも、自分達の勝利を確信し、満足した。

「じゃあ男子はこれから、真面目に掃除するんだね? 遅れたりさぼったりしたら、またキンタマ蹴るからね?」

カエデはコウタだけでなく、周りで苦しんでいる男子全員に向かって言った。
コウタは素直にうなずいた。

「はい…。真面目にします…」

「ホントだね? 一人でもサボったら、連帯責任で全員キンタマ蹴りだからね?」

「はい…」

ケイコが言うと、コウタをはじめとして、返事のできる男子は全員うなずいた。

「よし。じゃあ、このせんそーは女子の勝ちってことだね。みんな、ありがとー!」

カエデが満面の笑みで言うと、女子全員がそれに応え、笑い合って手を叩いた。
やがて満足げに女子たちが帰った後、男子たちは地面に這いつくばったまま、しばらく立ち上がることさえできなかった。


終わり。




とある空手道場の女子更衣室で。
稽古を終えた小学生の女子たちが、着替えをしながら楽しそうに話していた。

マナ 「あー、疲れた。でも、今日も男子に勝っちゃった!」

サヤカ 「そうだね。アタシも勝ったよ」

チヒロ 「そっか。今日はみんな勝ったよね。金的で」

三人の女の子たちは、嬉しそうに今日の男子相手の試合の結果を話している。
三人は同じ小学4年生で、この道場では、小学生まで男女混合の試合をすることを認めていたのだ。
しかし小学生高学年までの男女は、体格差も少なく、むしろ女の子の方が背が高い場合が多い。
そのうえ、金的攻撃も認めているのだから、男子にとって、女子と試合をすることはかなりのリスクを伴っていた。

サヤカ 「ていうかさ、マナの試合のとき、相手のユウキ君、超怖がってなかった? マナの下段蹴りに、超反応してたよね?」

マナ 「あー、そうだったかも。なんか、金的蹴るつもりじゃないときも、すっごい避けてたよね。やっぱり、怖いのかな? ウケるよね」

二人は笑いながら、マナとユウキの試合を思い出していた。

チヒロ 「あれさ、その前のサヤカとケンタの試合を見てたからでしょ。サヤカが思いっきり蹴るんだもん。ケンタのあの痛がり方見たら、男子はみんなビビっちゃうよ」

チヒロの言うとおり、マナとユウキの試合の前、サヤカは相手のケンタの金的を、いつも以上に激しく蹴りとばしていた。
ケンタはサヤカの蹴りを受けた瞬間、奇声を上げて、そのまま床に這いつくばり、白目をむいて失禁すらしてしまったのである。

サヤカ 「あ、そっかあ。まあ、あの時はアタシも怒ってたからねー。ケンタのヤツ、あたしのオッパイばっかり突いてくるんだもん。あったまきたから、思いっきり蹴ったんだ。いい手応えだったな」

マナ 「あー、それは自業自得だね。タマタマ潰されても、文句言えないかも」

サヤカ 「うん。一個くらいは潰すつもりで蹴ったよ。まあ、大丈夫だったみたいだけど。意外と潰れないんだよねー」

サヤカとマナは、男にとっては聞きたくもない恐ろしいことを、平然と口にした。

チヒロ 「ケンタがやられたときの他の男子達の顔、見た? みんな黙り込んで、自分のタマタマに手を当てたりしてたよ」

マナ 「ホントに? 見てなかったなー。自分のタマタマの確認してたのかな?」

マナが言うと、サヤカは笑った。

サヤカ 「えー。なんで? タマタマが大事だから? 人が蹴られてるの見ると、怖いんだ?」

チヒロ 「じゃない? ちょっとカワイイよね」

三人はうなずいた。

マナ 「あの、タマタマを蹴られてさ、ちょっと耐えようとするところも、カワイくない? ああーん、って感じで」

マナは自分の股間に両手をあてて、金的を蹴られた男子の真似をしてみた。

サヤカ 「分かる。内股になって、必死に我慢しようとするんだけど、やっぱりダメで倒れちゃうのね。カワイイよねー」

チヒロ 「軽く当たったときとかさ、最初は大丈夫かと思うんだけど、後からきいてくるんだよね。今日のジン君もそうだったもん」

サヤカ 「そうそう。軽く当たっても、すっごい痛い時があるみたいだよね。不思議」

チヒロ達が男の金玉の不思議を口にすると、マナは目を輝かせて、話し始めた。

マナ 「あ、アタシはね。最近、クリーンヒットしたときの感触が分かってきたよ。タマタマが足の甲に乗った感触があるときは、絶対立てないの。今日のユウキ君もそうだった」

チヒロ 「ホント? タマタマが乗った感触?」

サヤカ 「あー、それ、分かるかも。なんかさ、タマタマがクニってなる感じじゃない?」

マナ 「そうそう。蹴りの強さはあんまり関係ないんだよね。あと、当てた時に足首をクイって手前に引っ張ると、いい感じだよ」

マナは足を上げて、実際にやって見せた。

チヒロ 「へー。アタシも今度やってみよう。ユウキ君のタマタマが大きいから、やりやすいよね?」

マナ 「うん。あの三人の中では、ユウキ君が一番大きいよね。一番小さいのは、ケンタ?」

サヤカ 「うん。ダントツでケンタだよ。だから、簡単に潰れるかなーって思ったんだけど。大きい方が痛いってわけじゃないのかな?」

マナ 「みたいだね。あと、一個だけ当たった時でも、関係ないみたい」

チヒロ 「ホント? アタシはいつも二個とも狙ってるけどな」

サヤカ 「アタシも、どうせ当てるなら二個まとめて当てたいな。今度はこう、斜め横から蹴ってみようかな。一個だけ当てて、そのまま隣にぶつける感じで」

サヤカは気合十分に素振りをする。

マナ 「いいね、それ。タマタマ同士がぶつかって、すごい痛そう。あうーんって感じ?」

マナはまた、股間に手を当てて痛がるふりをする。

チヒロ 「でもホント、男子って可哀想だよね。タマタマなんかついててさ。絶対鍛えられない急所なんでしょ? 痛いだけじゃん、あんなの」

チヒロは憐れむような調子で言う。

サヤカ 「ホントだよねー。いくら男子の力が強くてもさ、金的蹴られたら、一発じゃん。アタシ、本気でやったら、全然負ける気しないんだけど」

マナ 「ホント、ホント。アタシ、女に生まれて良かったー」

マナの言葉に、サヤカとチヒロは深々とうなずいた。
やがて着替えが終わり、女の子たちは更衣室を出て、帰路についた。
すると道場の出口で、今日、女の子たちがノックアウトした男子二人、ユウキとジンに出会った。

ユウキ 「あ! お、お疲れ様…」

ユウキは明らかにバツが悪そうに、女の子たちに言った。
ジンの方も、女の子たちを見るなり、目を合わさないように無言でうつむいてしまう。

サヤカ 「あ、お疲れー。ケンタは?」

サヤカは明るく声をかけ、自分が思い切り金的を蹴りあげたケンタを探すが、そこに姿は見えなかった。

ユウキ 「あ、ケンタは…」

ユウキは口ごもった。

ジン 「ケンタは…まだ、残ってる…。その…痛いから歩けないって…」

ジンが少しずつ、言葉を選びながら説明した。
それを聞いた女の子たちは、すぐさま納得した様子だった。

マナ 「あー、そうなんだ。大丈夫かな? 潰れてないかな?」

サヤカ 「アソコが潰れちゃうと、超痛いんでしょ? ちょっと強く蹴りすぎちゃったかな?」

女子達は心配そうに言ったが、それはかえって男子達にとって心苦しいものだった。
どれだけ心配しているようでも、しょせんは金玉の痛みの分からない女の子たちの言うことで、そこに実感が伴っていないのは、男子達には良く分かっていたのだ。

チヒロ 「今日はなんかゴメンね。みんな金的を蹴られちゃったみたいで。男子達はみんな強いからさ、つい蹴っちゃうんだよね」

チヒロの言葉に、男子達は苦笑いするしかなかった。
確かに単純な腕力では、ユウキやジンの方が勝っているかもしれないが、彼らは目の前の女の子たちに、手痛くやられてしまったのである。
しかも、男として最も屈辱的な負け方で。

サヤカ 「でもさあ、金的ってそんなに痛いのかな? 我慢できないくらい?」

ユウキ 「あ、うん…。まあ…」

サヤカの言葉に、ためらいがちにうなずいた。
本当は、男のプライドにかけて否定したかったが、現実は、彼はマナの前でこらえきれずに床に這いつくばってしまっている。
股間をおさえてうずくまる姿は、女子達には絶対に見られたくない、情けないものだったが、あの痛みは、そんなことを即座に忘れさせてしまうくらいのものなのだ。

チヒロ 「アタシの金的蹴りは、いつものより痛かった?」

チヒロが素朴な様子でジンに尋ねた。

ジン 「え? いや…うん…どうだろう…」

ジンは思い出したくもないという風に、ためらいがちにうなずいた。

チヒロ 「ふうん。まあ、いいか。また今度蹴ったときに、比べてみてよ。じゃあね」

最後にジンの背筋が寒くなるようなことを言って、チヒロ達は去っていった。





サヤカ 「なーんか、カワイイよね。男の子たちって、金的の話になると無口になるんだよねー」

男の子から離れた後、サヤカはおかしそうに笑った。

マナ 「ホントだよね。あんまり話したくありません、みたいな。きっと、ウチらの方が金的について、よく話してるよね」

チヒロ 「確かにね。男子ってさ、絶対金的は狙わないもんね。なんでだろ。金的狙えば、簡単に勝てるのにね」

サヤカ 「それはやっぱり、自分たちにもタマタマがついてるからじゃないの? もし人のを蹴ったりしたら、次は自分がお返しに蹴られるかもしれないじゃん」

チヒロ 「そっかあ。やったらやられる、みたいな感じね。面倒くさいね、男子って」

チヒロは憐れむように笑った。

マナ 「ホント。アタシ達はタマタマとかついてないから、お返しされる心配ないもんね。まあ、オッパイを突かれたら、けっこう痛いけどさ。金的よりマシなんだろうねー」

サヤカ 「えー。でも、オッパイもけっこう痛いよー。男子にもオッパイがあれば、痛いはずだって」

マナ 「そうかなあ」

女の子たちは話しながら、すでに日が暮れて薄暗くなった帰り道を歩いていく。
すると、前方に自動販売機があり、そこに学生服を着た男子中学生たちがたむろしているのが見えた。
彼らは何をするでもなく、自動販売機の明かりの下で、雑談をしているようだった。
よく見ると、足元にはタバコの吸い殻らしきものが数本、落ちている。
どうやら、ちょっとした不良中学生らしいと、サヤカ達は直感したので、その場にさしかかったところでおしゃべりをやめ、無言で通り過ぎようとした。

コウヘイ 「お稽古のお帰りですか。お疲れさまでーす」

中学生達は3人いて、その中の一人、コウヘイが、いかにも女の子たちをバカにした様子で声をかけてきた。

マサキ 「女が空手かよ。くっだらねえ」

学生服のボタンを大きくはだけさせたマサキが、唾を吐き捨てながら言った。
この言葉に、サヤカ達は少し反応して、中学生達の方を見た。

トモヤ 「おい、やめろよ。ほら、怒ってるだろ。ゴメンねー。つい、ホントのこと言っちゃって」

もう一人のトモヤもまた、ヘラヘラと笑いながら、謝るふりをした。
たまりかねたサヤカが、まず口火を切った。

サヤカ 「女が空手して、何がくだらないのよ」

すると、中学生達はサヤカの反応が予想外だったようで、それに答えるよりも先に、3人で顔を見合わせて笑った。

マサキ 「おいおい! 俺らに言ってんの? マジで?」

コウヘイ 「何がくだらないのよ! だって。ハハハ!」

トモヤ 「マジになんなっての。冗談だよ、冗談」

サヤカだけでなく、マナとチヒロも、この態度には頭に来てしまった。

チヒロ 「言っとくけど、アタシ達は男子よりも強いんだからね」

マナ 「そうよ。今日だって、男の子たちと試合して、勝ったんだから!」

二人は猛然と言い放ったが、中学生達には小学生の戯言としか受け止められなかった。

マサキ 「はいはい。たかが試合だろ。しかも、小学生の」

トモヤ 「どうせ、判定勝ちとかだろ。単なるスポーツじゃん、それって。女がいくら空手なんてやっても、男とマジでケンカして、勝てるわけねえだろ。だから、くだらないんだよ」

女の子たちの怒りは、頂点に達した。
中学生達はいずれも彼女達より背が高く、ケンカの経験もありそうだったが、そんなことは関係なかった。

サヤカ 「だったら、アタシ達とケンカしてみる? 本気でやってあげるよ!」

マナ 「そうだよ! 判定勝ちじゃないし。アタシ達が男子よりも強いってこと、証明してあげる!」

チヒロ 「男になんて、絶対負ける気しないもん!」

彼女たちの剣幕と、その言葉に、さすがに中学生達も気分を害した。

マサキ 「ああ? お前らが、俺らとケンカするのかよ? いいぜ。やってやるよ」

コウヘイ 「なめんなよ、小学生の癖に」

トモヤ 「女だからって、手加減しねえぞ、コラ!」

中学生たちが言い終わらないうちに、サヤカ達は身構えた。
まずは一番前にいたサヤカに、コウヘイが襲いかかった。

コウヘイ 「おら!」

コウヘイはポケットに手を突っこんだまま、無造作に蹴りを放った。
それはケンカでは有効でも、空手では無防備すぎる攻撃だった。サヤカはその蹴りを両手でしっかりとガードする。
そして大きく開かれたコウヘイの股間は、サヤカにとって易しすぎるターゲットだった。

サヤカ 「えい!」

試合の時にケンタに放った蹴りに勝るとも劣らない、強烈なキックを、サヤカはコウヘイの股間に打ち込んだ。

コウヘイ 「あうっ!」

コウヘイはすぐさまポケットから手を出し、両手で股間をおさえ、前かがみになってしまった。
すでに重苦しい痛みが、下腹部全体に広がっている。

コウヘイ 「ああ…く…」

やがて膝から力が抜け、その場に座り込んでしまった。
サヤカの前にひざまずくような形で、コウヘイは痛みと戦うことになる。

サヤカ 「どうだ!」

サヤカはコウヘイを見下ろして、勝ち誇ったように言った。
ほとんど同時に、マナとマサキの勝負も決していた。
マサキは空手の構えを取るマナに対して、その手を掴みにかかった。
両手の自由を奪って、押し倒してしまおうという考えだった。
しかし、それはマナにとっても思うつぼだった。
両手を掴まれたところで、マナはマサキの注意が下半身に向いていないことを見抜き、股間に前蹴りを放ったのである。

マナ 「せい!」

可愛らしい掛け声と共に、マナの右脚はマサキの股間に吸い込まれた。

マサキ 「つっ!」

先ほどの言葉通り、マナはマサキの金玉を足の甲に乗せるようにして蹴り、なおかつ足首のスナップを聞かせて、えぐるようにして蹴り足を戻した。
ユウキとの試合の時を上回る手ごたえを、マナは感じていた。

マサキ 「ああっ! くうっ!」

蹴られたマサキには、地獄が待っていた。
蹴られた瞬間は、金玉の表面を鋭い痛みが走り、そのすぐ後を追いかけるようにして、大波のような鈍痛が体全体に広がっていく。
その時にはすでに、マサキの意志とは無関係に彼の体は地面に転がっていて、奇声を上げながら身をよじって、苦しむ羽目になっていた。

マナ 「どう? 男の子なんか、キック一発でこうなるのよ!」

自らが地獄の苦しみを味あわせているマサキに、マナは女の優越感をたっぷり含ませて言い放った。
残ったトモヤは、さすがに躊躇してしまった。
あっという間に倒されてしまった二人の友達を見て、チヒロに攻撃するのをためらってしまったのである。

チヒロ 「どうしたの? 言っとくけど、アタシも手加減なんてしないからね」

チヒロはすでに怯え始めているトモヤに、ゆっくりと歩み寄った。

トモヤ 「く…くそ…! なめんな!」

トモヤは破れかぶれになって、チヒロに襲いかかった。
しかしその気合は空回りして、チヒロに放ったパンチは、大きく空振りしてしまう。
チヒロは即座にしゃがみこんで、かわしていたのだ。

チヒロ 「えい!」

チヒロがしゃがみこむと、目の前にトモヤの股間があった。
そこをめがけて、チヒロはしゃがんだまま正拳突きを放ったのだ。

トモヤ 「はうっ!」

トモヤから見れば、目の前からチヒロの姿が消えた後、不意に股間に衝撃が走ったように思えた。
訳も分からぬうちに、体の自由が奪われた。

チヒロ 「とどめ!」

トモヤがゆっくりと内股になりそうなときに、チヒロは手ぬるいと思ったのか、起きあがる力をそのまま膝蹴りに乗せて、股間に叩きこんだ。
一瞬、トモヤの体が浮くほどの、強烈な金的蹴りだった。

トモヤ 「あがっ!」

トモヤは息をつまらせて、横倒しに地面に倒れ込んでしまった。

チヒロ 「必殺! 飛び膝金的蹴り!」

満足そうに、チヒロははしゃいでみせた。
中学生の男の子たちが、全員小学生の女の子にノックアウトされてしまった。

サヤカ 「なによ! アンタ達、全然よわっちいじゃん! それで、女は男より弱いとか、よく言えるよね」

チヒロ 「金的のない試合で手加減してるのは、むしろ女の方だよね。本気でケンカしたら、男は絶対女に勝てないよ」

マナ 「言えてる。タマタマのついてる男とか、全然怖くないもん。むしろ、女の子の方が手強いよね」

女の子たちは怒りをおさめたようで、やがて口々に男を罵倒した。
中学生達はもちろん、男のプライドにかけて言い返したかったが、現実はそれどころではなかった。
男だからこそ味わわなければいけない、地獄のような痛みと、必死で戦っている最中なのだ。
彼らにこんな痛みを与えた女の子たちには、金玉などついていないことを思うと、彼女たちに逆らうことができないと、中学生達は実感してしまった。

サヤカ 「まあ、これに懲りたら、もう女の子をバカにしないようにね」

マナ 「今回はちょっと手加減したけど、次は思いっきり蹴るからね」

チヒロ 「タマタマ潰してほしいときは、いつでも来ていいよ」

女の子たちは満足したようで、中学生達を残し、去っていった。

マナ 「ていうか、タマタマ潰れたら、女の子になるのかな?」

チヒロ 「え? どうかな。そうかもね」

サヤカ 「ウソー。タマタマが潰れても、チンチンはあるんでしょ? じゃあ、男の子じゃん」

マナ 「そっかあ。でも、タマタマなんて、潰れた方がいいかもね。急所がなくなるし」

サヤカ 「でも、超痛いんでしょ?」

マナ 「その一回を我慢すればさ。あ、二個あるから、二回かな?」

女の子たちは楽しそうに話しながら、帰って行った。
その後、その場所を通ったユウキとジンは、股間をおさえて苦しんでいる中学生達を見て、誰の仕業かすぐに悟り、試合の痛みを思い出して、金玉を縮みあがらせてしまった。


終わり。




ある日の夕方、リビングのソファーでマンガを読んでいたノブユキに、妹のハツネが話しかけてきた。

「ねえ、お兄ちゃんもキンタマ打つと痛いの?」

突拍子もないハツネの質問に、ノブユキは目を丸くした。
ハツネは小学3年生になるが、そんなことを聞いてきたのは初めてだった。

「な、なんだよ、いきなり。何の話だよ」

「今日ね、クラスのリュウセイ君がサクラちゃんとケンカして、リュウセイ君のほうが泣いちゃったの。その後、マコト君もサクラちゃんとケンカしたんだけど、やっぱりサクラちゃんに泣かされちゃったの。サクラちゃんは、キンタマを攻撃したんだって」

ハツネはたどたどしく説明した。
どうやら同じクラスの女の子が、男子とケンカして、急所攻撃をして勝ったらしい。
それに興味を持ったハツネが、ノブユキに尋ねてきたのだろう。

「男子はみんな、キンタマを攻撃されると、痛くて動けなくなるんだって。だからお兄ちゃんも、キンタマは痛いのかなって」

ノブユキは、答えに迷った。
ハツネとノブユキの仲は、それほど悪いものではなかったが、やはり兄として、ときにはハツネに力ずくで言うことを聞かせることもあった。
ハツネが、ノブユキの弱点ともいえる金玉のことを知れば、兄としての威厳が保てなくなるのではないか。
ノブユキは今年中学に上がったばかりだったが、まだそういう子供っぽい強がりも持ちあわせていたのだ。

「ど、どうかな。それは、ガキだから痛かったんだろ。大人になったら、痛くなくなるんだよ」

ノブユキは素知らぬ顔で、妙な理屈をこねた。
しかしまったく知識のないハツネは、納得してしまいそうになる。

「そうなんだ。じゃあ、お兄ちゃんはもう痛くないの?」

「お、おう。当たり前だろ。俺はもう中学生だからな。痛くねえよ」

ノブユキは、わざとらしく笑った。

「ホント? じゃあさ、ハツネのキンタマ攻撃の練習してもいい? ハツネもクラスの男子に、泣かしたい子がいるんだ」

ノブユキはまずいと思った。

「え? そ、それはちょっとな…。俺、忙しいから…」

「ええー。いいじゃん。練習させて、おにいちゃーん」

「ダメダメ。俺、宿題するから」

ノブユキはそう言って、そそくさと立ちあがり、自分の部屋に戻ろうとした。
ハツネは不満そうに、兄の背中を見つめている。

「お兄ちゃんの、ケチ!」

ハツネはいきなり、背後からノブユキの股間に蹴りを入れた。
狙いも何もない、ぎこちない小学生の蹴りだったが、運悪く、ノブユキの金玉にうまく入ってしまった。

「うっ!」

ノブユキは突然の衝撃に、息を詰まらせた。
股間から重たい痛みが押し寄せてきて、思わず手でおさえてしまいそうになったが、ハツネに悟られてはまずいと思って、とっさにこらえた。

「お兄ちゃん?」

しかしハツネは、兄のただならぬ様子に気づいてしまった。

「あれ? 痛いの、お兄ちゃん?」

ハツネは、ノブユキの顔を覗き込んでみる。
ノブユキは唇を噛んで、痛みをこらえている様子だった。

「お兄ちゃん、キンタマ痛くないんじゃなかったの?」

「バ、バカ…。今のは、太ももの内側に入っちゃったんだよ。お前がいきなり蹴るから…」

ノブユキは、やっとそれだけ言うことができたが、本当は股間をおさえてうずくまりたい気分でいっぱいだった。

「そうだったの? ごめんなさい」

ハツネは疑問に思いながらも、謝った。
ノブユキは痛みにこらえながら、なんとか平静を装って、傍らにあるイスに腰掛けた。

「ちょっと、休憩しようかな…」

わざとらしくそう言うと、長いため息をついて、天井を見上げていた。
ハツネはそんな兄の様子を、いぶかしそうな目で見ていた。

「お兄ちゃん、ホントにキンタマ痛くないの?」

「え? ホ、ホントだよ。これは、キンタマが痛いんじゃなくて、太ももの内側が、ちょっとこすれちゃったんだよ。あー、偶然って怖いなー」

ノブユキの言葉にも、ハツネは納得いかないようだった。

「じゃあ、今度はお兄ちゃんのキンタマを叩いてもいい? 他のとこに当てないようにするから」

「え! い、いや。今日はもういいだろ。また今度にしようぜ」

「やだあ。ねえ、お願い。ちゃんとキンタマだけ狙うから。一回だけ、ね?」

その金玉が一番狙われたくないところだとは、ノブユキはもう言えなかった。
今はイスに座っているし、痛みも徐々にひいてきたから、手で叩くくらいなら、耐えられるかもしれない。それに、あまり拒否していると、やはりそこは急所なんだと、認めるようなものだった。
ノブユキは兄の威厳を保つために、ハツネのリクエストに応えるしかなかった。

「じゃ、じゃあ、一回だけな。軽くだぞ。お前が怪我するといけないからな」

「わーい。お兄ちゃん、ありがとー。じゃあ、グーで叩いてみるね。キンタマって、ここにあるんでしょ?」

ハツネは無邪気な様子で、兄の股間をズボンの上からまさぐった。

「これ? このフニフニしてるやつ?」

ハツネは意外にも正確に、ノブユキの金玉の場所を探り当ててしまった。

「あ、ああ。それだな。その…軽くだぞ?」

ノブユキは妹に金玉をまさぐられ、ちょっと戸惑ったが、金玉の恐怖でそれどころではなかった。

「はーい。じゃあ、いくよ。えい!」

ハツネは可愛らしい声と共に、握りしめた右拳を、先ほど探り当てたノブユキの金玉に振り下ろした。
ボン、という音がして、ハツネの小さい拳は、ノブユキの金玉の一つにうまく当たってしまう。

「うっ!」

先ほどの蹴り以上の痛みが、ノブユキの金玉を襲った。
ノブユキは座ったまま、両手で金玉をおさえて、前かがみになってしまう。
ジーンと重たい痛みが、ハツネに殴られた金玉から湧き上がってくる。

「え? お兄ちゃん、どうしたの?」

股間をおさえて、細かく震える兄の姿に、ハツネは驚いてしまった。
しかし学校で見た、サクラに金玉を蹴られた男子も、こんな痛がり方をしていたのを思い出して、確信した。

「お兄ちゃん、やっぱりキンタマ痛いんでしょ?」

ハツネはしてやったり、という顔を浮かべたが、ノブユキはそれに応えるどころではなかった。

「ち、ちが…うぅ…」

痛みの波は変則的に、ノブユキの下腹部を襲う。
おさまってきたと思っても、ちょっと体を動かしただけで、また痛みが響いてしまうのだ。

「もう、ホントは痛いんでしょ? なーんだ。やっぱりお兄ちゃんもクラスの男子とおんなじなんだあ。キンタマを攻撃されると、泣いちゃうんだね」

「な、泣いてないだろ…」

「もう、泣きそうだもん。ねえお兄ちゃん、キンタマって、どう痛いの? なんで痛いの?」

ハツネは興味津津な目で、ノブユキの痛がる様子を見ている。
ノブユキはそんなハツネの態度に怒りを覚え、兄の威厳を保つために、実力行使に出ようと決心した。

「お前、調子に乗るなよ!」

まだ金玉の痛みは残っていたが、イスから立ち上がり、ハツネの両手を掴んで、懲らしめてやろうとした。
いつもなら、ハツネの頭を少し叩いて終わりだったが、今日はそれ以上のこともしてやろうと思った。

「えー。別に調子に乗ってないもん。えい!」

ハツネは、いつもなら素直に謝るところだったのだが、ノブユキの痛がる姿を見て、完全に気持ちが強くなっていた。
両手を掴まれた状態から、ノブユキの股間に、ひざ蹴りを入れた。

「うあっ!」

ノブユキはリビングの床にひざをついて、うずくまってしまう。
汗が一気に噴き出してきて、さっきまでとは別次元の苦しみをノブユキ自身の体が予告していた。

「あ…うぁ!」

ノブユキはうずくまったまま足をジタバタさせて、うつむいてしまった。

「あー、やっぱりこれがきくんだー。あのね、サクラちゃんがこれでマコト君を泣かしちゃったんだよ。マコト君、痛いよーって、すっごい泣いてた」

ハツネはのんびりした様子で話しかけたが、ノブユキの耳には届いていなかった。

「ねえ、お兄ちゃんも痛いの? 変なの。そんなに強く蹴ってないんだけどなー」

ハツネは兄の苦しむ姿に首をかしげた。

「わたしなんか、叩かれても平気だけどなー」

ハツネはおもむろに、自分の股の間をスカートの上から叩いてみた。
それなりの衝撃はあるが、痛いというほどではない。

「お、お前には、タマがないから…」

ノブユキは絞り出すような声で言った。

「そうだね。キンタマはお兄ちゃんでも痛いんだって、よく分かった。ありがとう、お兄ちゃん」

ハツネは無邪気な笑顔でそう言うと、ノブユキを置き去りにして、リビングを出ていった。
ノブユキはその後、30分ほどはしゃがみこんだまま動けなかった。




次の日。
ノブユキ達の両親が仕事のため、夜にならないと帰ってこない日だった。
誰もいない家に帰ってきたハツネは、すぐさま自分の部屋に入ると、しばらく出てこなかった。
やがて満足げな表情で部屋から出てくると、リビングに来て、用意してあるおやつを食べ始めるのだった。

そのうち、中学生のノブユキも帰ってきた。
昨日、ハツネがノブユキの金玉を蹴ってから、二人は夕食の時も会話しなかった。今日の朝も同様である。
ハツネは普段通りだったが、ノブユキは何やら思う所があったようで、両親との会話もおぼつかなかった。

ノブユキはまずリビングに来て、ハツネがいるのを確かめた。

「あ、お兄ちゃん。おかえりー」

「…ただいま」

ぼそりと言うと、ノブユキはそのまま自分の部屋にいってしまった。
そしてしばらくして、ジャージ姿でリビングに戻ってくると、ソファーに座ってテレビを見ていたハツネの前に立ち、いきなり平手で頭を殴りつけた。

「いった! 何よ、お兄ちゃん!」

ハツネは頭をおさえて、ノブユキをにらんだ。

「うるさい! 昨日のお返しをしてやるんだよ! 覚悟しろ!」

ノブユキはそう言って、さらにハツネの頭を叩いた。

「痛い、痛い! やめてよ、お兄ちゃん!」

ハツネはノブユキの攻撃をソファーに座ったまま、腕で防いでいたが、とっさに目の前に会ったノブユキの股間を、足で蹴りあげた。
昨日の一件以来、ハツネは金玉を攻撃することに抵抗がなくなっていたのだ。

「おっ!」

しかし、きれいに股間に入ったように見えたハツネの蹴りを受けても、ノブユキは表情を変えなかった。

「へへ! きかないんだよ!」

ノブユキはさらに、ハツネの頭を叩く。
ガードが堅いと見るや、さらにハツネのお腹などにもパンチを繰り出してきた。

「あっ! やめてよ、お兄ちゃん。ごめん。ごめんなさいって」

ハツネは金蹴りがきかないことを不思議に思ったが、ノブユキの攻撃に、たまらず謝ってしまった。
それを聞いたノブユキは、ひとまず叩くのをやめた。

「なんだよ。謝るのか?」

「うん…。ごめんなさい、お兄ちゃん。ハツネ、昨日、ひどいことしちゃったみたい…」

ハツネはうつむいて、しおらしそうにしている。
ノブユキは自分のお仕置きの効果に満足しているようだった。

「フン! キンタマ攻撃するとか、生意気なんだよ。まあこのとおり、油断してなければ俺には効かないけどな」

誇らしげに語るノブユキ。
確かに今日はハツネの蹴りが決まっても、ノブユキにダメージはないようだった。

「ホント? じゃあ、もっとやらして!」

ハツネは突然、顔を上げると、ノブユキのジャージのズボンを、素早くずり下げてしまった。

「あ!」

すると、ノブユキのジャージの中から、丸められたタオルがこぼれ落ちた。
どうやらこれを股間部分にあてて、衝撃を吸収するようにしていたらしい。

「やっぱり! サクラちゃんの言ったとおりだった。お兄ちゃん、キンタマを守るために何か着けてくるって。こんなの反則だよ、お兄ちゃん」

「う、うあ…」

仕掛けを見破られたノブユキは、ハツネから離れようとするが、ジャージを足首まで下げられていたので、身動きが取れなかった。

「じゃあ、今日も練習させてもらうね。えい!」

ハツネはにっこりと笑って、目の前にあるノブユキの股間に、下からまっすぐ拳を叩きつけた。
トランクス越しにムニュッとした金玉の感触を、ハツネは手に感じた。

「あうっ!」

ノブユキは昨日と同じように、金玉の痛みに悶える事になる。
トランクス姿のまま、その場にうずくまってしまった。

「えー。今日も一回でお終いなのー? もっと頑張ってよ、お兄ちゃん」

ハツネは残念そうな顔で言うが、ノブユキの痛みは、とても耐えられるものではない。どうやらハツネは、金的攻撃のコツをつかみ始めているらしかった。

「今日はね、クラスの嫌いな男子に、昨日、お兄ちゃんにやったみたいなひざ蹴りをしたの。そしたら泣いちゃったから、もうハツネにイタズラしちゃダメだよって言ったんだ。お兄ちゃんも、ちょっと懲らしめちゃおっかなー」

嬉しそうにそう言うと、ノブユキを置きざりにしたまま、自分の部屋に行ってしまった。
やがて戻ってくると、その手には学校で使っている手提げ袋が握られていた。
ノブユキはまだ金玉の痛みから回復せず、うずくまったままだった。

「あれ? まだ、しゃがんでるの? もういいよ、お兄ちゃん。早く立って」

ハツネはよくても、ノブユキはまだ回復には程遠い状態だった。
しかし、兄の意地をみせるため、そしてハツネが何やら準備していることを阻止するためには、ノブユキはここで立ちあがって、実力行使する必要があった。

「く…くそ…」

ノブユキは必死の思いで、立ちあがった。
片手で股間をおさえて内股になり、ひざをプルプルと震わせながら前かがみで立つその姿は、ノブユキの懸命な表情とは対照的に、どこか滑稽なものだった。

「何してんの? お兄ちゃん」

ハツネはきょとんとした顔で、ノブユキを見た。
ノブユキのこの様子では、反撃をしてくることなどとても想像できない。

「キンタマ、痛いんでしょ? 座ってていいよ。ハツネがジュース入れてあげるから」

妹の意外な言葉に、ノブユキは拍子抜けする思いだった。
しかしハツネはにっこりと笑って、テーブルのイスをノブユキの方に向けてあげた。
そんな妹の姿に、まだ兄の尊厳は保てていると、ノブユキは思った。
実際のところ、股間の痛みで、すぐにでもイスに座って休みたい気分だったのだ。
ノブユキはため息と共に、ハツネが差し出したイスに座った。

「ふう…」

ため息をついて天井を見た次の瞬間、ノブユキは自分の両手に違和感を感じた。
ハツネが手提げ袋の中から取り出したコード結束用のバンドで、ノブユキの両手をイスの手すりに固定してしまったのだ。

「お、おい!」

ノブユキは慌てて立ちあがろうとするが、その瞬間、ハツネの拳が股間めがけて振り下ろされた。
ボスっと音がして、またもノブユキの金玉は妹の拳に痛めつけられた。

「あぐっ!」

抵抗する力をすべて奪い取る痛みに、ノブユキは呻いた。

「もー。おとなしくしてて。すぐ終わるから」

ハツネはそう言うと、手提げ袋の中からビニール紐を取り出して、ノブユキの体をイスに縛り付けてしまった。
両手も結束バンドの上から紐が巻かれ、さらに両脚を開くように、イスの足に固定されてしまった。
これでノブユキは、金玉が痛くても、手でおさえる事も足を閉じる事もできなくなってしまった。

「かんせー! これね、サクラちゃんに教わったの。サクラちゃんも従兄の意地悪なお兄ちゃんにお仕置きしたことがあるんだって。すごいよねー、サクラちゃんって。何でも知ってるんだなー」

無邪気なハツネを前に、ノブユキは戦慄していた。
まったく身動きができない状態で、これから何をされるというのか。
両親が帰ってくるまで、あと2時間はある。それまで、自分はハツネのお仕置きに耐える事ができるのだろうか。

「ハ、ハツネ…。ちょっとやりすぎじゃないか? お兄ちゃん、さすがに怒るぞ…」

言葉とは裏腹に、ノブユキの声は震えていた。

「むー。怒ってるのはハツネの方だもん! お兄ちゃん、さっきハツネのこといっぱい叩いたんだからね。すっごい痛かった!」

「ゴ、ゴメン、ゴメン。ちょっとふざけたつもりだったんだ。ハツネもお兄ちゃんのキンタマ叩いたし、もうおあいこだろ。仲直りしようよ」

「ダメ! お兄ちゃんはさっき、ハツネの頭を10回叩いたんだから、ハツネもお兄ちゃんのキンタマを10回叩くの!」

ハツネはふくれっ面でそう言うと、ノブユキを無視して、手提げ袋を探り始めた。

「お兄ちゃんが、絶対仕返ししてくると思ったから、いろいろ準備したんだー。最初はこれにしようかな」

ハツネが取り出したのは、大きめのアクリル定規だった。
限界まで曲げてしならせると、かなりの衝撃を与える事ができる。
ノブユキはそれを見て、血の気が引く思いだった。




「お、おい。やめろって。お兄ちゃんが悪かったから…。仲直りしよう。な?」

「このくらいかなー。もっとかなー」

ノブユキの必死の頼みも、ハツネにはまったく聞こえていない様子で、熱心に定規の耐久性を確かめていた。

「えーと。キンタマはここでしょ?」

ハツネは思い切り曲げたアクリル定規を、ノブユキの股間の前に持ってきた。
ミシミシと、定規が曲がるイヤな音が、ノブユキの耳に聞こえる。

「ハツネ! ゴメンってば! 何でもするから。そうだ、お菓子を買いに行こう。お兄ちゃんがおごってやるから…」

「ホント? じゃあ、コレが終わったらね?」

ノブユキは叫ぶように懇願するものの、ハツネはまったくやめる気がなかった。
そして無情にも、大きく曲がったアクリル定規を支えるハツネの指が解かれ、ヒュン、と空気を切って、定規はノブユキの金玉に叩きつけられた。

パシィン!

高く、気持ちのいい音がした。
ハツネはその音を聞いて、実験の成功を確信したが、ノブユキは弾けるような痛みを、金玉袋の表面に感じた。
そしてその直後、黒煙のような重たい痛みが、下腹部全体に広がっていく。

「はぐぅ!」

ノブユキが痙攣して、イスがガタリと揺れた。
すぐにでも両脚を閉じて痛みに耐えたかったが、それすらも今のノブユキには許されない。

「いい音したねー。今のはきいた? どう?」

ハツネは楽しそうに、アクリル定規を振りまわした。

「ねえ、ねえ、お兄ちゃん?」

無言のまま首をうなだれて震えている兄の肩を、ハツネは定規でバシバシと叩く。

「も…もう、やめて…。俺が悪かったから…」

ノブユキはやっと、絞り出すような声で言った。
その目にはうっすらと、涙が浮かんでいる。

「えー。まだまだだよー。いろいろ準備したんだからね。ほら見て。輪ゴムでしょ。スプーンでしょ。洗濯バサミと、国語辞典。クラスの男子から、野球のボールも借りてきたんだ。この球とキンタマって、どっちが強いのかなあ?」

ハツネは楽しそうに、手提げ袋の中を広げて見せた。

「やめてくれ…。お願いします…」

しかし、自分が想像した以上のダメージを受けて、予想外にしおらしくなってしまった兄を目にして、ハツネは考えを改めざるをえなかった。

「むー。しょうがないなー。じゃあ、もうハツネのこと叩かないって誓う?」

「誓う…。誓います…」

ノブユキは必死にうなずいた。

「これからも、ハツネの言うこと聞いてくれるんだよね?」

「はい…。聞きます…」

「じゃあ、ちょっと物足りないけど、許してあげよっかな」

ハツネがそう言うと、ノブユキはホッと安心する思いだった。

「ただし」

ハツネは意地悪そうな笑みを浮かべる。

「お兄ちゃんのキンタマ、ちょっと見せてね。どんな風になってるのか、見たかったんだ」

そう言うと、ハツネはノブユキの返事も待たずに、トランクスに手をかけて、一気にひざまで下ろしてしまった。

「あ、ちょっと…」

ノブユキは、まだ小さい頃はハツネと一緒にお風呂に入ったりしていたこともあったが、ここ数年はさすがに裸を見せ合うようなことはなかった。
特にノブユキの股間にわずかな陰毛が生え始めてからは、人並みに恥ずかしがるようになっていたのである。

「あー。お兄ちゃん、もう毛が生えてるんだー。すごーい」

ハツネは特に恥ずかしがる様子もなく、ノブユキのペニスと金玉を観察し始めた。

「チンチンは、あんまり変わらないね。この下にあるのが、キンタマなの?」

ノブユキは恥ずかしさと苦しさで、無言のままだった。

「ねえ、お兄ちゃん!」

ハツネはペニスにデコピンをした。
ノブユキはハッと身を震わせて、答える。

「はい! そうです…」

自然と敬語になってしまっていた。

「ふーん。これがキンタマかあ…。フニフニしてるね」

ハツネは容赦なく、ノブユキの金玉袋に手を伸ばして触った。

「あ、キンタマって二個あるんだ。一個ずつ、右と左に入ってるの?」

ハツネはノブユキの金玉を触りながら、目を輝かせた。
女の子にはない器官が、よほど珍しかったようだ。

「あ…たぶん…」

「たぶんって、自分でわかんないの? 変なのー。あとコレ、まん丸じゃないんだね。ちょっと歪んでる。卵みたい」

ハツネが少し強く握って、その形を確かめると、ノブユキはうっと顔をしかめた。

「えー! お兄ちゃん、今、痛かったの? ハツネ、全然力入れてないよー」

「あ…キンタマは…敏感だから…」

ノブユキは苦しみながら言う。

「へー。そうかー。こんなのでも痛いんだー。大変だね、キンタマって。潰れちゃったりしたら、すごく痛いんじゃないの?」

「あ、うん…。分かんないけど…」

言いながら、ノブユキはイヤな予感がした。

「ふーん。あのさ、お兄ちゃん。キンタマ、一個潰しちゃダメ?」

ハツネは上目づかいの可愛らしい顔で、とんでもないことを聞いてきた。
ノブユキの予感は悪い方に的中し、必死に首を横に振った。

「ダメダメダメ! 絶対ダメ!」

「えー。いいじゃん。二個あるんだからあ。一個だけだって。ね?」

「ダメだって。それだけはダメ! ホントにやめて!」

ノブユキは改めて、身動きできないこの状況に恐怖を感じた。
口でいくら抵抗しても、ハツネが納得するだろうか。最悪の場合、金玉を一つ潰されてしまう。
ノブユキはとにかく必死に叫び続けることしかできなかった。

「やめて! お願い! 何でもするから、それだけはやめてくれ!」

「むー。そっかあ。でも、お兄ちゃんはハツネの言うこと聞くって約束したんだから、ちょっと試してみるだけね?」

ハツネはノブユキの金玉に、両手をかけた。

「どっちがいいかな…。こっちがちょっと小さいかな。こっちでいいや」

「や、やめて! やめてってば!」

ハツネはノブユキを無視して、右の睾丸をがっちりと両手で掴む。

「いくよ。そーれ! ギュー!」

可愛らしいかけ声と共に、ハツネはノブユキの睾丸を渾身の力で握りしめた。
恐ろしいほどの痛みが、ノブユキの体全体に電気のように走る。

「ぎゃあぁぁ! ダメ! ダメー!」

ノブユキが全身を痙攣させると、さすがに縛り付けてあるイスがガタガタと動いた。

「あ、ダメ。動いちゃダメだよう。コリコリして、握りにくいんだね」

ハツネはしかし意に介さず、睾丸を握る手を緩めようとはしない。

「あぎゃー! ぐえっ、えっ!」

小学生のハツネのか弱い握力といえど、金玉に苦しみを与えるのは十分すぎるものだった。
数秒間も握られ続けると、ノブユキは、これまでにない寒気のようなものを感じて、喉の奥から気持ちの悪い感覚がこみ上げてきた。

「どう、お兄ちゃん。潰れそう?」

「つ、潰れる。潰れるから! はなしてー!」

「そうなの? でも、まだもうちょっと…。えーい!」

ハツネは気合を入れ直して、さらに強く睾丸を握りしめた。
すると次の瞬間、ハツネの手の中から、グリッと睾丸が逃げる感触がした。

「ぎゃうっ!」

ノブユキは背筋を伸ばして身を震わせて、次にガクッと首を前に落とした。

「あれ? 潰れちゃった?」

ハツネは不思議そうに、自分の両手を見た。
ノブユキの金玉袋をそっと触ってみると、そこにはまだ睾丸が二個、あった。

「なーんだ、潰れてなかったんだ。キンタマが手の中から逃げちゃったんだね」

ハツネは納得したようにうなずいた。
ノブユキはうなだれたまま、ピクリともしない。

「でもホント、なんで男の子にはキンタマなんて付いてるのかなあ。こんなの、痛いだけなのに。潰しちゃえば、もう痛いこともなくなるのかなあ」

ハツネは独り言のようにつぶやく。

「お兄ちゃん」

ハツネが呼ぶと、ノブユキはゆっくりと顔を上げた。
その顔は涙と鼻水でぐちゃぐちゃになっており、疲れ切っている。

「も、もうやめて…。お願いだから…」

「あれ? お兄ちゃん、そんなに痛かったの? ゴメンね。潰れてはいないから、大丈夫だよ」

「は、はい…」

ノブユキはまたガックリとうなだれた。

「じゃあ、今日はこれで許してあげる。でもまた、ハツネに意地悪したりしたら、今度こそ潰しちゃうかもよ。フフフ」

ハツネはそう言って、ノブユキを縛り付ける紐をほどいてやった。
やっと自由になった両手で、ノブユキは自分の金玉の無事を確かめる。

「あと、このことはパパとママには秘密だからね。わかった?」

「はい。はい」

ノブユキは必死にうなずいた。

「あ、でもパパにもキンタマがあるんだっけ。じゃあ、今度はパパのもいじってみたいなあ。どうしようかなー」

ハツネは楽しそうに笑いながら、手提げ袋を持って、リビングから出ていった。
ノブユキが立ち上がれるようになるまで、1時間以上、イスに座っていることしかできなかった。


終わり


// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク