FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。
「ちょっと、アンタ達でしょ! ウチのお兄ちゃんをいじめたの!」

夕暮れ時の公園。
ブランコのあたりにたむろしていた中学生3人組に声をかけたのは、中野カエデ、小学5年生だった。

「はあ?」

「誰だよ、お前?」

「あ、中野じゃん。妹かよ」

声をかけられた3人は、カエデの兄、中野シンヤの同級生だった。
ケイタとヒロフミとアキノブの3人は、同じクラスでおとなしいシンヤをいつもいじめていた。

「なんだよ、中野? 何か用かよ?」

3人のリーダー格のケイタが、カエデの後ろで肩をすぼめているシンヤに声をかけた。
シンヤは困ったような顔で何か言いかけたが、結局何も言えず、うつむいたままだった。

「アンタ達、ウチのお兄ちゃんのお小遣い、とったんでしょ! 返しなさいよ!」

シンヤに代わって、カエデが声を荒げた。
確かにケイタ達は今日学校で、シンヤから小遣いである1000円を巻き上げた。しかしそれもゲームセンターであっという間に使ってしまい、その帰り道に公園でたむろしているのだった。

「ああ? なんだよ、お前。アレは中野から借りたんだよ。ちゃんと返すよ。いつかな」

ケイタはあざ笑うかのように言った。もちろんそう言いながらも、シンヤはお金を返してもらったことなど一度もなかった。

「ていうか、中野さ。妹にチクッちゃったのかよ」

「ありえねえって。妹に助けてもらってんの? 妹、いくつだよ」

ヒロフミとアキノブは、妹の後ろに隠れて縮こまっているシンヤの様子に大笑いした。
確かにいくらシンヤがおとなしいとはいえ、中学一年生の兄が小学生の妹にカツアゲの仕返しをしてもらっているというのは、あまり格好のいい状況ではなかった。

「いや…あの…」

シンヤもさすがに弁明しようとしたが、それを遮るようにカエデが叫んだ。

「うるさい! ウチのお兄ちゃんをいじめていいのは、アタシだけなんだからね! アンタ達なんかにお兄ちゃんが泣かされてると思うと、イライラするわ!」

カエデが叫んだので、ケイタたちは一瞬、沈黙してしまったが、やがてまた大笑いし始めた。

「おいおい、中野! 妹にもいじめられてんのかよ!」

「カワイソー!」

「お兄ちゃん、頑張れ!」

ブランコやその手すりに座っていた3人は、そこから落ちんばかりに笑い転げた。
シンヤは耳まで真っ赤にして恥ずかしがったが、やがて、目の前にいるカエデの肩が怒りで震えていることに気づくと、思わずゴクリと唾を飲んだ。

「もういい…。お金は返してもらわなくてもいいわ」

カエデはうつむきながら、つぶやくように言った。

「お。マジかよ。サンキュー。まあ、借りてただけなんだけどな。てか中野さ、あと1000円、貸してくんないかな? 妹にも頼んでくれよ」

笑い転げていたケイタが立ちあがって、カエデとシンヤの前に歩み寄ってきた。
その様子はいつもの、シンヤに金をせびる脅迫的な態度に変わっていた。

「あ、あの…ケイタ君。お金はいいから、逃げた方が…」

シンヤはボソボソと、つぶやくように言った。

「あ? なんだって?」

ケイタはポケットに手を突っ込みながら、シンヤを圧迫するように近寄ってくる。

「アンタ達が泣くまで、いじめてあげるから!」

カエデが叫びながら顔を上げた。
目の前にはケイタがいて、その股間に向けて、カエデは右足を振りあげた。

ボスン!

と音がして、ケイタは自分の股間に違和感を感じた。
ふと視線を下ろすと、カエデの右足のスニーカーが、自分の股間に深々と突き刺さっているのに気がつく。

「あ…」

そして次の瞬間には、鈍器で殴られたような痛みが股間から湧き上がってくるのを感じた。

「あ…か…」

カエデが右足を下ろすのと、ケイタが腰を引いて両手で股間をおさえるのが、ほぼ同時だった。
両脚のひざとひざを擦り合わせるように内股になり、両手で蹴られたばかりの金玉をかばうように覆い隠す。
しかし重苦しい波のような痛みはとどまることなく、むしろじわじわと体全体に広がっていくようだった。

「はあぁ…」

ケイタは前かがみになって、その場に立ち尽くした。
カエデはちょっとしゃがみこんで、ケイタをかわすようにして一歩前に出た。
驚いたのは、その様子を後ろで見ていたヒロフミとアキノブだった。

「お前、なにすんだよ!」

「てめえ!」

二人は一斉に立ち上がり、カエデに向かって行くそぶりを見せた。
しかしその時にはすでに、カエデは戦闘準備を終えていた。

「この野郎!」

先にカエデにつかみかかったのは、ヒロフミだった。
20センチは身長が低いカエデに対して、ヒロフミはまずその右手で頭を掴んで引き寄せようとした。
しかし、カエデは冷静だった。
さきほどしゃがみこんで手の中につかんでいた地面の砂を、思い切ってヒロフミの目のあたりに投げつけたのだ。

「うわっ!」

至近距離からの思わぬ目つぶしを、ヒロフミが防げるはずはなかった。
ヒロフミは思わず両手で顔を覆って、一歩、カエデから遠ざかるように足を広げて踏ん張ってしまった。視界を奪われた者として当然の反応だったが、それこそカエデの狙い通りだった。

「いくよー!」

カエデの目の前には、大股を広げたヒロフミの股間がある。
その脚の間には、男の最大の急所が無防備にぶら下がっているのだ。

「せえの!」

カエデはヒロフミに向かって一歩踏み込むと、掛け声と共にジャンプして、右のひざ蹴りをその股間に叩きこんだ。

ドスン!

という音がして、カエデのひざはヒロフミの制服の股間に勢いよく突き刺さった。
一瞬、ヒロフミの体が浮いたかと思うほどの、強烈な飛びひざ蹴りだった。

「はがっ!」

ヒロフミは目に入った砂の痛みも忘れて、反射的に股間を両手でおさえた。
最大の急所である金玉を蹴られた男として当然の反応だったが、それがその後に襲ってくる絶望的なまでの痛みに何の効果ももたらさないこともまた、男の宿命のようなものだった。

「あう…うぐぅ!」

ヒロフミはあっというまに地面にひざをつき、亀のように丸まってしまった。
顔色は真っ青になり、脂汗がにじみ出てきている。
最初は足をジタバタさせて痛みに耐えていたが、すぐにそれすらもできないくらい、強烈な痛みの波がヒロフミの全身を覆いつくしてしまった。

スポンサーサイト
[PR]


「あ…」

そんなヒロフミの様子を見て、アキノブはカエデに向かって行こうとするのをやめて、その場に立ちつくしてしまった。
男なら誰でも、金玉を蹴られた痛みなど、想像もしたくないものだった。しかもその痛みを与えた年下の女の子は目の前にいて、次は自分に狙いを定めている。

「ねえ、なに怖がってんの? 男の子でしょ?」

カエデは意地悪そうにほほ笑みながら、じりじりとアキノブに近づいていった。

「うわ…」

アキノブは混乱してしまった。
決して腕っぷしに自信がないわけではなく、むしろ同級生の中ではケンカが強い方だと自負していたのだが、それは暗黙のルールのある男同士での話だ。急所攻撃ありの女の子相手のケンカがこれほどリスクを伴うものだとは、想像もしていなかった。
自然と、アキノブの心は怯んでしまい、そしてそれを見透かしたように、カエデは作戦を実行する。

「あ! せんせー!」

アキノブと向かい合っていたカエデは突然、アキノブの後方に向かって手を振った。
アキノブは不意のことにハッとして、後ろを振り返ってしまう。

「え!」

当然、そこには誰もいない。
慌ててカエデの方に向き直ると、そこにはカエデの姿もなかった。

「よいしょ!」

小柄なカエデはいつの間にかアキノブの足元にしゃがみこんでおり、立ち上がりざま、ひざのばねを使ったアッパーカットをアキノブの股間に叩きつけたのだった。

ボン!

アキノブの二つの金玉は、カエデの小さな拳の上に乗り、恥骨に挟まれてグニャリと変形した。
アキノブはその瞬間、背筋に冷たいものを感じる。
カエデは拳にアキノブの金玉が乗った感触を感じると、勝利を確信したかのように立ち上がって、アキノブに背中を向けるのだった。

「う…あ…」

アキノブの混乱した頭にも、ようやく事態が分かりかけてきた直後、股間から強烈な痛みが湧きあがってきた。それは吐き気さえ催させ、アキノブは股間をおさえながら、横倒しに地面に倒れこんでしまった。

「さてと。アンタはさっき、ちょっとだけ手加減したんだよ。もう、大丈夫じゃない?」

二人の中学生男子をあっという間にノックアウトしたカエデは、まだ股間をおさえて内股になっているケイタに歩み寄ってきた。
確かに他の二人に比べれば、最初のケイタへの蹴りは手加減したものであったのかもしれない。無残に地面に転がっている仲間二人の苦しみ様を見て、ケイタ自身もそれを感じていた。
しかしそれが何を意味するのか、ケイタはまだ想像できなかったし、したくもなかった。

「アンタが泣くまで、いじめてあげるからね」

カエデはにっこりと笑ってそう言った。
先ほど蹴られた金玉の痛みも忘れるほどの恐怖がケイタを襲う。冷たい汗が全身から噴き出してくるのが分かった。
その時、傍らで様子を見ていたシンヤが、恐る恐る口を開いた。

「あの、カエデ…。もう、いいんじゃないかな…?」

カエデはとたんに笑顔を消して、シンヤを睨みつけた。

「なに? アタシはお兄ちゃんのためにやってあげてるんだけど。何か文句あるの?」

「いや…それはありがたいんだけど…。みんな、もう十分反省したと思うし…」

「ふうん。そうかなあ」

カエデは不満げな様子だった。
シンヤは金玉の痛みの分かる同じ男として、ケイタ達を助けようとしたつもりだったが、一方のケイタは、自分たちがいじめていた相手からの思わぬ施しに、プライドを傷つけられる思いだった。

「お、おい、中野! 誰が反省してるっていうんだよ! ちょっと不意打ちしたくらいで、調子乗ってんじゃねえぞ!」

ケイタは股間をおさえるのをやめて、シンヤとカエデに強がってみせた。
しかし金玉の痛みはそう簡単に引くはずもなく、内股で、腰の引けたその姿に、カエデは思わず失笑してしまった。

「ぷっ! だってさ、お兄ちゃん。反省してないよ、この人。もっといじめた方がいいんじゃない?」

「ケイタ君…。もういいから…」

おそらくカエデの金蹴りの痛みを誰よりも良く知っているであろうシンヤは、ケイタを制止しようとした。
しかしケイタはそれに聞く耳を持たない。

「うるせえ! お前! 勝負してやるよ。手加減しねえからな!」

ケイタはカエデに向かって威嚇し、立ち向かう姿勢を見せた。

「はーい。じゃあ、アタシも手加減しないね」

カエデは余裕の表情で、ケイタの方に向かってかまえた。
少し腰を落とし、いつでも蹴りが繰り出せる体勢をとる。それを見れば、カエデが何かしらの武道の経験があることは、明らかだった。

「な、なめんなよ! …く!」

勢いこんで踏み出そうとしたケイタだったが、足を動かすと想像以上の痛みが股間に走り、また前かがみになってしまった。
つい股間をおさえたくなったが、啖呵をきった手前、なんとかへそのあたりをおさえる程度でこらえた。
その様子をシンヤは痛々しそうに見ていたが、金玉の痛みの分からないカエデから見れば、滑稽という以外に言いようがなかった。

「あれ? どうしたのー? お腹痛いのー?」

カエデは笑いながら、白々しく声をかける。
ケイタは前かがみの状態で脂汗をかきながら、悔しそうにカエデを見上げた。

「ガンバ! 男の子でしょ? ファイト、ファイト!」

カエデはにこやかにケイタを応援してみせた。
ケイタは男の意地で体勢を立て直し、痛みをこらえながら、もはや破れかぶれになってカエデに突っ込んでいった。
しかしその突進には勢いがなく、振り上げた拳も、カエデにとってはなんなくかわせるスピードのものだった。

「はい、残念」

ケイタの攻撃をかわしたカエデは、その側面に回り込み、しなやかな回し蹴りをケイタの股間に叩きつけた。

「はうっ!」

その蹴りは先ほどとは違い、ケイタの金玉を正確にとらえるものではなかったが、すでに痛んでいるケイタの股間には、衝撃を与えるだけで十分だった。
ケイタはとたんにひざから力が抜けて、股間をおさえながら、その場にぺたりと座り込んでしまう。

「はわぁ…あ…」

再び襲ってきた強烈な鈍痛に、ケイタは思わず悲鳴をあげた。
歯を食いしばって天を仰ぐと、カエデが腰に手を当てて、ケイタを見下ろしていた。



「ねえ、まだやる?」

薄ら笑いするカエデに、ケイタは男のプライドを傷つけられた。
思い切って立とうとするが、足に力が入らず、動くたびに更なる痛みが股間を襲うのだった。

「く…あ…」

ケイタは小学生の女の子にいいようにあしらわれている自分の状況に、思わず涙が出そうになってしまったが、寸前でこらえた。
あるいはここで泣いてしまえば、カエデは満足したかもしれないが、それはケイタのプライドが許さなかった。

「ふうん。まだやるってことね」

カエデの顔から笑みが消えて、ケイタを見下ろす目が冷たいものに変わった。

パチーン!

と大きな音がして、カエデはケイタの横っつらに強烈なビンタをくらわせた。
ケイタは一瞬、何が起こったのかと思ったが、すぐに自分の頬から痺れるような痛みが広がって、カエデに頬を張られたのだと気がついた。

パチーン!

カエデは間髪いれず、今度は逆の頬にビンタをした。
今度は逆向きに、ケイタの顔が向く。

「ねえ、まだやる?」

カエデは冷たい目で問いかけた。
ケイタはそんなカエデの表情に恐怖を感じたが、ギブアップだけはしなかった。

「く…」

そしてカエデがまた右手を振りあげると、ケイタは慌てて顔面をガードするために、両腕を上げるのだった。
しかし…。

ドボッ!

予想に反して、カエデはケイタの股間に右足のつま先をねじ込むように突きいれた。

「がっ! うぅ…」

ケイタは再び、股間をおさえてうずくまってしまう。

「もー、男の子ってみんな一緒。単純だなー。金玉蹴れば他を守らなくなるし、顔を叩けば金玉が空くし。金玉がある限り、女の子には勝てないよ。諦めれば?」

カエデはあきれたような顔で、ケイタに語りかけた。
それはとても年上の男子に向けるような態度ではなく、年下の男の子に諭すような口調だった。

「く…誰が…お前なんかに…」

それでもケイタは強がりを捨てなかった。
ビンタの衝撃によるものか、すでにその目にはうっすらと涙がにじんでいたが、うずくまりながらもカエデを睨みつけていた。

「うーん。ねえ、お兄ちゃん、コイツの手をちょっとおさえててよ」

「え?」

「早く!」

突然声をかけられて、シンヤは驚いたが、有無を言わせぬカエデの口調に、慌てて動いた。
背後から、股間をおさえるケイタの両腕をとり、体を引き起こした。

「く…おい、中野! やめろ!」

ケイタは精一杯の抵抗をしたが、金玉の痛みの残る体には、力が入らなかった。なんなくシンヤによって両手を抑えつけられてしまう。

「元々はお兄ちゃんのケンカだもんね。ちょっとは協力してもらわなきゃ。さてと。まだ、降参しないの? ていうか、ちょっと泣いてる?」

カエデはケイタの目の前にしゃがみこみ、笑いながらケイタの顔を覗き込んだ。

「だ、誰が! お前らなんかに泣かされるもんかよ!」

「そっかあ。なら良かった。これから、泣かすんだもんね」

そう言うと、カエデはおもむろにケイタのズボンのベルトの間から右手を差し込んで、トランクス越しにケイタの金玉を鷲掴みにした。

「う!」

思わず、ケイタは声を上げる。
しかしまだカエデは、金玉を握る手に力を込めてはいなかった。

「あ、タマタマはお兄ちゃんのよりもちょっと大きいかなあ。でもチンチンは縮んじゃってるね」

「ちょ…あ…」

カエデはケイタの反応を楽しむように、手の中でケイタの金玉を転がした。

「へへー。アタシね、金玉をコロコロするのが好きなんだあ。いつも、お兄ちゃんので遊んでるの」

カエデは楽しそうな笑みを浮かべた。
一方のケイタは、引きつった表情でそれを見ている。
ケイタの背後に立つシンヤは、顔を背けて、見ないふりをしていた。

「でね、お兄ちゃんをいじめるときはこうするの。えい!」

掛け声と共に、カエデは右手につかんだケイタの金玉を握りしめた。
親指と人差し指で金玉袋の根元をおさえ、絞りあげるように二つの金玉を擦り合わせる。
よほど金玉の握り方に手慣れた方法だった。

「ぎゃあー!」

ケイタは絶叫した。
カエデの手の中でケイタの金玉は変形し、擦りあわされる度に激痛が走る。
電撃のような鈍痛という表現が、矛盾しているようだが一番ピタリと当てはまる痛みかもしれなかった。

「ぐうぅ!」

「どう? 痛いでしょ? まだ半分くらいしか力入れてないんだよ」

カエデは笑いながら、絶叫するケイタの顔を面白そうに眺めている。

「えーっとね。お兄ちゃんの最高記録は、5分くらいかなあ。ねえ、お兄ちゃん?」

カエデはニコニコしながら、ケイタの背後にいるシンヤに尋ねた。

「え? そ、そうかな…うん」

シンヤはケイタの叫び声を聞きたくないというような様子で、顔を歪めながら答えた。
その間にも、カエデはケイタの金玉を弄ぶようにゴロゴロと手の中で転がしている。

「ねえねえ、どうするの? まだやるの?」

「はうっ! うぅ…くそ…」

ケイタは涙目になりながら、必死に痛みに耐えている。

「クソ? クソってなに? アタシのこと? お兄ちゃん、この人、ホントバカだね。状況分かってないみたい」

「ケイタ君、もう…」

シンヤがケイタに忠告しようとした時、カエデの腕に渾身の力が入った。

「えーい!」

カエデはケイタの金玉を握りしめたまま、右腕を上に引き上げた。当然、ケイタの金玉袋は引っ張られて、今まで以上の痛みを受けることになる。

「ああぁぁぁぁ!!」

ケイタは体をのけぞらせて絶叫した。
引っ張られる金玉につられて、腰までが宙に浮いてしまう。

「や、やめてくれ! 降参! 降参するから!」

ケイタはついに涙を流しながらギブアップした。
シンヤはこの状況を見かねて、すでにケイタの両腕を解放してしまっていたのだが、そうしたところでケイタになす術はない。
もはやズボンの外まで飛び出しそうなくらいまで引っ張られている金玉からは、体の力のすべてを奪う痛みが発せられているのだ。

「はあ? 聞こえませーん」

カエデは耳に手を当てて、わざとらしく言った。
ケイタはここにきてようやく、自分がとんでもない間違いを犯してしまったことに気がついた。

「まったく! せっかく何度も聞いてあげたのに、降参しないんだもん。泣いたら許してあげようと思ってたけど、もう潰しちゃうから、アンタの金玉!」

カエデはそう言うと、右手で絞りあげ、熟した果実のように膨れ上がっているケイタの金玉を、今度は左手で鷲掴みにした。

「必殺! 両手握りー!」

冷酷に、しかしどこか子供らしいあどけなさで、カエデはケイタの金玉を握りしめた。
右手で絞りあげるだけでも相当な痛みだったところに、左の力も加わって、ケイタの金玉は文字通り潰れそうなほど変形していた。

「あぎゃあぁぁぁ!! やめろ! やめろって!!」

ケイタは前後もなく絶叫した。

「んー? やめろ?」

カエデはさらに手に力をこめる。

「ぎゃあぁぁぁ! やめて! やめてください!」

「やっと敬語になってきたね。やめてほしいんだ? なにを?」

意地悪そうにカエデが尋ねる。

「離して! 離してくれえ!」

「離してって、コレ? このタマタマ?」

カエデは笑いながら、ぐりぐりと揉みしだくように金玉を握る。

「はいぃ! そうです! 離してくれ。頼む!」

「んー。どうしよっかなあ。アタシは潰してやるつもりだったんだけど。お兄ちゃん、どう思う?」

シンヤは絶叫するケイタから目を背けていたが、カエデに尋ねられて、力なくうなずいた。

「も、もういいよ。離してあげれば…」

「そう? お兄ちゃんがそう言うなら、いいけど。ねえ、ウチのお兄ちゃんが許してあげるって。お礼は?」

カエデは金玉を握り続けた左手を離してやり、ケイタに言った。
ケイタは涙と鼻水で顔をぐしゃぐしゃにしながら、シンヤの方を目だけで向く。

「は…はい…。ありがとう…」

「違うの。お礼を言うときは、ありがとうございます、でしょ?」

カエデは左手でケイタの金玉をピシャリとはたいた。
つながれた風船のように、ケイタの金玉が揺れた。
 
「あぐっ! あ、ありがとうございます…」

ケイタは泣きながら、絞り出すように言った。

「あ、あと、お兄ちゃんのお小遣いは? やっぱり、返してもらわなきゃ」

「あ…それは…使っちゃって…」

ケイタは蚊の鳴くような声でつぶやいた。なんとか誤魔化したかったが、この状況では適当な言い訳も思い浮かばない。
それを聞いたカエデは無言のまま、ケイタの金玉を往復ビンタした。

「あぎゃっ! うっ!」

金玉を叩かれるたびに、ケイタは情けない悲鳴をあげる。

「じゃあ明日、学校でお兄ちゃんに返してよ。利子がつくから、2000円ね。わかった?」

「はいぃ! 返します。持ってきますから…」

ケイタはもはや抵抗するすべての気力を失っているようだった。
満足したカエデは、ようやくケイタの金玉を解放してやる。
ケイタはすぐさま亀のように丸くなって、これ以上金玉を痛めつけられないように、しっかりと両手で覆った。

「ああ…うう…」

しかし金玉の痛みはそう簡単におさまるものではなく、掴まれているよりはマシとはいえ、まだまだ地獄の苦しみの時間を、ケイタは過ごさなくてはならなかった。

「よおし! これにて一件落着、だね? お兄ちゃん?」

「う、うん…」

嬉々とした表情のカエデとは対照的に、シンヤは沈痛な面持ちだった。
ケイタたちが金玉を痛めつけられるのを見ていると、自分の股間にも痛みが走るような錯覚を、シンヤは感じていたのだ。
自然と、その手は股間のあたりをおさえるような形になっていた。

「アンタ達、もうウチのお兄ちゃんをいじめたらダメだよ。あとお金、ちゃんと持ってきなさいよ!」

地面に額を擦りつけてうずくまるケイタに、カエデは言った。
ケイタはもう顔を上げることもできなかったが、うつむいたまま、必死にうなずいていた。

「じゃあ、帰ろ。お兄ちゃん」

「うん…」

カエデはさっぱりとした顔で笑い、苦しみに呻いている三人を尻目に、公園を後にした。
その後ろから、シンヤがおどおどとした様子で、ついていくのだった。

「あのね、さっき思いついた握り方があるんだけどさ。できなかったなー。お兄ちゃん、帰ったら試してみていい?」

「え? いや…あの…」

「大丈夫。手加減するから。ね? いいでしょ?」

「う、うん…」

家に向かうシンヤの足取りは、重たいものだった。


終わり。


// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク