FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


ドッジボールといえば、子供の大好きな遊びの一つである。
ルールは単純明快。ボールをぶつけられた人は外野に下がり、先に内野から人がいなくなった方が負けである。
その際、外野の人間が敵の内野にボールをぶつければ、一度だけ自分の内野に戻ることができるのだが、3年2組のドッジボールでは、少々事情が違っていた。
このドッジボールでは、男子がボールに当たって外野にいった場合、ほとんど内野に戻ることは不可能だったのだ。
その理由とは…

「シンイチ! 女子を狙え、女子を!」

体育の時間。今日の授業は、男女が入り混じったドッジボールだった。
コウタが、ボールを持った仲間のシンイチに叫んだ。
言われなくても、シンイチを始めとする男子全員が、真っ先に女子を狙うつもりだった。
しかも、できるだけ女子の恨みを買わないように、当たっても痛くないように、緩やかなボールで、慎重に狙わなければいけない。

「えい!」

シンイチは相手チームの女子、ミキを狙ってボールを投げた。

「きゃあ!」

するとまずいことに、シンイチの投げたボールは、ミキの頭に当たり、ミキは悲鳴を上げて倒れてしまった。

「あ! ヤバイ!」

思わず、シンイチは青ざめた。

「ノーカウント!」

審判役をしていた女性教師が、宣言した。
小学生のドッジボールでは、首から上にボールが当たっても、セーフになるルールがほとんどだったのだ。

「いったーい! よくもやったわね!」

しかしシンイチが青ざめたのは、ミキがセーフだったからではなく、頭に当ててしまったことで、ミキの怒りを買ってしまったことだった。

「覚悟しなさい、シンイチ君!」

ミキは転がっていたボールを拾うと、シンイチめがけて走っていった。
その狙いは、シンイチの股間にある。

「えい!」

「うわっ!」

ミキが声を上げると、思わずシンイチはその場で飛びあがって、ボールをよけようとした。
しかし、ミキはボールを投げておらず、フェイントを仕掛けていたのだ。

「いただき!」

シンイチが大きく足を広げて着地したところを、ミキは狙いすましてボールを投げた。
ズドン!
と、ミキが投げたドッジボールはシンイチの股間に見事命中し、シンイチの金玉を押し潰した。

「あぐっ!」

シンイチは股間をおさえて、その場に座り込んでしまった。
他のところに当たれば何でもない、女子の投げたボールだが、金玉に当たれば別である。
重苦しい痛みがシンイチの下腹部に広がり、立ち上がることもできない。

「アウト! シンイチ君、早く外野にいきなさい」

女性教師は宣言し、無情にもシンイチに動くことを促した。

「あ…は、はい…」

シンイチは涙目になりながら、なんとかうなずく。
それを見たシンイチと同チームのカエデが、女性教師に言ってやった。

「先生、ダメだよ、シンイチ君はタマタマに当たっちゃったから、しばらく立てないと思うよ」

「え? そうなの? 大丈夫、シンイチ君?」

「はい…なんとか…」

シンイチは中腰になりながら外野に出て、そのままうずくまってしまった。

「くっそー! 金玉狙いやがって。反則だろ! ノーカウントだぞ!」

コウタが悔しそうに怒鳴った。
しかし、ボールを見事に股間に当てたミキは、まったく気にしていない様子だった。

「なんでー? 頭はノーカウントだけど、金玉は別に反則じゃないでしょ? ねー、先生?」

ミキが尋ねると、女性教師は少し戸惑ったような顔をした。

「え? そうねえ。別に…。ちょっと痛いんだろうけど、危険というわけでもないだろうし…」

男子達にとっては、顔面にボールが直撃するよりも、金玉をかすめる方がよっぽど危険なことだったのだが、女性教師にそれが分かるはずもなく、あっさりと股間狙いを認めてしまった。

「ほうらね。さあ、そっちのボールでしょ。続けましょう!」

ミキが言うと、コウタのチームのサユリが、ボールを拾った。

「よーし。じゃあ、こっちもお返しに、男子を狙っちゃおー」

サユリは敵チームのリョウヘイに狙いをつけると、その股間めがけてボールを投げた。

「うわっ!」

サユリのボールは、リョウヘイの足元でワンバウンドする、低く外れたボールだったが、リョウヘイは金玉の恐怖から、思わず大きくジャンプしてよけてしまう。

「もらったー!」

リョウヘイが避けたボールを、外野のケイコが拾った。
ケイコはリョウヘイの体勢が崩れているのを見て、間髪いれずにボールを投げる。当然、股間めがけてである。

「ぐへっ!」

ケイコのボールは見事にリョウヘイの股間に当たり、その金玉を押し潰した。

「うぐぐぐ…」

リョウヘイもまた、その場に座り込んでしまった。

「アウト! リョウヘイ君、外野に行って」

女性教師が指示をする。

「は、はいぃ…」

リョウヘイは痛む金玉をおさえながら、よろよろと外野に出て、そこでうずくまった。
こんな調子で、女子は男子の股間を狙い、次々と外野でうずくまる男子が増えていった。
金玉にボールを当てられた男子は、しばらく立ち上がることもできず、かろうじて立てたとしても、ボールを投げることなどとてもできなかった。
結局、内野に残っているのは女子ばかりになってしまうのが、3年2組のドッジボールだった。

「もう。男の子たちはだらしないわね。しょうがない。気分が悪いなら、保健室に行きなさい」

状況を見かねた女性教師が、特にひどい痛みにうめいている2,3人の男子を連れて、保健室に行くことにした。

「先生は一緒に行ってくるから、ちょっとの間、みんなでやっててね」

女性教師は運動場を離れていった。
これを好機と見たのは、女の子たちであった。
すでにほとんどの男子は外野に下がり、内野にいるのは女の子ばかりになっている。
ただ一人残っていたのは、クラスの男子のリーダー的存在のコウタだった。

「ていうかさ、もう男子で残ってるのって、コウタだけなんだね」

コウタは敵チームのミキにそう言われて、ギクッとした。

「コウタが抜ければ、女子の数は一緒じゃない? そしたら、また一からスタートできるじゃん」

ミキと同チームのサユリが言うと、コウタの味方であるカエデまでもがうなずいた。

「あ、そうだね。じゃあ、コウタには抜けてもらおっか。邪魔だから」

「え? ぬ、抜けるって…」

コウタは思わぬ展開に戸惑いを隠せない。

「じゃあ、アタシが当てるね。ちょっと押えてて」

コウタの敵チームのケイコがボールを持つと、味方であるはずのカエデや他の女の子がコウタを取り囲み、手足をがっしりと掴んでしまった。

「お、おい! なんだよ、お前ら! 味方だろ!」

コウタは必死にもがくが、大勢の女の子たちにおさえられては、振りほどけなかった。

「うーん。味方だけどさあ。はっきり言って、男子って邪魔なんだよね。金玉に当てたら、すぐ動けなくなるし」

「そうそう。どうせなら、早いとこ外野に行ってほしいよね。その方が女子だけで楽しく勝負できるからさ」

コウタの味方であるはずの女子たちは、それ以前に男子の敵のようだった。
今やコウタの足は大きく開かれて、男子最大の急所は無防備な状態で、女子たちの前に晒されている。

「や、やめろ! やめてくれよ!」

コウタは泣きださんばかりに悲痛な叫び声を上げた。

「コウタ、この間はよくも、アタシの頭に当ててくれたわね。顔に傷でもついたら、どうしてくれんのよ!」

ケイコがボールを持った理由は、そこにあるらしかった。
コウタは前回のドッジボールの時に、ケイコの頭に当ててしまっていたのだ。

「あ! あれは…手が滑って…。わざとじゃねえよ! 謝っただろ!」

「ふーん。じゃあ、アタシも手が滑って、アンタの金玉に当てちゃっても許してね。ちゃんと謝ってあげるから」

ケイコは小学生らしい、意地悪そうなほほ笑みを浮かべた。
そして思い切り振りかぶって、ボールを地面に叩きつけた。

ボスン!

と、ボールは地面にワンバウンドし、コウタの股間に下から突き刺さるようにして当たった。

「うぐうっ!」

コウタは自分の金玉に、ミチミチと音を立ててボールがぶつかってくるのを感じ、喉の奥からカエルのような悲鳴を上げた。
すぐにでも金玉をおさえて倒れ込みたかったが、両手足は相変わらず女の子たちがしっかりと握っている。

「あれ? 今の、ワンバンじゃない? コウタ、セーフだよ」

カエデが無邪気にそう言ったが、コウタの耳にその言葉は聞こえなかった。
ただ、途方もなく大きな痛みの波に、全身を震わせることしかできない。

「あ、そっかあ。ゴメンゴメン。じゃあ、もういっぱーつ!」

ケイコはコウタの前に転がっていたボールを拾うと、再び振りかぶって、今度は直接、コウタの金玉をめがけて投げた。

「ぎゃうん!」

コウタの金玉は、再びボールと恥骨の間で押し潰された。

「はい、コウタ君アウトー! このまま、外野に行くでしょ?」

ぽっかりと口を開けて、目もうつろな状態のコウタを、カエデたちは外野まで運んで行き、そこで投げ捨てるようにして解放してやった。
コウタは無言のまま、両手で金玉をおさえて、顔面を地面にこすりつけるようにしてうずくまってしまった。

「もー。ボールが当たったくらいで、情けないなー。でも、タマタマにタマが当たるって、なんか面白いね」

カエデたちは他愛もなく笑いながら、内野に戻っていった。

「よおし! じゃあ、女子だけで始めよっか、ドッジボール」

「そうだね。ここからがホントの勝負だよ!」

男子達がいなくなったコートで、女子達は楽しそうに、ドッジボールに興じていた。




終わり。



スポンサーサイト
[PR]

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク