FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。

木村ハルカは、教育実習生として一か月間、母校の中学に行くことになった。
専門は数学で、教師になることを夢見ていたハルカは、希望に胸を膨らませながら学校を訪れ、すでに2週間、過不足なく実習を続けることができていた。

一つ問題があるとすれば、ハルカは3年のクラスを担当していたのだが、男子生徒の中に何人かの問題児がいて、ときに授業をサボったり、学校に来なかったりしていたことだった。彼らは不良というほど荒っぽくはなかったが、金髪にしたり、制服を着崩したりして、明らかに他の生徒とは毛色が違っていた。

しかしその問題はもちろん、実習生のハルカがどうにかしなければいけないものではない。心残りはあったが、ハルカは当面、自分の課題に集中することにしていた。

「さようなら。気を付けてね」

放課後、日も傾きかけたころにハルカのクラスのホームルームが終わった。しかしハルカの仕事は、むしろこれからであった。

自分が今日行った授業の反省、見学した授業のレポート、明日の授業の準備、担任の先生から任されている、生徒との交流日誌のチェック。
それらを毎日こなしながら、実習全体のレポートの準備も進めていかなくてはいけない。まさに休む暇もなく、ハルカはいつも夜遅くまで学校に残り、作業をしていた。

「あ、もうこんな時間か。そろそろ帰らないとな」

この日もいつの間にか、時計は9時を回っていた。
ハルカは実家から自転車で通っているので、つい時間を忘れて作業に没頭してしまう。
すでに職員室に人影はなく、学校にも恐らく誰も残っていないだろう。
しかし、それもいつものことだったので、ハルカは心地よい疲れを感じながら、ゆっくりと帰る準備を始めたのだった。

「よし、と」

預かっている鍵で職員室のドアを閉めると、ハルカは玄関に向かって歩き出した。
やはり学校には誰も残っていないようで、窓から入る月明かりと非常口を示す緑色のライトだけが、足元を照らしていた。

「え!」

廊下を歩いていると、不意に誰もいないはずの教室から手が伸びて、ハルカの腕を掴んだ。
ハルカは突然のことにパニックになってしまうが、謎の手は容赦なく、ハルカを教室に引きずり込もうとする。一体、誰がこんなことをするのか、教室の中は暗くて、ハルカの目にはよく見えない。

「ちょっと、やめて!」

必死に抵抗するが、ハルカは徐々に教室に引き込まれそうになっていった。
すると今度は背後から、覆いかぶさるように抱きつく者が現れた。

「きゃあ!」

ハルカは更なる恐怖に、ますますパニックになってしまった。
後ろから抱きついた者はハルカを羽交い絞めにしようとし、なおかつハルカのシャツの下にある豊満な胸を、揉みし抱くような動きを見せた。

しかしこれが逆に、ハルカの意識を現実に引き戻すこととなった。
ハルカは小柄で、比較的大きな胸以外は華奢な体つきをしていたが、実は大学では空手部に所属し、その流派で段もとっているほどの実力者だった。
おとなしめでコケティッシュな顔立ちをしていたハルカは、中学・高校の時代からよく痴漢に会い、なおかつそれを得意の空手で、ことごとく撃退してきたのである。

今、突然得体のしれないものに襲われた恐怖でパニックになってしまっていたが、胸を触ってくる痴漢となれば、反撃するのに躊躇などない。

「この!」

ハルカはまず、掴まれている右腕はそのままに、後ろで羽交い絞めにしている男の金的を、踵で蹴りあげた。
背後のことなので、慣れているハルカといえども蹴りは浅い。しかし、男の羽交い絞めを解くには十分な打撃だった。

「アンタも、痴漢の仲間でしょ!」

ハルカは気合とともに掴まれた右腕を引きつけると、教室の中から、人影が引きずり出された。
ハルカは容赦なく、その男の金的に得意の前蹴りを入れる。

バシン!

乾いた音がして、男の金玉はハルカの足に押しつぶされた。
ぐえっと、うめき声をあげて、男はハルカの右手を放し、前のめりに倒れる。

「アンタもよ!」

間髪いれず、ハルカは振り向いて、先ほどまで自分を羽交い絞めにしていた男の肩を掴み、股間をおさえる男の両手の上から、強烈なひざ蹴りを叩き込んだ。
こちらも短いうめき声をあげて、倒れこんでしまった。

「ふう」

痴漢二人を無力化したとみると、ハルカは一息ついて、一歩下がった。
金玉を蹴られ、男の痛みに脂汗を流して苦しんでいる連中を改めて見下ろすと、なんとその連中は、この中学の制服を着た、男子生徒たちだった。

「え? アナタたち、何なの?」

ハルカは驚いて、廊下を這いつくばる生徒たちの顔を覗きこむと、それはハルカのクラスにいる問題児グループの二人だった。



スポンサーサイト
[PR]


「どうしてこんなことをしたの? どういうつもりなの?」

ハルカの中で驚きと怒りが入り混じり、思考の整理がつかなかった。
そのせいで、背後に潜むもう一つの人影に気がつくのも、一瞬、遅れてしまう。

「あ!」

背後からの人影は、ハルカの背中に、強烈なタックルを浴びせた。
ハルカは油断していたこともあり、受け身を取ることもできず、廊下に叩きつけられてしまう。
かろうじて仰向けになって起きあがろうとするが、そこにさらに馬乗りになったのは、クラスで一番の問題児、矢島ケンジだった。

「先生、すげえなあ。あっという間に二人を倒しちまった」

「アナタ、矢島くん…?」

自分の腹の上に馬乗りになった生徒の顔を、ハルカは下から見上げた。
この2週間の間に数回しか矢島の顔を見たことがなかったが、その特徴的な金髪の頭は、印象に残っていた。
先ほどハルカが金的蹴りで仕留めた2人も、いわば矢島の取り巻きで、3人はいつも連れだって、何かと問題を起こしている。

「アナタ、何をしてるか、わかってるの!」

ハルカはすぐにでも立ちあがって反撃したかったが、先ほど廊下に叩きつけられた衝撃で体全体が痛み、まだ呼吸もまともにできなかった。

「へへっ。先生が悪いんだよ。そーんなエロい体してっからさあ。ケツのラインがたまんねえよなあ。胸だって、こんなにデカイしよ」

ハルカは苦しみながらも、生徒が自分の体をそんな目で見ていたことに大きなショックを受けた。
自分が授業を教えている、子供だと思っていた中学生の口から、こんなむき出しの性欲の告白を聞くとは、思ってもみなかったのだ。
同時に、矢島の右手に大きなカッターナイフが握られているのを発見して、血の気が引いた。
今から、この生徒は何をしようというのか。体の痛みは徐々に回復してきたが、しばらく大人しくするのが賢明だと、ハルカは悟った。
そんなハルカの視線に、矢島は気がついた。

「あ、そうそう。俺、こんなもん持ってるからさあ。あんまり、さっきみたいに暴れない方がいいよ。俺、キレるとなにするかわかんねえからさ」

中学生らしい陳腐な脅し文句だが、今はそれが逆に恐怖だった。
ハルカは目だけは矢島をしっかりと睨んだまま、恭順の態度を示す。
やがて必ずくる反撃のチャンスを生かすために、今はじっとしておくことを選んだのだ。

「近くで見ると、やっぱりすげえオッパイだな。フオォ!」

矢島は突然、ハルカの胸の谷間に顔をうずめて、奇声を上げた。
ハルカは驚いたが、あまりの恥ずかしさに声も出ない。
矢島はさらに顔を上げると、激しくハルカの胸を揉み始め、ハルカのシャツははだけて、ブラジャーが見えてしまう。

「柔らけえ。やっぱり、中学のガキとは違うなあ。先生、俺、たまんねえよ」

ひとしきりハルカの胸の感触を確かめると、矢島はハルカのシャツのボタンを、無理やり引きちぎった。
シャツの下から、白い肌と青いブラジャーに包まれた柔らかそうな乳房が現れる。
矢島の股間が激しく膨張していく様子が、下敷きになっているハルカの腹部にも伝わった。

「うおお! すげえ! 先生、やっぱりエロいなあ。こんなオッパイして授業されたんじゃ、男子のチンポはみんなビンビンになっちまうぜ」

屈辱的な言葉をかけられて、ハルカの怒りはいまや頂点に達していた。
イチかバチか、反撃に出ようとした。
その時、

「おい、田中! 中島! お前ら、まだ痛えのかよ。こっちこいよ。ビデオ撮ってくれ」

矢島は興奮しすぎて、油断した。
背後でまだ苦しんでいる仲間二人に、声をかけたのだ。
二人はそろそろ金的の痛みもおさまってきたところで、ぜひともハルカの胸を拝みたいと思い、ようやく立ち上がろうとした、そのときだった。

「うああ!」

矢島が急に、叫び声をあげた。

「は、放せ! 放せよ!」

馬乗りになった矢島の金玉を、ハルカが握りしめたのだ。
もちろんカッターナイフを持つ矢島の右手をも、ハルカはしっかりと掴んで動かないようにしている。

「放すわけないでしょ、このエロガキ!」

ハルカは空手で鍛えた握力をフルに発揮して、矢島の金玉を二つとも、しっかりと掌の中に握りしめている。
勃起していた矢島のペニスはあっという間に縮みあがり、やがて右手に持っていたカッターナイフも、力なく廊下に落としてしまった。

「は…は…放して…」

矢島は金玉を握るハルカの右手首を両手でつかむが、力が入らず、どうにもできない。
ハルカは手を緩めることなく、さらに矢島の二つの金玉を、ゴリゴリとすり合わせるように手の中で転がしていた。

「あひい!」

金玉をこすり合わせるたびに、矢島は情けない叫び声を上げる。
ハルカは完全に力の抜けた矢島の体を押しのけて、立ちあがった。
もちろん、金玉を握る手は放さないから、矢島はひざをガクガク震わせながら立っているしかなかった。




「アンタね、自分が何したか、分かってるの? これは立派な犯罪よ。イタズラじゃすまないのよ」

「は、はいぃ…」

「ホントに分かってるの!」

矢島は痛みで返事をするどころではないのだが、そんな矢島の態度にハルカは苛立ち、つい、金玉を握る手に力を込めてしまった。

「あうぅ!」

矢島は情けない声をあげる。
そんな矢島の姿とハルカの迫力に押されて、田中と中島は、まったく動けなかった。

「ここが痛いんでしょ? 放してほしいの?」

ハルカは矢島の金玉を、コロコロと転がしてみせる。
すでに相当な圧迫を受けて痛めつけられた矢島の金玉には、軽く触るだけでも激痛が走る。
ましてこんな風に手の中で転がされると、下半身から力が抜けて、呼吸さえ思うようにならなくなってくるのだ。

「はい。はい!」

矢島はかすれるような声で、必死にうなずいた。
いつの間にか、矢島はハルカの肩にしがみつくように寄りかかっていた。すでに矢島の足に力は入らず、しがみついていなければ、ひざから崩れ落ちてしまう。そうなれば、捻りあげられている金玉で自分の体重を支えなければいけなくなるだろう。
まだハルカのシャツは破けたままで、ブラジャーからこぼれ落ちそうな乳房が目の前に迫っているのだが、そんなものを眺めている余裕など、まったくなかった。

「そうね。ま、いいでしょう」

ハルカは意外にも、すんなりと矢島の金玉から手を放した。
しかし、矢島が痛みから解放されたのは、ほんの一瞬のことだった。

ドスッ!!

と、ハルカの強烈なひざ蹴りが、矢島の股間に突き刺さったのである。

「これでしっかり反省しなさい!」

「うええ!」

矢島はこみ上げてくる強烈な痛みに、背筋に寒いものすら感じた。
汗が一瞬にして冷たくなり、下腹の方から、吐き気と痛みが同時に押し寄せてくる。もはや立っていることなど不可能で、矢島は股間をおさえて海老のように背中を丸め、激しく痙攣ながら、廊下をゴロゴロと転がり続けた。
えづくように嗚咽しながら、胃液の混じった吐しゃ物を撒き散らしている。

そんな矢島の姿に、田中と中島は、今まで続いていた先ほどの金的蹴りの痛みも忘れるほどの恐怖を感じた。

「あらら。キレイに入っちゃったかな。痛そうね」

ハルカは暴れる矢島の姿を見ながら、落ち着いた様子で衣服を直し、先ほど矢島が落としたカッターナイフを拾い上げた。

「アナタ達!」

ハルカはまだ座り込んでいる田中と中島に厳しい調子で声をかけた。

「どういうことなのか、説明しなさい」

「あ…あの、矢島が…誘ってきたんです。先生を…その…」

「襲ってやろうって?」

「は、はい」

田中はハルカの迫力に押され、ためらいながらもうなずいた。

「矢島が、最初に言ったんです! 俺たちは…ただ、ついてきただけで…」

中島は必死に弁解する。
ハルカはそれを聞いて、無言で中島の方を睨んだ。

「…アナタ、中島君だっけ?」

「は、はい」

「ちょっと、背筋を伸ばして、ちゃんとしなさい」

「はい」

中島は何のことか分からなかったが、ハルカに逆らうことへの恐怖を感じ、まだ金玉に痛みは残っていたが、それをこらえて、正座したまま背筋を伸ばした。
ハルカは中島の前に立ち、厳しい表情で見下ろしている。

ドスッ!!

突然、ハルカは座ったままの中島の股間に、つま先をめり込ませた。

「ぐえ!」

「人のせいにしないの! アンタも私の胸を触ったでしょ! 男なら、自分の罪を認めなさい!」

「は、はいぃ」

中島は再び、股間をおさえて丸くなった。

「アナタもよ! 三人同罪なの。ちゃんと分かってるの!」

ハルカは田中の方を睨みつけて言った。
田中は電撃に打たれたように、激しく反応して、うなずいた。

「はい! はい!」

「そう。じゃあ、アナタも立って。もうちょっとお仕置きをしないといけないから」

田中の顔から、一気に血の気が引いていった。




「さあ、早く! 三人同罪なんだから、三人とも同じくらい痛くしないと、不公平でしょ」

恐ろしいことを口走るハルカに、田中はむしろ呆気にとられてしまった。

田中の隣には、先ほどのひざ蹴りで、もはや意識も朦朧としている矢島が、真っ白な顔をして金魚のように口をパクパクとさせている。
それがどれほどの痛みだったのか、想像したくもなかった。まして、その痛みを絶対に理解することのないハルカが、自分にもそれを与えようとしていることなど、認めたくない。

田中の目から、涙がポロポロとこぼれ落ちた。

「すいませんでした。許して下さい。もうやめてください」

田中は額を廊下にこすりつけて、懇願した。

「…反省してるの?」

「はい! 反省してます。してますから…」

「そう。それでいいのよ」

ハルカの言葉が聞こえると、田中はハッとした表情で、顔を上げた。

「じゃあ、ちょっと手伝って。この子を起こしてあげて」

ハルカは先ほどの蹴りの痛みに震えている中島を指差した。

「え?」

「この子を起こしてあげてってば! 立たせるのよ」

「は、はい!」

田中はわけも分からず、急いで立ちあがり、背中を丸める中島を無理やり引き起こした。

「そう。それで、足を開かせて。蹴りにくいから。アナタ、田中君? アナタは後ろに回りなさい」

田中はとりあえず、ハルカの言う通りに動いてみたが、一抹の不安が頭から離れない。
田中は脇を抱えて引き起こしている中島の足の間に、自分の両足を入れて、開かせた。二人が前後に重なって、ハルカの前に立つ形になる。

「うん、それでいいわ。二人とも同じように蹴るのって、難しそうだから。一気にやっちゃうわね」

田中の不安が的中した。
それを聞いた中島も、慌てて股間を手で押さえて、必死に首を振る。

「せ、先生、許してもらえるんじゃ…」

「え? アナタ、反省してるんでしょ? 反省したら、罰を受けないといけないのよ。当然でしょ」

「でも、あの…」

「もう、うるさい! アナタも手をどけなさい!」

中島はハルカの気迫に押されて、股間を守る両手をダラリと下げた。
田中ももはや諦めて、涙ぐんだ表情になっている。

「大丈夫よ。彼より痛くはしないから。たぶんね」

ハルカは重なって立つ二人の男子生徒の前で、タイトスカートの裾を自らまくり上げると、腰を落とし、右足を引いて、前蹴りの構えをとった。

「行くわよ。せいっ!」

気合のこもった掛け声とともに、ハルカは空手の有段者らしい、見事な前蹴りを二人の股間に放った。
ストッキングに包まれた細い脚は、キレイな弧を描いて、鞭のようなしなりを見せる。

バシィ!!

乾いたキレイな音がして、ハルカの足の甲は後ろの田中の金玉を跳ねあげ、すねの部分は中島の金玉にぐしゃりとめりこんだ。

「ぐがっ!」

二人は同時に、折り重なるようにして倒れた。
もう声を上げる力もなく、ピクピクと痙攣して、廊下に顔面を押し付けている。

「うん。このくらいか。どう? キレイに入ったでしょ?」

ハルカは満足そうに尋ねるが、当然、二人は返事をするどころではない。

「ん? どうなの? もう一回やっとく?」

そう言うと、田中と中島はすぐさま顔を上げて、鼻水と涙で顔をぐしゃぐしゃにしながら、首を横に振った。

「ウソ。冗談よ」

ハルカは無邪気そうに笑った。

「まあ、アナタ達も反省してるようだし、このことは秘密にしておいてあげる。そのかわり、明日からちゃんと授業に出るのよ。サボったりしたら、またお仕置きするからね」

そういうと、ハルカは服を整えて、玄関に向かって歩き出した。

「いつまでも寝転がってないで、早く帰りなさい。ご両親が心配するわよ。じゃあね」

矢島達三人が、その後、真面目に学校に来るようになった理由は、誰にも分からなかった。

終わり。



// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク