FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。

とある小さな町の拳法道場。実践的な武道が学べると評判の道場で、小中学生を中心に、数十人の生徒が週二回、稽古に励んでいた。
一つ問題があるとすれば、それは女の子の生徒が、小学4年生のマユ一人しかいなかったことだろう。
マユは熱心に稽古に通ってきていたが、ややおとなしめの性格で、男の子ばかりの道場では、遠慮しがちなところがあった。

「よし。みんな、ちょっと集まれ」

稽古が始まって間もなく、師範が生徒たちを集めた。
今日の稽古には、小学校高学年を中心に、十数人の男の子たちが来ている。
マユも、いつもどおり稽古に来ていた。

「今日からこの道場に、新しい仲間が加わることになった。ウチでは貴重な、女子の生徒だ。さあ、自己紹介しなさい」

「はい」

師範にうながされて、隣にいた道着姿の女の子があいさつをした。

「橘サヤカ、小学5年生です。よろしくお願いします」

「お願いします」

生徒たち全員が声をそろえた。
サヤカは5年生にしては背が高く、長めの髪を後ろで結んだ、かわいらしい女の子だった。
よく焼けた肌と大きな目が、活発で少しヤンチャそうな印象を男の子たちに与えた。

「サヤカは前にいた町で、先生の同級生の道場に通っていたんだ。頑張り屋で、上手らしいからな。お前たちも、負けないようにしろよ」

「はい!」

「じゃあ、サヤカは、マユの隣でやりなさい。あの子だ」

「はい」

サヤカは師範の言うとおりに、マユの隣に並んだ。
マユは初めての女の子の生徒の入門に、緊張しながらも目を輝かせて歓迎した。

「では、基本練習、はじめ」

「はい!」

生徒たちは再び道場に散り、基本の稽古が開始された。
師範の号令のもとに、突き、蹴りなど、整然と、しかし気合十分に行われていく。

「やあ! やあ!」

サヤカは師範の言うとおり、なかなか鋭い動きをしていた。
マユや近くにいる男の子たちも、サヤカの動きを横目で観察し、その動きに密かに感心していた。

「えい! えい!」

そんなサヤカを、後ろから面白くなさそうに見ていたのは、中学1年のショウタである。
ショウタは道場に通って4年ほどになるが、同年代では一番の使い手で、本人もそれを自負していた。
ただ欠点は、少々気が荒く乱暴者で、ガキ大将的な気質があるところだった。
組手の際は、体格や技術で押していても、冷静さを欠き、不用意な攻撃をしかけてカウンターをもらってしまうことも多々あった。

「ショウタ、どこ見てるんだ。集中しろ」

師範の拳骨が、ショウタの頭を打つ。

「ってぇ。はい」

師範からこんな注意を受けるのも、いつものことだった。

やがて基本の稽古が終わり、組手をすることになった。
この道場では、防具とグローブをつけた、寸止めなしの組手をすることを指導している。
ルールは組手をする人間によって師範が決めるが、基本的には顔面、金的ありの3本勝負。
防具をつけているとはいえ、危険なので、師範の判断で勝敗を決めることもあった。

「それまで」 

何組かの組手が終わり、師範が次の組み合わせを選ぼうとした。
組み合わせは、できるだけ実力や体格の近い者同士が当たるようにしている。

「次は、いきなりだが、サヤカ、やってみるか?」

「はい。やります」

サヤカは指名を受けて、むしろ意気揚々と立ち上がった。
その快活な姿に、ショウタは少し苛立ちを感じる。自分の道場で、新入りが目立つのが気に入らないのである。

「よし。じゃあ、相手は…」

「俺、やります。やらせてください」

ショウタは言うと同時に立ち上がり、師範の返事を待たず、防具の面をつけ始めた。

「ん? まあ、いいか。ショウタ、やってみろ」

師範もそれに押されて、ショウタを指名することになった。
道場の中央にサヤカとショウタが向かい合い、お互いに礼をする。

「お願いします」

意気込むショウタとは対照的に、サヤカは嬉々として、組手を楽しむ姿勢で臨んだ。

「はじめ!」

合図とともに、二人は構え、距離を取った。
サヤカは軽いフットワークで、リラックスしているが、ショウタは鼻息を荒くしていた。
新入りに自分の強さを見せつけることで、今後の道場での上下関係をハッキリさせておこうという腹である。
女の子との組手自体、ほとんどやったことがないため、手加減しようという発想はショウタにはなかった。





スポンサーサイト
[PR]

「えい!」

ショウタが大きく踏み込み、突きを放つ。
しかしサヤカは前に構えた手で、それを打ち払って防御した。
ショウタは少し驚いたが、間髪入れず、中段に蹴りを放った。
しかしこれも、サヤカは軽いフットワークでかわしてしまう。

「やあ! えい!」

ショウタが次々と攻撃を放つが、サヤカはそれをことごとく防御し、かわしていく。
ショウタは例によって、頭に血が上ってしまった。

(この人、攻撃はまあまあだけど、防御は全然だな)

サヤカは冷静に、ショウタを観察していた。
正直言って、サヤカが攻撃を出せるタイミングは何度かあったのだが、一応、入門初日ということで、サヤカは遠慮していたのである。

(特に、金的のガードが甘いんだけど…)

以前の道場で、日常的に男の子と組手をしていたサヤカにとって、ショウタの金的のガードはウソみたいに甘いものだった。
つい蹴りそうになってしまうが、金的蹴りを受けて悶絶する男の子を何度となく見てきたサヤカは、初日からショウタにその苦しみを味わわせることを躊躇してしまっていたのだ。

(でも、やっぱり、しょうがないよね。ゴメン)

サヤカはショウタの突きをかわすと、がら空きの金的に、蹴りを打ち込んだ。金玉に軽く当たるくらいの、手加減した蹴りである。

「う!」

それでも、金的蹴りに慣れていないショウタにとっては、十分すぎる衝撃と苦痛であった。

「一本。サヤカ」

ショウタは股間をおさえてひざをつき、師範は組手を止めた。
まわりで見ていた男の子たちからは、驚きの声があがる。
サヤカはかがみこんでいるショウタに一礼すると、何事もなかったかのように開始位置に戻った。

一方ショウタは、久しく忘れていた男の痛みに苦しんでいた。
頭に上っていた血が一気に下がり、脂汗をかいている。

「大丈夫か? 続けられるか?」

師範がショウタの顔を覗き込む。

「は、はい。なんとか…」

ショウタは顔をゆがめながら、下腹をおさえて、ゆっくりと立ち上がった。
本当はまだ座って休んでいたいくらいの痛みだったが、男のプライドと、新入りの女の子にやられた屈辱が、ショウタを支えていた。

「よし。では、はじめ」

再び組手が始まった。
しかし、依然として軽いフットワークのサヤカとは対照的に、ショウタの動きはにぶく、腰がかなりひけていた。
一歩足を動かすたびに、金玉の痛みが下腹部全体に広がるのだ。
自分にこんな苦しみを与えたサヤカへの怒りがあったが、気持ちに体はついていかなかった。

(やっぱり、効いてるな。男の子だもんね。じゃあ、フェイントで)

サヤカは足の動かないショウタの金的を狙って、再び前蹴りを出した。

「うお!」

ショウタはまた急所を蹴られるという恐怖心から、つい、腰を大きく引いてしまう。
そこに、サヤカの素早い顔面突きが飛んできた。

「えい!」

見事な突きが、ショウタの面に決まった。

「一本。二本先取。サヤカの勝ち」

「あ、そんな…」

サヤカの顔面突きは、普段のショウタならかわせるはずのものだった。
こんなはずではなかったと、悔しそうにサヤカを見るショウタ。
サヤカは一礼して面を外すと、嬉しそうにマユのもとに駆け寄っていった。

「ショウタ、下段のガードが甘いぞ。これからは油断するな」

自分の力を誇示するはずが、情けない負け方をしてしまったショウタは、うなだれたまま、ひそかな怒りをサヤカに向けていた。





稽古が終わった後、更衣室でマユとサヤカが着替えていた。
男子たちは、もう全員帰ってしまっている。
今まで女の子はマユ一人だったので、男子が全員着替え終わった後、マユが更衣室を使っていたのである。

「でも、サヤカちゃんってホントにすごいね」

「なんで? そんなことないよ」

「だって、あのショウタ君に勝ったんだもん。同い年の子の中では、一番強いんだよ」

「あ、そうなんだ。でも、あのショウタ君って、ガードが甘かったからね」

「そうなの? それって、あの…アソコのガード?」

おとなしいマユは、金玉や金的という言葉がなかなか出てこない。

「そう。金的。ぜんぜんガードしてなかったよ。あそこ狙えば、マユちゃんでも勝てると思うけどな」

「そ、そうかな。私、あんまりやったことないから…」

「え、やったことないの? なんで? 男子にはタマタマ蹴るのが、一番効くんだよ。ウソみたいに痛がるもん」

「そうなの? でも、前に間違ってショウタ君の…アソコにちょっと当てちゃったときがあって、その日の稽古が終わった後、すごく怒られたから…」

「えー、アイツ、そんなことしたの? 意味わかんない。私が前にいた道場では、女子はみんな、男子の金的狙ってたよ。男子もそこそこガードしてたけど。マユちゃんも、どんどん狙っていいと思うよ」

「そ、そうかなあ…」


着替えが終わって、サヤカとマユは道場を出た。
時刻はもう夜で、あたりは真っ暗になっている。
二人がおしゃべりをしながら歩いていると、後ろから呼び止める人影があった。

「おい」

二人が驚いて振り向くと、そこには着替えてジャージ姿になったショウタと、ショウタの同級生のマモルとケンイチの姿があった。

「びっくりした。何か用なの?」

ショウタの声の調子には、十分な敵意が感じられたので、サヤカとマユは少し身がまえた。

「お前、サヤカつったっけ? 卑怯な手使って俺に勝ったからって、調子のるんじゃないぞ」

「はあ? 卑怯って何よ? 金的蹴りのこと?」

「キンタマ蹴るなんて、卑怯者のすることなんだよ。そんなんで勝って、嬉しいのかよ」

「そうだ、そうだ」

「正々堂々とやれよな」

ショウタが脅かすような調子で言うと、マモルとケンイチも同調した。
サヤカの隣では、マユが震えている。
ショウタは以前にもこんな風に、マユに脅しをきかせたのだろう。
そんなマユを見て、サヤカはショウタに怒りを覚えた。

「意味わかんない。金的攻撃は、ウチの道場では反則じゃないんですけど。負けたからって、言いがかりつけるの、やめてくれる?」

「うるせえ。反則じゃなくても、卑怯なんだよ。男は誰もやらねえんだぞ」

「へー、そうなの? でもそれってさ、アンタたち男子には、みんなタマタマがついてるからじゃないの? 人のを蹴ったりしたら、自分も蹴られちゃうもんね。大事な大事なタマタマをさ」

サヤカはショウタの股間を指さして、笑った。

「なんだと?」

「でも、残念。私たち女子には、か弱いタマタマなんかついてないからさ。どんなに男子のタマタマを蹴っても、蹴られる心配がないんだよね。だから、私たちはこれからどんどん蹴らせてもらいますから。潰されないように、気を付けてね」

「てめえ! 蹴ってみろよ! ホントは俺たちだって、キンタマ蹴られたって、大して痛くねえんだよ。ただちょっと、びっくりするだけだ」

「ウソばっかり。ねえ、マユちゃん知ってる? 男子はね、タマタマを蹴られると、タマタマがお腹の中に上がって、降りてこなくなって、それがすっごい痛いんだって。だから、タマタマを降ろすために、ピョンピョン飛び跳ねるらしいよ。バカみたいだよねー」

サヤカはマユに笑いかけながら、その場を去ろうとして、後ろを向いた。
しかしショウタたち男子の怒りはおさまるはずがなく、ついにショウタはサヤカに後ろから襲いかかった。





「きゃあ!」

ショウタはサヤカの背後から中段蹴りを見舞い、サヤカは不意の攻撃で、前のめりに倒れこんでしまう。

「サヤカちゃん!」

あわててサヤカに駆け寄るマユ。

「調子のるなよ! お前のキンタマ蹴りなんか、ぜんぜん効かないんだからな」

ショウタは仁王立ちで、サヤカを見下ろした。
マモルとケンイチも、ショウタの行動に驚きはしたものの、今の状況に満足していた。

「サヤカちゃん、大丈夫?」

サヤカは倒れてしまったものの、それほどのダメージは受けていなかった。
手のひらを擦りむいたくらいだったが、ショウタへの怒りが、そんなことを忘れさせるくらいに燃え上っていた。

「もう、許さない!」

サヤカは素早く立ち上がった。

「やるか!」

ショウタは身構えたが、サヤカは右手に持っていた道着を、思い切りショウタの顔面に投げつけた。

「え!」

ショウタは反射的に、道着を両手で受け止めるが、そのときはすでにサヤカが視界から消えていた。

「えい!」

サヤカはショウタに素早く近づき、がら空きになったショウタの股間に、組手の時とは比べ物にならないほど強烈な蹴りを叩き込んだ。

バシンッ!

足の力を抜き、ひざから下のスピードを重視して、足首のスナップをきかせた、お手本のような金的蹴りである。
怒りの中でも冷静さを失わないサヤカだった。

「う!」

サヤカはショウタの金玉が、二つともしっかりと自分の足の甲に乗ったのを感じ、さらにそれを容赦なくショウタの恥骨に挟み込むように蹴りあげた。
今まで数多くの男子の金玉を蹴りあげて、悶絶させてきたサヤカだったから、男子が最も苦しむような蹴り方は十分に心得ていたのだ。

「あ…あ!」

ショウタは瞬間的に腰を引いて爪先立ちになり、その足が地面に着くとともに、両ひざが崩れて、前のめりに倒れこんだ。
両手で股間をおさえて、サヤカに土下座するような体勢になる。

「うぐうう!」

もはや金玉の痛み以外の感覚は、ショウタにはなかった。
サヤカの足に押しつぶされた二つの金玉からは、重苦しい痛みが、津波のように大きくとめどなく、湧き出してくる。
手で押さえても、足をジタバタさせても、一向にこの痛みはおさまることはなく、ただ脂汗を流し、男に生まれたことを後悔しながら、時間が過ぎるのを待つしかなかった。

「どうしたの? 私の金的蹴りは、効かないんじゃなかったの?」

サヤカはショウタを見下ろして、勝ち誇ったように言った。
ショウタは苦しみに喘ぎながらそれを聞いていたが、言い返すことなどとてもできない。チラリと目を上げたときに、サヤカの短めのスカートの中に、白いパンツが見えた。しかしその股間部分は平らですっきりとしていて、今、自分が両手でおさえている膨らみなどあるはずもない。
ショウタはそれを思った時に、心底サヤカに敗北したような気がした。

「てめえ、よくもショウちゃんを!」

不意の出来事に驚いていたマモルだったが、やがて気を取り直すと、サヤカを威嚇しながら向かってきた。

「なによ。アンタも痛い思いしたいの?」

「うるせえ!」

マモルは叫びながら突きを放つが、怒りにまかせた攻撃がサヤカに当たるはずはなく、サヤカは冷静に、マモルの体勢が崩れるのを観察していた。

「ほら」

ズボッ!

と、サヤカの金的蹴りが、マモルの股間に突き刺さる。
軽くスナップを効かせた蹴りだが、これも当たり所が良かった。

「うえ!」

マモルもまた、地面にひざまずくことになった。

「痛えよぉ」

マモルは股間を両手でおさえながら、あまりの痛みに、思わず泣き出してしまった。

「だから、言ったでしょ。ちゃんとタマタマ、ガードすればいいのに」

サヤカはマモルが泣いてしまうほどの痛みを与えていながら、他人事のように諭した。
しかし、サヤカは油断した。
ケンイチは友達二人があっという間にやられてしまったことに驚いたが、男のプライドを否定するかのようなサヤカの金的攻撃に怒りを燃やし、不意をついて、背後から襲いかかろうとしたのである。





「サヤカちゃん!」

駆け出しのは、今までサヤカの鮮やかな金的蹴りに見とれていたマユだった。
ケンイチがサヤカの背後から一撃を加えようとしたのを見ると、反射的にマユの足が動き、それはケンイチの無防備な股間に、ごく自然な形で吸い込まれるように命中したのである。

バシン!

と、気持ちのいい音がして、ケンイチの金玉は、マユの小さな足の甲に叩き上げられてしまった。

「うおっ!」

まったく予想しなかった所からの攻撃に、ケンイチは一瞬、何が起こったのかも分からなかったが、下腹部から湧き上がってきた強烈な痛みで、自分も戦闘不能になったことだけは、すぐに理解できた。

「マユちゃん! ありがとう。やるじゃない」

「あ…。私、蹴っちゃった…。タマ…タマ…」

マユは自分のとった行動が信じられないというように、呆然としていたが、目の前で崩れ落ちるケンイチの姿を見て、何が起こったのかを理解したようだった。

「どんどん蹴っちゃっていいよ、こんなヤツら。後ろから蹴るなんて、アンタの方がよっぽど卑怯じゃない。ねえ、聞いてんの?」

サヤカは、地面に額を擦りつけて必死に痛みに耐えているショウタの髪の毛を掴んで、無理矢理顔を上げさせた。

「ねえ! 謝ってほしいんですけど」

ショウタは既に戦意喪失し、サヤカの気迫に恐怖を感じた。
謝ろうとするが、キンタマの痛みのせいで、うまく声が出ない。口をパクパクさせて、何か訴えようとしていた。

「はあ? ちゃんと謝りなさいよ。まだ痛い思いしたいの?」

サヤカはショウタの態度に苛立ち、ショウタが必死でおさえる両手の隙間から手を入れて、先ほど自分が蹴りあげたばかりの金玉を掴んだ。
サヤカはまったく力を入れてない状態だったが、蹴られた直後のショウタの金玉は、極端にデリケートになっていた。
触られただけでも、電撃のような痛みが全身に走った。

「はうう!」

「謝れって言ってんの。ねえ!」

サヤカはショウタを睨み付けて、金玉を掴む手に少し力を込めた。
ショウタは、金玉から湧き上がってくる次元の違う痛みに全身を痙攣させたが、最後に残った力を振り絞って、必死に叫んだ。

「ご、ごめんなざい! ごめんなざい!」

「なんだ。できるじゃん。それでいいのに。許してほしいの?」

サヤカはひとまず気をよくしたが、この際、さらにショウタをなぶりたい気持ちになった。

「ゆ、ゆるじでぐだざい! おねがいじまず!」

「ふーん。タマタマ、放してほしいの?」

ショウタは必死の形相でうなずいた。
その間も、サヤカはショウタの金玉を手のひらの中でコロコロと転がしている。

「じゃあ、放してあげる。男子はこんなタマタマがあって、弱くて、かわいそうだからね」

どれだけ屈辱的な言葉を浴びせられても、今のショウタには言い返す気力はなかった。
ただ、金玉を襲っているとめどない痛みから、一刻でも早く解放されたいという思いしかなかった。

「でも面白いから、最後にギュッとさせて」

サヤカは言葉通り、手を放す前に、ショウタの金玉を力を込めてギュッと握った。
ショウタはもはや叫び声を上げることもできなかったが、再び電撃のような痛みに全身を貫かれて、一瞬背筋をピンと伸ばすと、その後倒れ込むように地面に突っ伏し、ヒソヒソと泣き声をあげた。

「あー、面白かった。ねえ、アンタたちもギュッとしてほしい?」

サヤカは一連の様子を、恐怖の面持ちで眺めていたマモルとケンイチに笑顔で尋ねた。
マモルとケンイチは、必死で首を振った。

「すいませんでした! すいませんでした!」

「ごめんなさい! もうしませんから!」

二人はもはや必死で謝る以外の選択肢を持たなかった。
サヤカは年上の男の子たちの泣いて謝る姿に、ちょっとサディスティックな満足感を感じた。

「そっか。まあ、もういいよ。行こう、マユちゃん」

「あ、うん」

マユは今まで自分が恐れていた年上の男の子たちを、いとも簡単に叩きのめしたサヤカをほれぼれと見つめ、また自分も、少しその手伝いができたことに、密かな達成感を抱いていた。

「じゃあね。タマタマ、お大事に」

サヤカが立ち去ろうとすると、マモルとケンイチは、ホッとしたような表情を浮かべた。

「あ、言っとくけど、私が本気で蹴ったら、全然こんなもんじゃすまないからね。前に私に蹴られた男子は、その場で泡吹いて、おしっこ漏らして気絶しちゃったから。稽古中に当てちゃうこともあるかもしれないけど、そのときは頑張って、おしっこ漏らさないようにしてね。バイバイ」

サヤカの笑顔を見た三人の男の子たちは、もう道場をやめようかと、真剣に考えてしまった。

終わり。




// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク