FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


高校2年になる加藤ツバサには、家族や友達にも秘密にしていることがあった。

「おかえりなさいませ、ご主人様―!」

ここは、町の中心からは少し離れた場所にあるメイドカフェ。彼はここで、半年ほど前からアルバイトをしていた。
裏方やキッチンなどではなく、店内で接客するメイドとして。

「ご注文は、いかがなさいますかぁ? 今週のスペシャルメニューは、クマさんハンバーグになっておりまぁす」

半年も働いているだけあって、ツバサの接客は手慣れたものだった。
しかし、お客はもとより、この店で働いている人間の誰もが、ツバサが本当は男であることを知らなかった。
小柄で線が細く、声変わりもほとんどしなかったツバサは、普段から女の子に間違えられることが多かった。何よりその顔は、とても高校生の男子とは思えないほど繊細で整っており、メークをしてメイド服を着てしまえば、どこからどう見てもカワイイ女の子だった。

「ツバサちゃん、自己紹介してよ」

常連らしい男の客が、ツバサにそう要求した。

「はぁい! アナタの心に緊急着陸ッ! 幸せの空をはばたいて、いっつもみんなを見守ってるよッ! ツーちゃんこと、ツバサちゃんでーす!」

可愛らしい身振りを交えて、ツバサは自己紹介をした。その姿に、お客は満足げな拍手を送る。
ツバサにとって、これはかねてからの憧れの仕事だった。
小さいころから、女性に対する強烈な憧れがあり、男性である自分自身にいつもどこかで嫌悪感を抱いていた。できることなら、生まれ変わって女性になりたい。そう思っていたのである。
親にも内緒で女物の服を買い、メークも勉強した。幸か不幸か、ツバサの外見は、彼が男でいることよりも、女装した方がしっくりくるようにできてしまっていたのである。
履歴書にウソを書いて、メイドの面接を受けると、現実は想像していたよりもずっと簡単だった。面接をしたメイドカフェのマネージャーは、何の疑いもなしに彼を採用してしまったのである。
水着や露出の高い服装ならともかく、メイド服であれば、体の細部まで見られることはない。こうしてツバサは、自らが隠し続けてきた欲求を満たすことができる、最良の場所を見つけることができたのだった。

「いってらっしゃいませ、ご主人様―!」

常連の客を見送ると、ツバサは満足そうに息をついた。
最近では、自分を目当てにこの店を訪れる客も増えてきている。
この店にいる間は、自分が男であることを忘れることができるのが、ツバサにとって何よりの幸せだった。

「すいませーん」

「はぁい。お嬢さま」

女性客の声がかかると、ツバサは意気揚々と振り向いて、接客に向かった。
テーブル席に座った女性客は、高校生の3人グループ。
最近では、この店にも女性客が増え始めている。

「ご注文ですかぁ?」

ツバサが伝票を手に取ると、長い黒髪の女子高生が、メニューを見ているところだった。
ツバサはその女子高生の後ろ姿を見て、何か直観的な不安のようなものを感じたが、それが何なのか考えている間に、向こうから答えが出てきた。

「え…と…。アタシはこの、クマちゃんオムライスで…。ドリンクは…」

女子高生が顔を上げると、ちょうどツバサの胸につけたネームプレートが見えた。そのまま見上げると、女子高生は何か気づいたようにつぶやいた。

「ツバサ…。加藤…?」

突然、自分の名前を呼ばれて、ツバサの顔に緊張が走った。そしてそれは、女子高生のつぶやきが間違いでないことを証明してしまうことになる。

「…アンタ、加藤…?」

彼女はツバサのクラスメイトである、野口リオだった。
ツバサもそれに気がついたが、驚きのあまり、声が出ない。二人が無言で見つめあってしまったが、幸いにも、同席していたリオの友達はそれに気がつく様子はなかった。

「アタシはね、ふわふわカプチーノでいいや」

「アタシはこの、お嬢さまランチでいいや。お嬢さまって、超カワイくない?」

「あ…はい…。かしこまりました。お嬢さま」

かろうじて保っていたプロ意識で、注文を受けたが、その表情は依然として緊張しており、先程までとは別人のようだった。
逃げるようにしてテーブルを離れると、そのまま店の奥に向かった。

「ツバサちゃん、どうしたの?」

奥の事務所にいたマネージャーが、心配そうに尋ねた。

「いえ、別に…。すいません。ちょっと早めに休憩させてください」

それだけ言うと、マネージャーの答えを待たずに、休憩室に入ってしまった。

休憩を終えたツバサが店に出ると、すでにリオたちのグループは店にいなかった。
ツバサはホッとした反面、リオに事情を説明することができなかったことが不安だった。
野口リオは、ツバサのクラスメイトとはいえ、特別親しい関係ではなかった。もちろん、ツバサがここでアルバイトしていることを話したこともない。彼は学校ではごく普通の男子生徒として振る舞い、自分の秘密を誰かに話すことは決してなかったのだ。

やがてツバサの勤務時間が終わり、着替えて店を出ようとするときでも、その表情は曇っていた。
もし、リオが学校でこのことを話したら、どうなるだろう。
クラスメイトから白い目で見られるくらいならまだしも、彼らが興味本位で店を訪れるようなことがあれば、自分が男であることが店にばれてしまうかもしれない。
ようやく見つけた、自分の欲求を満たしてくれる理想の場所を奪われてしまうのが、ツバサにとっては何よりも恐怖だった。

「ねえ、加藤?」

うつむきながら店の裏口を出たとき、不意に声をかけられた。
ハッとして振り向くとそこには先程店を出たはずの、野口リオが立っている。

「あ…! いや、その…」

名前を呼ばれて返事をするべきかどうか。ツバサはこの期に及んで、ためらってしまった。
しかしリオは、そんなツバサの焦りもためらいもすべて見透かしたように、ニヤニヤと笑っている。

「加藤ツバサでしょ、アンタは。隠さなくていいよ」

「あ…はい…」

うつむいたツバサの顔を、リオはあらためてジロジロと眺めた。

「ホント、女の子みたいだねー。ていうか、知り合いじゃなきゃ、わかんないよ。まるっきり女じゃん。へー。アンタ、こういう趣味があったんだぁ」

前から後ろから、なめるように見られても、ツバサは抵抗することができなかった。今日の彼の私服は、Tシャツに大きめのオーバーオールというものだったが、それくらい男の子っぽい服を着ていても、なお女の子にしか見えなかった。

「でも、この店、そういうトコじゃないでしょ? 他の店員は、みんな女の子じゃん。てことは、アンタ…」

「ご、ごめんなさい! お店には言わないでください! ばれたりしたら、ボク…」

泣き出しそうな顔で、ツバサはリオに懇願した。
リオは、あまりの必死な様子に少々面食らったが、やがて意地悪そうに笑った。

「そっかあ。やっぱり、ウソついてるんだ。そりゃあ、ばれたら困るだろうねー。ヘタしたら、クビかも…」

そう言うと、ツバサはますます悲しそうな顔をした。
リオは長身で、ツバサよりも頭半個分背が高い。かわいらしい女の子にしか見えないツバサから、うるんだ瞳で見上げられると、思わずドキッとしてしまう。

「お願いします! 言わないでください! あの…ボク、なんでもしますから!」

クラスメイトとはいえ、自然と敬語になってしまっていた。
彼らはクラスメイトとはいえ、ほとんど話をしたことがなかった。ツバサは学校では大人しい、無口な男子生徒を装っていたし、美人で成績も優秀なリオには、いつも数人の取り巻きがいた。二人はお互いを住む世界が違うものと認識しており、ほとんど接触することがなかったのである。

「ふーん…。なんでもねえ…」

リオは何か考えるように、黙り込んだ。
その沈黙の時間を、ツバサは判決を待つ囚人のような気持ちで過ごすことしかできない。

「とりあえず、ついてきなよ」

リオはそう言うと、返事を待たずにさっさと歩きだしてしまった。
ツバサは訳が分からなかったが、店の前からは一刻も早く離れたかったので、大人しくリオについて行った。

「あ、あの…野口さん…?」

しばらくの間、無言で二人は歩き続けたが、やがてツバサが口を開いた。

「なに?」

「あ…ど、どこに行くのかな…って…」

「ん? アタシんち。ここから、近いから。もうすぐ着くよ」

思いがけない言葉だった。
リオと親しくないツバサが、彼女の家の場所を知るはずもなかったが、自分が働いてる場所と近い所に住んでいたとは。今さらながら、冷や汗が出る思いだった。

「野口さんは…その…あのお店には、よく来るの…?」

「いや。今日が初めて。友達が行きたいって言うからさあ。アタシは全然興味なかったんだけど。アンタはいつから働いてるわけ?」

「え? あ、半年…くらいかな」

「へー。半年も働いてたんだあ。じゃあ、駅ですれ違うこともあったかもね。ウケる」

リオの真意は分からなかったが、秘密をばらしやろうとか、意地悪をしてやろうとかいう意志は感じられなかった。
その点で、ツバサは少しだけ安心し、ここは素直にリオについていくことが得策だと思った。


スポンサーサイト
[PR]



やがて二人は、リオの家に着いた。
そこはまだ真新しいマンションの一室で、ツバサが予想したものとは違っていた。
間取りは広く、奥に何部屋かありそうだったが、家族がいる気配はしなかった。

「誰もいないから。上がって」

リオはそう言って、ツバサを自分の部屋に招き入れた。
ツバサにとって、同じ年代の女の子の家を訪ねたのも、その部屋に入ったことも初めての経験だった。

「適当に座って」

そう言われても、ツバサはとても落ち着いていられなかった。座ることもできずに突っ立っていると、リオがクスリと笑った。

「しっかし、ホントにカワイイね、アンタ。メークもバッチリじゃん。アタシよりうまいわ」

無造作に顔を近づけると、ツバサの鼻先にリオのシャンプーの香りが漂った。
女装の趣味があるとはいえ、ツバサには同性愛の気はなかった。むしろ女性に憧れを持っているからこそ、女性に対して恋愛感情以上の強い憧れを抱いている節がある。

「胸も、ちょっとあるじゃん。コレ、パット入れてんの?」

ツバサは無言でうなずいた。
女装した自分を、これほどジロジロと眺められるのは初めての経験だったが、女装の完成度の高さを褒められるのは、悪い気はしなかった。

「まあ、アンタが学ラン着てるのは、似合ってないなと思ってたけどね。まさか、こんなことしてるとはね。びっくりだなあ」

リオは面白そうに、ツバサを眺めている。
ツバサは、リオが自分に対して敵意や蔑みの感情を抱いているわけではないことは分かったが、それでも周囲にばらされたりしないかと、それだけが気がかりだった。

「あの…野口さん。今日のことは、誰にも…」

「ん? ああ、いいよ。誰にも言わないでおいてあげる」

「ホント…!?」

ツバサの顔が、パッと明るくなった。

「ただし…。アンタさっき、何でもするって言ったよね?」

「え…?」

悪戯を思いついた子供のようなリオの笑顔を見て、ツバサは一抹の不安を感じた。

数分後。
ツバサはリオの命令で、着替えさせられていた。
それはリオの中学校時代の制服で、今どきのオシャレなセーラー服スタイルだった。短めのチェックのプリーツスカートに濃紺のニーハイソックスを履いたその姿は、誰が見ても女の子にしか見えない。

「あ、あの…野口さん…?」

女子の制服への憧れは、人一倍強いツバサだった。いつか着てみたいと思っていたそれを、ついに着れたという喜びは大きかったが、さすがにクラスメイトの前でそれを披露するのは恥ずかしかった。

「やっぱり、カワイイねー。サイズもピッタリじゃん。似合う似合う」

一方のリオは、もじもじと恥ずかしそうに立っているツバサの姿を、嬉しそうに見つめている。

「あの…ボク…どうすれば…?」

「まあ、ちょっと待ってよ。じっくり見たいからさ。へー。アンタ、すね毛とかも全然ないんだね。ツルツルだ」

「あ…!」

リオはしゃがみこんで、ツバサの細い脚を撫でた。
そのくすぐったさに、ツバサは思わず声を上げたが、抵抗することはできなかった。

「ふーん。脚も細いんだねー。うらやましー。あ、さっきチラッと見えたけど、アンタ、スパッツ履いてるんだね。下はどうなってんの?」

「え…? どうっていうか…その…。下着を履いて…その上に…」

「スパッツ履いてるんだ。下着って女物のパンティーってこと?」

ツバサは無言でうなずいた。
彼の体は成長が遅いのか、性器がさほどの成長を見せていなかった。しかしそれでも、女性用の下着を着ければ、はみ出してしまう恐れがあるので、念のためにきつめのスパッツを履いておさえつけているのであった。

「ふーん。そうなんだあ。…ねえ、こっちに鏡があるからさ、ちょっと見てごらんよ」

そう言うと、部屋の隅にある姿見の前に、ツバサを立たせた。
ツバサはまだためらっていたが、鏡に映った自分の姿を見て、思わず息を呑んだ。
そこには、ツバサが理想とする完璧な「女の子」が映っていたのである。

「どう? カワイイでしょ?」

ツバサの興奮を予想していたかのように、リオが耳元で囁いた。

「すっごい似合ってるよ。ホントの女の子みたい。街に出たら、男の子はみんな振り向いちゃうかもね」

リオの言葉は、決してお世辞や誇張ではなかった。細い手足と透き通るような白い肌。控えめな胸はかえって清楚な印象を与え、童顔にショートカットがよく似合っている。
街で見かければ、思わず声をかけてしまいそうなほどの美少女だった。

「アンタ、女の子になりたいんでしょ? だから、あの店で働いてるんでしょ?」

ツバサは上気した顔で、大きくうなずいた。
リオは薄く笑いながら、ツバサの背後に回り込む。

「そう。でも、女の子になるなら、コレをどうにかしないとねっ!」

突然、リオは右脚を振り上げて、ツバサの股間を蹴り上げた。
スカートの中で、スパッツとパンティーに包まれたツバサの小さな膨らみがひしゃげた。

「あっ!」

ツバサは一瞬、何が起こったのか分からず、短い声を上げた。
やがてその下腹部から、大波のような鈍痛が湧き上がってくると、それはあっという間に全身に広がってしまった。

「あ…? うぅん…!」

両足から力が抜け、立っていられなくなった。
ツバサが金玉の痛みを知ったのはこれが初めてで、訳もわからずにその場にうずくまってしまった。
目の前の鏡には、スカートの股間を抑えて、苦しそうにしている自分の姿が映っている。そしてその背後には、満足そうな笑みを浮かべたリオの姿があった。

「どう? 痛かった?」

一向におさまる気配をみせず、むしろひどくなるばかりの痛みに、ツバサはもだえ苦しんでいた。

「アタシの足にも感じたよ。アンタのタマが、グニャってなる感じ。やっぱり、ついてるんだねー」

苦しむツバサの姿を見て、リオは心から嬉しそうだった。
うずくまる彼の横にしゃがみ込むと、二人は鏡越しに目を合わせた。
股間をおさえて、男の痛みに苦しむツバサと、それを見つめるリオ。外見はどちらも女の子そのものだったが、二人の間には、埋められない違いがあるということを、思い知らされる光景だった。

「あれえ。でも、おかしいなあ。ツバサちゃんは、女の子のはずなんだよねえ。女の子が、アソコを蹴られて痛がるかなあ。どうしてかなあ」

リオは笑いながら、うずくまるツバサの股間に手を伸ばした。
スカートの中で、スパッツによってピッチリと押さえつけられたツバサの二つの睾丸を見つけると、それをギュッと握りしめたのだ。

「ああっ!」

ツバサの口から、切ない喘ぎ声が漏れた。

「あれえ? ツバサちゃん、これなあに? なんかついてるけど。女の子に、こんなものついてるかなあ? なんなの、コレ?」

「あ…! そ、それは…ボクの…」

「ん? ボクの、なに?」

いたぶるように、リオはその手の中でツバサの睾丸を揉みしだいた。

「あっ! …ボクの…タマ…タマ…です…」

消え入りそうな声で、ツバサは言った。
自分には、男のシンボルである睾丸がついている。それは彼自身、最も認めたくない事実だった。

「えー! ツバサちゃん、タマタマついてるの? 女の子なのに? それ、おかしくない? なんかの間違いだよ、きっと。こんなの、潰してみようか? それ!」

リオの手に、強烈な力が込められた。
完全に掌に包まれて、逃げ場のないツバサの二つの睾丸は、恐ろしい圧迫を受けることになる。

「あぁーっ! あっ! い、痛い! 痛いから…! やめて!」

ツバサはうずくまったまま、もだえ苦しんだ。
あれほど女の子になりたいと思っていた自分が、世の中の男と同じように、睾丸を掴まれて痛がることなど認めたくなかったが、この痛みはそんな考えさえ彼方に吹き飛ばしてしまう。

「あれえ? 離してほしいの? ツバサちゃん、タマタマ握られて、痛いんだ? でもそれじゃ、ツバサちゃんは女の子じゃないってことになるよ? タマが痛いのは、男だけなんだから。それでもいいの?」

ツバサはそう言われて少しためらい、思わず顔を上げて鏡に映るリオの姿を見た。
リオは意地悪そうに笑いながら、ツバサの顔を見つめている。しゃがみこんだスカートの奥に、うっすらと白いパンティーが見えたが、その股間の部分には、今、自分が掴まれているような膨らみなどまったくないことを、ツバサははっきりと認めた。

「…は、離してください! ボクは男です! タマタマが痛い男ですから…離して…!」

ツバサが叫ぶと、リオはわずかに笑って、その手を離してやった。

「あ…あぁ…」

ようやく去勢の恐怖から解放されたツバサは、まだ重苦しい痛みの残る股間を抑えて横向きに倒れ、背中を丸めた。
一方のリオは、面白そうにクスクスと笑っている。

「あー、面白い。男ってウケるよね。ちょっとタマを握ったくらいで、必死になっちゃってさ。まあ、どんなにカワイイ格好しても、やっぱりアンタも男ってことだよね。アハハ!」

朦朧とした意識の中で、ツバサはぼんやりとリオの言葉を聞いていた。
やがてリオはスッと立ち上がると、おもむろにそのスカートをたくし上げてみせた。
ツバサの目に、リオの白いパンティーと、すっきりとした股間の部分が飛び込んでくる。そこには、自分のような醜い膨らみなどついていない。いつも憧れていた、女性の股間だった。

「ほら。見える? これが女の証拠。アンタの体みたいに邪魔なものなんか、ついてないの。アンタもこれが欲しいんでしょ? こうなりたいんでしょ?」

ツバサはリオの股間を凝視したまま、何度もうなずいた。

「もっと近づいて、よく見てみなよ。よーく見て頑張れば、アンタもこんな風になれるかもよ」

リオの顔にはまだ、怪しい微笑が張り付いている。
しかしツバサは、朦朧とした意識の中で起き上がると、ほとんど無意識に、花の蜜に吸い寄せられる昆虫のように、リオの股間に顔を近づけるのだった。

「あ…これが…女の子の…」

鼻先に、リオの汗ばんだ体臭を感じたと思った次の瞬間。

バシン! と、リオの脚が、再びツバサの股間に叩きつけられた。

「はあっ!!」

反射的に飛び上がると、そのまま大きな音を立てて、その場に崩れ落ちた。

「なれるわけないでしょ! アンタは一生、タマのついた男なんだから! 女の子に蹴られて、痛がってればいいの! それが男の運命なんだから。アハハハ!」

股間をおさえてうずくまるツバサと、勝ち誇ったように笑うリオ。
二人はどちらも女の子にしか見えなかったが、そこには大きすぎる違いが横たわっているのだった。



終わり。


// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク