FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


ナオトは小学生のころから水泳をやっていて、高校生になってからは地元のスイミングクラブのエース的存在になっていた。専門はバタフライで、高い身長を生かしたダイナミックな泳ぎが特徴だった。
そんな彼が、今日は自分の練習以外の目的で、通いなれたスイミングクラブに来ていた。

「はーい。じゃあ、こっちに集まってください。まずは、準備運動をしまーす」

プールサイドに集まっているのは、まだ幼い幼稚園児たちだった。その数は、男女合わせて15人ほど。
普段、教えているインストラクターが急病で来られなくなったため、急きょ、ナオトが彼らにレッスンをすることになったのだ。

「はい、いーち、にー、さーん、しー…」

幼稚園児たちはみな、かわいらしい水着に身を包んで、短い手足を懸命に動かしていた。
水泳のレッスンとはいっても、幼稚園児のことなので、水に潜ってみたり、ビート板を使ってバタ足をするくらいがせいぜいだとナオトは聞いている。
泳ぎは上手くても、それを人に教えた経験の無いナオトだったが、その点は安心できた。
それに、ナオトの他にもインストラクター役を頼まれた人間がいたのだ。

「じゃあ、準備運動が終わったら、順番に水に入りましょうね。ナオト、私が女の子たちを見るから」

「ああ。じゃあ、男の子たちはこっちだな」

ナオトの同級生のカオリだった。
カオリもまた、ナオトと同じ時期にこのスイミングクラブに入り、今では県大会で好成績をおさめるほどに成長している。
ナオトはこの急なレッスンの依頼を聞いたとき、最初は断ろうかと思ったのだが、カオリが一緒ならということで、引き受けたのだった。

「はい。女の子たちは、こっちに並んで。最初、私が水に入るから、1人ずつ順番に降りてきてください」

「はーい」

カオリは意外なほど、インストラクター役が板についているようだった。
もともと子供が好きということは聞いていたが、普段からは想像できない面倒見の良さに、ナオトは頼もしさを感じていた。

「せんせーい。ボクたちも?」

「え? あ、ああ。そうだね。入ろうか。じゃあ、順番に…」

カオリの姿に見とれていたナオトに、男の子が声をかけた。
言葉には出さなかったが、そんなナオトの視線を、カオリは背中でしっかりと感じていた。
実際のところ、ナオトが見とれてしまうのも無理はなかった。
カオリは背が高く、水泳選手らしい引き締まったスタイルをしている。さらに今日は、いつも見慣れた競泳水着姿ではなく、明らかにプライベート用の白いビキニタイプの水着を身に着けているのだった。

「え…! お前、なんだよ、その水着…?」

更衣室を出た後、初めて目にするカオリのビキニ姿に、ナオトは目を丸くした。
カオリ自身も恥ずかしそうにしている。

「しょうがないでしょ。いつもの水着、背中のひもが切れちゃって、今日、買いに行く予定だったんだから。家にあるの、これしかなかったの」

「それは…でも…」

カオリとは小学生からの付き合いだったが、二人は学校が違ったので、競泳水着以外の姿を見たのは初めてだった。
改めて見てみると、カオリは女性としては抜群のプロポーションを持っていることが分かる。しかも、普段はピッチリとした競泳水着に圧迫されて分からなかったが、その胸はビキニの水着からこぼれ落ちそうなほどに大きい。
ナオトは思わず、その胸の谷間に見入ってしまった。

「ちょっと! 何見てんのよ!」

「あ! い、いや…別に…」

無意識に、腰を引いてしまう。
ナオトのスパッツタイプの競泳水着の股間が、わずかに反応していたのを、カオリも気づいていた。

「スケベ!」

カオリの右足がピクリと上がりかけたが、思い返したように止まった。
ナオトも思わず腰を引いて、両手で股間を守るそぶりを見せた。

「……」

カオリの得意技は金蹴りで、ナオトは小学生のころから、事あるごとにカオリに急所を蹴られ続けていた。
しかし今日のカオリは、いつもの競泳水着ではないということで、下着姿で歩いているような恥ずかしさがあったらしい。
いつものように足を上げてナオトの股間を蹴り上げるのを、思いとどまったようだった。

「…ジロジロ見ないでよね!」

フン、と口惜しそうに鼻を鳴らして、カオリはプールの方に歩いて行った。
小さなお尻を左右に揺らして歩くその後ろ姿にも、ナオトは見入ってしまったのだった。

レッスンが始まっても、ナオトは隣で教えているカオリの姿が気になって仕方なかった。
集中しなければと思っても、やはりチラチラと目で追ってしまう。
冷たいプールに入っているので、股間は反応しづらくなっていたが、そうでなければ、とっくにナオトの股間は勃起しているはずだった。

「わー、上手にできたねー。その調子。じゃあ、次はね。先生と一緒に潜ってみようか?」

「はーい!」

一方のカオリは、依頼されたレッスンを期待以上にこなしている様子だった。幼稚園児たちの手を取って、一緒に水に顔をつけたり、頭まで潜ってみたりしている。
そのリラックスした笑顔は、ナオトが普段の練習では見たことのないものだった。

「ハァーッ! すごーい。10秒も潜れたね? 目は開けてた?」

「うん、ちょっと…」

「そっかぁ。じゃあ次は、もうちょっとだけ長く開けてみようか?」

「うん!」

幼稚園児たちは、カオリの優しい指導に、すっかりなついているようだった。
ふと振り向くと、そこにはぼうっと立ち尽くしているナオトと、めいめいに水で遊んでいる男の子たちがいる。

「ちょっと、ナオト。何してんの? ちゃんと教えてあげなさいよ」

「あ! ああ…。そうだな。えっと…。何をすればいいんだっけ?」

カオリはナオトの視線がずっと自分を向いていたことに気づいていたが、それについては何も言わなかった。

「もう! 潜る練習をしてって言われたでしょ? ちゃんとしてよ。…いいわ。私が男の子たちを見るから、ちょっと交代しよ?」

「あ、ああ…」

言われるままに、ナオトはうなずいた。

「せんせい、あっちに行っちゃうの?」

今までカオリと一緒に潜る練習をしていた女の子が、残念そうな目で見上げた。

「うん。ちょっとだけね。すぐ戻ってくるから。…そうだ。ミユちゃん、ちょっと耳貸して」

カオリはチラリとナオトの方を見ると、何か思いついたような顔をして、幼稚園児のミユの耳元に口を寄せた。
そして何事か囁くと、ミユは「うん、わかった」と、大きくうなずいたのだ。

「じゃあ、頑張ってね、ミユちゃん」

「…? なんだよ?」

カオリとすれ違いざま、ナオトは不審そうに尋ねた。

「別に。いいから、ちゃんと教えてあげてね。潜る練習だから。さあ、男の子たちも、練習しましょう!」

カオリは意味ありげに笑うと、男の子たちに声をかけて集めた。
ナオトは腑に落ちない様子だったが、そんなことを気にするまもなく、周りには幼稚園児の女の子たちが群がってきた。

「せんせい、ミユ、潜る練習するねー」

「あ、うん。そうだね。一緒にしようか」

「ううん。せんせいは見てて。ミユが潜るから」

「え? ああ、うん」

ミユがそう言ったから、ナオトはうなずくしかなかった。
潜るといっても、子供用の浅いプールだったから、溺れるような心配はない。
しかし万が一のために、ナオトは先程カオリがそうしていたのと同じように、中腰になってミユの体を支えるつもりだった。
その様子を、カオリが横目で見つめていた。


スポンサーサイト
[PR]



「いくよー。せーの!」

口いっぱいに息を吸い込んで、ミユは水の中にしゃがみこんだ。
その小さな頭が、水面にすっぽりと隠れてしまう。

「おー、すごいねー、ミユちゃん」

自分も水泳を始めたころは、こんな風に無邪気だったかと思い、ナオトは少し感動していた。
しかしミユが水に潜ってから数秒後、水面からはさざ波に邪魔されて見えなかったが、ミユの小さな手が、ナオトの股間に伸びた。

「ん? …あ!」

突然、股間を掴まれて、ナオトは思わず声を上げた。

「ミ、ミユちゃん…?」

腰を引いてその手を振りほどきたかったが、下手に動けば、ミユが水中で体勢を崩してしまいそうで、ナオトは動けなかった。
ミユの手は、最初はペニスの部分を掴んでいたが、徐々に下に移動して、今ではナオトの睾丸の一つを握りしめている。

「あ…! ちょ…待って…!」

それは決して強い握力ではなかったが、小さな手がマッサージのように睾丸を揉みしだくと、思わず声が出てしまう。
痛みと快感のきわどいライン上だった。
そのうち、ミユが水面から顔を出した。

「プハァ! ハァ…。やったあ。ちゃんと掴めたよ、せんせい!」

ミユは嬉しそうな顔で、カオリに声をかけた。

「え? あ、ホントだあ。ちゃんと目を開けられたんだね、ミユちゃん」

「うん。ずっと開けてた。ナオトせんせいのもっこりが、ちゃんと見えたよ。カオリせんせいの言うとおりだった」

「そう。良かったね」

カオリとミユは、ニコニコしながら話していた。
その間も、ナオトの睾丸からミユの手は離れない。

「え…? お、おい。なんだよ、これ…あ!」

ミユの右手はナオトの左の睾丸を掴み、ミユはまるで握手でもするかのように、それを無意識に揉み続けている。

「あ、ゴメンねー。ミユちゃんが水の中で目を開けられるように、目標があった方がいいと思ってさ。水の中で、ナオトの水着がもっこりしてるのが見えたら、それを掴んでみなさいって言ったの。ほら、プールの底の石を拾うみたいなもんよ。私たちもよくやったでしょ?」

カオリは笑いをこらえているような表情だった。
ナオトは、どうやら先程耳打ちしたのは、これのことだったらしいと気がついた。

「お前、そんなこと…あ! ちょっと、ミユちゃん…!」

「これって、ナオトせんせいのタマタマなのー? コロコロしてるー」

ナオトの股間を、ミユは興味深そうに見つめていた。
ミユの小さな手の中で、ナオトの睾丸が転がされる度、痺れるような痛みが走った。
それは、いつもカオリに股間を蹴られることに比べれば、ごくごく小さな痛みだったが、それでもナオトの下半身には、だんだんと痛みが蓄積していくようだった。

「そうそう。チンチンじゃなくて、タマタマを握りなさいって言ったから。ちゃんと、水の中でも見えてたみたいね。偉いねー、ミユちゃん」

「うん。ちゃんと見えてたよ。最初、ちょっと堅くて棒みたいなのを握っちゃったから、その後でタマタマを探したの。そしたら、下の方にあった」

ミユは無邪気な笑顔で、きわどいことを言った。

「あ、そうなの? へー。ちょっと堅かったんだあ」

カオリは、口の端で少し笑うと、ゆっくりとナオトの方に近づいてきた。

「あ、いや…そんなこと…。ミ、ミユちゃん、もうおしまいにしようか…?」

「あ、うん」

ミユがナオトの股間から手を離しかけると、それを包み込むようにして、カオリの手が伸びた。

「あ!」

思わず、ナオトが声を上げる。
ナオトの左の睾丸が、ミユの手を間に挟んで、カオリに掴まれた形になった。

「ミユちゃん、タマタマを掴んだのは良かったけど、ちょっと力が足りなかったみたいね。これじゃ、ナオト先生も気がつかなかったんじゃない?」

「え? そうなの? もっと強く掴んだ方がいいの?」

「そうだよ。遠慮しないで。こうやって、ほら。ギューって」

カオリの手に、ゆっくりと力が入り始めた。
ナオトの睾丸は、先程とは比べ物にならない圧迫を受け、変形し始める。

「あ! か…は…!」

カオリの手に包まれたミユの小さな指が、食い込むようにしてナオトの睾丸を圧迫する。
ナオトは腰を引いて手を引き離そうとするが、根元からしっかりと掴まれていては、容易にできるものではない。
やがて膝から力が抜けて、プールの壁に寄り掛かるように倒れてしまった。

「すごーい。タマタマ、ぐにぐにしてるー。せんせい、痛いのー?」

ミユは初めて経験する感触に、声を上げて喜んだ。
ナオトの呼吸はすでに荒くなっており、冷たいプールにつかりながら、脂汗をびっしょりとかいていた。

「あ…あ…! い、いた…い…から…。はなし…て…」

「大丈夫よ、これくらい。だからほら、両手で握ってみようか。ね。ギュー!」

か細いナオトの声を、カオリがさえぎった。
そしてミユの左手を取ると、それをナオトの右の睾丸にあてて、両手で包み込むようにして握りしめ始めた。

「あぁっ!! はあっ!」

思わず天を仰いで、声にならない叫びをあげた。
その周りでは、幼稚園児の女の子たちが不思議そうに、同時に興味深そうにナオトの様子を見つめ、男の子たちは眉をひそめながら、無意識に自分たちの股間に手を当ててしまっていた。

「うわあ。大丈夫、せんせい?」

鍛えぬかれ、美しく割れたナオトの腹筋が、目の前でピクピクと痙攣していた。
ミユはさすがに心配になったらしく、その大きな瞳で、歯を食いしばって痛みに耐えているナオトを見上げた。

「フフフ…。まあ、このくらいにしとこうか。おーしまい!」

最後にグッと力を入れて、カオリはナオトの睾丸を解放してやった。

「あっ!」

ナオトはミユたちの手が離れると、すぐさま両手で自らの股間をおさえ、そのままプールの底に両ひざをついてしまった。

「うう…」

ここがプールでなければ、いますぐ倒れこみたいほどの苦痛だった。
しかしプールサイドに上がろうにも、ナオトの体は、しばらく言うことを聞きそうもない。下半身には重苦しい痛みが残り、足にまったく力が入らないのだった。
ふと見上げると、そこにはビキニ姿のカオリが、まぶしいばかりの笑顔を浮かべて立っている。

「ん? 何見てんのよ、スケベ」

笑いながら言うと、ナオトは慌ててうつむいた。
もう、その魅力的な体を見ても、興奮するどころではなかった。

「ナオトせんせい、やっぱり痛かったんだあ。ごめんなさい」

「いいのよ、ミユちゃん。ナオト先生は、ミユちゃんの練習のためにやってくれたんだから。また今度、やらせてもらおう。ね?」

そう言われても、ナオトはあいまいにうなずくことしかできなかった。

「でも、ホントにいい練習になったね。石を拾うのもいいけど、男の子のもっこりを握るのも、けっこうアリなのかなあ」

カオリがそう言うと、周りで聞いていた女の子たちが、口々に「わたしもやってみたい」と言い始めた。

「そっかあ。じゃあ、ちょっとやってみようかなあ」

カオリが意地悪そうな笑顔を向けた先には、女の子とちょうど同じ人数だけ、男の子たちがいる。
男の子たちは、カオリの笑顔の意味を本能的に悟り、思わず内股になって、両手で股間をおさえてしまった。


終わり。


// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク