FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。
ある日の放課後。
高校2年生の久野カズシは、図書室から出てきたところを呼び止められた。
呼び止めたのは、同じクラスにいる女子生徒の原田エリカだった。

「おい久野、ちょっと来てよ」

カズシは彼女と同じクラスとはいえ、ほとんど話したことがなかった。
しかし気の弱いカズシは、クラスでも問題児とみなされているエリカにそう言われると、断ることができなかった。

「な、何? 原田さん?」

歩きながらそう訪ねても、エリカは返事さえしなかった。ただ不機嫌そうな顔をしながら、ガムを噛んでいる。
真面目でおとなしいカズシに比べて、エリカはまさしく問題児だった。
いつもだらしなく制服を着崩して、スカートはこれ以上ないくらい短くしている。その上ルックスは、モデルかと思うほどに整っていて、実際何かのファッション雑誌に出演したこともあるという噂もあった。

エリカの行先は、二人のクラスである2年2組の教室だった。
そこにはすでにクラスメイトの影はなかったが、エリカといつも一緒にいる女子二人が待ち構えていた。

「お待たせー。連れてきたよ」

「遅いし。超待ったから」

「それがさっき話してたヤツ? へー」

エリカと親しげに言葉を交わすのは、川上アイコと野口イズミだった。
二人はクラスは違ったが、いつもエリカと一緒に行動していて、エリカと同じように制服を着崩し、校則違反のピアスやハデなネイルをしていた。
もちろん、普段カズシと接触することは全くと言っていいほどない。
そんな彼女たちに呼び出され、誰もいない教室で取り囲まれると、気の弱いカズシは不安でいっぱいになってしまった。

「は、原田さん…?」

伺うようにしてエリカの顔を見る。カズシは小柄な方で、二人の身長差はほとんどなかった。

「お前さ。今日の授業中、勃起してたろ? 数学の時」

「え?」

カズシは一瞬、何を言われたかと戸惑った。しかし女の子たちは、弁解の暇を与えずに畳みかけてくる。

「アタシさ、コイツの斜め後ろの席だから、ばっちり見えたんだよね。コイツが必死にチンコいじって、隠そうとしてんのが」

「マジで? 授業中に勃起するとか、超ヘンタイじゃん」

「数学っていったらさあ、ユキエちゃんの授業じゃない? うわあ。先生見て興奮しちゃってるんだあ。最悪―」

女の子たちの口の速さに、カズシがついて行けるはずがない。
次々とまくし立てる言葉を否定したかったが、一方でそれらは大部分が事実だった。

「そ、そんな…。そんなことない…! うっ!」

さすがに大きな声を出そうとしたときに、カズシの呼吸が止まった。
エリカが着用している、超ミニのプリーツスカート。それと紺色のハイソックスのちょうど中間にある、白くて細い膝が、カズシの股間に突き刺さったのだ。

「あっ! ぐぅ…」

数瞬遅れてやってきた、下半身からの重苦しい痛みに、カズシは背中を丸めてうめいた。
それは、ほんの軽く叩き上げる程度の膝蹴りだったが、男を黙らせるにはそれで十分だった。

「うざいんだよ。もう、バレてんだって。男なら言い訳すんな!」

エリカは冷たく言い放った。

「あーあ。キンタマ蹴られちゃった。痛そー。キャハハ!」

うつむき、苦悶の表情を見せるカズシの顔を覗き込んで、アイコが面白そうに笑った。
童顔で、コケティッシュな雰囲気のアイコだったが、その口からはためらうことなくキンタマという単語が出てきた。

「さっきも話したんだけどさ、女の先生見て勃起するヘンタイとかがクラスにいたら、女子はみんな迷惑すると思うんだよね。ていうか、気持ち悪い」

エリカが言うと、アイコとイズミは大きくうなずいた。

「そうだねー」

「ユキエちゃん、ネタにされてるんだろうなあ。かわいそー」

「だからさ。お前みたいなイカ臭いヘンタイは、ウチらのクラスにいらないから。今からお前のキンタマぶっ潰してやるよ」

重苦しい痛みにじっと耐えていたカズシだったが、この言葉にはさすがに耳を疑った。

「え!? そ、それは…何言って…」

「はーい。じゃあ、始めましょー」

「痛かったら、言ってくださいねー。キャハハ!」

戸惑うカズシにかまわず、女の子たちは打ち合わせていたかのように、カズシの両腕を掴んだ。
カズシは抵抗しようとしたが、股間の痛みはまだ下半身に強く残っており、思い切った力が入らなかった。
そこへさらに、エリカがカズシの股間を鷲掴みにしたのである。

「うっ! あああ…」

エリカの右手は、遠慮なしにカズシの睾丸を締め付け始めた。
蹴られた時とはまた違った痛みが、ジワリジワリとカズシの下半身を襲い始める。

「キンタマ潰せば、もうチンコいじんなくてすむだろ。ヘンタイ君?」

「あー、エリカ。アタシにもやらせて」

「アタシも。やってみたい」

女の子たちは楽しそうに、それでいて無慈悲に、カズシの最大の急所を潰してしまおうとしていた。
カズシは痛みにと恐怖に震えながら、必死に叫んだ。

「ご、ごめんなさい! もうしませんから! 授業中に…勃起しませんから!」

「はあ? 何それ? キンタマ潰すなってこと?」

「はい! はい! すいません。絶対、もうしませんから。だから…。あうぅ!!」

カズシが必死に謝る間も、エリカは金玉を握る手を緩めなかった。
彼女にとってはまだまだ本気で握っているわけではなかったが、それでもカズシの二つの睾丸にとっては、かなりの圧力だった。

「マジで? …どうしよっか?」

「えー。マジで。信じらんない」

「男子が勃起しないとか、絶対ウソでしょ。ウチの彼氏とか、デートのときはずっと大きくしてるよ。キャハハ!」

エリカは本気で考えているようだった。その間も、カズシは必死に謝り続けている。
すると、エリカは突然、カズシの股間から手を離してやった。

「分かった。じゃあ、お前のことテストしてやるよ。アタシらを見て、勃起しなかったら、許してやる。でももし勃起したら、その時はマジでキンタマ潰すから。それでいいでしょ?」

金玉を締め付ける圧力から解放されたカズシは、肩で息をしていた。
エリカが提示した条件は、正直すぐに理解できなかったが、彼にはそれを断る選択肢はなかった。

「えー? 何それ? テストってどういうこと?」

「だからさ。ユキエちゃんで興奮するのは、まあしょうがないじゃん。ユキエちゃん、超美人だし。スタイルいいし。けど、アタシたちを見ても興奮するっていうなら、それはマジでヘンタイだから。キモイから。それをテストしてやるってこと」

「ふーん。まあ、いいけどね」

アイコとイズミがうなずいたように、カズシにもようやく状況が呑み込めた。

「じゃあ、お前、チンコ出して。見ててやるから」

「え?」

「チンコ出せって言ってんだろ! 勃ってるかどうか、わかんないじゃん。早くしろよ!」

「あ、ああ…はい…」

脅されるようにして、カズシはズボンのチャックに手をかけて、降ろした。
股間をまさぐっていると、再びエリカの怒声が飛んだ。

「めんどくさいな! ズボンとパンツ脱げよ。よく見えないだろ!」

「は、はい…」

力なくうなずいて、カズシはズボンとトランクスを一気にずりおろしてしまった。
クラスメイトに下半身を晒すなど、死ぬほど恥ずかしかったが、それでも金玉を潰されるかもしれないという恐怖には敵わなかった。
トランクスの下から、縮み上がったカズシのペニスと金玉袋が顔を出した。

「わー。チンチンだ、チンチンだ。キャハハ!」

「皮被ってんじゃん。情けなー」

女の子たちは口々に笑い、エリカもそれを見て、鼻で笑った。

「男のチンコって、汚いよなあ。キモイ。よくこんなのぶら下げるよな」

「それで? どうすんの、エリカ?」

「そうだね。とりあえず…」

エリカが言いかけた時、一番はしゃいでいたアイコが、突然カズシの金玉を足の甲で蹴り上げた。

「えい!」

「うえっ!」

無防備に突っ立っていたカズシは、もろに金蹴りをくらってしまう。
幸い、小柄なアイコの蹴りはそれほど強いものではなかったが、それでもカズシが背中を丸めるには十分だった。

「あーん。キンタマ、痛い、痛い。キャハハ!」

両手で股間をおさえるカズシの真似をして、アイコも自分のスカートの股間をおさえてみせた。

「ちょっと、アイコ。何やってんの?」

「え? あ、ゴメンゴメン。なんかブラブラして、蹴りやすそうだったから、つい。ごめんねー?」

はしゃぐアイコとは逆に、カズシの下半身には痺れるような鈍痛が広がって、今すぐにでも座りこんでしまいたかった。
しかし、それはエリカが許してくれそうにもないので、脂汗を流しながら、必死に耐えている。

「ったく。…まあでも、それいいかもね。コイツが勃起したら、キンタマ蹴り上げてやればいいんじゃない?」

「あー、いいね、それ。面白そう。やろうやろう」

カズシにとっての地獄は、どうやらこれからだった。


スポンサーサイト
[PR]



エリカの言う「テスト」が始まって数分。
カズシは自分の男としての本能をおさえるのに、精いっぱい神経を集中していた。エリカたちはただ、机に座ってカズシの様子を眺めているだけである。
しかし、女の子たちの視線が自分の下半身に集まっているという感覚が、これほど厄介なものだとは思わなかった。
しかも相手は、問題児ではあるがクラスでも飛び切りの美人で、スタイルも良く、机の上で足を組み換えるたびに、その短すぎるスカートから下着が見えてしまいそうだったのだ。

「おい、なに目瞑ってんだよ。開けろよ」

ちょっとでも目をそらしたり瞑ろうとしたりすると、注意される。
エリカが決めた「テスト」の制限時間は15分だった。
その間、カズシは真面目なことだけを考え続けていようと誓った。

「数学のユキエちゃんさあ。超美人じゃん。アンタ、年上が好きなの?」

女の子たちは、どうやらじわじわとカズシをいたぶるつもりらしかった。
男の性欲の象徴であり、最大の急所でもある性器を支配することは、男そのものを支配するような感覚があるのかもしれない。

「あ…いや…そういうわけじゃ…」

数学教師の村田ユキエは、教師になってまだ2年目という新人だったが、その大人の色気に溢れた外見が男子生徒たちに人気だった。
単なるタイトスカートやパンツスーツでも、着る人が着ればこんなにいやらしくなるという見本のようだった。

「ユキエちゃん、キレイだもんねー。ていうか、エロい?」

「そうそう。胸も大きいしねー。いつもユキエちゃんでシコシコしてるんだ?」

「そ、そんなことは…」

図星を指されたようで、カズシは焦った。
いつもというわけではないが、ユキエでオナニーしたことは一度や二度ではない。しかしそれを思い出すと、カズシのペニスは反応してしまいそうになるのだった。

「あれ? チンコ勃ってない?」

「ん? そうかな。小っちゃくてわかんないね。でも、とりあえず蹴っとこう。軽くね。えい!」

カズシのペニスが、少し膨らんだように見えた。
ちょっとでも勃起すれば、金玉を蹴られるというルールになっていたので、アイコは有無を言わせずカズシの股間を蹴り上げた。

「はうっ!」

ほんの軽い蹴りだったが、カズシは手で股間をおさえてしまう。

「おい、隠すなよな。見えないだろ」

「言っとくけど、お前が倒れたら、それでテストは終了だからね。その時はキンタマ潰すから」

あまりにも無慈悲な女の子たちの言葉に、カズシは戦慄する思いだったが、とにかく痛みに歯を食いしばって、体を起こすしかなかった。

「そうそう。頑張って。キャハハ!」

アイコの無邪気そうな笑いが、何よりも恨めしかった。

「お前さ、女の子のパンチラとか好きなの? さっきからアタシのスカートの中覗いてるけど」

エリカの言葉に、カズシはギクッとした。
見ないようにはしていたが、目をそらすと怒られてしまう。
視界の中に、あんなにも短い女子高生のスカートがあれば、目が行ってしまうのが男の本能だった。

「あー、男子って好きだよねー。パンチラ」

「なんでパンツなんかで興奮するんだろうね」

すると、イズミが立ち上がって、カズシの目の前にきた。

「興奮すんの? 女子のパンチラ見て?」

カズシは必死に首を横に振った。
イズミもエリカに負けず、なかなかの美人だった。エリカよりも長身で、キレイ系が好みの男子なら、むしろエリカより評価は高いかもしれない。
普段、短いスカートで長い脚を晒して歩いている姿に、多くの男子生徒たちは密かに興奮してるのだ。それを思い出すと、カズシのペニスは反応してしまいそうだった。

「じゃあ、パンチラとオッパイと、どっちが好きなの?」

答えようがない質問だったが、答えないわけにもいかなかった。

「その…オッパイの方が…」

「ふうん。じゃあ、見てみる? アタシのオッパイ」

イズミはおもむろに、上着のカーディガンとブラウスの襟を広げた。
ちょうどカズシの鼻先に、ツンと盛り上がった形の良い胸の谷間が見えそうになった。

「あ…」

思わず覗き込もうとすると、ズン、と重たい衝撃が股間に走った。

「ぐえっ!」

イズミの膝が、カズシの股間を打ち抜いたのである。

「見てんじゃねえよ、ヘンタイ!」

さっと胸を隠して、イズミは背を向けた。

「うぐぐ…」

金玉の痛みは、小さなものでも長く下半身にとどまり続ける。
先程からいたぶられ続けているカズシの金玉には、相当な量のダメージが残っており、それがジンジンと腰に響いていた。そこへまた、強烈な膝蹴りをくらったのである。
倒れてしまわないように、カズシは近くにあった机に手をつくしかなかった。

「あー。痛そー。チンチンもしぼんじゃったねー」

「今のは、半勃ちくらいまでいってたね。もう潰しちゃっていいんじゃない?」

「うーん。まあ、ガチガチに勃起したら、潰すって言っちゃったから。とりあえず、様子見ようかなあ」

女の子たちは、明らかに楽しんでいた。
そもそもカズシが授業中に勃起したことも、恥ずかしいことだが、彼女たちに責められる筋合いはないはずだった。
それがなぜ、こんなことになってしまっているのか。カズシにはいくら考えても分からなかった。

「そっかあ。オッパイは好きだけど、パンチラはあんまりなんだあ。じゃあ、こういうのもダメかな?」

アイコが立ち上がって、クルリと振り向いた。
そしてそのまま前屈するように前かがみになると、アイコの短いスカートの中は丸見えになってしまう。

「あ…」

アイコは学校指定の黒いタイツを履いていたのだが、タイツの奥に透ける白いパンティーは、むしろ生のパンティーよりもエロティックだった。

「お、勃ってきた!」

「え? ホント? なんだ。パンチラも好きなんじゃん。ほらほら。女子高生のパンティーだよー。触ってみるー?」

アイコは後ろ向きのまま、おどけるように腰を振って、カズシに近づいてきた。
カズシの股間はまだ痛み、まっすぐには立てない状況だったが、それはそれとして、アイコのお尻からは目が離せない。

「えい!」

本当に手が届きそうなところまで迫ってきたとき、アイコの右足が後ろに跳ね上げられた。
堅い踵が、カズシの股間をひしゃげさせる。

「うぐっ!!」

カズシが最初に感じたのは、痛みではなくアイコの黒タイツのザラッとした感触だった。
その後で、大きな波紋が広がるようにして、痛みが体中に伝わってくるのである。

「あぁうう…!!」

ハンマーで腰骨を叩かれるような鈍痛。しかしカズシは股間をおさえることも、座り込むこともできず、机を抱えるようにして、足踏みを繰り返した。

「後ろ回し蹴り! 決まったぁ! カッコいい? キャハハ!」

アイコがはしゃぐ間も、カズシの鈍痛はますます彼の体力を奪っていった。
もはや立っていることさえ辛く、体中から冷たい汗が流れ始めていた。

「今のも、半勃ちくらいだったね。やっぱりヘンタイだよ、コイツ」

「そうだね。これはもう、確定だね」

真打登場というように、いよいよエリカが立ち上がった。

「ハア…ハア…。あの…もう、ホントに…」

憐れみを乞うように、カズシはエリカの顔を見上げた。
しかしエリカは、そんなカズシの顔を見ると、むしろますます苛めてやりたくなるようだった。

「何? もうやめてくださいって? どうしようかなあ。ほら!」

言いながら、カズシの股間を軽く蹴り上げた。
ほんのかする程度の蹴りだったが、すでにカズシの睾丸は、ちょっとしたダメージすら許容できなくなってしまっている。

「はうっ!」

思わず、股間を両手でおさえて丸まってしまう。
強烈な痛みに、脂汗を流し、歯を食いしばって痛みに耐えるしかない。
ふと見上げると、そんな自分の姿を、女の子たちが面白そうに見つめていた。

「あーん。キンタマ、いたーい! アハハハ!」

女の子たちは、カズシと同じように股間を両手でおさえ、内股になり、声をそろえて笑った。
それは、急所である金玉を持たない女の子たちが、男に対して最も優越感を感じる瞬間だったかもしれない。
逆にカズシの方は、自分が今味わっている痛みや苦しみを決して味わうことのない女の子という存在に、心から羨望を感じざるを得なかった。

「ったく、男ってホントに情けないね。ちょっとキンタマ蹴られたくらいでさ」

「そうだねー。アタシ、女に生まれて良かった―。絶対ヤダもん、キンタマとか。邪魔じゃない?」

笑い転げた女の子たちは、目に涙さえ浮かべていた。

「アハハハ! あー、ウケた。面白かったあ」

エリカも、先程までの冷たい表情が消えて、若干顔が明るくなったように見えた。

「スッキリしたんじゃない? 良かったね」

「ホント。まあ、なんかありがとね。実はさ、昨日彼氏と別れて。なんかイライラしてたんだよね。浮気されたからさ。男とか、マジでありえないと思ってたから」

「そんな時にエロい男見たら、そりゃあイラつくよねえ」

「そうそう。でもなんか、コイツの情けないトコ見て、スッキリしたかも。男ってバカだね。みんな、エロくてバカ。ハハハ」

エリカたちは、何やら納得したように話していたが、それがもし事実だとしたら、カズシにとってはとんだとばっちりだった。
そんなことで、自分は金玉を潰すと脅され、弄ばれるようなテストをさせられて、トラウマになりそうな痛みを与えらえているのだ。
それを思うと、カズシにも怒りが込み上げてきたが、ここで終わってもらえれば、それに越したことはない。ヘタな抵抗はしない方がいいと、カズシは思った。

「じゃあ、もうそろそろ時間だね。最後にアタシがやってあげるよ」

そう言うと、エリカはおもむろにカーディガンのボタンを外し、さらにブラウスのボタンまで外し始めた。
ベージュのブラジャーに包まれた、豊満な乳房が露わになる。

「おー。エリカ、やっぱ胸大きいねー」

「マジで? ユキエちゃんほどじゃないけどね。ほら。大好きなオッパイだよ? 触りたい? 触ってみる?」

エリカ自らの手で下から持ち上げると、乳房は柔らかそうに揺れた。
痛みに喘いでいたカズシだったが、その様子から目をそらすことはできなかった。

「あ、勃ってきた。早いなあ。もう半勃ちくらい」

アイコがしゃがみこんで、カズシのペニスを指さす。

「ふーん。でもまだ半勃ちか。じゃあ、こういうのはどう?」

エリカは胸をしまうことなく、スカートの中の下着に両手をかけた。
何をするかとカズシが見ていると、なんとそのまま、下着を降ろし始めてしまった。

「ほら。アタシのパンティー。欲しい? 匂い嗅いでみる?」

たった今脱いだばかりのベージュ色の下着を、カズシの目の前でブラブラと振って見せた。

「やだあ。匂い嗅ぐとか、ヘンタイじゃん」

「いいじゃん、コイツ、ヘンタイなんだから。嗅ぎたいでしょ?」

「あ…いや…その…」

さすがにためらいがちに目を伏せると、なんとエリカが自ら、カズシの頭に自分の下着を被せてしまった。

「あっ! ん…」

鼻を突き抜ける、ほのかな汗の匂い。額にはかすかな温かみを感じた。

「はーい。ヘンタイの出来上がりー! アハハハ!」

下半身を露出して、女子高生の下着を頭にかぶったその状態は、言い逃れようのない変態の姿だった。

「キャハハハ! マジでヘンタイだね。写メろう、写メろう」

「あ、アタシも」

女の子たちが携帯を構えだすと、カズシはハッと我に返って、下着を頭からとろうとしたが、エリカの手がそれを制した。
さらにエリカは、カズシの耳元で囁く。

「アタシ、今ノーパンだよ。お前のガチガチのチンコ見て、濡れちゃってるかも。それも見せてあげようか?」

気がつくと、カズシのペニスは天を突き刺すように勃起していた。
カズシはそれが何を意味するか理解したが、目の前にぶらさげられた餌を見逃すことはできなかった。

「は、はい…」

とめどない痛みと激しい興奮を同時に味わい、カズシの頭はもうパニック状態だった。
エリカは小さく笑うと、そのスカートにそっと手をかけた。

「あ…」

いつも目で追っていた、超ミニのスカートの奥、白い太ももの付け根に、ささやかな茂みが見えたかと思った瞬間、カズシの意識は飛んだ。
紺のハイソックスに包まれたエリカの脚が、しなる鞭のようにカズシの股間に突き刺さったのである。

ズゴッと、骨と骨がぶつかるような音がして、カズシの体は一瞬、宙に浮いた。
ザワッとした感覚が背中を突き抜け、それは脳天にまで達する。
痛みと呼ぶにはあまりに大きな苦痛の波が、カズシの全身にくまなく広がってくのが分かった。

「ぎゃうんっ!!」

得体のしれない叫び声を上げて、カズシはそのまま仰向けに倒れてしまった。
もはや股間をおさえようとする意識もなく、カエルがひっくり返ったように股を開いて、ビクビクと痙攣している。
その目は虚ろで、半分白目をむいているようだった。

「おおー! なんか、すごかったね」

「白目むいちゃってるよ。キャハハ!」

「うーん。なんか、手応えあったかも。潰れたかな?」

女の子たちは興味深そうに、しかしどこか面白そうに、痙攣するカズシを見下ろしていた。

「でも、まだ勃ってるよ。これ、気持ちいいってこと?」

「マジで? うわあ。コイツ、ヘンタイだな」

「相当溜まってんのかな。やっぱり、ちょっと懲らしめといて良かったね」

カズシのペニスは、確かにまだ上を向いて、その膨張が静まる気配は無かった。それは興奮によるものではなかっただろうが、どうして勃起し続けているのか、カズシ自身にも理由は分からないだろう。
その時、エリカのポケットで携帯電話が鳴った。

「あ、彼氏だ…」

昨日、別れたという彼氏からの電話をとった。
その様子を、アイコとイズミも興味深そうに見ている。

「もしもし? …うん。今? 学校。…うん、うん。今から? …いいよ。行くよ。…はい。じゃあね」

拗ねたような顔をして、エリカは電話を切った。

「どうしたの? 彼氏? ていうか、元彼?」

小さく笑いながら、アイコが尋ねた。

「うん…。今から、会いたいって。アイツの家で」

「へー。良かったじゃん。より戻すんだ?」

そう言われても、エリカの表情は曇っていた。

「うん…。いや、決めた。今から行って、アイツのキンタマ蹴っ飛ばしてくる」

「え? 彼氏の? いいの?」

「いいよ。今さら呼び出しとか、アタシのことなめすぎでしょ。今のでコツ掴んだから、マジで潰してくるわ」

エリカが決意に満ちた表情をしているので、アイコとイズミは口出しようがなかった。
その間も、カズシは痙攣しながら苦しみ続け、口の端から泡のようなものさえ吐き出してきた。

「じゃあ、アタシたちも帰ろうか。途中まで一緒に行くよ」

「うん。ていうか、見てみたいなあ。キンタマ潰されるところ。家の前まで行っていいでしょ?」

「まあ、それは別にいいけど。じゃあね、久野。お前、もう授業中に勃起とかすんなよ!」

「あ、そうだった。じゃあねー。バイバイ!」

「エリカ、アンタ、パンツいいの?」

「あ、うん。久野にあげるわ。なんか、ちょっと勉強になったし。お礼に」

「それ、いいかもね。匂い嗅いで、いっぱいシコシコしな。じゃあね」

女の子たちは、楽しそうに話しながら教室を出て行った。
カズシが意識を取り戻したのは、下半身丸出しで寝ているところを、戸締りにきた用務員に発見される数時間後のことだった。


終わり。


// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク