FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。

「音、するよ。だって、テレビでやってたもん」

「ウソ。そんな音しないよ」

「えー。だってぇ…」

4年生のハルカとユウナが、何やら話し合っていた。
ハルカは音がするといい、ユウナはしないという。
何の話をしているのか、側を通りかかった男性教師の井口が、声をかけた。

「君たち、何の話をしてるの?」

井口は二人の担任ではなかったが、メガネをかけた優しそうな雰囲気は、クラスを問わず人気があった。

「あ、先生。聞いて。ユウナちゃんが、わたしはウソつきだって言うの」

「だって、ウソついてるんだもん。ウソつきとは言ってないよ」

「ウソ! 言ったよお」

「言ってない! ウソつかないでよ、ハルカちゃん!」

「ほら、また言った! ユウナちゃんの方が、ウソつきじゃない」

「それはだって、ハルカちゃんが…!」

子供のケンカは、ときに収拾がつかなくなる。
井口は、会話に入ったことを少し後悔したが、このまま放っておくわけにもいかなかった。

「はいはい。分かったから。二人とも、ちょっと待って」

先生の言葉に、ハルカとユウナは渋々口を閉じた。

「ハルカちゃんもユウナちゃんも、ウソつきじゃないってことは、先生がよく知ってるから、大丈夫。もともとの話は、何だったの? 何の話でケンカになったの?」

「それは…」

「別に…」

二人はとりあえず落ち着いたようだったが、井口の問いかけには、口ごもった。
すると突然、何かに気がついたように、ハルカが顔を上げた。

「先生! わたしがウソつきじゃないってこと、証明してみてもいい?」

「ん? 証明って…」

「先生が協力してくれれば、証明できると思うから。お願い、先生!」

井口にとっては、まったく意味の分からないことだったが、生徒がウソつきでないことを証明したいとなれば、協力しないわけにはいかなかった。

「うん。先生でよければ、手伝うよ。ユウナちゃんも、それでいいかな?」

「別にいいけど…。先生がよければ」

ユウナは意味ありげにつぶやいた。

「じゃあね、先生。ハルカと手をつないで」

ユウナの言葉は気になったが、完全にその気になっているハルカに、井口は両手をあずけてしまった。
二人は両手をつないで、向かい合った状態になる。

「はい。これでいい? それで、ハルカちゃん。何を話してたの?」

「あのね。キーンって音がするかどうかってことなの。蹴った時に」

「え? キーンって音?」

その言葉に、一抹の不安が頭をよぎった時には、すでに遅かった。
ハルカの右足が、井口の股間めがけて振り上げられ、その小さな足の甲が柔らかい塊を跳ねたとき、井口の頭の中には、何かが弾けるような音が響いた。

「はうっ!」

思わず井口は、つないでいたハルカの両手を、強く握りしめた。
しかしそれも一瞬のことで、すぐに全身の力が抜けて、その場に膝をついてしまう。
痺れるような鈍痛が、井口の下腹部から湧き上がってきた。

「音、した? キーンって」

「してないよ。だから、キンタマ蹴っても、そんな音しないって言ったじゃん」

振り向いたハルカに、ユウナがそれ見たことかと言い放った。

「だって、テレビではしてたんだもん。蹴ったらキーンって音がするから、キンタマっていうんじゃないの?」

ハルカは本気でそう信じていたようで、さも残念そうだった。

「違うよ。キンタマのキンは、金色の金だよ。金でできた玉が入ってるから、キンタマっていうんだよ」

「えー。そうなの? 違うよね、先生? キーンって音がするから、キンタマなんだよね?」

ハルカは、井口の両手を握ったままだった。
その手には力がまったく入っておらず、ブルブルと震えている。
井口は、突然自分の急所を蹴り上げたハルカを、大声で怒鳴りたい気持ちだったが、股間から湧き上がってくる痛みに耐えるのに精いっぱいだった。

「あれえ? 先生、大丈夫? 痛かった?」

ハルカは、ようやく井口の痛みが尋常でないことに気がついたようで、自らノックアウトした相手を、顔を覗き込んで心配した。

「う、うん…ちょっとね…」

井口はようやく、それだけ言うことができた。

「ほらあ、ユウナちゃん。先生、痛いみたいだよ。キンタマが金でできてるなら、すごい硬いはずでしょ? こんなに痛がるはずないじゃん」

ハルカが言うと、ユウナも少しむくれた様子で返した。

「えー? だって、キンタマは大事なトコロっていうもん。大事ってことは、金でできてるんじゃないの?」

「違うよ。やっぱり、キーンって音がするから、キンタマなんだって。今のはさ、蹴り方が悪くて、小っちゃい音しかしなかったんだよ。だから、ちょっとしか痛くないんだよね、先生?」

ちょっと痛い、と言った意味を、ハルカは自分流に解釈してしまったようだった。
しかし、股間に睾丸のぶら下がっていない、金玉の痛みを一生知ることのない女の子たちの無邪気な勘違いを、否定する気力は今の井口にはない。

「じゃあ、色が金色ってだけなのかなあ。でも、それじゃあ別に大事なトコロじゃないよね。ただ、蹴られたら痛いだけだもん。いらないトコロじゃない?」

「だからあ。蹴り方がダメだったんだってば。もう一回、他の男子のを蹴ってみようよ。絶対、キーンって音がするって」

「うーん。じゃあさ、クラスの男子の誰かを呼び出して…」

ハルカとユウナは、痛みに苦しむ井口のことなどすでに眼中にない様子で、次に金玉を蹴る男子を誰にするか、話し合い始めた。

「次はさ、キンタマの色も見てみようよ。わたし、ちゃんと見たことないんだ。だから、体育倉庫とかに呼び出して…」

「うん、そうしよう。ショウタあたりがいいかなあ。アイツ、呼び出したら、すぐ来そうじゃない?」

「そうだね。次こそ絶対、うまく蹴りたいなあ。あ、先生、ありがとうね。わたしたち、もう行くね」

「また今度、蹴らせてもらおう。じゃあね」

ハルカとユウナは、新しい遊びでも見つけたかのように、わくわくした表情で立ち去って行った。
これから、一体何人の男子生徒が、彼女たちの犠牲になるのか。井口はそれが恐ろしかったが、かといって、彼女たちを止める元気もなかった。


スポンサーサイト
[PR]



放課後の、人気のない体育倉庫。
こんな場所に、人目を気にするようにしてショウタがやってきたのは、同じクラスのユウナに呼び出されたからだった。

「ねえ、ショウタ。ちょっと話があるんだけど。後で、体育倉庫に来てくれない?」

休み時間が終わろうとする間際、突然、ユウナがそんなことを言ってきたのだ。

「え? 何だよ。何の話?」

「大事な話。ハルカちゃんがアンタに…ていうか、来れば分かるから。一人で来て。お願いね」

それだけ言って、ユウナは立ち去ってしまった。
実際、こんなことを言われれば、十中八九、男子は女の子からの告白だろうと思ってしまう。
ショウタもそのつもりで、しかし、そんなことは表情には出さずに、そわそわした気持ちで、体育倉庫を訪れたのだった。

「ショウタ。こっち、こっち」

体育倉庫の側によると、扉の隙間から、ユウナの顔が覗いた。
どうやら、すでに中でショウタが来るのを待っていたらしい。
ショウタは無言のままうなずいて、体育倉庫の中に入った。
中に入ると、薄暗い蛍光灯の光の下に、ボールのいっぱい入ったかごや跳び箱、体操用のマットなどが、所狭しと並んでいた。

「一人で来た?」

「あ、うん…」

奇妙な緊張感が漂い、ショウタはいつもとは違う、落ち着かない様子だった。

「ちょっと待ってて。今、ハルカちゃんが来ると思うから。緊張してる?」

そう言ったユウナの方も、少し緊張しているようで、やはりどこか落ち着かない雰囲気だった。

「は、はあ? 別に、緊張とかしてねえし。ていうか、何の話なんだよ。俺、別にハルカとあんまり話したことねえし…。どっちかっていうと…その…ユウナの方が…」

薄暗い密室で、二人きりになってしまうという突然の状況に、ショウタはずいぶん戸惑っているようだった。
ハルカが自分に告白をしにくるものだと勘違いして、自分の中で勝手に話を進めてしまっている。

「あ、そうだ! ショウタってさ、空手習ってるんでしょ? ちょっと教えてよ」

ショウタの気持ちを知ってか知らずか、ユウナは突然、そんなことを言い出した。

「はあ? いや、うん。習ってるけど…」

「でしょ? ねえ、空手ってどうやるの? こうやって構えるの?」

ユウナは不器用な様子で、空手の正拳突きらしきポーズをとった。
ショウタは戸惑いつつも、これはいいところを見せるチャンスだと思った。

「え? いや、違うよ。もっと腰を落としてさ。足を開いて」

「こう?」

「うん、そうだな。それで、手を腰に当てて」

「こうやるんだ。えい!」

ユウナの不器用な正拳突きに、ショウタは思わず吹き出してしまった。

「えー? 違うの? ねえ、ちょっとやって見せてよ」

「え? しょうがねえなあ」

運動の苦手な女の子に手ほどきするというのは、男の愉悦の一つである。
それは、自分の肉体の躍動を見せつけて、雄を感じさせる行為だ。
小学生とはいえ、ショウタにもその男の本能は芽吹いていた。嫌々ながらというフリをして、得意の空手の構えをとるのだった。

「こうやって、グッと腰を落とすだろ。これが大事なんだよ。それで、腹に力を入れて、拳を前に出すんだ。やあっ!」

ショウタが気合と共に、拳を突き出した瞬間、背後の跳び箱の陰から、突然ハルカが現れた。
そして無言のまま、大きく広げられたショウタの股間に、狙いすました蹴りを浴びせた。

バシン!

と、ショウタの股間に衝撃が走った。
ショウタは一瞬、何が起こったのか分からなかったが、沈めた腰が浮くほどのその衝撃は、男の本能的な警報を脳内に響かせるのに、十分すぎるものだった。

「はっ…うっ…!!」

背後を振り返る余裕もなく、あっという間に、ショウタの体は前のめりに崩れ落ちた。
震えるような鋭い痛みが、まず脳天に突き抜けて、その後で、下腹部をねじられるような鈍痛が、じわりじわりと襲ってくる。
その時にはすでに、ショウタの体は床の上で海老のように丸くなってしまっていたが、本人はそんなことに気がつく余裕もなかった。

「音、した?」

「ううん。してない。バシンっていったよ」

ショウタを呼び出して、油断させ、足を開かせて、ベストな状態で蹴り上げる。
すべてがハルカとユウナの計画通りに行ったが、金玉を蹴ったときの音だけが、ハルカの予想と違っていた。

「ウソぉ。今のは、すっごい手ごたえがあったのに。なんで、キーンって音がしないの?」

「だから、そんな音しないって言ってるじゃない。もう、ハルカちゃんは頑固なんだから。ねえ、ショウタ。キンタマは金でできてるから、キンタマっていうんだよね?」

ユウナの問いかけにも、ショウタはまったく気がつかない様子だった。
顔を覗き込むと、これでもかというくらいに歯を食いしばり、目をつぶって、小刻みに震えている。
男だけが味わう最も苦しい痛みと、懸命に闘っている最中なのだ。

「ねえ、すっごい痛がってるよ。そんなに痛いのかなあ?」

「うん。だって、思いっきり蹴ったもん。井口先生のときの倍くらい」

「あー、そっかあ。じゃあ、痛いだろうねえ。ねえ、ショウタ、大丈夫?」

ほとんど止まっていたショウタの呼吸が、ようやく回復したようだった。
全身を強張らせながら、細く長く、息を吐き出している。思い切り呼吸してしまえば、それだけでも股間の痛みが増しそうだったのだ。

「あーん。でも、思いっきり蹴っても、キーンって音がしないんだあ。何でかなあ。やっぱり、テレビで見たのはウソだったのかなあ」

「そうだよ。だって、テレビだもん。でもさ、そのテレビでは、どうやってたの? やっぱり、蹴っとばしてたの?」

内臓を掻き回されるような、絶望的な痛みに耐えている横で、その痛みを与えた女の子たちが、無邪気に話をしている。
その理不尽さと、金玉を持たない女の子の残酷さを、ショウタは文字通り痛感していた。

「うーんとね…。その時は、女の人が後ろから蹴ってたのかなあ。こうやって。潰れろーって。…あれ? そうだ! そうだよ」

「どうしたの?」

「その女の人ね、潰れろーって言ってた。だから、そうなんだよ。潰れないとダメなんだよ! 潰れたときに、キーンって音がするんじゃない?」

痛みに震えるショウタの背筋が寒くなるようなことを、ハルカが口走った。
今、彼が両手で必死におさえている二つの睾丸は、どうやら潰れるまでには至っていないらしい。しかし逆に言えば、潰れなくてもこれほど痛いのに、もし本当に潰れてしまえば、どうなるのか。
想像もしたくないような地獄の苦しみが、ショウタの背後まで迫ってきていた。

「えー。そうなの? キンタマって、そんなに簡単に潰れちゃうのかなあ。金でできてるのに」

「それは、ユウナちゃんがそう言ってるだけじゃない。ていうか、今、ショウタのを蹴った時も、全然硬い感じしなかったよ。ふにゃっとして、柔らかい感じだったもん」

「ホントに? でも、キンタマは漢字で書くと、金色の玉なんだよ。金じゃないのに金玉って、おかしくない?」

「それはそうだけど…。でもさ、金魚だって金色じゃないのに、金魚だよ。それと一緒なんだよ」

「あー、そっかあ。そうなのかなあ」

女の子たちが他愛もない会話をしている間、ショウタは必死でこの場から逃れようとしていた。
まだ股間の痛みは重く、立ち上がれる状態ではなかったが、なんとか逃げ出さないと、下手をすれば金玉を潰されてしまうかもしれないのだ。
股間を両手でおさえながら、這いずるようにして、扉の方へ向かった。




「あ、ショウタ。まだだよ。ちょっと待って」

芋虫のように這いずるショウタの前に、ハルカが立ちはだかった。
その何気ない様子が、ショウタにとっては逆に恐怖だった。

「ねえ、ショウタ。キンタマが潰れたら、キーンって音がするんでしょ? そうでしょ?」

ハルカは、背中を丸めて苦しむショウタをまたいで、見下ろした。
息が詰まるような痛みの中で、ショウタは返事をする。

「ち、違うよ…。そんな音…しない…」

「ウソ。絶対するよ。しないと、おかしいじゃん」

「おかしいって…。そんなこと言われても…」

すると、今度はユウナが、ショウタの顔の近くにしゃがみこんで聞いた。

「じゃあさ、キンタマって何色なの? やっぱり、金色なんでしょ?」

「いや…金色っていうか…。肌色…だよ…」

実は密かに想いを寄せていたユウナの口から、キンタマという単語が出て、しかもその色に興味を持っていることを知った時、ショウタはさすがに恥ずかしくなってしまった。

「ウソ―。金色じゃないの? なんで? どうして?」

「なんでっていうか…」

「ていうか、ちょっと見てみようよ。ズボン脱がせよう。もともと、そのつもりでここに呼び出したんだし。ちょっと手、どけてね」

そう言うと、ハルカは有無を言わせずに、ショウタの両手を掴んで、股間から離してしまった。

「あ! おい、やめろって…」

必死に抵抗しようとするが、まだショウタの体には力が入らなかった。
そして、頭上に回り込んだユウナが、ショウタの両手をハルカから受け取った。

「いいじゃん、キンタマ見せてよ。お願い」

ユウナにそう言われると、恥ずかしいような情けないような気持ちになり、ショウタは抵抗する気力を失ってしまった。
しかし、ハルカの方はそんな微妙な気持ちを理解するはずもなく、問答無用とばかりに、ショウタのズボンとパンツを、一気にずりおろしてしまった。

「よいしょっと。あー。ほら、やっぱり。金色じゃないじゃん、ユウナちゃん」

「えー、ホント? あ、ホントだあ。肌色だね」

クラスの女の子二人が、自分の股間に注目している。
そんな異常な状況に、ショウタは顔を赤らめることしかできなかった。

「てことは、やっぱり潰れたらキーンっていうから、キンタマなんだよ、きっと。金色ってことじゃないんだ。ね? そうでしょ?」

「ち、違うって…! 潰れたって、そんな音しねえよ!」

「ウソだー。ていうかショウタ、アンタ、キンタマが潰れたことあるの?」

「え? そ、それは…ない…けど…」

ショウタの脳裏に、絶望的すぎる想像が浮かんだ時、ハルカはすでにショウタの股間にぶら下がった、小さな陰嚢を掴んでいた。

「うっ!」

ショウタの睾丸に、再び鈍い痛みが走る。

「じゃあ、分かんないじゃん。潰してみないとさ」

にっこりと笑ったハルカの顔が、ショウタには悪魔がほほ笑んだように見えた。

「えっ…! いや、そんな…! 分かるよ。潰れなくても分かるって! 自分の体なんだし…!」

「そうだよ、ハルカちゃん。潰したりしたら、すごい痛そうだし、かわいそうだよ。それにさ、アタシ、今見てて思ったんだけど…」

すると、ユウナもまた、ショウタの陰嚢に手を伸ばして、中に入っているデリケートな睾丸をつまみ上げた。

「これって、キンタマ袋ってヤツなんでしょ? この中に、ホントのキンタマが入ってるんだよ。それで、中のキンタマが金色なんだよ、きっと」

「えー。そうなのかなあ。コレ? このコリコリしてるやつ? 二つあるんだね」

「そうそう、コレ。ホントだ、二つあるね」

女の子たちが無造作に握りしめているものは、ショウタにとって命の次に大切な急所だった。
その急所がどう扱われるか、まさしく彼女たちの気分次第であることを理解すると、ショウタは完全に屈服してしまったような気持ちになり、女の子たちが恐ろしくなった。

「ねえ、ショウタ? 中に入ってるキンタマが、金色なんでしょ?」

「え…いや…どうかな…。見たことない…」

「えー? 自分の体だから、分かるって言ってたじゃん。ウソつきー。出せないの、コレ? どっかから出そうだけど…」

ユウナはそう言って、ショウタの陰嚢を熱心に揉み始めた。
引っ張ってみたり、押し込んでみたりするが、彼女が思うように、袋が開いたりはしなかった。

「うっ! はあっ!」

普段なら、くすぐったい程度の揉み方だったが、先ほど思い切り蹴られたショウタの金玉は繊細で、ユウナが手の中で動かすたびに、ショウタの息が上がった。

「ウソ。これだけでも痛いんだ?」

「えー。ちょっと触ってるだけなのに。大事なトコロって、そういう意味なのかなあ。大事に守らなきゃいけないってこと?」

「そうなのかなあ。ていうか、キンタマって何のためについてるの? おしっこするなら、チンチンだけでいいんじゃないの?」

「ホントだね。ねえ、なんでついてるの、コレ? 痛いなら、いらないんじゃないの?」

「し、知らねえよ! でも、キンタマは大事なんだよ。キンタマがなかったら、男じゃねえんだぞ! 男にとって金よりも大事だから、金玉っていうんだろ!」

女の子たちに金玉を蹴られ、さらに直接いたぶられて、ショウタの男としてのプライドは、ズタズタになる思いだったが、それでも自分についている男のシンボルの存在だけは、否定したくなかった。
痛みと悔しさで、いつの間にか涙まで流してしまっていた。
しかし、これが意外にも、女の子たちを納得させたようで、二人は顔を見合わせて、うなずいた。

「あー、そっかあ。そういうこと?」

「キーンって音がするとか、金色だからとかじゃないんだあ」

「確かに、キンタマがなくなったら、男じゃないもんね」

「蹴られたら、泣いちゃうほど痛いんだもん。そんなのを守らなくちゃいけないから、大変なんだね、男って」

急所を握られ、潰されるかもしれないという絶体絶命の状態で出た、苦し紛れのショウタの言葉だったが、案外それが、女の子たちの心に響いたようだった。
ショウタは、涙に濡れた目で、体育倉庫の天井をじっと眺めていた。

「だからさ、二個あるんじゃない? 一個潰れてもいいように、予備なんだよ、きっと」

「そっかあ。じゃあ、一個は潰れても平気なんだね」

え?と、ショウタは再び顔を向けた。
そこにはやはり、かわいい顔をしたクラスの女の子二人が、自分の金玉袋を握りしめている。

「ごめんね、ショウタ。ちょっと我慢してて」

「一個だけだから。キーンって音がするかどうか、確かめるだけだからさ」

震えながら首を振っても、もはや彼女たちにショウタの思いは届かなかった。

「いくよ。えーい!」

「ぎゃあああっ!!」

ショウタの金玉が無事だったかどうか。
それは誰も知らない。


終わり。


// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク