FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


家族連れでにぎわう、昼下がりの遊園地。
大型連休2日目の今日の目玉は、メインステージで行われる戦隊ヒーローのショーだった。
「ボールレンジャー」と名づけられたそのヒーローは、魔法のボールに見出された5人の戦士たちが、悪の宇宙人たちと戦うという、典型的な戦隊ヒーローの設定だった。

「よし、みんな! 正義の力を見せてやろう!」

「おう!」

戦隊のリーダーであるボールレッドの、勇ましい掛け声と共に、闘いの火ぶたが切られた。
この戦隊には、レッド、ブルー、グリーン、イエロー、ピンクの5人がおり、ピンク以外の4人は男だった。
紅一点のピンクは、鮮やかなテクニックで、迫りくる戦闘員たちを、次々となぎ倒していく。
他の4人も、剣や武器を使ったりして、戦闘員たちを倒していった。
中でも怪力キャラのイエローは、戦闘員を両手で高々と持ち上げたりして、その力を子供たちにアピールしている。
テレビでは味わえない、臨場感たっぷりのステージに、子供たちは大興奮だった。

しかし今日はここに、大きな不満を持ったままステージに上がった人物がいる。
彼女の名は、蓮田ミチル。
中堅のスーツアクターとして経験を積み、今回のシリーズでは、中ボスである悪の女帝・クラッシャークイーンに抜擢されていた。

「行け! 我がしもべたちよ!」

台本通りに、戦闘員に指示を出すミチルだったが、その心中は穏やかではなかった。
もともと、彼女は戦隊ヒーローに憧れて、この世界に入った。
端正な顔立ちと、天性の運動神経を持った彼女は、順調にキャリアを積んでいき、今回の「ボールレンジャー」で、初のピンク役をつとめることになると、確信していたのだ。
しかし、蓋を開けてみれば、大手事務所から送りこまれた新人女優に、あっさりとピンクの座を奪われ、自分は中ボスとはいえ、悪役を任されることになってしまった。
ミチルはプロとして、自分に与えられた仕事はきっちりとこなすつもりだったが、かえってその姿勢が、不満を内に溜めることになってしまったようだった。

(あんな女より、私の方が絶対ピンク役に合っていたのに…)

目の間で可憐に戦っているボールピンクの姿を見るたび、ミチルの心にはもやもやとした不満が募るのである。
もちろん、今、ステージに上がっているボールピンクの中身は、大手事務所の新人女優ではなく、ミチルの知り合いのスーツアクターだった。
しかしそれもまた、ミチルの不満の一つなのである。

(私だったら、演技もアクションも、両方一人でできるのに。あんな、外見だけの女を使って…)

ピンク役を任されたその新人は、もともとグラビア出身であり、ヒーローらしいアクションは何一つできなかった。
むしろ運動神経は悪い方で、なるだけ彼女のシーンには激しい動きがないように、演出家などが苦労していることも、ミチルは知っている。

(大体、このボールレンジャーってのは、なんなのよ。運動オンチのピンクを使ったり、セリフもろくに読めないブルーだったり…。今回のシリーズは、完全に失敗ね)

ミチルの不満は、すでにボールレンジャーという番組全体にまで及んでいるようだった。
そんなことを考えているうちに、戦闘員たちは全員倒されて、悪役はミチルのクラッシャークイーンだけになってしまう。

「よおし! 覚悟しろ、クラッシャークイーン! 今日こそ、お前を倒してやる!」

「ホホホホ! そう、うまくいくかしら?」

クラッシャークイーンは、妖艶に笑った。
戦隊ヒーローシリーズには、大抵、このようなお色気担当の悪役がいるものだが、クラッシャークイーンもその例にもれず、ハイレグ水着のような衣装をベースに、露出度の高い格好をしていた。

(よく考えてみれば、これも不思議な話よね。正義のヒーローっていうのに、5対1で戦おうっていうんだから。力の差があるっていう設定だけど、ちょっとした集団リンチよ)

ミチルは頭の片隅で、そんなことを考えていた。

(私だったら、5人相手に戦うとき、どうするかな…。やっぱり、一撃で仕留めないといけないから…)

ミチルはスーツアクターを目指す上で、武道の経験も必要と思い、学生時代に空手や柔道の道場に通っていたことがあった。
しかもその道場で、それぞれ二段や三段の腕前を持っているという。

(男には、金的蹴りが一番ね。大体、ヒーローだからって、金的攻撃を受けないのもおかしな話だわ。命がけの戦いなんだから、急所は絶対に守るべきよ。テレビを見ている子供たちにだって、そういうことを教えていかないと…)

ミチルが、前々から疑問に思っていたことだった。
ヒーローの全身タイツの、もっこりふくらんだ股間を、なぜ誰も攻撃しないのか。
カッコよくポーズを決めているつもりでも、その足は大きく開かれて、ミチルにとっては絶好の的だった。

「うおおぉっ!!」

やがてボールイエローが、ステージの隅に用意されていたドラム缶を持ち上げた。
怪力のイエローがドラム缶を投げつけて、クラッシャークイーンは華麗にそれをかわすというのが、予定された動きだった。

(あんなに足を開いて。バカみたい。強いつもりなの?)

ミチルの頭に、そんな考えが浮かんだ時、もう、どうにでもなればいいという気持ちになった。

「イエロー!」

「すげえー! 頑張れー!」

子供たちの声援が飛ぶ中、イエローはドラム缶を投げつけようとした。
その時。

スパン!

と、クラッシャークイーンの金的蹴りが、ボールイエローの股間に決まった。

「はぐぅっ!」

ボールイエローの体から、一瞬で力が抜けた。
ドラム缶を落とし、両手で股間をおさえて、その場にペタンと尻もちをついてしまう。

「くくく…」

録音されたイエローの声ではない、中に入っているスーツアクターの苦しみの声が、静まりかえったステージに響いた。



スポンサーサイト
[PR]



(あ…。やっちゃった…)

ミチルはさすがにしまったと思ったが、ステージを止めるわけにはいかない。
ボールレンジャー達の声は、全て録音されたものであり、台本通りのことしか言えないのだ。
この場では、唯一ミチルだけが、アドリブに対応できる存在だった。

「…ホホホホ。油断したな、ボールイエロー!」

なんとか戦いを進めようとした。
ボールレンジャー達も、それについていこうと、必死に動きをとった。
「とおっ!」とか「やあっ!」などの掛け声だけなら、ある程度合わせられるはずだった。

「イエロー! 大丈夫―?」

「どうしたの、イエロー!」

子供たちから応援と、そして疑問の声が上がっていた。
子供たちにしてみれば、あんなに力強いボールイエローが、軽い蹴り一発で倒れてしまったのが、不可思議なようだった。
まさか、ヒーローも金的が急所だとは思ってもいなかったのである。

「…ホホホホホ! ボールレンジャー達よ! お前たちの弱点は知っておる! お前たちの足の間には、大切な魔法のボールが入っているのだろう? 今日は、それを狙ってやるぞ!」

苦境のあまり、とんでもない設定をミチルはブチ込んできた。
もちろん、そんな話はボールレンジャー達をはじめ、子供たちも聞いたことがなかった。
しかし、現実にボールイエローは倒されてしまっている。
そしてさらに、残りのボールレンジャー達も、股間を狙われるのだろうか。
思わず尻込みした彼らに、ミチルの方からしかけてきた。

「えい! そおら!」

クラッシャークイーンは、ボールブルーに素早く近づくと、その股間に膝蹴りを打ち込んだ。
さらに隣にいたボールグリーンに対しては、持っていた魔法の杖で、その股間を打ち上げた。

「あっ!」

「うえっ!」

ブルーとグリーンは、なす術もなく倒れてしまった。
イエロー同様に、股間を両手でおさえ、うずくまって苦しんでいる。
それは演技でも何でもなく、そのヘルメットの下は、普段かいたことのない汗でびっしょりになった、苦痛の表情があるはずだった。

「…く、くっそー!! よくも!」

ボールレッドの声が、ステージに響いた。
もともと、レッド以外のボールレンジャー達が一度やられてしまうのは、台本通りだった。

「ホホホホ! 貴様の魔法のボールも、いただくぞ!」

もはやどうにでもなれと、開き直っているミチルのアクションは、普段、溜まりに溜まっていた感情に忠実だった。
完全に及び腰になっているボールレッドに近づくと、その股間の膨らみを掴み、もぎ取るようにして捻りあげたのである。

「ぐああぁぁ…!」

実は、ボールレッドを演じているスーツアクターは、ミチルの元彼だった。
スーツアクターとしての実力は確かなものの、女癖が悪く、さんざん浮気されて、半年前に別れたのである。
しかも最近では、例のピンク役に抜擢された新人女優に手を出しているという噂を、ミチルは聞いている。
さまざまな恨みつらみがこもった力で、ミチルはボールレッドの睾丸を握りしめていた。

「ホホホホ! どうした、ボールレッド? 魔法のボールが痛いのか? これを取ってしまえば、お前は二度と変身できなくなるぞ。ほおら!」

「あががが…! ミ、ミチル…やめて…」

ヘルメットの下から、元彼の悲痛な声が漏れた。

「レッドー! 頑張れー!」

「負けるな、レッドー!」

子供たちの声援も、レッドには届かなかった。
やがて、レッドの体がブルブルと痙攣し始めたころ、ようやくミチルはレッドの股間から手を放してやった。

「…ぐわぁっ!」

録音されたレッドの声が響いたが、ステージの上のボールレッドは、声を上げることもなく、その場に倒れ込んでしまった。

「フン! 弱いヤツらめ!」

ミチルは完全にふっ切れているようだった。
ステージ上には、股間を抑えて呻いているヒーロー4人と、それを見下ろしていうクラッシャークイーン、そして、無事なのはボールピンクだけだった。
およそ、ヒーローショーとは思えない、異様な光景だった。

「あとはお前一人だ、ボールピンク!」

そうは言ったものの、ミチルはこの後の展開に困ってしまった。
さすがにピンクまで倒してしまうわけにもいかず、考えた挙句に、台本通りに倒されることにした。

「行くぞ! そおら!」

再び、クラッシャークイーンの金的蹴りが唸りを上げた。
ここまで、半ば呆然と事の成り行きを眺めていたピンクは、自分がどうしていいか分からないまま、また、女性特有の股間の無防備さで、ミチルの金的蹴りを受けてしまった。

「…っ!」

他のボールレンジャー達をあっさり沈めたクラッシャークイーンの攻撃が、ピンクにだけは効かなかった。

「な、なに! お前には、効かないのか!?」

もちろん、空手二段のミチルの前蹴りを股間にくらえば、女性でも多少のダメージはあるだろう。
ミチルはとっさに、自分でシナリオをくみ上げ、それに沿って手加減していたのだ。

「ま、まさか…。そうか! お前は女だからだな! 女は、魔法のボールが他の場所に入っているのだな! くそうっ!」

ここで、ミチルはスーツアクター同士にしか分からない、合図を送った。
今が、とどめをさすチャンスだという、合図である。
それを見たピンクは、すぐさま、必殺の飛び蹴りを放った。

「必殺! スーパーボールキーック!」

「ぐわあぁー!」

なんとか音声も間に合い、飛び蹴りが決まった。

「く、くそう…。ボールレンジャー最強の戦士は、ボールピンクだったのか…」

捨て台詞を残して、クラッシャークイーンは退場していった。
後に残されたボールピンクは、周りでうずくまっている他のボールレンジャー達に、声をかけて回った。
なんとか立ち上がって、決めポーズを取らなければ、ステージは終わらないのである。

「う…せ、正義は勝つ…あぁ…」

ピンク以外の4人は、よろよろと立ち上がったものの、前かがみなり、腰に手を当てながら、決めポーズをとった。
そうしてステージは無事に終了したが、その後のボールレンジャー達との写真撮影会は、中止になったという。

ミチルはさすがにとんでもないことをしてしまったと、ステージ終了後に反省したが、意外にも、そのステージの評判は良かった。
それも子供たちよりも、一緒に見に来ていた母親たちに、圧倒的な支持を受けたのである。

「お決まりの退屈なステージではなく、面白かった」

「いつも守られてしまいがちなピンクが、女性の強さを見せつけてくれて、スカッとした」

などの感想が、インターネットのHPに多く寄せられた。

そして、それに興味を持った番組制作会社が、次回は女性がメインとなるヒーロー戦隊を作ろうという企画を出してきたのである。
女性ならではの、しなやかな動きと素早さ、そして必殺の金的蹴りを使って、悪役怪人たちをなぎ倒していく。
その主人公候補として、ミチルの名前が挙がったことは、言うまでもない。


終わり。


// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク