FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


子供たちの遊びというものは、いつ誰が考えたのか、よく分からないまま、流行になってしまうものが多い。
それらは子供らしく単純で、無邪気なものがほとんどだが、中には大人がちょっと思いつきもしないような、過激な遊びもあったりする。
これはそんな、遊びの一つ。
いつ終わるともしれない、流行の一つだ。

「ねえ、ダイチ君も、パンツ見たい?」

学校の廊下の隅で、いきなりそんなことを聞かれたので、大原ダイチは答えに詰まってしまった。

「え? なに…?」

ダイチは一週間ほど前に、この学校に転校してきたばかりで、ようやく5年2組のクラスメイトの名前と顔が一致し始めたころだった。

「見たかったら、見せてあげようか? アタシのパンツ」

ニコニコしながらそう言うのは、クラスメイトの中でも、ダイチがちょっと気になっていた浜崎ミキだった。
ミキはいつも小学生らしくない、オシャレな格好をしているが、今日はフリルのついた可愛らしいスカート姿だった。
そしてそのスカートの裾に、すでに手をかけていて、今にもダイチの目の前でめくってしまいそうな様子なのだ。

「パ、パンツって…。な、何で…?」

必死に平静を装おうとするが、動揺は隠しきれなかった。
思えば、ダイチがこのクラスに転校してきてから一週間、たびたび妙なやり取りを目撃したことがあった。

例えば、昨日の昼休みのこと。

校庭で、一輪車に乗って遊んでいたクラスの女子が、何かの拍子に転んでしまったことがあった。
その周りでは、他に男子も遊んでいたのだが、彼らはみな、慌ててその転んだ女子、サユリの方から目をそらしたのである。
たまたまサユリはスカートを履いており、転んだ拍子に、その中が見えたか見えなかったか、少し離れて見ていたダイチには、判別がつかなかった。

「あいたた…。転んじゃったー。あ、アンタ達、アタシのパンツ見たでしょ?」

サユリは、自分の体の心配よりも、周りにいたクラスメイトの男子達に、目を光らせた。

「い、いや。見てねえよ」

「俺も。ちょうど、あっちの方見てたから」

慌てて目をそらしたシンイチとジンは、明らかに動揺していた。
その動揺は、「女の子のパンツを覗いた」という、いやらしい気持ちに起因しているものでないことは、同じ男であるダイチには、すぐに分かった。
まるで、何かを恐れているような、必死にそれを避けようとするような、ちょっと奇妙な慌てぶりだった。

「ホントー? ま、いいか。でも、次はちゃんと料金をもらうからね?」

サユリは少し笑いながら立ち上がると、再び一輪車で遊び始めた。
そして、それを聞いた男の子たちは、顔を強張らせると、そそくさとその場を離れたのだった。

あのときの、シンイチとジンの動揺は何だったのか。ダイチにはまったく見当がつかなかったが、どうやらサユリのパンツに関係があることだけは、おぼろげに理解できた。
そして今、同じクラスメイトのミキが、自分にパンツを見せようとしている。

「な、何で、その…パンツ…見せてくれるの…?」

ダイチは背が高く、スポーツが得意な男の子だったが、性格はごく大人しかった。
一人っ子で、もちろん、女の子のパンツを間近で見たことなどない。

「えー? だって男子って、みんな女子のパンツが好きなんでしょ? だから、ダイチ君も見たいのかなって。今日、アタシ見せパン履いてきたから、ちょうどいいかなって」

「み、見せパン…?」

見せパンが何なのかすら、ダイチには分からなかった。

「そう。カワイイんだよ。見てみる?」

おもむろにスカートをめくりあげようとするミキを、ダイチはもはや止めようとはしなかった。
ただ、思わずゴクリと唾を飲み込んだ時、思い出したことがあった。

それは、先ほどの給食の時間。

今日はクラスに何人かの欠席者がいて、デザートのゼリーが、その分だけ余った。
小学生の常として、それは取り合いになり、多くの場合、じゃんけんなどで分配される。
しかし今日に限って、女子のカエデが、どうしても譲らなかったのである。

「じゃんけんだよ。いつもそうやって決めてるだろ!」

最後に残ったゼリーをめぐって、カエデと争っているのは、男子のコウタだった。
コウタはじゃんけんによる公平な勝負を要求しているのだが、カエデがどうしても譲らないのだ。

「やだあ。アタシ、じゃんけん弱いんだもん。ねえ、お願い。このゼリー、アタシの大好物なんだあ。ねえ、ちょうだい?」

「ダメだよ。俺だって、大好物なんだからな。じゃんけんで決めようぜ」

こちらも譲ろうとしないコウタの強情ぶりを見て、カエデはある提案をした。

「わかった。じゃあ、パンツ見せてあげるから。それでいいでしょ?」

「え?」

と、コウタの顔が、サユリから目をそらしたときの男子達と同じように、強張った。

「ね? ほら、見せてあげるから。いくよー」

カエデが自らのスカートをめくろうとした瞬間、コウタは慌てて、持っていたゼリーをカエデに押し付けた。

「も、もういいよ。ゼリーやるから。その…パンツはいいよ!」

「ホント? ありがとー! わーい!」

あれだけ強情を張っていたコウタが、あっさりとゼリーをカエデに渡してしまったのを、ダイチは不思議そうに見ていた。

「でも、ホントにいいの? パンチラだけでも見せてあげよっか? ほら。チラ!」

カエデはスカートの裾をちょっとだけ上げて、その中にある自らのパンツをチラつかせた。

「いいってば! 俺、見てないぞ。見てないからな!」

両手で顔を隠して、必死で見ないようにするコウタを、カエデは面白そうに追いかけた。

「ホントに見てないかなー? ほら、ほら!」

カエデが無造作にめくりあげるスカートの中に、赤いリボンのついた、白いパンティーが見えた。
ダイチは自分の席に座りながら、思わずそれに目を走らせてしまったが、ふと気がつくと、周りの男子達は、みな一様に目を伏せているようだった。

あの時コウタは、必死にカエデのパンツを見ないようにしようとしていた。
あれだけこだわっていた、ゼリーまであげてしまって。
それが何を意味するのか。
今、クラスの女子の中でも、とりわけカワイイと評判のミキが、目の前でスカートをめくりあげようとしている状況では、それを深く考えるだけの余裕はなかった。

「ジャーン。カワイイでしょー?」

ミキが自らめくりあげたスカートの下から、可愛らしい水玉模様のパンティーが現れた。
見せパンというだけあって、裾には大げさなフリルがついており、いかにも女の子が好きそうなデザインだった。

「あ…うん…」

ダイチの目は、釘づけになってしまった。
ダイチは早熟で、親に隠れてインターネットのアダルト画像などを盗み見ては、興奮することが何度かあった。
しかし今は、パソコンの画面ではない生で、しかもこんなに目の前に、女の子のパンティーと下半身がある。

「あ、あとね。後ろもカワイイんだ。ほら。クマさんなの」

ダイチの興奮をよそに、ミキはクルリと振り向いて、パンティーのお尻を向けた。
確かにそこには、可愛らしいクマのイラストが描いてあったが、心もち内股になって、お尻をキュッと上げたその体勢は、男の本能的な欲情を揺さぶるものだった。
ミキは、自他共に認めるクラスのファッションリーダーだったが、性的な意味ではまだ子供で、自分の行動がダイチの目にどう映っているか、まったく理解していないようだった。

スポンサーサイト
[PR]



「あ…あの…」

ダイチが興奮のあまり、肌触りの良さそうなそのパンティーに、思わず手を伸ばしそうになったとき、ミキはさっと振り返って、スカートを元に戻した。

「はい、おーしまい。よく見えたでしょ?」

「あ…う、うん…。ありがとう…」

よく分からないが、ダイチはとりあえずお礼を言ってしまった。

「えー。お礼はいいよ。ちゃんと、料金をもらうから」

「料金…?」

思えば、一輪車で転んだサユリも、そんなことを言っていた。

「うん。いくよ。料キーン!」

楽しそうなかけ声と共に、まだ興奮の冷めやらぬダイチの股間に、強烈な膝蹴りを叩きこんだ。

「あうっ!!」

ダイチが頭で理解するより早く、痛みが押し寄せてきた。
先ほどまで見とれていたミキの細い脚が、容赦なく、股間にある二つの睾丸を押し潰したのだ。
半ズボンの股間にテントを張っていたダイチのペニスは、一気にしぼみ、膝から力が抜けて、自然とその場にしゃがみこんでしまった。

「あ…あっ…!!」

絶望的な痛みが下腹部に広がり、ダイチは両手で股間をおさえ、足をバタつかせたが、痛みはますます全身に広がっていった。
やがて呼吸さえも困難になって、背筋に冷たい汗が流れ始めたころ、ようやく自分を見下ろして、楽しそうに笑っているミキの声に気がつくことができた。

「やったー! 一発KOだー! やっぱり、膝の方がきくんだなー。今度から、膝蹴りにしよっと」

ミキは、狙っていた獲物を仕留めたかのように、はしゃいでいる。
ダイチは脂汗をかきながら、ミキの顔を見上げた。

「ありがとうございます。確かに料キン、いただきました。キャハハ! そんなに痛かったー? ごめんねー? でも、これ、決まりだからさー」

「き、決まり…?」

ダイチは混乱した頭で、懸命に考えようとしていた。

「うん。ウチのクラスではね、1パンツ、1キンタマなの。一回女子のパンツを見たら、男子はキンタマを蹴られないといけないんだよ。それが、パンツを見るための料金なの。知らなかった?」

すっかり青ざめた表情のダイチの側にしゃがみこんで、ミキは説明した。
つまり、女子のパンツを覗いた男子は、罰として金玉を蹴られてしまうということらしい。
これはスカートめくりをするような、やんちゃでスケベな男子を懲らしめる方法としては、一見、合理的なように見える。
しかし、このルールを利用して、女子が自らパンツを見せてきた場合はどうだろう。
それは一転して、男子にとって恐るべき暴力となるのではないだろうか。

「ダイチ君は、アタシのパンツを見たから、アタシが料金もらったってこと。ちょっと痛いかもしれないけど、パンツが見れたから、いいでしょ?」

男にとって、難しい選択だった。
先ほどまで、ダイチは確かに幸せな興奮の中にいたが、その代償として、今は地獄のような苦しみを受けている。
女子のパンツを見れることは嬉しいが、その先にあるものを考えると、やはり他の男子のように、見ないという選択をしたくなる。いや、自分はもう、パンツなど二度と見ないと、とめどない痛みの中で、ダイチは決意するのだった。

「でもさー。ダイチ君みたいなおっきい男子でも、やっぱりキンタマは痛いんだねー。見せパンだったから、ちょっと手加減してあげたんだけどなー」

歯を食いしばって苦しんでいるダイチの様子を、ミキは小首をかしげて、不思議そうに眺めていた。
ミキ自身は、自分の力が強いと思ったことなど一度もなかったが、その自分の加減した蹴りひとつで、ダイチのような男の子が簡単に動けなくなってしまうことが、心から不思議で、面白かった。

「あ、アタシにキンタマ蹴られたって、先生とかに言っちゃダメだよ? そしたら、アタシもダイチ君にパンツ見られたからって言うからね? いい?」

女の子らしく、それなりに計算されているようだった。
金玉を蹴られた男子が、先生に告げ口したとしても、女子がパンツを見られたと言えば、怒られるのは男子に決まっている。
特にダイチ達のクラスの担任は女性教師で、男子の金玉の痛みなど、理解してもらえるはずもない。
ダイチは、力なくうなずくことしかできなかった。

「良かった。じゃあ、トントンしてあげるね? こうすると、痛くなくなるんでしょ? はい、トントントン」

どこで覚えたのか、ミキはうずくまるダイチの腰のあたりを、拳で軽く叩いてやった。
それはほんの気休め程度の効果しかないが、それでもダイチにとってはありがたかった。




「ミキちゃーん、何してんのー?」

するとそこへ、クラスメイトの女子、カエデとサユリが近づいてきた。
二人は、廊下の隅にしゃがみこんでいるミキと、そのそばで股間をおさえて、うずくまっているダイチを見ると、すぐに状況を理解したようだった。

「あー、ダイチ君もパンツ見たんだー。やっぱり、男子ってみんなスケベなんだね。ダメだよー、女の子のパンツ見たら」

クラスでもお調子者のサユリが、すべて分かった上で、クスクスと笑いながら言った。

「ミキちゃん、ちゃんと料キンもらった?」

「うん。膝蹴りさせてもらった。でもさ、ダイチ君は、ウチのクラスのルールを知らなかったんだね。ちょっと可哀想だったかなあ」

「あ、そうなんだ。でも、仕方ないよ。ルールはルールだもん。ねえ、ダイチ君、これからは、パンツなんか見ちゃダメだよ?」

カエデはニコニコと笑いながら、ダイチの顔を覗きこんだ。
自分は、決して見ようとしたわけではないと叫びたかったが、睾丸から押し寄せる痛みは、彼女たちに口答えしてはいけないということを、強く警告していた。

「ていうかさ、ダイチ君、給食の時間に、カエデちゃんのパンツも見てなかった? アタシ、前の席だったから、気づいたけど」

サユリのこの言葉に、痛みで半ば朦朧としていたダイチの頭は、冷水をかけられたように覚醒した。

「えー? ホント? ダイチ君?」

ダイチはとっさにうつむいて、目を逸らした。
その額には、汗が大粒の玉となって浮いている。

「み、見てない。見てないよ!」

全力で否定したが、動揺は隠しきれず、ウソをついていることは、カエデ達の目には明らかだった。

「ホントにー? ねえ、ダイチ君、ウチのクラスではねえ、一回ウソついたら、5キンタマ払わないといけないってルールもあるんだよ?」

ダイチの顔が、一瞬で強張った。
5回も金玉を蹴られるなんて、考えただけでもゾッとする。

「ホントなら、それでいいんだけど。他の人にも聞いてみようかなあ。それでもし、ウソだったら、その時はさあ…」

カエデはダイチの心を見透かしているかのように、うっすらと微笑んでいた。
サユリとミキもまた、ニヤニヤと笑っている。
むしろ、ウソをついてもらった方がいい。5回も金玉を蹴るなんて、楽しそうだ。
そんな彼女たちの思惑は、ダイチにも十分に伝わってきた。

「あ、あの…その…。やっぱり…」

唇を震わせながら、ダイチはつぶやいた。

「んー? なに?」

「やっぱり…チラッと見えてたような気がする…。ホント、その…チラッと…」

言い終わると、ダイチはごくりと唾を飲み込んだ。
カエデ達の反応はどんなものか。
神様に祈りたくなるような気分だった。

「えー? ホント―? チラッと見ちゃったんだ? しょうがないなー。なんで、すぐ言わなかったの?」

「い、いや…その…ちょっと忘れてて…。ホントにチラッとだったから…」

ダイチは慌てて弁解したが、女の子たちには通用しなかった。

「じゃあ、ダイチ君は最初だから、パンツの分だけで許してあげるよ。さ、立って」

カエデは楽しそうに笑っていた。
もちろん、ダイチはまだ立ち上がれるほど、ミキの膝蹴りのダメージから回復したわけではない。
股間をおさえたまま、うずくまっていると、サユリとミキが、その両脇を抱えて引き起こしてしまった。

「や、やめて…! ごめん! 謝るから…!」

恐怖にひきつった顔で、叫んだ。

「うん、いいよ、いいよ。ちゃんと料キンさえもらえれば、それでいいんだからさ。じゃあ、いくよ?」

カエデは慣れた動きで、ダイチの股間に自分の足先を当てて、狙いを定めた。
ダイチが脚を閉じようとしても、サユリとミキが自らの脚を股間に突っ込んで、それをさせなかった。

「ごめん! ごめんなさい! 何でもするから! もう蹴らないで!」

「えー。しょうがないなー。でも、これって決まりだからさあ。…あ、そうだ!」

何か気がついたように、カエデは声を上げた。
その顔には、女の子が相手をいたぶるときのような、小悪魔的な笑いが浮かんでいる。

「今から、一つクイズを出すね。これに正解したら、許してあげる。いいでしょ?」

「ク、クイズ…?」

ダイチの返事を待たずに、カエデはクイズを出してきた。

「問題! アタシのパンツについてるリボンの色は、何色でしょうか?」 

「え!?」

ダイチの頭が、これまでの短い人生で、最も速く回転したときだったかもしれない。
クイズの答えは、知っている。
正解すれば、金蹴りをやめてくれるという。
しかし、それに正解するということは、カエデのパンツをしっかりと見たということになり、それは、先ほどウソをついたということになるのではないだろうか。

「はい、あと5秒ね。5、4、3、2…」

カエデは、ダイチの心中の葛藤を知っているのかどうか。
サユリとミキも、何か悟ったかのような顔をして、ニヤニヤ笑っている。
わからないと答えれば、とりあえず今は一回蹴られるだけで済むのか。
もし、後でウソをついたとバレたら、その時また蹴られてしまうのではないだろうか。
考えれば考えるほど、わからなくなり、もうどっちにしろ、自分は金玉を蹴られてしまうような気がしてきて、ダイチは考えるのをやめた。

「赤! 赤だ!」

思わず、見た通りのことを、正直に叫んでしまった。
その瞬間、沈黙がその場を流れる。
サユリとミキも、カエデの反応を待っているかのように黙りこくっていた。

「…せーかい! ダイチ君、すごーい! 約束通り、蹴るのやめてあげるね?」

ダイチの体から、一気に力が抜けた。

「あ、ありがとう…ございます…」

どうやら、自分の選択は正しかったらしいと、ほっとする思いだった。

「うーん。どうして分かっちゃったのかなー。おかしいなー」

カエデの首のかしげ方は、どことなくわざとらしかったが、ダイチにはもはやそんなことを気にする余裕がなかった。
ただ、この場を早く離れて、イスに座ってゆっくりと休みたい。そんな思いが、ダイチの頭を支配していた。

「カエデちゃん、ホントに赤だっけ? ピンクじゃなかった?」

ダイチの腕を抱えていたサユリが、突然そう言った。

「水色じゃなかった?」

どういうつもりなのか、ミキまでそんなことを言いだした。

「ホントだよお。確認してみよっか? ホラ」

カエデがごく自然に、スカートをめくり上げた時、ダイチの思考は完全に止まっていた。
そこには、純白のパンティーと、赤い小さなリボンが見える。

「あ…」

これが何を意味するのかを理解したのは、そのすぐ後だった。

「ね? 赤でしょ? ねえ、ダイチ君、赤だよね?」

ニコニコと笑いながら問いかけるカエデに、ダイチは思わず目をつぶって、泣きそうな表情でうなずいた。

「う、うん…。赤です…」

「そうだよね。よかった。じゃあ、改めて料キンをもらうね? せーの!」

もはや、女の子たちの意地悪な遊びに付き合う気力は、ダイチには残っていなかった。
それよりも、やがて確実に来る地獄のような痛みに耐えるため、目をつぶり、歯を食いしばって、男らしく仁王立ちして身構える方が、ダイチにとって優先事項だった。

ズン!

股間に突き刺さった質量の中に、ほのかな体温が感じられたような気がした。
カエデの膝の先端は、金玉袋の根元あたりに突き刺さり、睾丸を押し潰したのは、そのすぐ上、膝頭と太ももの間の、堅くて太い部分だった。

「はああっ…」

瞬間、背筋に寒いものを感じ、この数瞬後に来る痛みが、先ほどのミキの蹴りのときの比ではないことを、ダイチは本能的に感じ取った。
すぐに両脚の力が抜けて、一気に重くなったダイチの両腕を、サユリとミキが放してやる。すると、ダイチの体は木が倒れるように、横倒しに崩れ落ちてしまった。

「っっっ……!!」

声にならない叫び声を上げて、ダイチは顔を歪めた。
二つの睾丸から上がってくる痛みは、胃を貫いて、喉元に吐き気すら催させる。
えづくような咳が、ダイチの口から何度も漏れた。

「さすがあ! カエデちゃんの膝蹴りは、すごいねー」

「ホント、みんな、こうなるよね。すごーい」

女の子たちの目にも、ダイチのリアクションが異常であることは分かったらしい。
金玉の痛みにも、いくらかの段階があることを、何度も金蹴りを重ねるうちに、彼女たちも理解しているようだった。

「そうかなあ。まあまあ、強めに蹴ったからかな。ねえ、ダイチ君。ダイチ君は転校生だから、これで許してあげるね。でも、もうウソついちゃダメだよ?」

廊下に這いつくばって苦しむダイチに、カエデは諭すように声をかけた。

「パンツを見たら、ちゃんと料キンを払わないとさ。ルールだからね?」

自分に地獄のような苦しみを与えておきながら、にっこりと笑いかけるカエデの姿に、ダイチは言いようのない恐怖を感じた。
これから、カエデの顔を見るたびに、この痛みを思い出すだろう。
絶対に、彼女に逆らってはいけないと、朦朧とした意識の中で確信した。

「じゃあ、行こっか。料キンももらったし。ありがとうございましたー!」

満足そうな表情で、カエデはペコリと頭を下げた。

「ダイチ君、ありがとうね。また、新しい見せパン買ったら、見せてあげるね」

「え、ミキちゃん、見せパンって何?」

「あ、うん。新しいの買ったんだ。カワイイんだよ。見てみる?」

「えー! 見せて見せて!」

楽しそうにはしゃぐ女の子たちの眼中には、すでにダイチはないようだった。
ダイチはこれから、気が遠くなるほどの長い時間を、絶望的な痛みと戦わなくてはならないのだった。


終わり。


// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク