FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。


比較的裕福な家庭の子供が集まる、私立の女子校。
その中等部の体育館で、現役の警察官数人による、護身術の講習が行われていた。

「それでは、今年の護身術教室を始めます。私は講師を担当する、香山ヨウコ巡査部長です。よろしく」

ヨウコがあいさつをすると、ジャージ姿の女子中学生たちが、一斉に座ったまま頭を下げた。

「それからこちらは、今日の教室に協力してくれる、現役の警察官のお兄さん達です」

ヨウコに促され、横にいた制服姿の男性警察官三人は、一斉に敬礼した。

「よろしくお願いします!」

みなヨウコの後輩の警察官たちで、若く、たくましかった。
女の子たちは彼らの力強い姿を見て、ほれぼれする思いだった。

「じゃあ、さっそく始めましょうか。2,3年生は、去年もこの教室を受けているから、大体分かるかな。ちょっと復習しましょう」

ヨウコは後輩の一人、山本を自分の側へ招き寄せた。
山本は警察官になってまだ一年目で、この教室に参加したのも初めてだった。
ヨウコが何も話してくれなかったので、ほとんど何も知らないまま、ここに立ってしまっている。
山本だけではなく、同じくヨウコの後輩の橋田と川上も、同じように何も知らされてはいなかった。
三人にとって、ヨウコは美人だが、近寄りがたい存在であり、気軽に話しかけられる対象ではなかったのだ。

「これから皆さんに護身術を教えますが、難しくはありません。覚えることは一つだけです。みなさんが誰かに襲われて、逃げられなくなったときには、身を守るために相手を倒さなくてはなりません。さて、どうすればいいですか?」

ヨウコはそこまで言うと、見覚えのある2年生の生徒を指差した。

「はい、アナタ。どうすればいいと思いますか?」

指された女子は驚いたが、スッと立ち上がった。

「はい。…あの…急所を攻撃します」

ためらいがちに、答えた。

「その通りです。でも急所はいくつかありますが、どこですか?」

ヨウコは冷静な表情で、質問を重ねる。

「はい。…あの、男の人の急所です」

「男の急所とは?」

「はい。…あの、アソコです」

思春期の女の子らしく、頬を染めながら答える。
その周り、特に一年生の女子達の間にも、ソワソワした気分が広がっていた。

「アソコとは、どこですか? はっきり言って下さい」

ヨウコの口調は、相変わらず淡々としたものだった。
その様子に、山本たちは異様なものを感じた。
普段から冷静沈着で、いわゆるクールビューティーを体現したような先輩のヨウコだったが、なぜこんなことを無理矢理中学生に言わせるのか、彼らには分からなかった。

「はい。…あの…その…キ、キンタマ…だと思います」

女の子は耳まで真っ赤にして、やっとのことでその単語を口にしたようだった。
周りに座っていた女子達は、小さく声を上げたり、口を手でおさえたりして、騒ぎ出した。

「静かに!」

そんな女子達のざわめきを、ヨウコの一喝が鎮めた。

「毎年言っていますが、みなさんのそういった恥じらいをなくすことが、護身術の第一歩です。恥ずかしがっていては、いざというときに身を守れません。下品なことをいう必要はありませんが、しっかりと覚えておいてください」

ヨウコが毅然とした表情で言うと、女子達はいっせいにうなずいた。
男性警官たちにも、ようやくヨウコの意図していることが伝わった。

「はい、それでは続けますね。男性に襲われた時に狙うのは、股の間にあるキンタマです。キンタマを攻撃すれば、男性は一気に行動不能になります。男の急所はキンタマ。はい、声に出してみて」

「男の急所はキンタマ!」

ヨウコが促すと、数十人の女子達が一斉に言った。

「もう一度。男の急所はキンタマ!」

「男の急所はキンタマ!」

「はい。よくできました」

ヨウコは女子達を褒めたが、居合わせている男性警官たちにとっては、複雑な気分だった。
警官であること以前に、彼らも男であるから、男の肉体の欠陥とも言える弱点を、こうやって大勢に指摘されるのは、どうも具合が悪い。

「では、具体的なキンタマの攻撃方法に入っていきましょう。それじゃあ、そこのアナタ。3年生ね? 去年、どんな方法を教わりましたか?」

ヨウコは再び、去年の講習を受けた上級生を指差してあてた。

「はい。えーっと、足で蹴ったりするのがいいと思います」

「そうですね。他には?」

「えーっと…。他には、膝で蹴ったり、手で叩いたり…あ、握り潰したりするのもよかったかな」

女の子は思い出しながら答えていった。
彼女にとっては何でもないことだったが、男性陣にとっては、あまり聞きたくない内容だった。

「そうですね。それでいいと思います。じゃあ、実際にやってみましょうか。アナタ、ちょっと前に出てくれる? 名前は?」

「はい。浅井ミホです」

ミホは返事をして、ヨウコのもとに出てきた。

「じゃあ、ミホちゃん。よろしくね」

「はい。よろしくお願いします!」

ミホは目を輝かせて、頭を下げた。
女の子たちの目から見ても、女性警察官のヨウコは、憧れの存在であるらしかった。

「ミホちゃんは、キンタマ攻撃の方法を習ってから、それを使ったことはある?」

「あ、はい。…その、一回だけ、お兄ちゃんに…」

ミホは恥ずかしそうに答えた。

「そう。お兄ちゃんと、ケンカしたの?」

「あ、はい。ウチのお兄ちゃん、ちょっと乱暴で…。だから…」

「そうなの。乱暴なのはよくないわね。でも、お兄ちゃんに使うのは、気をつけた方がいいわ。潰してしまわないようにね」

「はい。大丈夫です!」

ミホは笑って返事をし、女の子たちの間にも和やかな空気が広がっていたが、男性陣は苦笑いをするしかなかった。

「じゃあ、このお兄さんのキンタマを、蹴ってみてちょうだい」

え?と、ミホと山本が同時に反応したが、その意味合いはずいぶん違っていた。
これまでの話の流れで、嫌な予感はしていたのだが、山本はヨウコからそんな話はまったく聞いていなかったのだ。

「え、いいんですか?」

「もちろん。アナタのお兄ちゃんにやったようにしてくれればいいのよ。遠慮はいらないわ」

「あ、はい。わかりました!」

ヨウコに言われて、ミホは元気良くうなずいて、山本の方を向いた。

「あ、あの…。先輩…」

山本は慌てて、ヨウコの顔を見る。

「あ、山本君は何もしなくていいから。とりあえず、足を開いて立ってて。みんなによく見えるようにね」

ヨウコが平然と言ったから、山本は従うしかなかった。
不安はあったが、まがりなりにも警察官として鍛えた体である。中学生の金的蹴りくらいで、そこまでのダメージを受けるとは、山本自身も想像していなかった。


スポンサーサイト
[PR]



「はい…。じゃあ、どうぞ」

山本は覚悟を決めて、ミホの前で仁王立ちした。
ミホは山本の股間をジッと見つめて、右脚を後ろに引き、腰を落とした。

「いきます! えい!」

ミホが右脚を振りあげると、その脛の一番細い部分が、山本の股間に吸い込まれた。

「うっ!」

山本は股間に真下からの衝撃を感じ、息をつまらせた。
ミホが右脚を下げると同時に、山本の睾丸から、ジワリジワリと、重たい痛みが下腹部に這い上がってくる。

「…ふぅ…ふぅ…」

仁王立ちしていた山本は、両手を腰に当てて、少し前かがみになって深呼吸した。その額には、うっすらと汗が滲んでいる。
ミホの蹴りは、山本のキンタマにクリーンヒットはしなかったが、それでも十分予想を越える痛みだった。
山本はできる事なら座り込んで休憩したいところだったが、大勢の女の子たちの手前、それは恥ずかしすぎた。

「はい。お疲れ様。どうだった、ミホちゃん?」

山本が痛みに必死に耐えているのをよそに、ヨウコは冷静な様子でミホに尋ねた。

「あ、えーっと…。お兄ちゃんの時は、一発で倒れちゃったんですけど…。やっぱり、大人の人だからかな」

ミホは、自分の蹴りの善し悪しは感じていない様子で、ただ山本の耐久力に驚いていた。

「そうね。まあ、このお兄さんは警察官だから、アナタのお兄ちゃんよりは強いと思うけど。今のミホちゃんのキンタマ蹴りは、60点ってところかしらね」

「あ、そうなんですか?」

ミホはもちろん、他の女の子たちにも、その理由は分からなかった。

「今のミホちゃんの蹴りは、キンタマにきれいに当たってなかったわ。ちょっとかすったくらいね。いい、みんなも見てて。キンタマを蹴るときは、こう」

そういうと、ヨウコは山本の前に立ち、素早くその股間へ右脚を振りあげた。
山本は反射的に逃げようとしたが、その股間に届く寸前で、ヨウコの足は止まった。

「足の甲の部分を当てるようにしなければ、ダメなのよ。さっきのミホちゃんの蹴りは、脛の部分で蹴ってたわね。あれだとスナップが効かないから、ダメージが少ないの」

山本にしてみれば、決して少ないダメージではなかったが、ヨウコは淡々と説明を続けた。
制服のタイトスカートから伸びた長い脚は、山本の急所のすぐ下まで迫っている。

「キンタマを蹴るときに大事なのは、力じゃなくて、スピードね。できるだけ足の力を抜いて、素早く、脚がしなるように蹴るの。こう」

スパン!

と、突然ヨウコの蹴りが山本の股間を襲い、乾いた音を立てた。

「はぐっ!」

先ほどのダメージからようやく立ち直りかけていた山本は、完全に油断していた。
身構えるヒマも与えない、ヨウコの素早い金的蹴りは、山本の睾丸を二つとも、足の甲にきれいにとらえた。

「うぅ…」

山本は、もはや恥も見栄もなく、女子中学生たちの前で、股間を両手でおさえてうずくまってしまった。

「こんな感じね。ほら、一発でしょ?」

ヨウコはストッキングに包まれた脚をゆっくりとおろして、うずくまる山本を見下ろした。
女子達はヨウコの鮮やかな蹴りに歓声を上げ、あっけなく崩れ落ちた山本に注目した。

「くく…」

山本は膝をついて、正座のような姿勢で、股間をおさえている。
その額には脂汗が浮かび、止むことのない激痛に歯をくいしばって耐えている。
警察官の逮捕術の訓練などで、何度か金的に当てられたことはあったが、これほど見事な金的蹴りは、山本もくらうのは初めてだった。

「い、痛いんですか…?」

目の前で山本の苦しむ様子を見ていた女の子が、恐る恐る尋ねたが、山本は答えるどころではなかった。

「あ…う…」

わずかに首だけでうなずいてみせた。
代わりにヨウコが返答した。

「痛いと思うわよ。キンタマは男性の最大の急所ですからね。腹痛の痛みに似ているという説もあります」

平然とした様子で言ったが、ヨウコにはもちろん、それを聞いた女の子たちにも、その痛みはまったく想像できない。
ただ、山本以外の二人の男性警官、橋田と川上だけが、顔をしかめて山本の味わっている痛みを想像していた。

「このように、うまく男性のキンタマを蹴ることができれば、逃げる時間を作ることができますね。場合によっては、その場で警察に連絡するのもいいでしょう」

「あの…。そのお巡りさんのキンタマは、潰れちゃったんですか?」

恐る恐る一人の女子生徒が尋ねた。
ヨウコは一瞬きょとんとして、笑った。

「ああ、潰れてはいないと思います。よくキンタマを潰す、とか言うけど、ひとつの例えですね。キンタマは潰れなくても、十分なダメージを与えることができますよ」

男にしてみれば、軽々しく潰すなどと言うのは、とんでもない話だったが、女の子たちは、無邪気に感心した。

「じゃあ、潰れたらもっと痛いってことですか?」

女子生徒の質問に、ヨウコはチラリと男性警官二人の方を見た。
橋田と川上は、ヨウコの目線に気づいて、反射的に目を伏せてしまう。

「そうねえ。私もキンタマの痛みに関しては、正確には分からないけど…。橋田君、ちょっと来て」

ヨウコは目を伏せた橋田を呼んだ。
橋田はハッと顔を上げて、嫌な予感を隠しきれない様子で、ヨウコの元に歩み寄った。

「ちょっと蹴ったくらいでは、キンタマはなかなか潰れないと思います。より強烈なダメージを与えたい場合は、膝で蹴ることをオススメしますね。膝は足先よりも重くて、キンタマを逃がさずに、確実に押し潰すことができますからね」

ヨウコは近くに来た橋田の側に近寄り、その股間に向かって、膝を少し上げた。
橋田は制服のスカートの中から、ヨウコの膝小僧が覗くと、ビクッとして、少し腰を引いてしまった。

「あ、男性は、今みたいに逃げることもありますからね。やっぱり、男性の最大の急所だから、本能的に守ろうとします。そういうときは、肩をしっかり両手でおさえておくといいわ」

ヨウコは両手を伸ばして、橋田の両肩をしっかりと掴んだ。
そして素早く、右膝を橋田の股間に当たる直前まで、振りあげた。

「膝は股間の奥の方まで、しっかりと入れるようにするといいですね。太ももの部分で、キンタマを叩き上げるような感じで。しっかりと入れば、キンタマは膝と股に挟まって、潰れることもあるかもしれませんね」

橋田は先ほどの山本のことを思い出し、いつヨウコが膝を自分の股間に叩きつけることかと、ビクビクしていた。
しかし意外にも、説明を終えると、ヨウコは橋田の肩から手を離してしまった。




「じゃあ、膝蹴りをやってみたい人はいるかしら?」

ホッとしたのもつかの間である。
ヨウコは女の子たちの中から、橋田のキンタマを蹴る人間を選ぶらしかった。

「はい!」

好奇心に溢れた目で、女の子たちのほとんどは、一斉に手を上げた。

「えーっと…じゃあ、アナタ。お願いしようかな。名前は?」

ヨウコは一人を指名し、その女の子は嬉々として立ち上がった。

「はい。岡田ミキです!」

「じゃあ、ミキちゃん。こっちにきて。このお巡りさんに膝蹴りをしてみて」

「はい! あの、ホントに蹴って大丈夫なんですか?」

ミキは先ほどの山本の痛がりようを見て、一応、ヨウコに確認してみた。
橋田にしてみれば、それは自分に聞いてほしいことだった。

「もちろん。じゃないと、練習にならないわ。お巡りさんも、キンタマの痛みを知らないと、みんなに教えられないから、本気で蹴っていいわよ」

ヨウコは大きくうなずいた。
橋田はキンタマの痛みなど、確かめるまでもなく十分に知っているので、先輩とはいえ、ここでヨウコに言っておかねばならなかった。

「あの、先輩…。本気でというのは…」

「なに? いいじゃない、中学生の膝蹴りくらい。大して痛くないでしょ。警察官なんだから、我慢しなさい」

ヨウコは冷たく言い放った。
橋田はそれでも、食い下がろうとする。

「いや…その…」

「なに、その顔は。情けないなー、男の癖に。ん? あ、男だから痛いのか。そっかあ」

ヨウコが自分の言葉に笑ってしまうと、それを聞いていた女の子たちからも、笑い声が上がった。
一人橋田だけが、苦笑いもできない状況だった。

「まあ、とにかく。ミキちゃんの練習だから、遠慮なく蹴ってみて。大丈夫。潰れたりはしないと思うから。たぶんね」

「はい! 頑張ります!」

完全に橋田の意見を無視する方向で、話は落ち着いてしまった。
ミキは橋田に近づき、その肩に手を当てた。警察官のたくましい筋肉の感触が、ミキの手にも伝わる。
橋田は諦めたように、天井を見つめて歯を食いしばっていた。

「行きます! えい!」

可愛らしい掛け声と共に、ミキは思い切って橋田の股間に膝を跳ね上げた。

ズン!

と、橋田の脳天に突き抜けるような衝撃が走り、そのすぐ後に、橋田は自分の両脚から力が抜けて行くのを感じた。

「ふぐっ!」

橋田のキンタマはミキの細い太ももに押し上げられ、恥骨に挟まれて大きく変形した。橋田自身が、自分のキンタマが潰れてしまったかと思うほどの、見事な金蹴りだった。

「あ…! うわ…!」

橋田は今まで感じたことのない、全身に寒気が走るような感覚に襲われた。
ミキの脚が地面に降りる前に、あっという間に腰を引き、無我夢中で股間のキンタマを手でおさえ、前のめりに体育館の床にへばりついてしまう。

「うわあ。痛そ…。大丈夫ですか?」

一方のミホは、自分の太ももの先に、若干の手ごたえを感じたものの、橋田の苦しみ様を想像していなかったらしい。
股間をおさえながら海老のように丸くなり、足をジタバタとさせるその姿は、女の子たちの理解をまったく越えたものだった。

「うん。今のは、キレイに入ったわね。キンタマに当たった感じがしたでしょ?」

ヨウコは地獄のような苦しみを味わう橋田を見て、満足そうな表情だった。

「あ…はい。なんか、ふにゃっとしたのが、当たったような…」

「それがキンタマね。脚と骨の間で、うまく押し潰せたんじゃない? みんなも、今みたいな膝蹴りをイメージして下さいね」

「はい!」

と、女の子たちは元気よく返事した。
先ほどヨウコの蹴りを受けた山本と、膝蹴りでキンタマを粉砕された橋田。
二人の様子を見て、残る最後の男性警官、川上は、今すぐにでもこの場から逃げ出したくなった。
しかしヨウコは無情にも、川上を呼びつける。

「じゃあ、最後は川上君ね。こっちに来て」

「あ! は…はい…」

川上が逆らえるはずもなく、素直にヨウコの元に来た。

「ではみなさん。これまでの練習で、男性のキンタマがいかに弱くて脆いものか、よく分かったと思います。キンタマを蹴られれば、普段から鍛えている警察官のお兄さん達でも、こんな風になってしまうんですよ」

ヨウコの言葉通り、女子生徒たちの前には、キンタマの痛みに苦しむ二人の警察官が転がっていた。
女の子たちから見れば、何の訓練もしていない自分たちの蹴り一発で、鍛え上げた肉体を持った男たちが動けなくなるほどのダメージを受けることが、不思議でならないと同時に、面白かった。

「男性のキンタマを攻撃することは、女性にとって絶対に学ぶべき、大切なことだということですね。キンタマは、女性が男性に襲われないように、神様が作ってくれた急所なのかもしれませんね」

ヨウコの言葉に、女の子たちは成程というようにうなずいた。
女の子たちにこの感覚を持たせ、いざというときに躊躇なくキンタマを攻撃できるようにすることが、ヨウコの狙いなのだ。

「では最後に、キンタマを握りつぶす方法を教えましょう。これは、蹴りなどができない、極端に密着した状態で、とても有効な方法です。例えばみなさんは、電車などに乗った時に、痴漢にあうこともあるかもしれません。橋田君、私の後ろに来て」

川上は言われた通り、ヨウコの背後に回った。
彼は体格が良く、二人の身長差は15センチ以上あった。

「例えばこう。後ろからお尻などを触れたとします。橋田君、ちょっと腰に手を当てて」

川上はヨウコの腰に手をまわした。

「そんなときは慌てずに、相手の股間の位置を確認してください」

ヨウコは遠慮する様子もなく、川上の制服の股間にスッと手を伸ばした。

「そして、キンタマを見つけたら、一気に握り潰しましょう」

言葉通り、ヨウコは川上のキンタマに触ると、その瞬間に二つの丸い物体を掌の中に握り込んだ。

「はうっ!」

川上は抵抗する間もなく、情けない声を上げた。

「キンタマは二つありますから、二つを擦り合わせるように握ると、痛みは倍増します」

言いながら、ヨウコは手の中でキンタマをゴリゴリと擦り合わせた。
二つのタマが擦りあうたびに、川上は悲鳴を上げる。

「ぎゃひぃ! あひぃ!」

「もし一つしか握れなくても、大丈夫です。その一つを、思いっきり握りつぶして下さいね」

平然と説明を続けるヨウコの背後で、川上が鬼のような形相で痛みをこらえていた。
すると一人の生徒が手を挙げて、質問した。

「でも、掴んでも、すぐに逃げられたりしないんですか?」

「ん? ああ、そういうこともあるかもしれないですね。川上君、ちょっと逃げてみてもいいわよ」

そう言われるが早いか、川上は必死に身をよじって、ヨウコの手からキンタマを放そうともがいた。
しかし、ヨウコはキンタマを根元からしっかりと掴んでいて、容易に放さない。かえって動けば動くほど、自分のキンタマを引っ張ってしまうことになり、そこにまた激痛が伴う結果となった。

「ぐ…ああ…」

「ね? 一度しっかりとキンタマを握ってしまえば、男の人は抵抗できなくなってしまうのよ。あるいはもし、こっちに手を出そうとしても…。川上君、ちょっと私の肩を掴んでみて」

川上の額には、すでに大粒の汗が浮かんでいたが、とにかくヨウコの言うとおり、肩に手をかけてみた。

「よっと」

すると、ヨウコはキンタマを握る手に、一層の力を込めた。

「ぎゃうっ!」

川上は電撃に打たれたように、ヨウコの肩から手を放した。

「こういうことになります」

おおーっと、女の子たちから歓声が上がった。
腕力で太刀打ちすることができないと思っていた屈強な男を、女性が右手一つで思いのままにコントロールする様子に、感動にも似た興奮を、生徒たちは感じている。

「男性が女性を襲おうとするときには、性犯罪目的の場合が多いことは、みんなも分かっているわね? 性犯罪を犯そうとするとき、男性は必ずキンタマが無防備になるんです。外に出さなければいけませんからね」

ヨウコの説明に、生徒たちはうなずいた。

「そのときが、女性の反撃するときです。下手に抵抗せず、油断させておいて、男がキンタマを晒したところを、グッと掴みとる!」

「がへっ!」

ヨウコの手につい力が入り、川上が悲鳴を上げた。
すでに川上の膝からは力が抜けてしまっていたが、キンタマを掴まれているため、しゃがみこむことも許されなかった。

「あ、ゴメンね。みんなは掴んだら、一気に、思い切り握りつぶして下さいね。握りつぶしてしまえば、その男は性犯罪をするどころではなくなってしまうはずですから」

「はい!」

生徒たちが元気よく返事すると、ヨウコは満足そうにうなずいて、川上のキンタマを解放してやった。
川上はその場に座り込み、今まで絞めつけられていたキンタマをおさえて、確認する。正直に、潰れたかと思うほどのヨウコの握力だった。

「じゃあ、もう一度みんなで言うわよ。男の急所はどこ?」

「キンタマです!」

ヨウコが尋ねると、女子達は申し合わせたように、声を合わせた。

「そう。襲われた時は、キンタマ潰せ! はい!」

「襲われた時は、キンタマ潰せ!」

もはや女子達には、当初の恥じらいなどは一切なく、男の決定的な弱点を発見したことで、自身に溢れた表情をしていた。

「はい、じゃあ、レッスンはこれで終わります。この後、実技を見てあげるから、希望者は残ってくださいね」

「はーい」

女の子たちの明るい声を聞いて、男性警官三人は、一斉に顔を上げた。

「せ、先輩…あの…実技って…」

山本が恐る恐る尋ねると、ヨウコは笑いながら言った。

「ああ、もうちょっとだけ、協力してくれる? やっぱり実際に蹴ってみないと、分からないと思うのよね。ちょっと休憩したから、大丈夫でしょ?」

「え! いや…その…」

ヨウコのほほ笑みと、女子中学生達の期待の眼差しに、山本はそれ以上何も言えなかった。
この後生徒たちのレッスンは、遅くまで続いた。



終わり。

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク