FC2ブログ
男の絶対的な急所、金玉。それを責める女性たちのお話。

とある空手道場の女子更衣室で。
稽古を終えた小学生の女子たちが、着替えをしながら楽しそうに話していた。

マナ 「あー、疲れた。でも、今日も男子に勝っちゃった!」

サヤカ 「そうだね。アタシも勝ったよ」

チヒロ 「そっか。今日はみんな勝ったよね。金的で」

三人の女の子たちは、嬉しそうに今日の男子相手の試合の結果を話している。
三人は同じ小学4年生で、この道場では、小学生まで男女混合の試合をすることを認めていたのだ。
しかし小学生高学年までの男女は、体格差も少なく、むしろ女の子の方が背が高い場合が多い。
そのうえ、金的攻撃も認めているのだから、男子にとって、女子と試合をすることはかなりのリスクを伴っていた。

サヤカ 「ていうかさ、マナの試合のとき、相手のユウキ君、超怖がってなかった? マナの下段蹴りに、超反応してたよね?」

マナ 「あー、そうだったかも。なんか、金的蹴るつもりじゃないときも、すっごい避けてたよね。やっぱり、怖いのかな? ウケるよね」

二人は笑いながら、マナとユウキの試合を思い出していた。

チヒロ 「あれさ、その前のサヤカとケンタの試合を見てたからでしょ。サヤカが思いっきり蹴るんだもん。ケンタのあの痛がり方見たら、男子はみんなビビっちゃうよ」

チヒロの言うとおり、マナとユウキの試合の前、サヤカは相手のケンタの金的を、いつも以上に激しく蹴りとばしていた。
ケンタはサヤカの蹴りを受けた瞬間、奇声を上げて、そのまま床に這いつくばり、白目をむいて失禁すらしてしまったのである。

サヤカ 「あ、そっかあ。まあ、あの時はアタシも怒ってたからねー。ケンタのヤツ、あたしのオッパイばっかり突いてくるんだもん。あったまきたから、思いっきり蹴ったんだ。いい手応えだったな」

マナ 「あー、それは自業自得だね。タマタマ潰されても、文句言えないかも」

サヤカ 「うん。一個くらいは潰すつもりで蹴ったよ。まあ、大丈夫だったみたいだけど。意外と潰れないんだよねー」

サヤカとマナは、男にとっては聞きたくもない恐ろしいことを、平然と口にした。

チヒロ 「ケンタがやられたときの他の男子達の顔、見た? みんな黙り込んで、自分のタマタマに手を当てたりしてたよ」

マナ 「ホントに? 見てなかったなー。自分のタマタマの確認してたのかな?」

マナが言うと、サヤカは笑った。

サヤカ 「えー。なんで? タマタマが大事だから? 人が蹴られてるの見ると、怖いんだ?」

チヒロ 「じゃない? ちょっとカワイイよね」

三人はうなずいた。

マナ 「あの、タマタマを蹴られてさ、ちょっと耐えようとするところも、カワイくない? ああーん、って感じで」

マナは自分の股間に両手をあてて、金的を蹴られた男子の真似をしてみた。

サヤカ 「分かる。内股になって、必死に我慢しようとするんだけど、やっぱりダメで倒れちゃうのね。カワイイよねー」

チヒロ 「軽く当たったときとかさ、最初は大丈夫かと思うんだけど、後からきいてくるんだよね。今日のジン君もそうだったもん」

サヤカ 「そうそう。軽く当たっても、すっごい痛い時があるみたいだよね。不思議」

チヒロ達が男の金玉の不思議を口にすると、マナは目を輝かせて、話し始めた。

マナ 「あ、アタシはね。最近、クリーンヒットしたときの感触が分かってきたよ。タマタマが足の甲に乗った感触があるときは、絶対立てないの。今日のユウキ君もそうだった」

チヒロ 「ホント? タマタマが乗った感触?」

サヤカ 「あー、それ、分かるかも。なんかさ、タマタマがクニってなる感じじゃない?」

マナ 「そうそう。蹴りの強さはあんまり関係ないんだよね。あと、当てた時に足首をクイって手前に引っ張ると、いい感じだよ」

マナは足を上げて、実際にやって見せた。

チヒロ 「へー。アタシも今度やってみよう。ユウキ君のタマタマが大きいから、やりやすいよね?」

マナ 「うん。あの三人の中では、ユウキ君が一番大きいよね。一番小さいのは、ケンタ?」

サヤカ 「うん。ダントツでケンタだよ。だから、簡単に潰れるかなーって思ったんだけど。大きい方が痛いってわけじゃないのかな?」

マナ 「みたいだね。あと、一個だけ当たった時でも、関係ないみたい」

チヒロ 「ホント? アタシはいつも二個とも狙ってるけどな」

サヤカ 「アタシも、どうせ当てるなら二個まとめて当てたいな。今度はこう、斜め横から蹴ってみようかな。一個だけ当てて、そのまま隣にぶつける感じで」

サヤカは気合十分に素振りをする。

マナ 「いいね、それ。タマタマ同士がぶつかって、すごい痛そう。あうーんって感じ?」

マナはまた、股間に手を当てて痛がるふりをする。

チヒロ 「でもホント、男子って可哀想だよね。タマタマなんかついててさ。絶対鍛えられない急所なんでしょ? 痛いだけじゃん、あんなの」

チヒロは憐れむような調子で言う。

サヤカ 「ホントだよねー。いくら男子の力が強くてもさ、金的蹴られたら、一発じゃん。アタシ、本気でやったら、全然負ける気しないんだけど」

マナ 「ホント、ホント。アタシ、女に生まれて良かったー」

マナの言葉に、サヤカとチヒロは深々とうなずいた。
やがて着替えが終わり、女の子たちは更衣室を出て、帰路についた。
すると道場の出口で、今日、女の子たちがノックアウトした男子二人、ユウキとジンに出会った。

ユウキ 「あ! お、お疲れ様…」

ユウキは明らかにバツが悪そうに、女の子たちに言った。
ジンの方も、女の子たちを見るなり、目を合わさないように無言でうつむいてしまう。

サヤカ 「あ、お疲れー。ケンタは?」

サヤカは明るく声をかけ、自分が思い切り金的を蹴りあげたケンタを探すが、そこに姿は見えなかった。

ユウキ 「あ、ケンタは…」

ユウキは口ごもった。

ジン 「ケンタは…まだ、残ってる…。その…痛いから歩けないって…」

ジンが少しずつ、言葉を選びながら説明した。
それを聞いた女の子たちは、すぐさま納得した様子だった。

マナ 「あー、そうなんだ。大丈夫かな? 潰れてないかな?」

サヤカ 「アソコが潰れちゃうと、超痛いんでしょ? ちょっと強く蹴りすぎちゃったかな?」

女子達は心配そうに言ったが、それはかえって男子達にとって心苦しいものだった。
どれだけ心配しているようでも、しょせんは金玉の痛みの分からない女の子たちの言うことで、そこに実感が伴っていないのは、男子達には良く分かっていたのだ。

チヒロ 「今日はなんかゴメンね。みんな金的を蹴られちゃったみたいで。男子達はみんな強いからさ、つい蹴っちゃうんだよね」

チヒロの言葉に、男子達は苦笑いするしかなかった。
確かに単純な腕力では、ユウキやジンの方が勝っているかもしれないが、彼らは目の前の女の子たちに、手痛くやられてしまったのである。
しかも、男として最も屈辱的な負け方で。

サヤカ 「でもさあ、金的ってそんなに痛いのかな? 我慢できないくらい?」

ユウキ 「あ、うん…。まあ…」

サヤカの言葉に、ためらいがちにうなずいた。
本当は、男のプライドにかけて否定したかったが、現実は、彼はマナの前でこらえきれずに床に這いつくばってしまっている。
股間をおさえてうずくまる姿は、女子達には絶対に見られたくない、情けないものだったが、あの痛みは、そんなことを即座に忘れさせてしまうくらいのものなのだ。

チヒロ 「アタシの金的蹴りは、いつものより痛かった?」

チヒロが素朴な様子でジンに尋ねた。

ジン 「え? いや…うん…どうだろう…」

ジンは思い出したくもないという風に、ためらいがちにうなずいた。

チヒロ 「ふうん。まあ、いいか。また今度蹴ったときに、比べてみてよ。じゃあね」

最後にジンの背筋が寒くなるようなことを言って、チヒロ達は去っていった。



スポンサーサイト
[PR]



サヤカ 「なーんか、カワイイよね。男の子たちって、金的の話になると無口になるんだよねー」

男の子から離れた後、サヤカはおかしそうに笑った。

マナ 「ホントだよね。あんまり話したくありません、みたいな。きっと、ウチらの方が金的について、よく話してるよね」

チヒロ 「確かにね。男子ってさ、絶対金的は狙わないもんね。なんでだろ。金的狙えば、簡単に勝てるのにね」

サヤカ 「それはやっぱり、自分たちにもタマタマがついてるからじゃないの? もし人のを蹴ったりしたら、次は自分がお返しに蹴られるかもしれないじゃん」

チヒロ 「そっかあ。やったらやられる、みたいな感じね。面倒くさいね、男子って」

チヒロは憐れむように笑った。

マナ 「ホント。アタシ達はタマタマとかついてないから、お返しされる心配ないもんね。まあ、オッパイを突かれたら、けっこう痛いけどさ。金的よりマシなんだろうねー」

サヤカ 「えー。でも、オッパイもけっこう痛いよー。男子にもオッパイがあれば、痛いはずだって」

マナ 「そうかなあ」

女の子たちは話しながら、すでに日が暮れて薄暗くなった帰り道を歩いていく。
すると、前方に自動販売機があり、そこに学生服を着た男子中学生たちがたむろしているのが見えた。
彼らは何をするでもなく、自動販売機の明かりの下で、雑談をしているようだった。
よく見ると、足元にはタバコの吸い殻らしきものが数本、落ちている。
どうやら、ちょっとした不良中学生らしいと、サヤカ達は直感したので、その場にさしかかったところでおしゃべりをやめ、無言で通り過ぎようとした。

コウヘイ 「お稽古のお帰りですか。お疲れさまでーす」

中学生達は3人いて、その中の一人、コウヘイが、いかにも女の子たちをバカにした様子で声をかけてきた。

マサキ 「女が空手かよ。くっだらねえ」

学生服のボタンを大きくはだけさせたマサキが、唾を吐き捨てながら言った。
この言葉に、サヤカ達は少し反応して、中学生達の方を見た。

トモヤ 「おい、やめろよ。ほら、怒ってるだろ。ゴメンねー。つい、ホントのこと言っちゃって」

もう一人のトモヤもまた、ヘラヘラと笑いながら、謝るふりをした。
たまりかねたサヤカが、まず口火を切った。

サヤカ 「女が空手して、何がくだらないのよ」

すると、中学生達はサヤカの反応が予想外だったようで、それに答えるよりも先に、3人で顔を見合わせて笑った。

マサキ 「おいおい! 俺らに言ってんの? マジで?」

コウヘイ 「何がくだらないのよ! だって。ハハハ!」

トモヤ 「マジになんなっての。冗談だよ、冗談」

サヤカだけでなく、マナとチヒロも、この態度には頭に来てしまった。

チヒロ 「言っとくけど、アタシ達は男子よりも強いんだからね」

マナ 「そうよ。今日だって、男の子たちと試合して、勝ったんだから!」

二人は猛然と言い放ったが、中学生達には小学生の戯言としか受け止められなかった。

マサキ 「はいはい。たかが試合だろ。しかも、小学生の」

トモヤ 「どうせ、判定勝ちとかだろ。単なるスポーツじゃん、それって。女がいくら空手なんてやっても、男とマジでケンカして、勝てるわけねえだろ。だから、くだらないんだよ」

女の子たちの怒りは、頂点に達した。
中学生達はいずれも彼女達より背が高く、ケンカの経験もありそうだったが、そんなことは関係なかった。

サヤカ 「だったら、アタシ達とケンカしてみる? 本気でやってあげるよ!」

マナ 「そうだよ! 判定勝ちじゃないし。アタシ達が男子よりも強いってこと、証明してあげる!」

チヒロ 「男になんて、絶対負ける気しないもん!」

彼女たちの剣幕と、その言葉に、さすがに中学生達も気分を害した。

マサキ 「ああ? お前らが、俺らとケンカするのかよ? いいぜ。やってやるよ」

コウヘイ 「なめんなよ、小学生の癖に」

トモヤ 「女だからって、手加減しねえぞ、コラ!」

中学生たちが言い終わらないうちに、サヤカ達は身構えた。
まずは一番前にいたサヤカに、コウヘイが襲いかかった。

コウヘイ 「おら!」

コウヘイはポケットに手を突っこんだまま、無造作に蹴りを放った。
それはケンカでは有効でも、空手では無防備すぎる攻撃だった。サヤカはその蹴りを両手でしっかりとガードする。
そして大きく開かれたコウヘイの股間は、サヤカにとって易しすぎるターゲットだった。

サヤカ 「えい!」

試合の時にケンタに放った蹴りに勝るとも劣らない、強烈なキックを、サヤカはコウヘイの股間に打ち込んだ。

コウヘイ 「あうっ!」

コウヘイはすぐさまポケットから手を出し、両手で股間をおさえ、前かがみになってしまった。
すでに重苦しい痛みが、下腹部全体に広がっている。

コウヘイ 「ああ…く…」

やがて膝から力が抜け、その場に座り込んでしまった。
サヤカの前にひざまずくような形で、コウヘイは痛みと戦うことになる。

サヤカ 「どうだ!」

サヤカはコウヘイを見下ろして、勝ち誇ったように言った。
ほとんど同時に、マナとマサキの勝負も決していた。
マサキは空手の構えを取るマナに対して、その手を掴みにかかった。
両手の自由を奪って、押し倒してしまおうという考えだった。
しかし、それはマナにとっても思うつぼだった。
両手を掴まれたところで、マナはマサキの注意が下半身に向いていないことを見抜き、股間に前蹴りを放ったのである。

マナ 「せい!」

可愛らしい掛け声と共に、マナの右脚はマサキの股間に吸い込まれた。

マサキ 「つっ!」

先ほどの言葉通り、マナはマサキの金玉を足の甲に乗せるようにして蹴り、なおかつ足首のスナップを聞かせて、えぐるようにして蹴り足を戻した。
ユウキとの試合の時を上回る手ごたえを、マナは感じていた。

マサキ 「ああっ! くうっ!」

蹴られたマサキには、地獄が待っていた。
蹴られた瞬間は、金玉の表面を鋭い痛みが走り、そのすぐ後を追いかけるようにして、大波のような鈍痛が体全体に広がっていく。
その時にはすでに、マサキの意志とは無関係に彼の体は地面に転がっていて、奇声を上げながら身をよじって、苦しむ羽目になっていた。

マナ 「どう? 男の子なんか、キック一発でこうなるのよ!」

自らが地獄の苦しみを味あわせているマサキに、マナは女の優越感をたっぷり含ませて言い放った。
残ったトモヤは、さすがに躊躇してしまった。
あっという間に倒されてしまった二人の友達を見て、チヒロに攻撃するのをためらってしまったのである。

チヒロ 「どうしたの? 言っとくけど、アタシも手加減なんてしないからね」

チヒロはすでに怯え始めているトモヤに、ゆっくりと歩み寄った。

トモヤ 「く…くそ…! なめんな!」

トモヤは破れかぶれになって、チヒロに襲いかかった。
しかしその気合は空回りして、チヒロに放ったパンチは、大きく空振りしてしまう。
チヒロは即座にしゃがみこんで、かわしていたのだ。

チヒロ 「えい!」

チヒロがしゃがみこむと、目の前にトモヤの股間があった。
そこをめがけて、チヒロはしゃがんだまま正拳突きを放ったのだ。

トモヤ 「はうっ!」

トモヤから見れば、目の前からチヒロの姿が消えた後、不意に股間に衝撃が走ったように思えた。
訳も分からぬうちに、体の自由が奪われた。

チヒロ 「とどめ!」

トモヤがゆっくりと内股になりそうなときに、チヒロは手ぬるいと思ったのか、起きあがる力をそのまま膝蹴りに乗せて、股間に叩きこんだ。
一瞬、トモヤの体が浮くほどの、強烈な金的蹴りだった。

トモヤ 「あがっ!」

トモヤは息をつまらせて、横倒しに地面に倒れ込んでしまった。

チヒロ 「必殺! 飛び膝金的蹴り!」

満足そうに、チヒロははしゃいでみせた。
中学生の男の子たちが、全員小学生の女の子にノックアウトされてしまった。

サヤカ 「なによ! アンタ達、全然よわっちいじゃん! それで、女は男より弱いとか、よく言えるよね」

チヒロ 「金的のない試合で手加減してるのは、むしろ女の方だよね。本気でケンカしたら、男は絶対女に勝てないよ」

マナ 「言えてる。タマタマのついてる男とか、全然怖くないもん。むしろ、女の子の方が手強いよね」

女の子たちは怒りをおさめたようで、やがて口々に男を罵倒した。
中学生達はもちろん、男のプライドにかけて言い返したかったが、現実はそれどころではなかった。
男だからこそ味わわなければいけない、地獄のような痛みと、必死で戦っている最中なのだ。
彼らにこんな痛みを与えた女の子たちには、金玉などついていないことを思うと、彼女たちに逆らうことができないと、中学生達は実感してしまった。

サヤカ 「まあ、これに懲りたら、もう女の子をバカにしないようにね」

マナ 「今回はちょっと手加減したけど、次は思いっきり蹴るからね」

チヒロ 「タマタマ潰してほしいときは、いつでも来ていいよ」

女の子たちは満足したようで、中学生達を残し、去っていった。

マナ 「ていうか、タマタマ潰れたら、女の子になるのかな?」

チヒロ 「え? どうかな。そうかもね」

サヤカ 「ウソー。タマタマが潰れても、チンチンはあるんでしょ? じゃあ、男の子じゃん」

マナ 「そっかあ。でも、タマタマなんて、潰れた方がいいかもね。急所がなくなるし」

サヤカ 「でも、超痛いんでしょ?」

マナ 「その一回を我慢すればさ。あ、二個あるから、二回かな?」

女の子たちは楽しそうに話しながら、帰って行った。
その後、その場所を通ったユウキとジンは、股間をおさえて苦しんでいる中学生達を見て、誰の仕業かすぐに悟り、試合の痛みを思い出して、金玉を縮みあがらせてしまった。


終わり。



// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 金玉を蹴る女達 all rights reserved.
カテゴリ

月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

リンク